汐入駅前では「いじめとか許さない」と話す若者たちが手伝ってくれました/ひとり自殺対策街頭キャンペーン2014-15

今日は汐入駅前で「ひとり自殺対策街頭キャンペーン」。助っ人が登場してくれました!

昨日をもって、『御用納め』で9連休に入ってしまった市役所など官公庁。

あらゆる公的な支援が受けられなくなってしまう9日間。

それでも、NPOや市民団体が全国でセーフティネットを必死に広げています。

そしてこのまちではフジノが、『ひとり自殺対策街頭キャンペーン』を今日も行ないました。

「公的な支援はなくてもセーフティネットは必ずあります!」をお伝えしたくて、市内を回っています。

今夜は、汐入駅前で活動を行なったのですが、下の写真を観てくださいね。

3人の若者がフジノをサポートしてくれました

3人の若者がフジノをサポートしてくれました


3人の若者は、りょうちむさん・菅原元気さん・高岡玲雄斗さん。

全くの初対面。

でも、フジノの活動に共感してくれてサポートしてくれました。

ありがたいです。

東日本大震災の時、フジノは翌12日から募金活動でひとり街頭に立ちました。

その時のことをふと思いました。

あらゆる初対面の人が飛び入りで募金活動を手伝ってくれたのです。

フジノは『現実主義者』ですが、人の善意の存在を信じています。

若者3人の姿に、改めてその想いを強くしました。

明日もがんばるぞ!