教育長が7月末で辞職すると突然の発表がありました/新しい教育長にはどんな時もこどもたちを常に最も大切にする方の就任を期待します

昨日、突然「あいさつをしたい」との連絡を受けました

昨日、市役所から連絡を受けました。

「明日、藤野議員が教育委員会定例会の傍聴をされた後、少しお時間いただけませんか。教育長から藤野議員にご挨拶に伺いたいとのことです」

と言われたので、問い返しました。

「お会いする理由は何ですか?」

「今は申し上げることができません」

そこで改めて、問い返しました。

「その挨拶をする相手というのは僕だけですか。それとも市議会の全議員に対してですか?」

「藤野議員だけでなく、全議員を回るようです」

との返答でした。

このやりとりですでにフジノは、『教育長が挨拶をしたい理由』を察しました。

新しい市長へ交代して、そしてこのタイミングで「全議員を回って挨拶をしたい」となれば1つしか理由はありません。

『辞任』です。

フジノは教育委員会定例会の傍聴後にすぐに別の仕事があるので、ご挨拶を受けることは丁寧にお断りをしました。

「今日の教育委員会定例会が、青木教育長にとっては最後の晴れ舞台になるのだろうか」

と考えながら、けさの定例会を迎えました。



午後、全議員宛に報告がありました

教育委員会定例会が終わった後、フジノは仕事で東京都内へ向かいました。

15時過ぎに、全議員宛の連絡がありました。

以下の文書が報告されました。

市議会議員宛に報告された青木教育長の辞職

市議会議員宛に報告された青木教育長の辞職


何の理由も記されていない、1行だけの報告です。

平成29年(2017年)7月21日

市議会議員 様

教育委員会

青木教育長の辞職について

標記について、平成29年7月31日をもちまして、青木教育長が辞職いたしますのでお知らせいたします。

事務担当:教育委員会事務局 教育総務部 総務課

同じように、横須賀市のホームページにも1行だけの報告が掲載されました。

横須賀市のホームページにも辞職が掲載されました

横須賀市のホームページにも辞職が掲載されました


これだけの文章を読んで、市民のみなさまはどうお感じになったでしょうか。



前市長が誤った人事を行ない、ご本人も学校現場も混乱し苦しんだ3年半でした

そもそもフジノは、現教育長の就任に強い反対を示しました。

市議会では、人事案件については質疑をしないという不文律(文章でルール化されていない紳士協定)がありました。

しかし、あえてそれを破りました。

吉田前市長が人事議案を出した時に、市長に対して教育長の職責にふさわしい方では無いという立場で、厳しい質疑を行ないました。

フジノの強い反対にもかかわらず、2014年2月1日付けで就任することになりました。

それから3年6ヶ月。

前市長による誤った人事によって、横須賀の児童生徒たちは『学力テスト』も『体力テスト』も全国平均を下回り続けました。

そもそもこどもたちの『学力』も『体力』も、衣食住・生活習慣・家庭環境が安定していれば向上していくものです。

けれども、横須賀の生活困窮世帯の中学生たちはお昼ごはんを食べることもできませんでした。

こどもの貧困にしっかりと向き合おうとしてこなかった訳で、『学力』も『体力』もアップしないのは当然の結果です。

さらに、『いじめの被害』にあうこどもたちの多さ(2015年度、小学校240件、中学校160件)、『不登校』になってしまうこどもたちの多さ(2015年度、小学校127名、中学校480名)。

横須賀のこどもは危機に晒され続けてきました。

教職員による信じられないような体罰(体罰という名前は生ぬるく、『暴力』です)も無くなりませんでした。

さらに『体罰』を隠す傾向さえあるのです(中学校教職員が生徒を体罰で負傷させた上に不適切な発言を行なった為に県教育委員会が1月に懲戒処分を決定したが、本件を教育委員会定例会にも市議会にも報告さえしていない)。

また、放射性物質に汚染された高濃度の除染土を、学校の敷地内に埋めたままにし続けました。

「8000ベクレルを超える除染土は無い」という虚偽答弁をフジノに行ないながらも、測定した結果、1万数千ベクレルを超えた除染土の存在が明らかになった後も「虚偽答弁ではない」と言い張り続けました。

フジノは学校教職員の方々と勉強会を続けています。

残念ながら、こうした現場の先生方から教育長への信頼は最後まで得られませんでした。

ハッキリと申し上げます。

このような教育行政を進めてきた教育長は、全く不適格だったと申し上げざるをえません。

こどもたちと向き合う仕事には全く向いていない方を、前市長が自らのイエスマンを就任させたが故に、横須賀のこどもたちはより良い教育を受ける機会を逃しました。

前市長の責任は極めて重いと言わざるをえません。

今回の退職の理由は、知りません。

上地市長のお考えなのか、あるいは、前市長に任命されたので自らお辞めになることを決めたのか、知りません。

フジノはこれまでの教育長の発言の数々から、市民から罷免要求があってもおかしくないと感じてきました。

これで良かったのだ、とハッキリと申し上げます。



こどもたちがいつも一番大切にされる教育へ横須賀は生まれ変わらねばなりません

これから、横須賀の教育を大きく変えていかねばなりません。

こどもたちがもっともっと衣食住・生活習慣を安定してこのまちで成長していかれるような教育に変えていかねばなりません。

保護者のみなさんは教育委員会のことを全く身近に感じておらず、市民に開かれた教育委員会だと全く感じていない現状を変えていかねばなりません。

教職員のみなさんの過重労働は、もはや過労死ラインを超えています。教職員のみなさんがこどもたちと向き合える心理的・肉体的・時間的な余裕が持てる労働環境に変えていかねばなりません。

横須賀の教育は、危機的状況にあります。

大きく変えていかねばなりません。

教育行政のリーダーがこどもたちのことを常に一番大切に考える方でなければ、絶対に教育は変わりません。

前教育長おひとりに責任をおしつけるつもりはありません。

しかし、リーダーの姿勢をみて教育委員会事務局や学校現場は変わります。

もっとこどもたちが健やかにのびのびと暮らしていかれるように、

どのような家庭に生まれてもこの厳しい社会を生き延びられるように、

横須賀はこどもたちを守り育てていく教育行政を進めていく為に、

どんな時であろうとも絶対こどもたちを一番大切にする。

そんな方を新しい教育長に任命してほしい、と上地市長に強く期待します。



【報告】防衛大学校卒業式の為にF-15戦闘機とRF-4偵察機が横須賀上空を飛行します/3月8・16・19日に騒音があります

防衛大学校卒業式に戦闘機が横須賀上空を飛行するとの情報提供を受けましたので、ご報告します

本日3月3日、全市議会議員宛に防衛大学校からの報告が伝えられました。

これは、これまでの本市と防衛大学校との協議に基づく情報提供です。

本日の報告は「平成28年度卒業式典の為にF-15とRF-4が横須賀上空を飛行する」との内容です。

F-15戦闘機とRF-4偵察機の飛行には轟音が伴なう可能性がありますので、あらかじめ市民のみなさまにぜひ知っていて頂きたいと思います。

情報提供は以下のとおりです。

2017年度度防衛大学校卒業式典に伴うジェット戦闘機の飛行予定について

  1. 防衛大学校からの情報提供内容


    (1)2017年3月8日(水)9:40~10:00、RF-4が3機、防衛大学校上空を通過


    (2)2017年3月16日(木)8:30、F-15が3機、防衛大学校上空を通過


    (3)2017年3月19日(日)13:39~13:44、RF-4が3機、F-15が3機、防衛大学校上空を通過


    (飛行コースについては下のとおり)



  2. 飛行に関する問い合わせ先
    防衛大学校 総務部総務課 046-841-3810(代表)内線 2019
    防衛大学校ホームページ

飛行の経路は下のとおりです。

防衛大学校卒業式典・飛行進入経路

防衛大学校卒業式典・飛行進入経路


以上です。

ちなみに、下がF-15という戦闘機のイメージ画像です。

イメージ画像で、実際に飛行するF-15とは別のものです

イメージ画像で、実際に飛行するF-15とは別のものです

こちらがRF-4という偵察機のイメージ画像です。

イメージ画像で、実際に飛行するRF-4とは別のものです

イメージ画像で、実際に飛行するRF-4とは別のものです


ということで、3月8・16・19日は、戦闘機の飛行に伴なって騒音等があるかもしれません。

あくまでもスケジュールどおりの飛行ですので、どうかご安心いただければありがたいです。

ご意見などがあれば、フジノ宛でも、市の基地対策課宛でも、防衛大学校総務部総務課宛でもけっこうです。

どうか、この件についてインターネットを使っておられない方々にもぜひ教えてあげて下さいませんか?

どうぞよろしくお願いいたします!



【報告】防衛大学校開校記念祭の為にF-15戦闘機が横須賀上空を飛行します/11月16日昼・20日昼、騒音があります

11月16日昼と11月20日昼、横須賀上空をF-15が飛行します

本日、防衛大学校から「開校記念祭の為にジェット戦闘機が横須賀上空を飛行する」との連絡を受けました。

このジェット戦闘機(F-15)の飛行には轟音が伴いますので、あらかじめ市民のみなさまにお伝えいたします。

昨年とほぼ同じ形での飛行になりますが、初めて体験する方がまわりにおられたらぜひ教えてあげて下さい。

2016年度防衛大学校開校記念祭に伴うジェット戦闘機の飛行予定について



1.防衛大学校からの情報提供内容

  • 2016年11月16日(火)11:00~11:30、F-15が3機、防衛大学校上空を通過
    (予備日11月12日(木)通過 13:20)

  • (2)2016年11月20日(日)11:26~11:31、F-15が3機、防衛大学校上空を通過
    (飛行コースは下の通り)



飛行進入経路

飛行進入経路




2.飛行に関する問い合わせ先

防衛大学校 総務部総務課 046-841-3810(代表)内線 2019
防衛大学校ホームページ

昨年と同じ内容になりますが・・・

下がF-15という戦闘機のイメージ画像です。

イメージ画像で、実際に飛行するF-15とは別のものです

イメージ画像で、実際に飛行するF-15とは別のものです


どうか、インターネットでこの情報に触れることができない方々に、ぜひ情報を広めてあげて下さい。

市民のみなさま、どうかご協力下さい!

よろしくお願いします。



【報告】汐入町3丁目一部地域に対する避難勧告を解除しました/台風9号(2016年)

汐入町3丁目への避難勧告を解除しました

台風9号によって、8月22日に汐入町3丁目の一部地域に対して『避難勧告』を発令していましたが、

本日8月30日午前10時00分、『避難勧告』を解除しました。



翌日の読売新聞が報じました

2016年8月31日・読売新聞より

2016年8月31日・読売新聞より

【報告】台風9号(2016年)の為に設置した「災害警戒本部」を20時に解散しました/翌朝になってようやく全議員宛に報告がありました。何故1行の報告にそんな時間がかかるのか?

災害警戒本部の解散について

台風9号に対応するため8月22日8時30分に設置した災害警戒本部は、同日20時00分に解散しましたのでお知らせします。

全議員宛のこの報告が、翌23日午前9時55分に来ました。

8月23日9時55分に全議員宛に届いた報告

8月23日9時55分に全議員宛に届いた報告


フジノはこれまでもずっと『災害時の情報発信の在り方』を問題提起してきました。

改めてこの報告を受けて、問題意識が強くなりました。

何故わずか1行のこの報告が翌日の朝9時55分にならなければ、発信できないのか?

もちろん大切なことは、まず汐入町3丁目の避難勧告を出した市民の方々への支援、市内全域の状況把握、市民のみなさまからの被害報告への対応などです。

けれども全く理解できません。

『災害警戒本部』解散の報告は、20時の解散の直後にたった数分間あればできたはずです。

何故、横須賀市は情報発信をできないのでしょうか?

何故こんなにも情報発信に後ろ向きなのでしょうか?

フジノは、吉田市長の在り方に強い疑問があります。

被害の無いこうした時期に情報発信ができなければ、いざという時、つまり本当の大災害時に情報発信が適切にできるとは思えません。

市民のみなさまはどのようにお考えになりますか?



【報告】気象庁が19:51に横須賀市の気象警報を全て解除しました/台風9号(2016年)

19:51、気象庁から発表がありました。

横須賀市の『警報』は全て解除されました。

継続中の『注意報』はあり、大雨・強風・波浪の3つの注意報は引き続き出ております。どうかご注意下さい。



【報告】汐入町3丁目一部地域に対して「避難勧告」を発令しました/台風9号(2016年)

汐入町3丁目一部地域に対する避難勧告の発令について

台風9号による大雨等を受けて、土砂災害に対する警戒が必要な汐入町3丁目の一部地域に対して、避難勧告を16時15分に発令しました。



後日談;翌日の神奈川新聞が報じました

2016年8月23日・神奈川新聞より

2016年8月23日・神奈川新聞より





後日談:30日に解除しました

30日に『避難勧告』を解除しましたので、ご報告いたします。



【速報】横須賀市は「災害警戒本部」を8:30に設置しました/台風9号(2016年)

災害警戒本部の設置

台風9号の接近に伴い、8月22日8時30分に田神副市長を本部長とする『災害警戒本部』を設置しました。

対象部局は、市議会事務局・選挙管理委員会事務局・監査委員会事務局を除く全部局です。

『災害警戒本部』とはどのようなものか、過去のブログ記事に詳しく記しましたのでご覧ください。



【ご注意を】横須賀市内で初めて特定外来生物「セアカゴケグモ」が発見されました/攻撃性はありませんが毒があります

市内で初めて特定外来生物に指定されている「セアカゴケグモ」が発見されました

本日、健康部長から全議員宛に報告がありましたので、市民のみなさまにお伝えいたします。

セアカゴケグモの発見について

平成28年8月5日(金)、特定外来生物に指定されている『セアカゴケグモ』が市内で初めて確認されましたのでお知らせします。

『セアカゴケグモ』は、基本的に攻撃性はありませんが、毒を持っていますので素手で捕まえたり、触らないように気を付けて下さい。

  1. 概要
    平成28年8月4日(木)市内在勤者から、追浜本町に『セアカゴケグモ』と思われるクモが巣を作っているとの連絡がありました。

    8月5日(金)、職員が現地確認し当該クモを捕獲しました。

    同日、環境省関東地方環境事務所に同定を依頼したところ、特定外来生物に指定されている『セアカゴケグモ』であると同定されました。


  2. 発見内容
    セアカゴケグモ 1匹

  3. 発見場所
    追浜本町1丁目公道

  4. 対応
    発見現場周辺で再調査を実施し、他の個体が生息していないか確認した結果、『セアカゴケグモ』は発見されませんでした。

  5. その他
    現在まで、このクモに咬まれたことによる健康被害の届出はありません。

セアカゴケグモについて

  1. 特徴
    体長約1cm、全体が黒く、背中に目立つ赤色の帯状模様がある

  2. 発見された場合
    • セアカゴケグモを見つけても、素手で捕まえたり、触らないように気をつけて下さい。

    • 駆除するには家庭用殺虫剤(ピレスロイド系)を用いるほか、熱湯をかける、靴で踏みつぶす等の物理的な方法でも構いません。

    • 1匹見つかれば周囲にも潜んでいる可能性があるので、よく確認するなど注意して下さい。

    • 市内でセアカゴケグモを発見した場合は、保健所生活衛生課環境衛生係(直通046-824-9861)にご連絡下さい。

(*赤太文字化はフジノ)

健康部長からの報告は以上です。



「セアカゴケグモ」とは

『特定外来生物』とは、『外来生物法』に定められている生物です。

『特定外来生物』は、人の命や健康に被害を与える可能性があること、日本の動植物などの生態系を破壊する可能性があること、農林水産業に被害が起こる可能性があります。

今回発見された『セアカゴケグモ』の場合は、噛まれると心身に影響があります。

セアカゴケグモに噛まれた場合の被害など

セアカゴケグモに噛まれた場合の被害など


そこで環境省は、規制や防除、理解促進等に取り組んでいます。

セアカゴケグモの特徴

セアカゴケグモの特徴


今回発見された『セアカゴケグモ』は、一般的に、港湾地域や隣接する地域で多く発見されていて、コンテナ等に付着して侵入してきた可能性が高いです。

これまで42自治体で確認されています

これまで42自治体で確認されています


横須賀の場合も、港湾に近い追浜が発見場所だったことは、この一般論に合致していますね。



「セアカゴケグモ」の生息する場所

『セアカゴケグモ』は、以下の様な場所に生息するとのことです。

  • 日当たりの良い暖かい場所で、地面や人工物の窪みや穴、裏側、隙間に巣を作ります。
    例.自動車、プランターの底、室外機の裏、庭に置いた靴の中など

  • 屋外に置かれていた傘、衣服、おもちゃ等に付着して、屋内に持ち込まれる可能性があります。

  • ゴケグモに咬まれないように屋外で作業する場合は、軍手など手袋を着用して下さい。




「セアカゴケグモ」に咬まれてしまったら

噛まれてしまった場合の注意点は、下の通りです。

  • 咬まれてしまった時には、すみやかに傷口を水で洗い、医療機関にご相談下さい。

  • 重症化した場合には血清(抗毒素血清)による治療が必要です。

  • 咬んだクモの種類がわかるように、できれば殺したクモを病院へご持参下さい。



市民のみなさま、どうぞご注意下さいますようよろしくお願いします。



相模原での障がい福祉施設での殺傷事件を受けて、横須賀市の福祉部がこども育成部と対策を検討しました

市の福祉部から、検討結果の報告を受けました

昨日のブログでお伝えしましたが、相模原での殺人事件を受けて、フジノは横須賀市の福祉部に対策の検討を依頼しました。

さっそく福祉部長から、報告を受けました。

本日、『こども育成部』と会議を開きました。

  1. 関係事業者(障がい・高齢・介護・児童・保育等)への注意喚起の徹底
     →これはすでに喚起したところも含め、漏れの無いように徹底して行なうことを確認しました

  2. 『健康部』への情報提供

  3. 神奈川県警の市内3署(横須賀・田浦・浦賀)との連携と情報共有について、『市民安全部』との協議を行なうこと

を確認しました。

さらに、引き続き連携して対応していきたいと考えています。

とのことでした。

福祉部長・こども育成部長はじめ、関係部署の迅速な対応に感謝しています。



改めて「加害目的」を想定した防犯対策の見直しを

今回の事件を考える時に、(1)加害者の側、(2)被害者の側、の2つの側面から考えねばなりません。

(1)については情報が不十分な現時点ではいったん保留して、今後のさらなる調査を待って、改めてしっかりと考えていきたいと思います。

現時点では、(2)被害者の側を重点的に対策を検討していくべきだとフジノは考えています。

『施設の側』が被害を受けるリスクを限りなく下げる為には『防犯体制の強化』が大切です。

まず、市としては、障がい福祉(こども・大人を問わず)、高齢福祉、介護、児童、保育等のあらゆる分野で、改めてもう1度、『防犯体制の強化』をお願いすることになりました。

実は、さきに閉会した6月議会においても、市内保育園での盗難事件が報告されました。

市立追浜保育園での園舎侵入盗難事件

市立追浜保育園での園舎侵入盗難事件


この園では、もともと施錠だけでなく警備会社に委託してセンサーで通報が成されるという体制ができていました。

しかし、現実には侵入・盗難が実行されてしまい、警備会社が駆けつけた時にはすでに犯人にも逃亡されてしまっていた訳です。

深夜の犯行で保育園にはこどもがおらず金銭的な被害だけで済んだ訳ですが、あえて

「もしも日中に殺傷目的で成された事件だったならば防犯対策は十分といえるか」

と『加害目的の事件を想定した見直し』も必要だとフジノは考えています。

こうした注意喚起を、障がい福祉だけでなく全ての福祉分野において横須賀市では再度行ないました。

『福祉部』だけでなく、『こども育成部』『健康部』も連携して対応していくことになります。

最後に、『市民安全部』を通じての神奈川県警との連携強化です。

横須賀市の『市民安全部』には、神奈川県警出身の方にも勤務していただいています。危機管理、生活安全、防災訓練、犯罪被害者支援など、様々な分野において、市と県警は強力な連携が取れています。

『市民安全部』には、『消防局』から異動となった職員もいます。

つまり、『市民安全部』との連携を深めていくことで、同時に神奈川県警とも消防局とも連携を深めていくことが可能となります。

近年、障がい福祉事業所の側から積極的に市民安全部に対して防災訓練等で協力を求めており、関係は少しずつできています。

例えば、こども育成部が所管している療育相談センターと神奈川県警は日常的なつながりを持つことができています。

こうして、「もしもの事が起こらない為に」という対策と、「もしもの事が起こった時」という対策を、ともに取っていくことがとても重要だと考えています。

本来であれば、どの福祉分野もこのようなギスギスした環境ではなくて、自由でのびのびとした雰囲気の中で無ければ本来の目的は果たせないと思います。

その為にもあえて今この機会にしっかりとした防犯対策の見直しを行なうことで、再び今までのような安心できる福祉環境を取り戻せることを願っています。

市民のみなさまには、今後も引き続き、横須賀市の対策を報告していきます。



相模原での障がい福祉施設での殺傷事件を受けて、神奈川県が障がい児者施設に向けて通知を出しました/フジノも福祉部に対応の検討を依頼しました

神奈川県が「通知」を出しました

相模原での殺傷事件を受けて、県内核施設に対して改めて安全管理を徹底していただく為に神奈川県が『通知』を出しました。

施設の安全管理の徹底について

施設の安全管理の徹底について


以下に全文を紹介します。

障福第239号
平成28年7月27日

障害児入所施設管理者
障害者支援施設管理者 各位

神奈川県保健福祉局長

施設の安全管理の徹底について

本県の障害福祉行政の推進につきましては、日頃より格別のご協力をいただき厚くお礼申し上げます。

さて、このたび県立の障害者支援施設である津久井やまゆり園で痛ましい事件が起こりました。今回の事件は、障害福祉サービスをご利用の皆様をはじめ、 ご家族の皆様にも大きな衝撃を与えているところです。

貴施設におかれても、日頃より、施設の安全管理に取組み、十分留意していただいていることと思いますが、貴施設の安全管理につきまして、改めて次の点にご留意いただきますようお願いいたします。

  1. 日中及び夜間における施設の管理・防犯体制、職員間の連絡体制を含めた緊急時の対応体制を適切に構築するとともに、夜間等における施錠などの防犯措置を徹底すること。

  2. 日頃から警察等関係機関との協力・連携体制の構築に努め、有事の際には迅速な通報体制を構築すること。

  3. 地域に開かれた施設運営を行うことは、地域住民との連携協力の下、不審者の発見等防犯体制の強化にもつながることから、入所者等の家族やボランティア、地域住民などとの連携体制の強化に努めること。

貴施設におかれましても、今回の事件を受けて、利用者ご本人やご家族は不安を抱かれていることかと思いますので、特段のご配慮をいただきますようお願いいたします。

問い合わせ先
福祉部障害福祉課 施設指導グループ

以上です。



市の福祉部に「対応の検討」を依頼しました

この数日間、フジノが出会う方々も殺傷事件が話題にのぼることが多いです。

市内の障がい福祉施設にも、『防犯体制』『警察との連携』等について少しずつヒアリングをさせていただいています。

県の『通知』を読んだ感想もお聞きしたのですが、「1と3はふだんから心がけている」というご意見が多かったです。

ただ、2の「警察との協力・連携体制の構築はまだ弱い」と感じました。

例えば、

  • 施設の近くにある交番には、必ず春と秋の2回は挨拶に行っていて(人事異動のあるなしを問わず)、顔と名前をお互いに知りあうようにしている。

  • 施設を利用している当事者の方が行方不明になってしまった時ぐらいしか、警察と連絡を取る機会が無い。

という感じです。

市の組織で言えば、消防局と障がい福祉事業所は防災訓練などで定期的にお会いする機会があります。

ただ、神奈川県警との日常的な連携というのは、今までは(このような事件が起こらなかったおかげで)その必要性もあまり無かった、というのが現実です。

そこでフジノは、市の福祉部障がい福祉課に対して、

「今回の事件を受けて改めて市として対応できることがあるはずなので積極的に検討をしてほしい」

と依頼をしました。

具体的には、横須賀市と神奈川県警との日常的な連携体制がしっかり取れているので、この体制を市内の障がい福祉事業所にも拡げていくことはできないか検討してほしいと依頼しました。

障がい福祉課長は前向きに検討したいとお答えいただきました。

この検討結果もすぐにお伝えできると思います。

こうした『安全対策』に取り組む一方で、率直なところ、フジノも障がい福祉課長も、精神疾患のある方々への悪影響をとても心配しています。

加害者に精神科の措置入院歴があることや麻薬使用歴があることが報じられています。

かつて池田小での殺人事件の時にも、マスメディアによる「さも精神疾患が原因で事件が起こった」的な報道によって、多くの精神疾患のある方々が大変につらい想いをされました。

マスメディアに対しては、丁寧な報道を心がけてほしいと強く願っています。