【報告】防衛大学校卒業式の為にF-15戦闘機とRF-4偵察機が横須賀上空を飛行します/3月8・16・19日に騒音があります

防衛大学校卒業式に戦闘機が横須賀上空を飛行するとの情報提供を受けましたので、ご報告します

本日3月3日、全市議会議員宛に防衛大学校からの報告が伝えられました。

これは、これまでの本市と防衛大学校との協議に基づく情報提供です。

本日の報告は「平成28年度卒業式典の為にF-15とRF-4が横須賀上空を飛行する」との内容です。

F-15戦闘機とRF-4偵察機の飛行には轟音が伴なう可能性がありますので、あらかじめ市民のみなさまにぜひ知っていて頂きたいと思います。

情報提供は以下のとおりです。

2017年度度防衛大学校卒業式典に伴うジェット戦闘機の飛行予定について

  1. 防衛大学校からの情報提供内容


    (1)2017年3月8日(水)9:40~10:00、RF-4が3機、防衛大学校上空を通過


    (2)2017年3月16日(木)8:30、F-15が3機、防衛大学校上空を通過


    (3)2017年3月19日(日)13:39~13:44、RF-4が3機、F-15が3機、防衛大学校上空を通過


    (飛行コースについては下のとおり)



  2. 飛行に関する問い合わせ先
    防衛大学校 総務部総務課 046-841-3810(代表)内線 2019
    防衛大学校ホームページ

飛行の経路は下のとおりです。

防衛大学校卒業式典・飛行進入経路

防衛大学校卒業式典・飛行進入経路


以上です。

ちなみに、下がF-15という戦闘機のイメージ画像です。

イメージ画像で、実際に飛行するF-15とは別のものです

イメージ画像で、実際に飛行するF-15とは別のものです

こちらがRF-4という偵察機のイメージ画像です。

イメージ画像で、実際に飛行するRF-4とは別のものです

イメージ画像で、実際に飛行するRF-4とは別のものです


ということで、3月8・16・19日は、戦闘機の飛行に伴なって騒音等があるかもしれません。

あくまでもスケジュールどおりの飛行ですので、どうかご安心いただければありがたいです。

ご意見などがあれば、フジノ宛でも、市の基地対策課宛でも、防衛大学校総務部総務課宛でもけっこうです。

どうか、この件についてインターネットを使っておられない方々にもぜひ教えてあげて下さいませんか?

どうぞよろしくお願いいたします!



【報告】防衛大学校開校記念祭の為にF-15戦闘機が横須賀上空を飛行します/11月16日昼・20日昼、騒音があります

11月16日昼と11月20日昼、横須賀上空をF-15が飛行します

本日、防衛大学校から「開校記念祭の為にジェット戦闘機が横須賀上空を飛行する」との連絡を受けました。

このジェット戦闘機(F-15)の飛行には轟音が伴いますので、あらかじめ市民のみなさまにお伝えいたします。

昨年とほぼ同じ形での飛行になりますが、初めて体験する方がまわりにおられたらぜひ教えてあげて下さい。

2016年度防衛大学校開校記念祭に伴うジェット戦闘機の飛行予定について



1.防衛大学校からの情報提供内容

  • 2016年11月16日(火)11:00~11:30、F-15が3機、防衛大学校上空を通過
    (予備日11月12日(木)通過 13:20)

  • (2)2016年11月20日(日)11:26~11:31、F-15が3機、防衛大学校上空を通過
    (飛行コースは下の通り)



飛行進入経路

飛行進入経路




2.飛行に関する問い合わせ先

防衛大学校 総務部総務課 046-841-3810(代表)内線 2019
防衛大学校ホームページ

昨年と同じ内容になりますが・・・

下がF-15という戦闘機のイメージ画像です。

イメージ画像で、実際に飛行するF-15とは別のものです

イメージ画像で、実際に飛行するF-15とは別のものです


どうか、インターネットでこの情報に触れることができない方々に、ぜひ情報を広めてあげて下さい。

市民のみなさま、どうかご協力下さい!

よろしくお願いします。



【報告】汐入町3丁目一部地域に対する避難勧告を解除しました/台風9号(2016年)

汐入町3丁目への避難勧告を解除しました

台風9号によって、8月22日に汐入町3丁目の一部地域に対して『避難勧告』を発令していましたが、

本日8月30日午前10時00分、『避難勧告』を解除しました。



翌日の読売新聞が報じました

2016年8月31日・読売新聞より

2016年8月31日・読売新聞より

【報告】台風9号(2016年)の為に設置した「災害警戒本部」を20時に解散しました/翌朝になってようやく全議員宛に報告がありました。何故1行の報告にそんな時間がかかるのか?

災害警戒本部の解散について

台風9号に対応するため8月22日8時30分に設置した災害警戒本部は、同日20時00分に解散しましたのでお知らせします。

全議員宛のこの報告が、翌23日午前9時55分に来ました。

8月23日9時55分に全議員宛に届いた報告

8月23日9時55分に全議員宛に届いた報告


フジノはこれまでもずっと『災害時の情報発信の在り方』を問題提起してきました。

改めてこの報告を受けて、問題意識が強くなりました。

何故わずか1行のこの報告が翌日の朝9時55分にならなければ、発信できないのか?

もちろん大切なことは、まず汐入町3丁目の避難勧告を出した市民の方々への支援、市内全域の状況把握、市民のみなさまからの被害報告への対応などです。

けれども全く理解できません。

『災害警戒本部』解散の報告は、20時の解散の直後にたった数分間あればできたはずです。

何故、横須賀市は情報発信をできないのでしょうか?

何故こんなにも情報発信に後ろ向きなのでしょうか?

フジノは、吉田市長の在り方に強い疑問があります。

被害の無いこうした時期に情報発信ができなければ、いざという時、つまり本当の大災害時に情報発信が適切にできるとは思えません。

市民のみなさまはどのようにお考えになりますか?



【報告】気象庁が19:51に横須賀市の気象警報を全て解除しました/台風9号(2016年)

19:51、気象庁から発表がありました。

横須賀市の『警報』は全て解除されました。

継続中の『注意報』はあり、大雨・強風・波浪の3つの注意報は引き続き出ております。どうかご注意下さい。



【報告】汐入町3丁目一部地域に対して「避難勧告」を発令しました/台風9号(2016年)

汐入町3丁目一部地域に対する避難勧告の発令について

台風9号による大雨等を受けて、土砂災害に対する警戒が必要な汐入町3丁目の一部地域に対して、避難勧告を16時15分に発令しました。



後日談;翌日の神奈川新聞が報じました

2016年8月23日・神奈川新聞より

2016年8月23日・神奈川新聞より





後日談:30日に解除しました

30日に『避難勧告』を解除しましたので、ご報告いたします。



【速報】横須賀市は「災害警戒本部」を8:30に設置しました/台風9号(2016年)

災害警戒本部の設置

台風9号の接近に伴い、8月22日8時30分に田神副市長を本部長とする『災害警戒本部』を設置しました。

対象部局は、市議会事務局・選挙管理委員会事務局・監査委員会事務局を除く全部局です。

『災害警戒本部』とはどのようなものか、過去のブログ記事に詳しく記しましたのでご覧ください。



【報告】7月16日11時半頃に横須賀上空を通過した6機の戦闘機は横浜で開催されたイベントの為の「展示飛行」でした

横須賀の上空を轟音で通過していった戦闘機についての報告です

本日午前11時30分から12時頃にかけて、横須賀市上空を5~6機の戦闘機がかなりの低空飛行で通過しました。

このことに不安を感じた多くの市民の方々からフジノは問い合わせを受けました。

当時フジノ自身は横浜市大の校舎内に居ました。

その為、市民の方が不安に感じたというその轟音の大きさを実際に聴くことはできておらず、「日頃から戦闘機は見慣れてはいるがかなりの低空飛行で驚いた」という実際の姿は見ることができていません。

すぐに情報収集の為に横須賀に戻ることにしました。

状況把握の為に関係各所に電話で問い合わせをしながら横須賀に戻りつつも、一刻も早く市民のみなさまに情報提供をしなければならないという気持ちでいっぱいでした。

すでにみなさまがご承知のとおり、関係各所からの情報をもとに、約50~60分後には『考えうる最も現実的な(ほぼ100%そうだと結論できる)推論』に至りました。

ツイッターを通じてその結論はご報告いたしましたが、あらためてブログでもご報告いたします。

【報告】11:30頃の三浦半島上空を通過した戦闘機について、多数のお問い合わせを受けて、今できる範囲で情報を集めています。自衛隊関係者の方からの複数の情報では、自衛隊機ではない、とのこと。米海軍に問い合わせをしているのですが、残念ながら現在まで情報の提供はしてもらえていません。

【報告2】通常、三浦半島上空を飛行するのが自衛隊機であれば、信頼関係によって事前の連絡を頂くことが大半です。市役所にも横須賀市コールセンターにも連絡を頂いています。今回の戦闘機の横須賀上空を飛行した件についても横須賀市コールセンターには何も情報は届いておりません。

【報告3】南関東防衛局報道室と連絡が取れました。米海軍関係の飛行についていつも連絡を取り合うパートナーです。こちらも「米軍も飛ばしていない」とのことでした。以上の各種関係機関からの報告をまとめると、ひとつだけ推測ですが考えうる可能性があります。

【報告4】本日パシフィコ横浜でイベント『サマーコンファレンス2016』が開催中で、ブルーインパルスの展示飛行(いわゆる飛行そのものです)がプログラムにあります。この飛行を終えた機が横須賀方面に飛来した可能性があります。

【報告5】今回の飛行に関してはこの推測が現在では最有力で緊急出動では無いと思われます。このツイートをもって報告を終わりますが、市民のみなさまにはこうした事案のたびに「緊急出動では無いのか?」とご心配ご不安をおかけして誠に申し訳ありません。今回の件も情報提供の対策を考えます。


横須賀市長横須賀市の公式ツイッターは、いつもこういう時にきちんとした情報を市民のみなさまに発信しません。

また、残念ながら現在に至るまで、横須賀市から市議会に対しても正式な報告は一切ありません。

原因となった「サマーコンファレンス2016ブルーインパルス展示飛行」

原因となった「サマーコンファレンス2016ブルーインパルス展示飛行」


結果的に展示飛行であった(とほぼ結論づけられた)ものの、一刻も早く市民の方々に安心を提供する為の情報発信は絶対に不可欠です。

このような平時でさえ市民の方々が感じている不安に応えられない行政では、実際の災害時や危機においてスピーディーに正確な情報発信ができるのでしょうか。

いつものことながら、吉田市長に対しては危機感の欠如と不甲斐なさを、横須賀市に対しては出すべき情報の優先順位のおかしさを感じます。強く抗議します。

【報告の続報】岩戸中学校は通常通りに授業を行ない児童生徒も元気な様子で問題はありませんでした/神奈川県警・市教育委員会・学校現場による連携は続いています

さすが地元紙・神奈川新聞、アンテナが素晴らしいです

昨日のブログで報告いたしました『市立岩戸中学校への爆破予告』について、けさの神奈川新聞が報じていました。

2016年5月17日・神奈川新聞より

2016年5月17日・神奈川新聞より


下のとおり、横須賀市としてこの件に関するプレスリリースは一切出していません。

横須賀市の昨日から今日にかけてのプレスリリース一覧

横須賀市の昨日から今日にかけてのプレスリリース一覧


それにもかかわらず、独自に情報を入手して、締め切りまでのわずかな時間で取材を行なって記事にして出稿しておられます。記事中には、議員であるフジノも知らない情報も書かれていました。

改めて、神奈川新聞社の底力、そしてこの記事を書いた記者の方の取材力の高さを痛感させられました。



「全校生徒を緊急避難させた事件を情報発信しない市の姿勢はおかしい」とフジノは考えています

昨日も記しましたが、フジノは

全校生徒をグラウンドに集めて緊急下校させたような事態を市が公式に発表しなかったことは、危機管理上、間違っている

と考えています。

人の噂や断片的な情報による伝言ゲームは、とても危ういです。

3.11を経験した今、政治・行政は可能な限り市民のみなさまに対して正確な情報を丁寧に発信すべきだとフジノは考えています。



本日の児童生徒への対応と今後について

今日フジノは会議に出たり都内に行かねばならなかったこともあり、細かく教育委員会に報告を受けることができませんでした。

ここに記すのは、あくまでもお昼13時現在の情報となります。申し訳ありません。

本日の岩戸中学校への対応と、今後について

  • けさはいつもより早い時間帯から先生方が生徒の登校の見守りをしました

  • 横須賀市教育委員会は、指導主事(生徒指導担当)を午前中いっぱい、岩戸中学校に派遣しました

  • 「朝からお昼までのところ、生徒のみなさんに不安な様子や混乱は無く、いつもどおりに落ち着いています」と報告を受けました

  • 校内については、先生方が随時見回りを続けていきます

  • 校外については、浦賀警察署の支援を受けて、しばらくの間パトロールは続けていきます

昨日フジノが複数の市民の方々から複数のご質問ご意見を頂きました。

「こどもたちと保護者のみなさまへの不安感にどう対応するのか?」というご質問については、現段階ではこどもたちに混乱や不安はみられないので、カウンセリングのような特別な対応は必要ないと考えています。

「そんな電話があったので、こどもたちの登下校や授業が安心して受けられない」というご意見については、校内については現場の先生方が、校外については浦賀警察署の方々が巡回(パトロール)を当分のあいだ続けて下さいます。「だから安心して下さい」とは言えないのはフジノも分かっておりますが、これ以上の対応は現時点では必要ないのではないかと考えています。

仮にいたずらだとして、その犯人探しはフジノには現時点での優先順位にはありません。

まずは、全校生徒が毎日安心して学校で過ごすことができること、保護者のみなさまも安心しておこさんを送り出せること、これが最優先です。

学校現場のみなさまは毎日生徒たちと接していますから、もしも仮に今回の爆破予告電話がこども(こどもたち)によるいたずらならば、適切に指導にあたるはずです。

現時点でフジノからお伝えできる情報は、これが全てです。

明日以降もお知らせすべきだと判断した情報があれば、フジノはそれを全て市民のみなさまにお伝えいたします。

適切に情報をお伝えすることが不安や混乱を避ける大切な手段だとフジノは考えています。

こうしたフジノの姿勢に対してご批判があるのも承知していますが、繰り返しますが、噂話や不確かな情報によるデメリットの方が大きいとフジノは判断しております。

ご質問やご意見につきましては、何でもお寄せ下さい。

以上です。



【報告】市立岩戸中学校への爆破予告に対する横須賀市教育委員会の対応について/県警・市・教育委員会・学校現場の連携は十分に取れていますので、どうかその指示に従って下さいますようお願い致します

大切なおしらせです

19時22分に全議員宛に教育長から緊急の報告がありました。

その内容は、横須賀市役所のホームページには現時点では掲載されておりません。

しかし、すでにフジノのもとには、市民の方々から問い合わせも来ております。

そうした中で、お問い合わせを頂いた市民の方おひとりおひとりに口伝えで情報をお伝えすることは、伝言ゲームのように誤った情報が伝わってしまう恐れがあります。

「『危機管理』には『正確な情報を提供すること』こそが必要だ」とフジノは考えています。

そこで、市民のみなさまが『不確かな情報』や『噂話』によって、ご心配やご不安な気持ちのままに明日を迎えてはならないと判断しました。

他校の方々にまでお伝えする必要があるのか、インターネット上に情報を掲載することによって他校にまで不安が広がらないか、というご批判は承知しております。

けれども、曖昧な情報や噂が誤った形で伝わることのデメリットの方をフジノは危惧しました。

そこで、あくまでもフジノの責任において、現時点でお伝えできる情報の全て(教育長からの報告)をそのまま市民のみなさまにご報告いたします。

教育長

岩戸中学校爆破予告について

平成28年5月16日(月)に、岩戸中学校に爆破予告があったことについて、次のとおり報告します。

  1. 経緯
    (1) 5月14日(土)、神奈川県警がインターネット上掲示板に次のような書き込みがあることを覚知し、夕方、横須賀市教育委員会に連絡がありました。

    内容は下の通りです。

    • 5月16日(月)8時10分から15時34分までの間に爆発物を順次爆発させる。
    • 爆発物は42,908個。
    • 横浜市役所、県内学校、県内行政施設及び交通機関に仕掛けた。



    (2) 5月15日(日)、横須賀市教育委員会は、市立小中学校・高校・保育園・幼稚園に対して、校長・園長への電話連絡とFAXによって、これまでの状況と翌5月16日(月)の対応について伝えました。


  2. 事案の内容
    (1) 5月16日(月)、15時18分頃から5回にわたって爆破などの内容で電話がありました。電話をしてきた人物は、声の様子からは子どもと思われましたが、性別等を含め断定ができませんでした。

    (2) 学校の対応

    16:05 横須賀市教育委員会および浦賀警察署に一報を入れました。
    16:21 保護者に対して、一斉メールで状況を説明しました。

    内容は 「15時18分に学校に電話が入った。内容は、岩戸中を爆破させるというものです。現在、生徒は校庭に避難しています。この後、すべての活動を中止して生徒を下校させます」です。


    全校生徒をグランドに集め、経緯を説明したのち一斉下校をさせました。


    派出所の警察官による状況確認が行なわれました。



    ※今後、大きな変化がなければ、明日は平常どおり授業を行なう予定です。


  3. 横須賀市教育委員会の対応について
    校長からの一報に対し、警察と連携するよう指示しました。

    さらに、指導主事1名を学校に向かわせ、状況把握と今後の対応について支援をしています。

以上です。

現時点では、他校に対してこうした動きはありません。

明日の登校・授業については、神奈川県警と横須賀市教育委員会と岩戸中学校が連携をとりながら状況を判断する、とのことです。

あくまでも『いたずら』であることを心から願っています。

しかし万が一を考えて、警察・市・教育委員会・学校現場がしっかりと連携を取っております。

どうか児童生徒のみなさんと保護者のみなさんは、その指示に従って下さいますよう、お願い申し上げます。

曖昧な情報や噂話でどうか不安にならないで下さい。

繰り返しますが、警察・市・教育委員会・学校現場はしっかりと連携を取っております。

フジノから現在お伝えできる情報はこれが全てです。

またお伝えできることがあれば、必ず、すぐにご報告いたします。



【報告】防衛大学校卒業式の為にF-15戦闘機とRF-4偵察機が横須賀上空を飛行します/3月14・16・21日または15〜18日・21日、騒音等があるかもしれません

防衛大学校卒業式に戦闘機が横須賀上空を飛行するとの情報提供を受けましたので、ご報告します

本日3月8日、全市議会議員宛に防衛大学校からの報告が伝えられました。

これは、これまでの本市と防衛大学校との協議に基づく情報提供です。

本日の報告は「平成27年度卒業式典の為にF-15とRF-4が横須賀上空を飛行する」との内容です。

F-15戦闘機とRF-4偵察機の飛行には轟音が伴なう可能性がありますので、あらかじめ市民のみなさまにぜひ知っていて頂きたいと思います。

情報提供は以下のとおりです。

2016年度度防衛大学校卒業式典に伴うジェット戦闘機の飛行予定について

  1. 防衛大学校からの情報提供内容


    (1)2016年3月14日(月)14:30、RF-4が3機、防衛大学校上空を通



    予備日:3月15日(火)~18日(金)の間で1回実施。防衛大学校上空の通過は 14:30)




    (2)2016年3月16日(水)8:50~9:30、F-15が4機、防衛大学校上空を通過


    予備日:3月17日(木)または3月18日(金)の8:40~9:10




    (3)2016年3月21日(月)14:03~14:08、RF-4が3機、F-15が3機、防衛大学校上空を通過


    (飛行コースについては下のとおり)



  2. 飛行に関する問い合わせ先
    防衛大学校 総務部総務課 046-841-3810(代表)内線 2019
    防衛大学校ホームページ

飛行の経路は下のとおりです。

防衛大学校卒業式典・飛行進入経路

防衛大学校卒業式典・飛行進入経路

以上です。

ちなみに、下がF-15という戦闘機のイメージ画像です。

イメージ画像で、実際に飛行するF-15とは別のものです

イメージ画像で、実際に飛行するF-15とは別のものです

こちらがRF-4という偵察機のイメージ画像です。

イメージ画像で、実際に飛行するRF-4とは別のものです

イメージ画像で、実際に飛行するRF-4とは別のものです


ということで、3月14・16・21日(予備日の場合は15〜18・21日)は、戦闘機の飛行に伴なって騒音等があるかもしれません。

あくまでもスケジュールどおりの飛行ですので、どうかご安心いただければありがたいです。

ご意見などがあれば、フジノ宛でも、市の基地対策課宛でも、防衛大学校総務部総務課宛でもけっこうです。

どうか、この件についてインターネットを使っておられない方々にもぜひ教えてあげて下さいませんか?

どうぞよろしくお願いいたします!