「横須賀市がん克服条例」の策定をスタートしました/がん対策検討協議会(第1回)

がん対策の条例を作る為の「がん対策検討協議会」がスタートしました

今日は『がん対策検討協議会』に出席しました。

「がん対策検討協議会」の開会前の藤野英明

「がん対策検討協議会」の開会前に。


横須賀市議会の政策立案のエンジンの役割を持つ組織である『政策検討会議』。

この2月22日の『政策検討会議』において

「横須賀市議会として本任期ラスト1年中(〜2019年4月)に、がん対策を進める為の条例を新たに策定すること」

を正式に決定しました。

そして、この条例を作る為に、新たに設置されたのが、この『がん対策検討協議会』です。

協議会のメンバーは、全ての会派と無会派から参加しています。『オール横須賀市議会』体制で、議論を行なっていきます。

すでに国には法律、県には条例がありますが、国・県と連携しつつも、横須賀市らしい『がん対策』の取り組みを進める為の条例を作っていきます。



とても短い期間で集中的に議論を積み重ねていく予定です

今日のプログラムと決まった事柄は下のとおりでした。

がん対策検討協議会議事次第

  1. 委員長の互選について
    →田辺昭人委員に決定

  2. 副委員長の互選について
    →関沢敏行委員に決定

  3. 議席の指定について
    →着席のままに決定

  4. 今後の協議の流れについて
    →別紙のスケジュール表のとおり

  5. 次回の日程及び出席理事者について
    →次回の日程は、3月26日(月)13時から
    →出席理事者は、健康部

まず、今後のスケジュールの流れをメンバー全員で確認しました(実際の工程表は来年4月まで記されているのですが、割愛します)。

「がん対策検討協議会」前半のスケジュール案

「がん対策検討協議会」前半のスケジュール案


最も意見が集中したのが、条例のはじめの案文作成に向けた議論をできる期間が約2ヶ月半しか無い点についてでした。

このようなタイトなスケジュールとなった背景には、今回の条例策定にはあらかじめ与えられた前提条件がありました。

  • 来年2019年4月に施行すること

  • 予算措置を伴う条例なので予算策定作業の始まる今年9月には完成していること

  • 9月よりも前にパブリックコメントを終えること

この条件を全てクリアする為には、条例の議論は5月末~6月上旬には終えねばならないのです!

つまり、議論ができる期間は3月末からわずか2か月ちょっとしかありません。

かなりタイトなスケジュールですが、この条件でしっかりと条例案を完成させていきたいと思います。

がんばります!