【おしらせ】11月14日(火)11時頃から全国一斉にJアラート(全国瞬時警報システム)の自動放送試験を行ないます

市民のみなさまにおしらせです

明日11月14日(火)の午前11時頃に、全国一斉に『Jアラート』(全国瞬時警報システム)の試験を行ないます。

Jアラートとは

Jアラートとは


市のプレスリリースを掲載します。

全国瞬時警報システム(Jアラート)は、津波警報や弾道ミサイル情報などの、対処に時間的な余裕がない緊急情報を国が市の防災行政無線を利用して、市民等に瞬時に伝達するシステムです。

このたび、このシステムが正常に機能するかを確認するため、国が全国一斉に試験を実施しますので、お知らせいたします。

なお、この試験は平成24年度から実施されており、今回で6回目となります。

  1. 実施日時
    平成29年11月14日(火)午前11時ごろ

  2. 放送される内容
    上りチャイム音

    「これは、テストです。(3回繰り返し)」

    「こちらは防災よこすかです。」

    下りチャイム音

  3. 市民等への周知

  4. その他
    試験当日の気象状況等により、中止とする場合もあります。

確かに、広報よこすか11月号に掲載はされていますが、フジノは指摘されるまで気が付きませんでした。

広報よこすかでの掲載部分

広報よこすかでの掲載部分


明日、突然のテストにどうか驚く方がおられないように、もしもまわりでご存じない方がいらっしゃいましたらテストだとお伝えしてあげて下さい。

どうかよろしくお願い致します。



【22日16:30現在の報告】23時に「災害警戒本部」を設置する予定です/台風21号(2017年)

台風21号への横須賀市の対応

台風21号の接近に伴なって、本日10月22日23時に田中副市長を本部長とする『災害警戒本部』を設置します。

対象部局は、市議会事務局・選挙管理委員会事務局・監査委員事務局を除く全部局です。

この情報はすでに20日にプレスリリースと横須賀市ホームページに掲載済です。



「災害警戒本部」とは?

今夜に設置する予定の『災害警戒本部』は、言葉は似ていますが『災害対策本部』とは別モノです。

『災害対策本部』を設置するほどではない事態の時に設置されるのが『災害警戒本部』です。

「横須賀市地域防災計画・風水害対策計画編」より

「横須賀市地域防災計画・風水害対策計画編」より


災害の発生のおそれがある時/災害が発生した時、必要に応じて副市長が設置します。

『災害警戒本部』を設置した時には、市民安全部長が各部局と神奈川県に連絡します。

『災害の情報を収集して、関係機関との連絡調整を図り、災害対策等を推進すること』が目的です。

すでに夕方16時現在、『部局対応』として土木部・上下水道局は、市役所に登庁していたり、現場に出動しています。

その他の各部局は23時をめどに登庁の予定です。



市民のみなさまにお願いがあります

すでにみなさまはテレビ・ラジオなどの気象情報をチェックしていただいていると思います。

それに加えて、台風のたびにお願いしていることなのですが、改めてフジノからお願いがあります。

もともと山や谷が多い横須賀では聴こえづらい『防災無線』は、雨や風が強いとさらに聴こえづらくなる可能性があります。

そこで事前に登録しておくと届く『防災情報メールサービス』に、この機会にぜひご登録ください。

横須賀市防災情報メールサービスにぜひご登録ください

横須賀市防災情報メールサービスにぜひご登録ください


また、横須賀市HPの『災害・防災』コーナーの情報などにも、折にふれてぜひアクセスして下さいね。

どうか今夜から明日にかけて何も災害が起こらないことを心から祈っています。



【11時40分現在の速報】予定どおり12時に「災害警戒本部」を設置します/台風19号(2014年)

市議として公式なおしらせ

11時40分現在、市民安全部危機管理課と情報交換をしました。

11時40分現在の横須賀市の状況をお伝えします

  • すでにお知らせしたとおりですが、12時に『災害警戒本部』を予定どおり設置します。
  • 12時現在の『災害警戒本部』を構成する部局は、市民安全部・消防局・土木部・上下水道局です。
  • もしも、土砂災害の予兆を感じたならば、046-822-9000(横須賀市役所の警備につながります。警備から市民安全部に回してくれます)あるいは消防局119番にお電話お願いします。




改めて「災害警戒本部」とはなにか

『災害警戒本部』は『災害対策本部』と言葉は似ていますが、別のモノです。

『災害対策本部』を設置するほどにはおおごとではない事態の時に、設置されるのが『災害警戒本部』です。

本部長は副市長です。

災害が発生した時/災害の発生のおそれがある時、必要に応じて副市長が設置します。

『災害の情報を収集して、関係機関との連絡調整を図り、災害対策等を推進すること』が目的です。



市民のみなさまにお願いがあります

どうか今後のテレビ・ラジオなどの気象情報には折にふれて注意を向けていて下さいね。

また、いつものお願いです。

もともと山や谷が多い横須賀では聴こえづらい『防災無線』は、雨や風が強いとさらに聴こえづらくなる可能性があります。

事前に登録しておくと届く『防災情報メールサービス』に、この機会にぜひご登録ください。

横須賀市防災情報メールサービスにぜひご登録ください

横須賀市防災情報メールサービスにぜひご登録ください


また、横須賀市HPの『よこすか防災ナビ』などの情報にも、折にふれてぜひアクセスして下さいね。



市役所は全力を尽くしています

みなさまが無事に過ごせますように、横須賀市役所は全力を尽くしています。

2週続けて週末の休みも取れず、疲れもあることだと思いますが、市職員は決してグチをこぼしません。

災害担当の行政職員にも、当然ながらご家庭があります。「ご家族のそばに居てあげたいだろうな」「ご家族もお父さんやお母さんにそばにいてほしいだろうな」という気持ちをフジノはとてもよく分かります。

フジノの父は、警察官でした。

休暇中であろうとも、大きな台風や地震が起こるたびに父は勤務に出て行きました。父は、幼い僕に対して「母さんたちを守るのはお前の役目だからな」と言い聞かせて。僕は、できれば父に一緒に家に居て欲しかったけれど、それが父のやらねばならないことなのだとのみこむように努めました。

今の市職員もそのご家族も、当時のフジノと同じ気持ちなのではないかと思います。

この台風19号が何も大きな被害をもたらさずに、明日がみなさまにとって良いものになりますように、心から祈っています。



何らかの動きがあれば、必ずお伝えします

現時点でフジノがお伝えできる情報はこれが全てです。

引き続き、何らかの動きがあり情報が入りしだい、お伝えします。

以上です。



【おしらせ】13日に「災害警戒本部」を設置します/台風19号(2014年)に対する横須賀市の対応について

市議として公式なおしらせ

本日16:40頃、市民安全部長から全議員宛に報告がありました。

台風19号に対する本市の体制について

台風19号の接近に伴い、10月13日正午に田神副市長を本部長とする『災害警戒本部』を設置します。

対象部局は、市民安全部、土木部、上下水道局、消防局です。

13日20時には、対象部局を選挙管理委員会事務局・監査委員事務局・市議会事務局を除く全部局に拡大します。

なお、気象の状況によっては、これらを前倒して対応します。その場合には、改めてお知らせします。




改めて、災害警戒本部とはなにか

『災害警戒本部』は『災害対策本部』と言葉は似ていますが、別のモノです。

ちょっと分かりづらいのですが、『災害対策本部』を設置するほどではない事態の時に設置されるのが『災害警戒本部』です。

災害が発生した時/災害の発生のおそれがある時、必要に応じて副市長が設置します。

『災害警戒本部』が設置された時は、市民安全部長は各部局と神奈川県に連絡します。

『災害の情報を収集して、関係機関との連絡調整を図り、災害対策等を推進すること』が目的です。



市民のみなさまにお願いがあります

今回の台風19号は、先日の台風18号よりも強い威力だとニュースなどで読みました。

どうか今後のテレビ・ラジオなどの気象情報には注意を向けていて下さいね。

また、お願いがあります。

もともと山や谷が多い横須賀では聴こえづらい『防災無線』は、雨や風が強いとさらに聴こえづらくなる可能性があります。

事前に登録しておくと届く『防災情報メールサービス』に、この機会にぜひご登録ください。

横須賀市防災情報メールサービスにぜひご登録ください

横須賀市防災情報メールサービスにぜひご登録ください


また、横須賀市HPの『よこすか防災ナビ』などの情報にも、折にふれてぜひアクセスして下さいね。

どうかこの週末からの連休がみなさまにとって良いものになりますように、心から祈っています。



【21時現在の速報】現時点では、横須賀市内に自主避難所などの開設はありません/台風18号(2014年)

市議として公式なおしらせ

ツイッター上では、近隣の他都市が自主避難所を開設したという情報とともに、「横須賀市が何も情報発信をしないこと」に批判があがっています。

フジノとしては「どんなささいなことでも発信すべきだ」というスタンスです。

21時現在、市民安全部危機管理課と情報交換をしました。

21時現在の横須賀市の状況をお伝えします

  • 夕方、既に危機管理課は市本部に集合しました。
  • 危機管理課は、現在までずっと情報収集を継続しています。
  • 23時に『災害警戒本部』を設置する予定に変更はありません。
  • 市民からの避難の希望や要請などをはじめ、問い合わせ等の電話はゼロ件です。
  • 自主避難所を開設している所もゼロヶ所です。
  • 市も現時点では開設する予定はありません。

現時点でフジノがお伝えできる情報はこれが全てです。

引き続き、何らかの動きがあり情報が入りしだい、お伝えします。

以上です。

【17時現在の速報】23時に「災害警戒本部」を設置します/台風18号(2014年)に対する横須賀市の体制について

今夜11時に「災害警戒本部」を設置します

全市議会議員宛に市民安全部長から報告を受けましたので、市民のみなさまにご報告いたします。

市議会議員様

市民安全部長

台風18号に対する本市の体制について

台風18号の接近に伴い、10月5日23時に田神副市長を本部長とする『災害警戒本部』を設置します。

対象部局は、市民安全部、土木部、消防局です。

6日6時には、対象部局を監査委員事務局・選挙管理委員会事務局を除く全部局に拡大します。

なお、気象の状況によっては、これらを前倒して対応します。

(事務担当は、市民安全部危機管理課)

※「災害警戒本部」とは何かについては、下で改めてご説明します。

今後の情報にもご注意ください

また、18:30には横須賀市にも『大雨警報』が発表されました。

テレビやラジオのニュースをはじめ、まちかどに設置されている『防災無線』のアナウンス、事前に登録しておくと届く『防災情報メールサービス』横須賀市HPの『よこすか防災ナビ』などの情報に、折にふれてぜひアクセスして下さいね。

横須賀市防災情報メールサービスにぜひご登録ください

横須賀市防災情報メールサービスにぜひご登録ください

「災害警戒本部」とは

『災害警戒本部』は『災害対策本部』と言葉は似ていますが、別のモノです。

ちょっと分かりづらいのですが、『災害対策本部』を設置するほどではない事態の時に設置されるのが『災害警戒本部』です。

災害が発生した時/災害の発生のおそれがある時、必要に応じて副市長が設置します。『災害警戒本部』が設置された時は、市民安全部長は各部局と神奈川県に連絡します。

『災害の情報を収集して、関係機関との連絡調整を図り、災害対策等を推進すること』が目的です。