山城保男さん(市議会議員)が永眠されました/誰からも愛された、温かく優しい人柄の素晴らしい方でした

春光学園七十周年記念大会の第1部が終わり、休憩時間に入った時のことでした。

血相を変えた同僚議員がフジノのもとに小走りでいらして、

「山城議員が亡くなられたそうです!」

と教えてくれました。

あまりの突然な訃報にショックを受けました。

一昨日の本会議で山城さんは元気な姿で一般質問をしたばかり。夜7時にようやく終わった本会議後の控え室でもいろんなことを語りあったばかり。

ウソだろ!?

どうしても信じられなくて、フジノは記念大会をそのまま中座して、事実確認の為に電話をかけまくりました。

...すぐに、事実だと確認が取れました。

68才、あまりにも若く早すぎます...。

あまりにも悲しい出来事に、まだ気持ちが全く整理できず、言葉がありません。

奥さまをはじめ、おこさまも、僕以上に全く信じられない想いでおられることと思います。

あまりにも早過ぎる、突然の出来事、涙が出てしかたがありません。

明日も横須賀市議会は本会議(2日目)が開かれますが、フジノの隣の席に山城議員がもういらっしゃらないと思うと、信じられません。

山城議員は、政治家としても素晴らしく、それ以上に人間として本当に温かく優しくて大きな大きな器の心の広い方でした。

たくさんの市民の方々が山城さんのソーシャルワークによって救われ、支えられ、立ち直ってきたのを僕は見てきました。

フジノはわずか5年しかおつきあいがありませんでした。

本来であれば、そんなフジノがこのブログに書くべきでは無いと考えていたのですが(何故ならまず僕自身のショックと動揺がひどく言葉がまともに綴れないからです)

山城保男さんのことを慕うたくさんの市民のみなさまに彼の急逝をきちんとお伝えしなければならない、と感じたので、あえてこのブログに書くことにいたしました。

お通夜:12月1日18:00〜
告別式:12月2日9:30〜

両日とも会場は『プラザよこすか』

山城さんとご縁のあったみなさま、どうかお別れにいらして下さい。

ご冥福をお祈りします、というような言葉では、今の気持ちは表現できません。

あまりにも善い人が早く亡くなることに、胸が苦しくてたまりません。僕は、悔しくてたまりません。

山城さん!