「あなた、見所あるよ。市議会議員になったらどうだい?」と言われました(笑)/ひとり自殺対策街頭キャンペーン2014-15

半日間「ひとり自殺対策街頭キャンペーン」で市内各駅を回りました

1月2日の『ひとり自殺対策街頭キャンペーン』は、半日かけて市内各駅を電車で回って行ないました。

京急久里浜駅前にて

京急久里浜駅前にて


『京急長沢駅』をスタートに、『YRP野比』〜『京急久里浜』〜『北久里浜』〜『堀之内』、そして『横須賀中央』がゴールでした。

フジノはいつも通りがかった方に写真撮影をお願いして撮ってもらっているのですが、写真がある駅は人通りがあった駅です。

各駅ごとに30分〜1時間半ほどお話をしました。

電車で移動中のフジノ

電車で移動中のフジノ

内容は、『横須賀こころの電話』の存在をアピールすることと、市役所をはじめとする官公庁が御用納めで9連休をとっている間であっても、民間団体が一生懸命にセーフティネットを守っていることをお伝えしました。



「あなた、見所があるよ。市議会議員に立候補したらいいよ」と言われました(笑)

これだけ多くの駅を回ると、里帰りしている幼い頃の同級生をはじめ、ずっとお会いしていなかった懐かしい方々との再会がありました。

その他にも今日は、お昼の時点ですでに酔っ払っている方が多くて、各駅で絡まれました(いつものことなので慣れています)。

北久里浜駅前にて

北久里浜駅前にて


京急久里浜駅前ではこんなことがありました。

久里浜駅は吉田市長の地元であることもあって、『若い市長というクリーンで改革派のイメージ』とは逆に『とても厳しい横須賀の現実があること』を丁寧にお話しました。

すると、それを聴いていたおじいさんがウイング久里浜からわざわざ渡って、フジノに向かって話しかけてきてくれました。

「あなた、要するに、吉田市長に反対なの?

 私も何度も直接話したことがあるけれど、彼は口ばっかりはその場を取り繕ってうまく返事するけれど、全然、結果が出ていない。

 あなたはいいね。しゃべるのは下手だけど、見所があるよ。

 市議会議員に立候補したらいいよ」

フジノはいつも『ひとり自殺対策街頭キャンペーン』の時には、自分の肩書や名前をメガフォンでほとんど名乗りません。

「いやー、政治家なんてなりたくありません。僕はしゃべるのが下手くそで、説明も回りくどいし。

 でも、ご意見ありがとうございました」

と苦笑いしながら、お答えしました。



京急の混んでいた車両もフジノのまわりはみんな避けてました

京急久里浜で電車に乗ると、偶然に友人と出会いました。

電車移動中のフジノを知人が撮影してくれました

電車移動中のフジノを知人が撮影してくれました


フジノは近場での移動は全てバイクなのですが、今日は電車での移動でした。

電車内でメガフォン・パネルを持ったフジノの姿は(いつものことながら)浮きまくりで、他の乗降客のみなさまはドン引きです。

混んでいた京急の車両の中でも、フジノの周りだけぽっかりと空いてます。

友人いわく

「政治家は黒塗りの車とかタクシーばっかり使っているイメージがあるから、フジノが電車を使って移動している姿を写真でブログに載せろよ」

と提案されました。ちゃんと載せたよー!

政治家フジノはいつもバイクで移動しています。

バイクでは厳しい距離の移動は、電車で移動しています(パニック障がいもちなので各駅停車を使っています)。

黒塗りの公用車も使っていませんし、タクシーも病気や倒れそうな時くらいしか使いません。



12年間経っても、吉田市長とフジノの区別もつかない市民の方々がいらっしゃるという「事実」

それから、フジノが最も残念なことが今日もありました。

フジノと吉田雄人市長がそれぞれ政治家に転職して12年が経つのですが、いまだに2人がごちゃまぜになっている市民の方々がいらっしゃいます。

フジノの感覚からすると「信じられないこと」なのですが、いまだに何度もフジノは吉田市長と間違われます。

広報よこすかに吉田市長の写真は毎月出ているでしょう?

よりによって今日はワイデッキで、フジノは「吉田さん!」と呼びかけられました。

そして、横須賀市政について厳しいご意見をたくさん頂きました。

同じ政治家ですので、ご意見は率直に受け止めました。

ただ、市民のみなさま、ご自分のまちの市長の顔と名前くらいはどうか憶えておいてくださいね。

横須賀中央ワイデッキにて

横須賀中央ワイデッキにて

ひとめでわかる、吉田市長とフジノの違い

  • 肩から『本人』と書いたタスキをつけているのが、吉田市長。自分の名前を名乗らず、のぼりもタスキも無いのがフジノ。

  • 黒い髪の毛にショートカットが、吉田市長。茶髪でパーマをかけているのが、フジノ。

  • 早稲田大学雄弁会出身で演説がうまいのが、吉田市長。もごもごと聴き取りづらい声でまわりくどい話し方なのが、フジノ。

  • 青いナイロンのチームジャケットを着込んだボランティア集団をたくさん引き連れているのが、吉田市長。いつもひとりきりで立っているのが、フジノ。

カンタンなので、どうか憶えて下さいね。

浦賀駅前

浦賀駅前


残念ながら、今日も渋谷での『のじれん』の活動に合流することはできませんでした。

明日は『カフェトーク』と『ひとり自殺対策街頭キャンペーン』の為、やはり都内には行かれません。

せめて1月4日だけは、なんとか『越冬・越年』支援の現場に身を置きたい気持ちです。

ブログで全国のみなさまに「どうか『越冬・越年』支援にご参加ください」と呼びかけていながら、自分自身が参加できていないことに、すごくフラストレーションがたまっています。

1月5日には大学院で10分ほどのプレゼンテーションを頼まれているのですが、それもお断りしようと思います。

今はとても渋谷の宮下公園前に駆けつけたい気持ちでいっぱいです。



雪の元旦/ひとり自殺対策街頭キャンペーン2014-15

元日も「ひとり自殺対策街頭キャンペーン」へ

今日は、2015年1月1日。新しい年になりました。

市民のみなさまにとって今年がより良い1年になることをこころから祈っています。

フジノは政治家に転職して12年が経ちました。

その間、ずっと『年賀状』は一切出していません。また、政治家として招かれた『忘年会』『新年会』も徹底的に全てお断りしてきました。

2015年1月1日「ひとり自殺対策街頭キャンペーン」に立つフジノ

2015年1月1日「ひとり自殺対策街頭キャンペーン」に立つフジノ


警察・消防・救急・自衛隊・医療福祉関係者のみなさまと同じように、元旦であろうと全くカンケーなく、フジノはいつもどおり働いています。

政治家の仕事は「市民のみなさまのいのちを守ることが全てだ」と信じています。

この仕事に就いている限り、フジノにとって年末年始はカンケー無い。

12年間ずっとそう信じて今日まで働いてきました。

2015年になっても、その信念は全く変わりません。



初雪の為、横須賀に残る決断をしました

ところで、天気予報通りだったとはいえ、『初雪』が降ったことにはとても驚きました。

市内の地域によっては強く降ったものの、「それほど長く続く雪ではない」との予報でした。

けれども、フジノは昨年2月の大雪がどうしても頭をよぎってしまいました。

横須賀市の『地域防災計画』に『雪害』への対策が今年から正式に加わることになったのですが、その提案をしたのはフジノです。

だから、「もしも『雪害』に伴う何らかの出来事が起こりうるならば、フジノはそれを全て見届けねばならない」という責任を感じました。

もともとフジノの今日のスケジュールは、お昼過ぎ『ひとり自殺対策街頭キャンペーン』を終えて、午後は渋谷・宮下公園前の『越年・越冬』支援のボランティアに向かうというものでした。

でも、「雪がおさまるまではとにかく市外に出るのはやめよう」と判断して、横須賀に残りました。

元旦から4日までの4日間は、渋谷での支援活動(『のじれん』)のボランティアにどうしても行きたかったので、無念さと悔しさをとても感じました。

「越年・越冬」の活動(その2)渋谷・山谷

「越年・越冬」の活動(その2)渋谷・山谷


こればかりは仕方がありませんが、それでももどかしくてたまりませんでした。。



元旦に街頭に立つことの「ご褒美」

雪がおさまって、すぐにいつもどおり『ひとり自殺対策街頭キャンペーン』に立ちました。

今日は初めての場所(ワイデッキ下広場にあるJTBの前)で活動を行ないました。

JTBの前で初めて活動を行ないました

JTBの前で初めて活動を行ないました


ところで、元日からちゃんと働いていると、『神様からのご褒美』みたいな出来事が起こるものです。

昨年1月1日の『ひとり自殺対策街頭キャンペーン』では、とても懐かしい再会がありました。

今年は、『里帰りしていた親友』がわざわざワイデッキまで来てくれました。すごく嬉しかったです。

里帰りしていた親友が撮影してくれました

里帰りしていた親友が撮影してくれました


ものすごく嬉しかったです。

明日こそ、市内での市民相談・街頭キャンペーンを昼までに終わらせて、都内の路上生活者支援に向かいたいです。

全国のみなさまに「ぜひご参加ください」とお願いしておきながら、フジノ自身が行かないのでは失格だと思います。

明日こそ、必ず参加します!

今年も1年間、全身全霊をかけて働いていきたいと思います。

市民のみなさま、今年もどうぞおれをこきつかってください。

働くぞ!



ぜひあなたも「越年・越冬」活動にご参加下さい!/「ふとんで年越しプロジェクト2014」と「世界の医療団」の共催による「貧困問題セミナー」へ

*これを書いているのがすでに朝の4時で、数時間後にはマラソンカフェトークに行かねばなりません。。。詳しい文章は明日書きますね。中途半端な文章と途中までしか掲載していない写真でごめんなさい。




「越年・越冬」活動の説明と「貧困問題」のセミナーへ

今日は、山手線で池袋のさらに次の大塚駅まで向かいました。

都電荒川線

都電荒川線


都電荒川線を観たのは、大学時代以来なので約20年ぶりでした。

それは下のセミナーに参加する為です。

年末年始に『貧困問題セミナー』開催のお知らせ



年末年始は、公的機関の相談窓口がお休みになる為、住まいが無くなったり、所持金が尽きてしまっても、必要な人が支援制度を利用することができません。

東京では、新宿・渋谷・池袋・山谷地域などで、民間の団体が食事や相談会を中心とした『越年・越冬活動』をおこなう予定です。

また、それらの活動と連携する形で、必要な方にシェルターを提供する『ふとんで年越しプロジェクト2014』も始動しました。

このたび、『ふとんで年越しプロジェクト2014』と『認定NPO法人世界の医療団』の共催で、貧困やホームレス問題についてのセミナーを開催します。

公的な支援機関が閉まるこの時期に、どのような暮らし・住まいのニーズがあるのか、貧困問題に対してどのような取り組みがなされているのか、広くお伝えしたいと思います。

年越し直前の呼びかけとなり恐縮ですが、関心のある皆さま、ぜひご参加ください。

  • 日時:12月29日(月)13時~15時
  • 場所:東池袋サンシャイン町会会館
  • 内容:日本のホームレス問題、路上を取り巻く問題、貧困問題についてのセミナー
  • 主催:ふとんで年越しプロジェクト2014、認定NPO法人世界の医療団
  • 申込:不要
  • 参加費:カンパ歓迎300円~(可能な方のみ)
  • ふとんで年越しプロジェクト2014クラウドファンディングページ

昨年に続いてフジノは、渋谷での「越冬・越年」活動のボランティアに行きます。

去年はとにかく渋谷区の非人道的な状況に対する強い怒りや「行かねばならない」という焦りや危機感だけでそこに向かいました。

東池袋サンシャイン町会会館にて

東池袋サンシャイン町会会館にて


でも今年は改めて「越年・越冬」活動を根本的な意味で理解して、自分が活動する上での注意点なども学び直したいと考えていました。

だから、このセミナーはフジノの為にあるようなものです。

町会会館に貼られたメモw

町会会館に貼られたメモw


そこで東池袋サンシャイン町会会館に行ってきました。



「もやい」も「世界の医療団」もフジノには深いつながりがあります

今回のセミナーだけでなく、『ふとんで年越しプロジェクト』そのものを実施している方々の多くはフジノにとって長い間のつながりがあります。

ふとんで年越しプロジェクト呼びかけ人

代表 宇都宮健児(弁護士/前日弁連会長/派遣村名誉村長)
稲葉剛(NPO法人自立生活サポートセンター・もやい/住まいの貧困に取り組むネットワーク)
岩田鐡夫(聖イグナチオ生活相談室/聖イグナチオ・カレーの会)
大西連(NPO法人自立生活サポートセンター・もやい/認定NPO法人世界の医療団)
黒岩大助(渋谷・野宿者の生存と生活をかちとる自由連合)
後閑一博(司法書士/ホームレス総合相談ネットワーク)
中村あずさ(NPO法人TENOHASI/認定NPO法人世界の医療団)
中村光男(山谷争議団/隅田川医療相談会)

宇都宮健児さんとのつながりはもうご説明するまでも無いですよね。

今日のセミナーを主催する、大西連さんが理事長を務める『NPO法人自立生活サポートセンターもやい』とは、前事務局長の湯浅誠さんの時代から接点があります。

NPO法人自立生活サポートセンターもやい・理事長の大西連さん

NPO法人自立生活サポートセンターもやい・理事長の大西連さん


また、共催の認定NPO法人『世界の医療団』は、昨年の第9回精神障害者自立支援活動賞(通称・リリー賞)を受賞しました。

みなさまご存知のとおり、フジノは『リリー賞』の選考委員を務めています。フジノは『世界の医療団』の活動を、高く評価しています。

中村あずささん(認定NPO法人世界の医療団)、大西連さん(自立生活サポートセンターもやい)、フジノ

中村あずささん(認定NPO法人世界の医療団)、大西連さん(自立生活サポートセンターもやい)、フジノ


こうしたもともとのつながりもあって、昨年の『ふとんで年越しプロジェクト』もフジノはとても応援しましたし、寄附もしました。

『ふとんで年越しプロジェクト』の位置づけは、現場(新宿・渋谷・池袋・山谷など)での活動の大きな意味でのバックアップなのです。

そこで、単に寄附したり活動の広報をするだけでなく、自分自身も実際に渋谷の現場にたった1日だけですが参加しました。

『反貧困』『自殺対策』『障がい福祉』『住宅政策』など、政治家としてフジノがずっと続けてきた政策の取り組みと、精神保健福祉士という国家資格を持つ個人としてのフジノの想いが、『夜回り』をしたあの夜、とても合致したのを感じました。

もちろん横須賀市の政治家なので、フジノは『ひとり自殺対策街頭キャンペーン』をはじめ、年末年始の市民のみなさまからの相談も受け続けます。

けれどもそれに加えて、とにかく時間をつくって、「越冬・越年」活動に参加しなければいけないという強い気持ちを感じるのです。

それは誰かに命令されたとか、誰かに認められたいとか、そういうどうでもいいレベルの話ではありません。

御用納めで9日間も官公庁が閉まっている間に、人のいのちが失われてしまうかもしれない。

いのちを守りたい。

だから、行かねばならない。

人として、行かなきゃ嘘だろ。

そんな気持ちがすごくするのです。



大西さんによる貧困問題セミナー

『ふとんで年越しプロジェクト』呼びかけ人の大西連さん(NPO法人自立生活サポートセンターもやい・理事長)がとても丁寧に分かりやすく歴史的経緯から実際の活動の諸注意まで、細やかにお話をしてくれました。

人々が路上生活に固定化してしまうまで

人々が路上生活に固定化してしまうまで

ホームレス状態の多様化

ホームレス状態の多様化

昨年の「ふとんで年越しプロジェクト」

昨年の「ふとんで年越しプロジェクト」

発想の転換が必要!

発想の転換が必要!

既存の支援の発想と逆の視点で考える

既存の支援の発想と逆の視点で考える





ぜひあなたも「越年・越冬」の活動にご参加ください!

フジノも参加しますが、ボランティアや支援をサポートして下さる方々を新宿以外は募集しています。

ぜひあなたも参加できる日に数時間でオッケーなので、足を運んで下さいませんか。

「越年・越冬」の活動(その1)池袋・新宿

「越年・越冬」の活動(その1)池袋・新宿

「越年・越冬」の活動(その2)渋谷・山谷

「越年・越冬」の活動(その2)渋谷・山谷





宇都宮けんじさんの応援@渋谷ハチ公前/都知事選ラスト1日!

宇都宮けんじさんの街頭演説へ

東京都知事選挙に立候補している宇都宮けんじさんの応援の為に、渋谷に行ってきました!

街頭演説スタート前ですが、すでに人が集まっています

街頭演説スタート前ですが、すでに人が集まっています


気象庁の天気予報によると

東京地方では8日明け方から雪が降り始め、9日明け方まで降り続いて大雪となる見込みです。

大雪による交通障害等に警戒し、路面の凍結や着雪に注意してください。

とのこと。

明日(選挙最終日)は、都内へ向かうことができないかもしれません。

そこで今日、急きょやってきました!

宇都宮さんのスローガン

宇都宮さんのスローガンを掲げるボランティアのみなさん


本当はもっともっと応援に来たかったのですが、どうしてもスケジュールの都合を付けることができませんでした。

街頭に立てたのは、1月31日の東京駅以来、1週間ぶりです。

そのかわり、地元で働きながらできることを毎日とにかくやってきました。

宇都宮さんの政策集をとにかく読んで政策を理解して、ツイキャスで街頭演説や宇都宮さんの話している内容をなるべく多く聴くようにしました。

宇都宮さんの公選ハガキ

宇都宮さんの公選ハガキ


宇都宮さんの公選ハガキ(選挙期間中に候補者が出せるハガキ)に、都内の知人・友人の宛先を一生懸命に書きました。

インターネット選挙が解禁された選挙なので、ツイッターでも発信に努めました。

渋谷ハチ公前へ

渋谷ハチ公前へ


ただ、やっぱり街頭でじかに都民のみなさまの反応を感じたかったので、街頭演説の応援ボランティアに来たくてしかたがありませんでした。

だから今日はうれしくて、誰よりもガンガンチラシを配りまくって、喉が枯れるまで大声を張り上げてきました!

応援演説をする雨宮処凛さん。右側は福島みずほさん

応援演説をする雨宮処凛さん。右側は福島みずほさん


金曜日の夕方の渋谷ハチ公前は、たぶん日本でも最大級の『待ち合わせスポット』です。

チラシを配っても、なかなか受け取ってもらえないかもしれないという心配も少しありました。

けれども、ばっちりたくさんの方々に受け取って頂くことができました。

中学生・高校生、若い女性、サラリーマン、肉体労働をしておられるような方、中高年の男女、本当に様々な方々に受け取って頂きました。

本当にありがたいです。

街頭で都民の方々と対話する宇都宮さん

街頭で都民の方々と対話する宇都宮さん





何故、僕は宇都宮さんを応援するのか

大声をあげながらチラシを配っていても、今夜の渋谷は寒かったです。

ふと、今年1月4日の夜の渋谷もすごく寒かったことを思い出しました。

その夜、フジノは『渋谷・野宿者の生存と生活をかちとる自由連合(のじれん)』の方と共に、渋谷のまちを巡回させていただいたのです。

2014年1月4日夜、神宮前6丁目公園にて

2014年1月4日夜、神宮前6丁目公園にて


本当に寒かったです。

宮下公園からヒカリエ、東口、玉川通りから西口、ハチ公前、マークシティ、地下とぐるっと回りました。

野外で暮らさざるをえないたくさんの方々がたくさんいらっしゃいました。

みなさんにお声がけをしながら、おにぎりとみかんを届けて回りました。

東京オリンピックに税金からたくさんのお金を使うならば、何故こうした立場に追い込まれた方々にもっと支援をしないのかと改めて怒りを感じた夜でした。

街頭演説終了後も、カンパの為に列に並ぶ都民の方々(ありがたいです)

街頭演説終了後も、カンパの為に列に並ぶ都民の方々(ありがたいです)


もともとフジノは福祉畑の人間なので、政治家に転職した後もずっと『反貧困』の政策を掲げてきました。

2010年9月「Stand up Take action」にて

2010年9月「Stand up Take action」にて


でも、宇都宮さんが名誉村長を勤めた『年越し派遣村』(2008年12月〜2009年1月)があったおかげで、フジノはもっと大きな声を上げることができるようになりました。

今まで福祉にかかわる専門職には知られていたわが国の貧困の存在を、宇都宮さんたちが全国に『可視化』してくれたのです。

あの時、宇都宮さんたちが全国の同じ想いを持つ仲間たちに力を与えてくれました。声をあげることの大切さを教えてくれました。

『反貧困』だけではありません。

2012年3月開催の自殺対策のイベントでは、宇都宮さんと共にパネリストを勤めました

2012年3月開催の自殺対策のイベントでは、宇都宮さんと共にパネリストを勤めました


自殺対策、多重債務対策、過労死防止、脱原発・脱被曝、性的マイノリティー支援、保育の質の問題をはじめ、あらゆる取り組みでフジノは宇都宮さんと問題意識を同じくしています。

そんな同じ想いを持つ人が日本の首都のリーダーになったならば、必ずこの国は良い方向に変わっていくはずだとフジノは確信しています。

そんな宇都宮さんにフジノは都知事になってほしいと強く願っています。



東京を変えよう!日本を変えよう!

明日で選挙運動は終わり、あさってが投開票日です。

都民のみなさま。

どうか、あなた自身のこころのままに、政策で候補者を選んで下さい。

投票にぜひ足を運んで下さい。

東京を一緒に変えましょう。

あなたがもしも歩み出したら、必ず東京は変わります。

必ず暮らしやすいまちへと東京はもっと変わることができるんです。

全国のみなさま。

どうか、都内に暮らす知人や友人や家族がいらしたら、この選挙が持つ歴史的な意義をお伝えして、選挙に足を運ぶように語りかけて下さいね。

東京が変われば、必ず日本全体が変わっていきます。

脱原発、実現しましょう!

どうかみなさま、一緒にがんばっていきましょう!よろしくお願いします!



希望のまち東京をつくる会のチラシ

『希望のまち東京をつくる会』のチラシ2種類です。

確認団体ビラその1(表)

確認団体ビラその1(表)

確認団体ビラその1(裏)

確認団体ビラその1(裏)

確認団体ビラその2(表)

確認団体ビラその2(表)

確認団体ビラその2(裏)

確認団体ビラその2(裏)