所信表明への質問順番が決まりました。フジノは9月11日の3番手です!/2017年9月議会

所信表明への代表質問・個人質問が明日9月8日からスタートします

市内のあちこちにある掲示板に、9月議会のスケジュールをお知らせするポスターが貼り出されていますね。

2017年9月議会の日程をお知らせするポスター

2017年9月議会の日程をお知らせするポスター


まず、上地市長の所信表明演説から始まった9月議会。

次は、明日9月8日と11日の本会議での『所信表明への代表質問・個人質問』が行われます。

議会運営委員会より

議会運営委員会より


その質問の順番が、けさ開かれた議会運営委員会で決定しました。

9月8日(金)
1.自由民主党 田辺 昭人
2.無所属みらい 永井 真人
3.公明党 鈴木 真智子
4.研政 角井 基
5.市政同友会 加藤 眞道
9月11日(月)
6.日本共産党 大村 洋子
7.無会派 小室 卓重
8.無会派 藤野 英明

フジノは、9月11日(月)の3番手となりました。8人の質問者のトリを務めます。

大会派から順番に行なうので、無会派が質問は常にラストになります。

そこでいつも質問を作る時には、他の会派がどのような質問を作るのか想定して、重ならないようにじっくり考えて、常に違う視点を持つことを意識して質問を作っています。

今回の質問も一生懸命考えて作りました。



上地市長を応援した会派も生ぬるい質問はなし。わが市議会は二元代表制を実践します

全ての会派の発言通告書が配られたのですが、興味深い質問がたくさんあります(こちらに全会派の発言通告書をPDFファイルで載せました)。

選挙で上地候補を応援した立場の会派も「生ぬるい質問項目は一切無い」とフジノは感じました。

また、対立候補を応援した立場の共産党も、上地市長の政策の良いところは評価して下さっていますし(「子どもの施策について
所信表明や公約には子どもの施策が具体的に提案されている。ぜひ、強力に前進させていただきたい」との記述がありました)、考えの違う点はびしっと厳しく指摘して下さっています。

「これが是々非々の在るべき議会の姿だ」

と、改めてとても嬉しく感じています。

さあ、質問順番も決まりましたし、全力で頑張ります!



市長・副市長の「退職金廃止の条例案」が提出されました!上地市長、さっそく選挙公約を実現へ/議会運営委員会(その2)

前のブログ記事から続いています)

上地市長が市長・副市長の「退職金廃止」条例案を提出しました

本日の『議会運営委員会』では、上地市長からもう1つ大きな提案がありました。

それは

市長・副市長の退職金を廃止する条例案

です。

市長・副市長の退職金を廃止する条例案が提出されます

市長・副市長の退職金を廃止する条例案が提出されます


『市長の退職金の廃止』は、上地克明さんが『ヨコスカ復活の会』を立ち上げた最初からずっと訴えてきたことです。

行政改革を進めていく上で、まず行政トップが市民のみなさまに『自らの覚悟』を『行動』でお示しすべきだというのが上地さんの基本姿勢です。

「ヨコスカ復活の会」最初のチラシより

「ヨコスカ復活の会」最初のチラシより


7月10日の就任からわずか10日で、さっそく大きな選挙公約の実現に向けてハッキリと行動が取られました。素晴らしいことだと思います。



7月26日に臨時議会を開きます

上地市長から提案された『副市長の人事議案』と『市長・副市長の退職金廃止条例案』の2つを審査・議決する為に、臨時議会を開くことになりました。

「議会運営委員会・審査事項」より

「議会運営委員会・審査事項」より


臨時議会は、7月26日(水)14時からです。

まず本会議が開会されて、市長から正式に議案が提出されます。

次に、委員会審査として総務常任委員会が開かれます。

その後、すぐに本会議を開いて、採決をします(賛成or反対を決めます)。

この条例案に反対する議員の数は少ないと思いますので、可決される見込みです。

つまり選挙で基本姿勢として示した第1の公約が、当選からわずか16日で実現することになります!

上地候補を応援したひとりとして、心から誇らしく感じます。



新たな副市長として永妻和子さん・田中茂さんのお二人を上地市長は内示しました!フジノは大賛成です/議会運営員会(その1)

新しい副市長の人事が内示されました

先日お知らせしたとおり、本日は『議会運営委員会』が開かれました。

議会運営委員会が開かれました

議会運営委員会が開かれました


上地市長から、副市長2名の人事案件が内示されました。

「平成29年7月臨時議会人事案件内示」より

「平成29年7月臨時議会人事案件内示」より

  • 永妻和子さん(現・横須賀市社会福祉協議会会長)
  • 田中茂さん(現・横須賀市上下水道事業管理者)

上地市長がおふたりを選任した理由は、以下の通りです。

副市長選任理由について

永妻和子氏、田中茂氏の両氏は、長きにわたり、本市の行政運営に携わり、強いリーダーシップのもと、本市発展のために尽力されてきました。

両氏の周囲には、常にさまざまな人々が多数集い、そこには温かい輪ができています。

これは、両氏が周囲の人々に慕われ、人望が厚く、私が職員に求める『忠恕』の心を持ち合わせていると確信しています。

ヨコスカ復活への挑戦は、決してなだらかな道ではなく、その実現の為には、職員の意識改革・組織風土の変革をも果断に進め、職員が一丸となった取り組みが不可欠であります。

両氏は、まさにその人柄や能力により、この閉塞感のある本市行政に風穴をあけ、職員の一体感を生み出し、共通の目的に向かって突き進む市役所を取り戻すためのけん引役の一端を担ってくれるものと確信しています。

また、両氏は、市役所内にとどまらず、国や県をはじめ、さまざまな分野の方々との信頼関係の構築に大きく貢献するものと確信しています。

スピード感をもって、ヨコスカ復活を実現するために欠かせないサポート役として、両氏を副市長に登用したいと考えています。

以上です。



26日に臨時議会が開かれて議決後に正式決定です

さて、上地市長からの議案提出を受けて、臨時議会を開くことになりました。

7月26日14時から『臨時議会』を開きます。

フジノはおふたりの人事に賛成です。

特に、永妻和子さんにおかれては、強く賛成いたします。

元は横須賀市役所に勤務しておられて、市役所に新設された女性行政課の初代課長をはじめ、こども育成部部長、さらに教育長を歴任されました。

この教育長に就任した2007年8月、フジノはブログで

この人事は、このまちの行政の歴史において最も祝福されるべき人事の1つだと思います。

と記しました。

2007年8月1日フジノブログより

2007年8月1日フジノブログより


フジノがずっと感じてきた印象は「温かい心を持つ方。とても苦労人で、とても勉強家。福祉・教育・人権などの多くの分野に精通した方」というものです。その仕事ぶりをとても尊敬し、信頼しています。

しかし、蒲谷市長によって任命された教育長であった為に、吉田市長に交代した後は冷遇されて、2013年には事実上の更迭をされました。

その際フジノは、あまりにも情けない人事の在り方に怒りを感じ、吉田市長に対して質疑を行ないました。

そして、現・教育長の人事にも反対しました。

本来ならば、もっと早く副市長になっておられるべき『素晴らしい人財』のおひとりでした。

現在は『社会福祉協議会』の会長を務めておられた永妻さんを、上地市長が副市長として迎えることを心からフジノは歓迎します。

田中茂さんは、環境部長・資源循環部長を経て、現在は上下水道事業管理者(横須賀市の上下水道局のトップです)を務めておられます。

議会の先輩や同僚議員の評価はとても高く『公務員としての矜持』を持っておられる方とお聴きしています。仕事ぶりは高く評価されています。

残念ながら、フジノはまちづくりのハード部門との接点があまり無い為に、議会質疑での接点は田中さんとはわずかしかありませんでした。

けれども、お人柄は存じ上げています。

市役所のエレベーターの中などで一緒になると、フジノの背中をポーンと叩いて

「藤野さん、最近はお元気ですか?」

と気さくに語りかけて下さる、市職員で唯一の存在でした。

たぶんフジノはエレベーターの中とか市役所の中では厳しいオーラを出していると思うんです(険しい顔をいつもしています)。

多くの部局長や課長がおられますが、エレベーターの中で天気などの無難な話題以外でフジノに話しかけてくるような方は、ほぼ居ません。

何故ならば、前市長とフジノは対立していましたから、フジノと親しくみられてしまうと人事で不利になる可能性があったからです。

(恐ろしい話ですが、そういう『フジノ人事』が今までは横行していました。優秀な職員が何人も飛ばされてしまいました)

けれども、田中さんは先ほど記したように、そんなことを一切気にせずに、フジノにも気さくに話しかけてきて下さる。

とても明るい方なので、政策面だけでなくて、上地市長とも気が合うのではないかと思います。

という訳で、2人の新しい副市長の人事議案が26日の臨時議会で可決されることをフジノは強く望みます。

横須賀復活に向けた体制づくりがようやくスタートできることになります。




次のブログ記事に続きます)

新しい副市長の人事案が上地市長から内示されます/「副市長ゼロ」の異常事態を解決すべく明日20日、議会運営委員会が開かれます

今の市役所は「副市長ゼロ」の異常事態です

歴代の市長選挙では市長交代があったとしても、前市長に任命された2人の副市長であっても必ず1人は辞職せずに半年間ほど勤務を続けて、市長を補佐するのが通常でした。

沢田市長から蒲谷市長に交代した2005年は、森田副市長がお辞めにならず職務を継続して下さいました。

蒲谷市長から吉田市長に交代した2009年は、上田副市長がお辞めにならず職務を継続して下さいました。

しかし、上地克明さんが当選すると、吉田前市長に任命された副市長は2人とも同時に辞職してしまいました。

2017年7月4日・朝日新聞より

2017年7月4日・朝日新聞より


いろいろなお考えがあるとは思います。

けれども『横須賀市を前に進める』という意味では、同時に2人の副市長がお辞めになったことは『異常事態』です。

行政は市民のみなさまの為に常に継続しなければならない、という観点からは「2人の同時辞任はいかがなものか」とフジノは感じました。

実際、その結果、市長当選後の引き継ぎ作業や、就任後において、上地市長がスムーズに仕事を始められなかった訳です。



ついに上地市長によって副市長らの人事の内示があります

けれども、ようやくその『異常事態』を解決できる日が近づいてきました。

まず明日20日(木)に、議会運営委員会が開かれます。

横議議第199号

平成29年(2017年)7月13日

  

議会運営委員長 大野忠之

 

委員会招集について(通知)

 下記により委員会を招集しますから、出席願います。

 

  1. 日時:平成29年7月20日(木) 午前10時
  2. 場所: 第1委員会室
  3. 審査事項:
    (1)人事案件の内示について

この場で、上地市長から新たな副市長らに誰を任命したいという『内示』が市議会側に行なわれます。

市議会の各会派の意見を聴いた上で、正式に市長が人事の議案を提出して本会議が開かれることになります。

一刻も早く、副市長を最低2名(1人はまちづくりのハード面の政策担当、1人は福祉などのソフト面の政策担当)は必ずおいて、上地市長を支える体制をスタートさせたいです。

このままではせっかくの市長交代の効果が活かされず、市民のみなさまにとって利益をもたらしません。

市役所の『異常事態』を可能な限り早く解消したいです。

まずは明日の議会運営委員会で各会派がどのようなお考えを示すのか。

無会派のフジノは議会運営委員会の委員にはなれないので意見を表明する機会はありませんので、しっかり傍聴をしたいと思います。

市民のみなさまもぜひご注目下さい。

よろしくお願いいたします!



5月31日スタートの6月定例議会、フジノを含む7名が市長に一般質問します/「事前議運」が開かれました

6月定例議会では7名が市長への一般質問に立ちます

今日は『議会運営委員会』が開かれました。

横須賀市議会の議会用語で『事前議運』と呼んでいます。

数日後に再開(*)する6月定例議会について、開会前最後の準備を行なう場です。

(*)何故「再開」なのか?
今年から「定例議会が『再開』します!」と書いています。

その理由をご説明します。ややこしいのですが、大切なことなので・・・

横須賀市議会では2017年5月から新たに『通年議会』がスタートしましたので、これからは、ほぼ1年間ずっと開会中(1年間ずっと会期中)になります。

丸1年間ずっと開会中なので、つい先日5月22日に教育福祉常任委員会を急きょ開いたように、市役所の事務執行の在り方などを調査する為に委員会など会議はいつでも開くことができます。常に会期の真っただ中なのです。

その一方で、市長から提出された議案を審査する為に、今年4月までと同じように、定期的に『本会議~委員会~本会議』という『定例議会』も、3・6・9・12月の4回は開くことに決めています。

その『本会議~委員会~本会議』という『定例議会』と『定例議会』の間は、休憩=休会している、という扱いになります。

具体的には先日5月10日開催の召集議会から、5月31日の6月定例議会までの約2週間は『休憩』=『休会』していた、という扱いになります。

そんな訳で『再開』なのです。

(この説明は本当に分かりづらくてごめんなさい)

さて、『事前議運』では、6月定例議会の期間はいつからいつまでにするか、本会議・委員会の日程をいつにするか、市長から提出される議案をどの委員会で審査するかの振り分け等をあらかじめ決めていきます。

「議会運営委員会審査事項」より

「議会運営委員会審査事項」より


6月定例議会での一般質問を行なうことをあらかじめ議会事務局に伝えたのは7名でした。

過去のブログでも記したとおり、一般質問を行なう議員は、あらかじめ議会事務局に『発言意思通告(=質問を行なうよという意思表示)』をしなければなりません。

この7名の議員は下の通りです。

5月31日一般質問を行なう予定の議員(五十音順)

  • 青木哲正
  • 大村洋子
  • 小林伸行
  • 小室卓重
  • 高橋英昭
  • 長谷川昇
  • 藤野英明

どの議員がいつ質問するかの『順番』は、5月30日(火)に開催される次回の『議会運営委員会』にて抽選で決まります。

もちろんフジノも一般質問を行ないます。

5月22日に行なった教育福祉常任委員会での1万ベクレル超の除染土の問題を、さらに市長・教育委員長・上下水道局長らを追及します。

フジノは家族の容態が極めて悪い中で、質疑を行なうこと(ものすごく準備に時間がかかります)をちゅうちょしました。

けれども、父が亡くなった時でさえ議会を休んだことは無く、いつもどおりに質疑をこなしました。

今回も全身全霊をかけて質問します。



17日間の会議期間で、市長から議案6本と報告10件、請願2件、陳情4件を審査する予定

この6月定例議会では、初日に市長から6本の議案が提出される予定です。

6月定例議会提出予定案件一覧表

6月定例議会提出予定案件一覧表


横須賀市議会では『市民のみなさまからの政策提言』と位置づけている、請願・陳情。

審査予定の請願

審査予定の請願


今回は、請願2件と陳情4件が市民の方々から出されました。

審査予定の陳情

審査予定の陳情


ありがとうございます。



通算10度目!横須賀市議会のICT化を進めるエンジン=「議会ICT化運絵協議会」メンバーになりました

通算10度目の「議会ICT化運営協議会」メンバーになりました

午後から『議会ICT化運営協議会』が開かれました。

昨年度までの『議会IT化運営協議会』の名称に1文字だけ加わって、新しい組織名になりました。

フジノは15年目に入る議員生活ですが、なんと通算10度目のメンバー入りとなります。任期は1年間なので、通算10年目となります。

『運営要綱』(第6条)の定めで、無会派は正式な委員ではなくオブザーバーという位置づけです。

しかし、歴代の委員長と委員のみなさまの合意のもと、実際には正式な委員とオブザーバーの間に違いは全くありません。

同じテーブルについて全ての議論に参加し、意見を自由に述べることができます。まさに横須賀市議会の良き伝統です。



横須賀市議会のICT化はさらにスピードアップしていきます

通算10度目に入りますが、これまでの横須賀市議会のICT化をずっと見つめてきたという想いがあります。

当初は世間的にもインターネットやパソコンなどが普及し始めた黎明期でしたから、何かを変えるのは本当に難しかったです。

けれども今ではどんどん改革が前へ前へと進んでいくのを実感しています。

先日もお知らせしましたが、この5月召集議会から議会運営委員会のインターネット生中継・録画中継がスタートしました。

2017年5月10日開催「議会運営委員会」のインターネット中継の画面より

2017年5月10日開催「議会運営委員会」のインターネット中継の画面より


パソコンからもスマートフォン・タブレットからも観ることができます。

パソコン画面で観た「議会運営委員会」インターネット中継の様子

パソコン画面で観た「議会運営委員会」インターネット中継の様子


全国的に見ても『議会運営委員会』までインターネットで公開している議会はまだまだ少ない、と思います。

スマホ画面。メニューから観たい会議を選んでいくと「議会運営委員会」も表示されています

スマホ画面。メニューから観たい会議を選んでいくと「議会運営委員会」も表示されています


改革はさらに進んでいきます。

前議長である板橋衛議員の強いリーダーシップのもとでいくつもの改革が進められましたが、昨年フジノたち『議会ICT化運営協議会』メンバーは『議会ICT化基本計画』を作成するよう指示をいただきました。

そして昨年12月に、今後5年間のICT化の方向性を定めた計画を作り上げたのです。

「議会ICT化基本計画」の1ページ目より

「議会ICT化基本計画」の1ページ目より


下の表が、昨年12月時点で計画した事業のリストです。

議会ICT化基本計画に基づく計画事業一覧

議会ICT化基本計画に基づく計画事業一覧


すでにリストの1番目に記した『議会運営委員会のインターネット中継』はスタートしました。

今年度は、『タブレット端末の導入』によって膨大な紙資料を削減してさらに政策立案や会議の議論を充実させていく『ペーパーレス会議システムの導入』を行ないます。

現在は具体的な運用スタートに向けて、起こりうるトラブルの想定や対処方法などを議論しています。

同時進行で、他の取り組み(例えば、聴覚に障がいのある方々の為にも、議会のインターネット中継にリアルタイムで字幕を付ける『音声翻訳システムの導入』など)も議論しています。

全ては市民のみなさまの為に、横須賀市議会はさらに議会改革を進めていきます。

正直なところ、多くの議員が常任委員会だけでなくいくつもの委員会や協議会など兼任しており、これまで以上に業務量はすごく増えました。市政の課題だけでなく、議会改革の為には徹底的に勉強が必要ですから、本当に体がいくつあっても足りません。フジノは心身のつらさを感じることが多いです。

市長をトップとする市役所には数千人の職員が居ますが、それでも人員不足だとフジノは感じています。その一方で、二元代表制といいながらもう一方の市民代表である市議会の議会事務局には、わずかに2名の課長と16名の職員しか居ません。39名の市議自らあらゆる作業に取り組まねばなりませんから、かなり大変です。

それでも市議会が一丸となって前に進んでいこうという姿勢は全く揺らいでいません。

横須賀市議会はこれからもさらに進んでいきます!



2017年度もフジノは「教育福祉常任委員会」に就任します/「政策検討会議」「議会ICT化運営協議会」にも参加します

「議会運営委員会」が開かれました

昨日の『議会運営委員会』では、例年どおりに人事についての話し合いが行われました。

具体的には、下の内容について話し合いが行なわれました。

2017年5月10日・議会運営委員会・審査事項

  1. 『常任委員』の配分と正副委員長職の割り当てについて

  2. 『議会運営委員』の配分と正副委員長職の選出について


  3.  

  4. 『政策検討会議』委員の選出について

  5. 『広報広聴会議』委員の選出について

  6. 『議会ICT化運営協議会』委員の選出について

5月10日に開催予定の『召集議会』の場で、正式な決定となります。



5月の「召集議会」であらゆる組織のメンバーが新たに決まります

市議会には、様々な組織があります。

『よこすか市議会なるほどガイド「議会でゲンキ!」』P21より

『よこすか市議会なるほどガイド「議会でゲンキ!」』P21より


議会のあらゆることを議論して決めていく『議会運営委員会』。

市役所の幅広い仕事を網羅する為に4つの分野に分けて議論していく『常任委員会』(総務・都市整備・生活環境・教育福祉)。

常任委員会とは別に、特別な市政のテーマを集中的に期限を区切って議論していく『特別委員会』

横須賀市議会が一丸となって取り組むべき政策のロードマップを作り、行政とは異なる視点で条例を作成し、議会主導で様々な課題を研究・調査・議論していく『政策検討会議』

市民のみなさまの声に広く耳を傾けるとともに、議会からも『議会だより』やツイッターなどで積極的に発信していく『広報広聴会議』

全国に先駆けて議会改革を進めてきた横須賀市議会の改革のエンジンである『議会制度検討会議』

つい先日も議会運営委員会のインターネット中継をスタートしましたが、『横須賀市議会ICT化計画』に基づいて議会のICT化を推進していく為の『議会ICT化運営協議会』

5月10日の『召集議会』では、こうした組織の新たな人事が決まります。

つまり、『市議会の人事異動』です。



フジノは2017年度も「教育福祉常任委員会」で働きます

無会派は、現在4名です。

青木哲正議員、上地克明議員、小室たかえ議員、そしてフジノ。

無会派には、4つの常任委員会(総務・都市整備・生活環境・教育福祉)が1つずつ割り当てられました。

誰がどの委員会に所属するかは話し合いで決まります。

フジノは議員生活14年のうち、合計13年間にわたって一貫して保健・医療・福祉・教育を担当する常任委員会に所属してきました。

2014年の生活環境常任委員会での1年間を除いて、自殺対策・障がい福祉・保健医療福祉などフジノが政治家に転職した想いを実現する上で、最も近道である政策分野の委員会に所属してきました。

『旧・民生常任委員会』と『旧・教育経済常任委員会』が2011年に再編されて、『教育福祉常任委員会』になりました。

市役所組織で言えば、健康部・福祉部・こども育成部・教育委員会の4部局が所管となります。

フジノは2017年度も『教育福祉常任委員会』で働きます。

正式には5月10日に決定となりますが、無会派のメンバーで話し合って決まりました。

15年目も、今までどおり、全身全霊をかけて働いていきます。

また、『政策検討会議』と『議会ICT化運営協議会』の2つにもフジノは参加します。

横須賀市議会の良き伝統として、会派に属さない議員にもオブザーバー参加が認められています。オブザーバーという名前ではあるものの、実際は正式な委員と同じく議論に加わり、何かを決定する際にもその意思を尊重していただいています。

(他のまちの議会では会派に入っていないと一切の議論に加われないところもありますが、横須賀市議会では大きく異なります)

『政策検討会議』は昨年フジノが所属していた『政策検討会議等準備会』が十分な議論を終えて合意を得られたことから『準備会』ではなく、正式な会議へと発展したものです。

板橋議長による「政策中心の横須賀市議会を進めていこう」という強い想いのもと、横須賀市議会の政策ロードマップを策定し、政策中心の横須賀市議会のアクセルを強く踏んでいく役割が求められている会議です。

これからも全力を尽くしていきます。



ついに「通年議会」スタートします!/5月から横須賀市議会は「ほぼ年中無休」になります

横須賀市議会の「議会改革」がまた1つスタートします

けさは、議会運営委員会が開かれました。

議会の開会1週間前にあらかじめ打ち合わせを行なう為で、『事前議運』と呼んでいます。

毎年5月、横須賀市議会では人事を決める為の『臨時議会』を開いてきました。

4つの常任委員会をはじめ、議会運営委員会や特別委員会等の任期が切れるので、この臨時議会で新しいメンバーを選びなおしをするのです。

けれども、今年の5月議会は、今までとは全く違う意味を持った特別な議会となります。

ついに『通年議会』がスタートするのです!

下の書類(今日の議会運営委員会のプログラム)をご覧下さい。

議会運営委員会審査事項より

議会運営委員会審査事項より


昨年の5月議会の事前議運のプログラムをご覧下さい。

昨年2016年5月臨時議会の為の事前議運の資料より

昨年2016年5月臨時議会の為の事前議運の資料より


違いが2つあります。

昨年と今年の『5月議会』の違い

  1. 昨年までは会期(議会活動する期間)がたった1日だけの臨時議会でしたが、今年から会期は「356日」=ほぼ丸一年となります

  2. 昨年までは「第1回臨時議会」「第3回定例会」とその年の何回目の議会なのか数字で表していましたが、1年を通して議会は開会しているので番号は無くなりました。

昨年6月3日に神奈川新聞が記事にしてくれたものです。

2016年6月3日付・神奈川新聞記事より

2016年6月3日付・神奈川新聞記事より


1点だけ記事と異なるのは、『開会』を年頭の1月をスタートにしてしまうといろいろな不便があるので、常任委員会等の任期が改まる5月を『開会』としました。



「通年議会」って何?

議会改革を進めてきた横須賀市議会にとって、『通年議会』は長年の宿題でした。

フジノが市議会議員に転職したのが2003年。

当時、実は地方自治法によって、議会の回数は『年4回以内』と定められていました(少ない!)。

しかし翌2004年に回数制限が廃止されました。

そもそも戦後に連合国軍総司令部(GHQ)は地方自治法を策定するにあたって、地方議会の開催回数を増やすことを提案していました。具体的には年12回以上です。

民主主義の学校である地方自治、その地方自治を体現する地方議会の権限を活かすには、積極的な会議の開催が不可欠だと考えていたからです。

けれども紆余曲折の末に、地方自治法では地方議会は『定例会』と『臨時会』の2つに分けられて毎年6回以上と定められてしまいました。さらに1952年、1956年の改正によって回数が減らされていき、年4回以内へと縮小されてしまったのです。

議会改革を志す全国の有志たちは2004年の回数制限廃止をきっかけに、動き出しました。

すでに2007年には北海道白老町議会がトップを切って『通年議会』をスタートさせました。

2012年には全国で24の県議会・市議会・町議会が『通年議会』に踏み切っています(全議会の2%です)。

「図解地方議会改革実践100のポイント」江藤俊明著、学陽書房。2008年より

「図解地方議会改革実践100のポイント」江藤俊昭著、学陽書房。2008年より


上の図は、我が国の議会改革の理論的リーダーである江藤俊昭教授(山梨学院大学)が2008年に記した著作からの引用です。

年4回しか開かれない『定例会』では、問題にスピーディーに対応できません。議会を活性化する上でも『通年議会』はとても有効です。



これまで「議会」の主導権は「議長」にありませんでした

地方自治は二元代表制(議会・市長の2つの市民代表による切磋琢磨)と言われていますが、議会を開く為の『召集権』は市長にあります。議会を開くことができるのは議長ではなく、市長なのです。

極端な言い方をすれば、議長が「議会を開いてほしい」と市長に要求しても、議会で追及されるのが嫌ならば市長は議会をすぐに開催しないこともできるのです。

しかし、『通年議会』を導入すればこのような事態を防ぐことができます。

必要に応じて議長の判断で会議を開くことができるようになります。



市長の独断や事後報告で済ませることをストップできます

市長には『専決処分』という権限が与えられています。

緊急性を要する事柄や金額が少ない案件(といっても市民のみなさまの大切な税金です)については、議会での審査なしで決定してしまいます。

『専決処分』した事柄は、後日、議会に事後報告だけすれば良いだけ。これでは議会のチェック機能が働きません。

2010年、鹿児島県のある市では、議会と対立していた市長が議会をわざと召集せずに『専決処分』を乱発したことがあります。

この市長は特殊な事例ですが、決して自分のまちでは起こらないとは言えません。

議会がずっと開会している『通年議会』ならば、このようなことはそもそも防ぐことができるのです。



全ての議会改革は、もっと『民意』を反映していく為です

横須賀市議会では、2004年の回数制限廃止から約10年、他都市で『通年議会』を導入した議会の動きを注視してきました。

フジノが上に記したのはメリットの部分だけです。

一方で、通年議会がスタートする前から理論的にいくつものデメリットも想定されていました。

まちによってはいったん通年議会を導入したものの、とりやめたところもあります。

こうした各地の取り組みを注視しながら、横須賀市議会の中ではじっくりと議論を続けてきました。

そして、ついに機が熟して、今日に至ったのです。

この5月10日から横須賀市議会では『通年議会』がスタートします。

フジノたち横須賀市議会議員には、ますます働く時間が増えますし、忙しさは増えていくことになります。

けれども、市民のみなさまの暮らしを守る為には『通年議会』の実施は悲願でした。

まさに今の吉田市長のように問題だらけの行政トップを前にして、わずか年4回しか議会が開かれないのはとても危険だと感じています。

議会で答弁したことと正反対の事実が、閉会した翌日の新聞朝刊に大きく報じられる。

つい先日の予算議会でも最終日に行なった緊急質問に対する市長の答弁と全く異なる事実が田辺・青木議員によって明らかになりました。

けれども議会は閉会してしまったので、市長の虚偽答弁の可能性が高いにもかかわらず、問題を追及することさえできなかったのです。

やむなく記者会見という形でメディアに問題提起をするという形となりましたが、やはり議員の本文は議会での質疑による追及です。

横須賀市議会はこの5月10日から『通年議会』に生まれ変わります。

市民のみなさまにとって、今すぐ感じられる大きなメリットはきっと無いでしょう。

けれども、この『通年議会』のスタートは将来必ず評価される改革です。

10年以上待っていたフジノは、『通年議会』の持つ大きな可能性に強く期待しています。

今まで以上に市民のみなさまの声を市政に反映できるように、横須賀市議会のメンバー全員が取り組んでいくはずです。



フジノは9月23日朝10時から市長への一般質問に立ちます/9月議会後半戦に向けて議会運営委員会が開かれました

9月議会後半戦スタートに向けて「議会運営委員会」が開かれました

今日は『議会運営委員会』が開かれました。

明日9月21日から9月議会の後半戦がスタートします。

議会運営委員会・審査事項より

議会運営委員会・審査事項より


決算議案などが市長から提出されますが、議事日程などの細かな事柄が決められました。

まず9月21日・23日には本会議が開かれて、市長への一般質問が行なわれます。

質問順序も決まりました。

9月21日の質問者と質問順 9月23日の質問者と質問順
  1. 井口一彦
  2. 小林信行
  3. 青木哲正
  4. 井坂直
  5. 小幡沙央里
  6. 南まさみ
  1. 藤野英明
  2. 本石篤志
  3. 松岡和行

ということで、フジノの一般質問は9月23日(金)の朝10時からに決まりました。



23日の本会議はもりだくさん、本会議終了後もさらに続きます

23日の本会議での一般質問はわずか3人です。

それは、一般質問の後に議事日程が山積みだからなのです。

まず、前半戦の常任委員会で審査された内容について委員長報告があります。

そして、『議案』に対して『討論』が行なわれた後に、採決が行なわれます。

続いて、『請願』に対して『討論』が行なわれた後に、採決が行なわれます。

さらに、『意見書案』に対して、質疑・討論が行なわれた後に、表決が行なわれます。

横須賀市観光立市推進特別委員会の委員長から審査報告が行なわれます。

ここでようやく後半戦に向けた、市長から新たな議案が10本(議案第85号~94号)が提出されます。市長による議案提出の説明が行なわれます。

この議案はそれぞれの委員会に付託されます。

ここまでで本会議が終わります。

しかし、まだ終わりません。

ここから『予算決算常任委員会・全体会』が開かれます。決算審査の第1弾が引き続き行なわれるのです。

会計管理者・代表監査委員の説明を受けて、質疑を行ないます。

たぶん、終わるのは夕方を過ぎるのではないかと思います。

今日は議会IT化運営協議会もありました

今日は議会IT化運営協議会もありました


これから10月中旬までずっと決算審査で大忙しになりそうです。

でもまずは23日の一般質問をがんばります!



明日2日から9月議会スタートです!本会議での市長への一般質問7名の順番が決まりました/2016年9月議会

一般質問の発言順が決まりました

けさ、『議会運営委員会』が開かれました。

議会運営委員会審査事項より

議会運営委員会審査事項より


ついに9月議会が明日からスタートします。

まず、明日2日(金)は、7名によって市長への一般質問が行なわれます。

その順番は以下の通りです。

2日(金)に一般質問を行なう議員

  1. 小室卓重
  2. 二見英一
  3. 加藤眞道
  4. ねぎしかずこ
  5. 大村洋子
  6. 永井真人
  7. 関沢敏行


介護保険制度の見直しに対する大切な意見書が出されます

フジノのライフワークとなってきた介護保険制度。

すでにお知らせしたとおり、国の財政制度等審議会によって介護保険制度がより厳しい方向(=利用者にとって悪い方向)へと変えられようとしています。

それに反対する意見書案が『議会運営員会』から提出されます。

意見書案第4号

次期介護保険制度改正における福祉用具、住宅改修に係る給付の見直しに関する意見書の提出

横須賀市議会のルールとして、『議会運営員会』から提出される意見書案とはそもそも全会派一致(無所属は議会運営員会に出られないので賛否は分からない)していないと出せません。

つまり、明日出される意見書案は、ほぼ確実に可決される見込みです。

絶対に反対だという横須賀市議会の強い意思を、政府に対して意見書として示したいです。



本会議はどなたでも傍聴できます

いつものお知らせです。

本会議は、どなたでも傍聴できます(詳しくはこちらのご説明をご覧ください)。

横須賀市議会HP「傍聴のご案内」より

横須賀市議会HP「傍聴のご案内」より


また、インターネットで生中継もご覧いただくことができます。

お時間が許せば、ご覧になってくださいね。



9月2日開会の9月議会、16名が市長に一般質問します/「事前議運」が開かれました

9月議会では合計16名が市長への一般質問に立ちます

今日は『議会運営委員会』が開かれました。

横須賀市議会の議会用語で『事前議運』と呼んでいます。

数日後にスタートする9月議会について、開会前最後の準備を行なう場です。

例えば、会期をいつからいつまでにするか、本会議・委員会の日程をいつにするか、市長から提出される議案をどの委員会に付託するか等をあらかじめ決めていきます。

「議会運営委員会審査事項」より

「議会運営委員会審査事項」より


9月議会での一般質問を行なうことをあらかじめ議会事務局に伝えたのは16名。

先日のブログで記したとおり、一般質問を行なう議員は、あらかじめ議会事務局に『発言意思通告(=質問を行なうよという意思表示)』をしなければなりません。

この16名の議員は下の通りです。

一般質問を行なう予定の議員(敬称略)

  1. 9月2日(7名)
    • 大村洋子
    • 加藤眞道
    • 小室卓重
    • 関沢敏行
    • 永井真人
    • ねぎしかずこ
    • 二見英一

  2. 9月21・23日(9名)
    • 青木哲正
    • 井口一彦
    • 井坂直
    • 小播沙央里
    • 小林伸行
    • 藤野英明
    • 松岡和行
    • 南まさみ
    • 本石篤志

9月議会は会期が1ヶ月半と長丁場なので、一般質問は前半と後半に分かれています。一般質問が行なわれるのは、9月2日(水)と9月21日(水)・23日(金)の合計3日間です。

どの議員がいつ質問するかの『順番』は、9月1日(木)に開催される次回の『議会運営委員会』にて抽選で決まります。



会期は43日間、前半は補正予算案と条例改正案、後半は決算議案が提出される予定です

この9月議会では、まず初日に市長から19本の議案が提出される予定です。

第3回市議会定例会提出予定案件一覧表

第3回市議会定例会提出予定案件一覧表

9月2日にはまず11本の議案が市長から提出される予定です。一般会計と水道事業の補正予算案をはじめ、条例改正案が出される見込みです。

横須賀市議会では『市民のみなさまからの政策提言』と位置づけている、請願・陳情。今回は、請願1本と陳情3本が出されました。

審査予定の請願・陳情

審査予定の請願・陳情


今回フジノは請願『東京電力福島第一原発事故避難者に対する住宅無償提供の継続を求める意見書の提出について』の紹介議員となりました。

そして後半は、決算議案が提出される予定です。