10年間続いた『横須賀をおもしろくする会』を解散しました

10年間にわたって活動を続けてきた政治団体『藤野英明と横須賀をおもしろくする会』を解散しました。

本日(2013年6月13日)をもって、総務大臣・神奈川県選挙管理委員会に解散届を提出しました。

提出・受理された解散届

提出・受理された解散届


解散の理由は、

『現在の制度では、外部の人間の悪意からメンバーを守れないから』

です。

会計責任者をはじめ、『横須賀をおもしろくする会』メンバーはみんな僕の親友たちです。

「横須賀をおもしろくする会」たちあげ当初の写真

「横須賀をおもしろくする会」たちあげ当初の写真


海に集まって砂浜そうじをした後にバーベキューをしたり、いろんな施設を見学に行ったり、とても楽しく素敵な活動をしていました。

荒崎海岸のくじらのお墓をそうじした時のチラシ

荒崎海岸のくじらのお墓をそうじした時のチラシ


世の中には確実に悪意に満ちた人がいて、他人を傷つけることだけが目的の行為があります。

そうした行為が『おもしろくする会』に対して行なわれていました。

フジノは仕事に忙殺されて、それに全く気づきませんでした。

一方、親友たちはフジノを気遣って、それを指摘することもありませんでした。

公人であり政治家であるフジノだけが攻撃されるのは仕方がありません。

けれども、親友であるメンバーたちにまで、連帯責任みたいに被害が及ぶことは僕には耐え難い苦痛です。

そこで、大切な思い出がたくさんつまっている大事な団体ですが、解散しました。

今のフジノには、政治団体が無くても困ることは何もありません。

これで親友たちに害が及ぶことも無くなり、一件落着です。

以上、ご報告でした。