【就職や進学等で横須賀市外に暮らす新成人のみなさまへ!】案内状が届かなくても横須賀の成人式は参加できます!ぜひいらして下さい/新成人のつどい2018

ふるさとが横須賀、でも今は市外に住民票がある、元・横須賀市民の新成人のみなさまへ

ふるさとは横須賀。生まれ育ったのは横須賀。

でも現在は、市外の大学・短大・専門学校に進学したり、就職をしたり、他の街に引っ越して暮らしている。

そんな『元・横須賀市民』の『新成人』のみなさまにお知らせです。

ぜひ横須賀市でひらく『成人式(新成人のつどい)』にいらしてください。案内状が無くてもOKです。現在の住民票が市外にある方であっても、横須賀市は大歓迎です!

ぜひご参加くださいね!



案内状は住民票で住所が分かる人に送っていますが、無くても大丈夫です!

市内に住民票がある新成人の方々には『案内状』を郵送していますが、あくまでも市役所として住所を把握できているから送っているだけなのです。

元・横須賀市民の新成人の方々には、住所が分からないので案内状を送れなかっただけなのです。

ぜひふるさと横須賀で『成人式』(『新成人のつどい』)にご参加ください。

このお願いを、フジノは毎年ブログやツイッター等でずっと発信してきました。

市議会でも繰り返し「市外の方も参加できることを周知してほしい」と提案してきましたので、今では『案内状』にも『横須賀市HP』にもしっかりと明記してもらっています。

「新成人のつどい2018」案内状の実物です

「新成人のつどい2018」案内状の実物です

横須賀市HP「新成人のつどい2018」より

横須賀市HP「新成人のつどい2018」より


残念ながら、市外に暮らす元・横須賀市民の新成人の全ての方に情報を届けるのは不可能です。

その為、成人式の後にツイッターなどで多くの方が

「本当は横須賀の成人式に出たかった」

と書き込みをしておられます。

どうかまわりの同級生の方々に教えてあげて下さい。

ぜひ横須賀の成人式に来て下さい。

故郷での成人式への参加を、横須賀市は心から歓迎いたします!

小中学校・高校時代の古い友人たちと再会しに来て下さいね。

晴れ着姿の新成人が楽しそうに語らっていました

晴れ着姿の新成人が楽しそうに語らっていました


過去の成人式の様子はこちらをご覧下さい。イメージしてみて下さいね。



案内状の中身と同じ内容をご報告します

案内状そのものは届きませんが、決して何か特別なことが書いている訳ではありません。

実物を画像で貼り付けますね。

新成人のつどい2018案内状(表)

新成人のつどい2018案内状(表)


新成人のつどい2018案内状(裏)

新成人のつどい2018案内状(裏)

8日(月・祝日)は直接、総合体育館(横須賀アリーナ)にいらして下さいね。

案内状が無くても大丈夫です。フジノが保障します!

「新成人のつどい」(成人式)

  • 日時: 2018年1月8日(成人の日・月)11:00~12:30 (10:30 開場)

  • 会場: 横須賀アリーナ(総合体育会館)

  • 対象: 平成9年4月2日~平成10年4月1日生まれの方
    *市外に転出した方なども対象年齢であれば、この案内状なしで入場可能です。

  • プログラム
    1. 第1部
      • 国歌・市歌演奏
      • 市長祝辞
      • 市議会議長祝辞
      • 新成人のつどい実行委員会実行委員長あいさつ

    2. 第2部 新成人のつどい実行委員会による企画
      • 「新成人のスピーチ」
        市内中学校等を代表する新成人が、スピーチをします。
      • 「抽選会」
        地元ゆかりの企業から提供された記念品を、抽選で新成人にプレゼントします。
      • 新成人のつどい実行委員会副委員長あいさつ
      • 歓談

それではお待ちしております!

一生に1度きりの成人式、楽しみにいらして下さいね。



横須賀市の成人式は、実行委員会のみなさんによる企画・運営がなされています

横須賀市の成人式は、二十歳前後の実行委員会のみなさん(公募ボランティア)によって、企画・運営されています。

『荒れる成人式』が報じられるたびに「税金のムダづかいだ」「廃止しろ」という声があがることを受けて、フジノが新たな形での成人式を提案しました。

その結果、今では行政主導では無い、実行委員会による運営方式の新しい成人式が立派に実現しています(初年度の様子の記事フジノがラジオ出演してその意義を語った記事をご覧下さい)。

ただこの数年、なかなかボランティアの成り手がいない、減ってきている状況です。

できればぜひ実行委員会に来年も立候補の手が挙がって、この形での成人式を続けたいとフジノは願っています。