「やっぱ愛ダホ!多様な性にYESの日in横須賀2017」街頭キャンペーンを行ないました/今回も大成功でした!(その1)

2年ぶりに横須賀で「多様な性にYESの日」イベントを開催しました

本日5月17日は『多様な性にYESの日』です。

日本では『多様な性にYESの日』の名称で記念日として認定されているのですが、国際的には『IDAHO(アイダホ)』あるいは『IDAHOT』として広く知られています。

『International Day Against Homophobia, Transphobia and Biphobia』の頭文字をとって『IDAHO(アイダホ)』です。

直訳すると、『LGBT嫌悪に反対する国際デー』あるいは『国際反ホモフォビアデー』ですね。

今日5月17日は日本全国各地で、そして全世界各地でイベントや取り組みが開催されています。

そして横須賀では、3年前(2014年)2年前(2015年)に続いて、2年ぶりに街頭キャンペーンを行ないました。



「生の声」をお聴きしていただきました

今年は2部構成にしました。

まず第1部。

17時から19時までは、リーフレットを配りながら、マイクで『多様な性にYESの日』の意義をお伝えしました。


また、やぎしゃんをはじめとする参加してくれた当事者の方々に、『生の声』をどんどん語っていただきました。

フジノが「横須賀の宝物」だと思っている、やぎしゃん

フジノが「横須賀の宝物」だと思っている、やぎしゃん


やぎしゃんとフジノは(年齢は全く違うのですが)同じ小学校・中学校ということもあり、彼の存在を本当に誇りに感じます。

実はまだブログ記事にできていないのですが、やぎしゃんの活躍のおかげで素晴らしい動きがたくさん起こっています。

例えば、武山小学校では市内で初めて教職員向け研修(昨年暮れ)と生徒向け研修(今年頭)を開催しました。当事者のみなさんと生徒たちが小学校時代からじっくり語り合う、素晴らしい取り組みです。

これが実現したのはフジノの議会質疑でもなんでもなく(ずっと提案はしてきたのですが・・・)、やぎしゃんの活躍のおかげなのです。

スタートからラストまで3時間フジノとともに頑張って下さったトシさん

スタートからラストまで3時間フジノとともに頑張って下さったトシさん


前回の横須賀での街頭キャンペーンにも参加して下さったトシさんが、今回も参加して下さいました。




嬉しい報告をいただきました。ずっと望んでおられた『戸籍名の変更』が無事に完了したとのことでした。

いわゆる通称名を使っている方々は世の中にはたくさんいらっしゃいます。

けれども、戸籍上の名前を変更するには家庭裁判所に『申し立て』をして、面談を受けて、そして『許可』がおりないといけないのです(何故に自分の名前を変えるのに、家庭裁判所からわざわざ『許可』を受けねばならないのか、フジノは法制度に疑問を感じます)。

2年前もトシさんはトシさんでしたが、通称名ではなくて、戸籍上もトシさんはトシさんになりました。本当に良かったです。

在るべき本来の自分、なりたい本来の自分になる。そんな当たり前のことがなかなか難しい。

こうした社会を変えていくことが、この『多様な性にYESの日』の活動の目的の1つでもありますので、トシさんのお話はとても嬉しかったです。

配布したチラシ(表)

配布したチラシ(表)

配布したチラシ(裏)

配布したチラシ(裏)


こうした活動をずっと続けていくことが社会を変えていく大きな力になっていくとフジノは信じています。

今日はチラシを受け取って下さる方々も多く、受け取ったチラシをポイと捨てた人は1人しかいませんでした。

チラシを読んだ方々からフジノはたくさん質問を受けましたが、丁寧にご説明するとみなさんうなずいて「これからもがんばって」と声をかけていただきました。

横須賀は、この10年間の活動が少しずつ実っていると感じています。

(その2)へ続きます。



今年も市役所の「課長職ら」を対象に「性的マイノリティに関する研修」を行ないました/「性的マイノリティに関する課長等研修会」が開催されました

今年も課長職を対象に「性的マイノリティに関する研修」を開きました

昨年に続いて、市役所の課長職(教育委員会は指導主事も)を対象に『性的マイノリティに関する研修』が開かれました。

*詳しい内容は後日記します。取り急ぎ、写真のみ。

会場にて

会場にて

多様性を認め自分らしく生きる社会づくり

多様性を認め自分らしく生きる社会づくり

配布資料

配布資料

講師の星野慎二さん(NPO法人SHIP代表)

講師の星野慎二さん(NPO法人SHIP代表)

講義を受ける、総勢42名の課長(教育委員会は指導主事も)

講義を受ける、総勢42名の課長(教育委員会は指導主事も)

冷静に温かく語る星野さん

冷静に温かく語る星野さん


講師を引き受けて下さった星野慎二さん、ありがとうございました!

多忙な業務の山の中、本研修に参加して下さった課長職のみなさま、ありがとうございました。



やぎしゃん、みんな、ご卒業おめでとうございます!/県立横須賀高校定時制卒業証書授与式へ

「政治家フジノ」は入学式や卒業式には「来賓」として参加しません

フジノは、政治家に転職してから入学式や卒業式には来賓として一切参加しないできました。

何故ならば…あなたも分かるでしょう?

幼い頃の僕は、せっかくの卒業式や入学式で、同級生や先生との別れや出会いの大切な時間を過ごしているのに

「来賓として国会議員の●●さんが・・・」

とか紹介されたり

「市議会議長の●●さんが本日、来賓として・・・」

とか長ったらしい挨拶をされたり

正直なところ、とても違和感をおぼえたし、顔を売りに来ている感じがとても嫌だったからです。

だから、自分が政治家に転職した後も「卒業式・入学式には『来賓』として行かない」というマイルールを作りました。

かつて自分が体験した嫌な気持ちを、下の世代(現役の小中学生・高校生たち)に感じさせたくないからです。

そして、そのルールをずっと守ってきました。

(*統合を止められなかった桜台中学校だけは除きます)




県立横須賀高校・定時制の卒業式に「個人」として行ってきました

でも、今年はどうしても『卒業をお祝いしたい存在』がいました。

やぎしゃんです。

僕は彼の卒業がこころから嬉しいし、これから社会に出ていく彼を拍手で送り出したいとこころから願いました。

「無事に卒業が決まった」との報告を受けた後、あらかじめやぎしゃんにはオッケーをもらった上で、『保護者・知人・友人』の座席に座ることにしました。

ラッキーなことに、学校側から『来賓』としての招待状も届きませんでした。ホッとしました。

招待状が来るたびにお断りのお返事を出しているのですが(それはとてもおっくうで心苦しい作業です)、お断りをしたのにそこへ行くという事態になったら、もっとやっかいだったからです。

卒業証書授与式のプログラム

卒業証書授与式のプログラム


こうして僕はいち個人として卒業式に向かいました。

校長先生のあいさつ

校長先生のあいさつ


こころおきなく『保護者・知人・友人』ゾーンにひとりの個人として座って、彼の旅立ちの日に立ち会うことができました。

卒業生の中でもさらに優秀な成果をおさめた生徒たちが表彰されました

卒業生の中でもさらに優秀な成果をおさめた生徒たちが表彰されました


それにしても、体育館はすさまじく寒かった!

実はここはフジノの母校でもあって、高校時代は寒さなんて全く感じずにここで体育をしたり同じように卒業式を体験しています。

体育館の出入口からテニスコートを見下ろす光景は、横高生にはお馴染みの景色ですよね

体育館の出入口からテニスコートを見下ろす光景は、横高生にはお馴染みの景色ですよね


巨大な暖房(オレンジ色のものすごいカーボンヒーターみたいなもの)が付いているのに、足元から凍えるかと思いました。これはフジノが年をとった証拠です(笑)



卒業生代表の言葉に思わず涙が出ました

でも、そんなフジノの凍えきった体が思わずしゃきっとした瞬間がありました。

『卒業生のことば』を、卒業生代表が語った時のことです。

卒業生のことば

卒業生のことば


昼間は働いて、年上ばかりに囲まれて過ごしているみんなは、きっと同世代よりも早く大人になることを要求されてきた4年間だったことだと思います。

そんなみんなが仕事を終えて登校すると、教室では少しホッとしながら、疲れた体でもクラスメートに再会した嬉しい気持ちで元気が出た。

そうして4年間を乗り越えてきた…。

そんな卒業生の言葉に、思わず感動してしまい、涙が出てしまいました。

本当に素晴らしい答辞でした。

やぎしゃんにお祝いの言葉をじかにかけれたことも嬉しかったけれど、卒業生代表の彼女の『卒業生のことば』を聴けたことで、僕は本当に今日ここに来て良かったと感じました。

退場する卒業生に、在校生が花束を贈りました

退場する卒業生に、在校生が花束を贈りました


やぎしゃん、ご卒業おめでとうございます。

卒業証書を授与されたやぎしゃんとフジノ

卒業証書を授与されたやぎしゃんとフジノ

僕はあなたの将来がきっと素晴らしいものになると信じています。



「高校」の校歌を22年ぶりでも歌えました!

ところで、我が母校にはフシギな文化があります。

それは、『高校』の校歌を歌える人があまりいないのです(もちろん歌える人もいます)。

1908年創立という長い歴史を持つ『県立横須賀高校』は、かつて、旧制中学校だった時代があります。

つまりスタートした当時は『県立横須賀中学校』だったのです。

「坂東武者の名を留めし」で始まる横須賀中学校校歌

「坂東武者の名を留めし」で始まる横須賀中学校校歌


その時の『中学校の校歌』の方が在校生にも卒業生にも愛されているのです。

それは、フジノの先輩方もそうでしたし、フジノの現役時代もそうでした。

やぎしゃんの2015年の今も、変わらないままだそうです。

それでも今日の卒業式の最後、『高校の校歌』をみんなで歌いました。

県立横須賀高校の校歌

県立横須賀高校の校歌


22年ぶり、しかも現役高校生時代にもほとんど歌った記憶がありません。

でも、完璧に歌えました。歌詞カードも見なくても歌えました。

我ながら本当に不思議でした。

何故ならば、同級生はみんな知っていることなのですが、現役時代フジノは高校が大嫌いでした。

欠席はしないものの、遅刻の数の多さは学年で2番めに多かったです。

バイトとバンドに明け暮れて、とにかく高校に居たくありませんでした。

さらに、政治家に転職した12年前。

立候補したフジノに対して、横須賀高校OB・OGらしき人々から『2ちゃんねる』などのネット上でひどい誹謗中傷を書かれました。

「横須賀高校の恥!」

「同じ卒業生だとか思われたくない」

こんな小さな半島の中だけの進学校を卒業したことを大人になってもいつまでもプライドに抱えてる情けないヤツらだと、フジノもますます母校を嫌いになりました。

だから、フジノは高校現役時代から卒業して現在に至るまで、一貫して母校が大嫌いです。

同級生たちは大好きなのですが、高校そのものに対する気持ちは全くポジティブな想いがありません。

マスメディアの取材などで卒業した高校を尋ねられると、必ず答えないできました。

そんな僕なのに、高校の校歌がそらんじて歌えたのだから不思議。

卒業生50名のみなさま、どうか幸多き人生を歩んで下さいね!

卒業生50名のみなさま、どうか幸多き人生を歩んで下さいね!


生きていると、永遠にありえないと思っていた『和解』というものがふと訪れるのかもしれませんね。



市役所の「課長職」を対象に「性的マイノリティに関する研修」を行ないました/「性的マイノリティに関する課長職研修会」

横須賀市役所の全ての課長職を対象に「性的マイノリティに関する研修」を行ないました

昨日の『パネル展示』に続いて、良いニュースをお伝えできて嬉しいです。

横須賀市がまた一歩、前に進みました。

課長職を対象にした「性的マイノリティに関する課長職研修会」の会場にて

課長職を対象にした「性的マイノリティに関する課長職研修会」の会場にて


今日は、市役所の全ての課長職を対象にした『性的マイノリティに関する課長職研修会』を行ないました。

30数名の課長職が一同に介しました

30数名の課長職が一同に介しました


横須賀市の課長職30数名が一同に介して、『性的な多様性に関する研修』を受けたのです。



何故「課長職」をターゲットにした研修なのか?

これまでも横須賀市は『性的な多様性に関する研修』を、官民問わず、あらゆる方々を対象に実施してきました。

横須賀市が行なってきた研修の一部

けれども『課長職』を対象にした研修は、初めてです。

市民のみなさまにとって『課長』というのはどんなイメージでしょうか?

行政における『課長職』とは、単なる中間管理職ではありません。その担当課の条例・予算など全てについて重要な判断を下せるのが『課長』なのです。

部局長は、その部局の職員のマネジメントや、さらに市全体の政策の調整をメインにしています。

つまるところ、『課長』こそが『現場において政策を前に進めていく上で最重要なプレーヤー』なのです。

その課長職のみなさんが『多様な性』について理解を深めることは、横須賀市役所のあらゆる政策判断の際に『多様な性』の観点が加わるということです。

だから、ものすごく大きな意味があるのです。

ただ、課長職というのはすさまじく忙しい。全員を集めて研修をするということはなかなか難しく、これまでは実現できませんでした。

それが今日、ついに実現したのです。

とても素晴らしいことです!

全部局の合意を取り付けてこの研修を実現させた『市民部人権・男女共同参画課』は、本当にご苦労が多かったことと思います。ありがとうございました!



研修の内容は、横須賀の現実をもとに具体的な内容が語られました

講師は、NPO法人SHIP代表の星野慎二さんです。

講師の星野慎二さん(NPO法人SHIP・代表)

講師の星野慎二さん(NPO法人SHIP・代表)


『性的な多様性』のいわゆる一般論は、すでに横須賀市の課長職のみなさんはほとんど理解しておられます。

(すでに横須賀市は『人権施策推進指針』を作成しており、市役所の職員はみな、毎日の業務の中でこの『指針』を参考にしながら業務に取り組まねばなりません)

今日の研修で配布された資料

今日の研修で配布された資料


今日は、横須賀市の取り組んできた施策、横須賀のこどもたちの現状をもとに具体的なお話がなされました。

例えば…。

昨年、県立横須賀高校に通うやぎしゃんが高校の文化祭で自らのセクシャリティをもとに2日間、ワークショップを行なったことをお伝えしました。

セクシャリティとは何か?

セクシャリティとは何か?


また、そのやぎしゃんをNHK『エデュカチオ』が取材し続けて、昨年10月には全国に放送された様子などをお伝えしました。


多様な性の子どもたち 大人はどうすれば? 投稿者 lgbtnijinokokoro


ちなみに、『エデュカチオ!』は前回の放送が好評だった為に、さらにパート2を作成して放送しました。

エデュカチオ!「多様な性の子どもたち・パート2 大人にできること」

エデュカチオ!「多様な性の子どもたち・パート2 大人にできること」


多様な性の子どもたち・パート2 大人にできること 投稿者 lgbtnijinokokoro

エデュカチオ!「多様な性の子どもたち 大人はどうすれば?パート2」 で尾木ママと語り合うやぎしゃん

エデュカチオ!「多様な性の子どもたち 大人はどうすれば?パート2」 で尾木ママと語り合うやぎしゃん


横須賀在住のやぎしゃん(番組の中では勝法さん)がスタジオで尾木ママ・東山紀之さんとともに語り合いました。

笑顔の星野さん

笑顔の星野さん


*再放送が2月7日(土)12:00〜12:29にNHK・Eテレであります!観てくださいね!

フジノは、こうしたアクションが横須賀発で全国に広がっていっていることをとても誇りに感じます。

もちろん明るい側面のお話だけではありません。

「異性愛が当たり前」という前提で作られている日本社会の中で、自傷行為に追い込まれてしまったり、自殺の犠牲になった方々についても語られました。

また、学校教育の現場や家庭での適切な理解が深まっていない為に、こどもたちが苦しんでいることも具体的な事例をたくさん語っていただきました。

「自分のことを知りたい」と願うのは誰もが当然に考えることです。

自らのセクシャリティと同じセクシャリティの人々と出会いたくても出会えない。出会う為の手段が、現状ではインターネットでの『出会い系サイト』しか無い。

そこでの出会いが、「友人を得たい」「自らのことをもっとちゃんと知りたい」という本人が求めているものとは異なることが多いです。

つまり、単に一過性のセックスを強いられることがしばしばあるのです。

こうした状況を変えたくて、横須賀市では『10〜20代のみを対象にした出会いの場』を2ヶ月に1回、開催しています(『CafeSHIPポートよこすか』です)。

また、性同一性障害の性自認を持つ方々が、海外からインターネットでホルモン剤を取り寄せて服薬して、副作用に苦しんでいる事例なども語られました。

性同一性障害のこどもたちが性別適合手術を受けるには、大きなハードルがたくさんあります。

何よりもまず親の同意が必要となるので、親にカミングアウトできないこどもたちは、そこでまず苦しんでいます。

そして親に全く話すことができないままに、医師にもきちんとかかることも全く無いままに、自分でインターネットでホルモン剤を買ってのんでいまっているのです。

ホルモン療法は、本当に細やかな診断に基づいたクスリの処方が必要なのです。そうした専門的な診察が無いままにただホルモン剤だけをのめば、望んだ身体の変化は得られないどころか、うつ症状や精神科的な疾患を持つことが多いです。

本当に厳しい現実がたくさんあります。

また、HIVへの感染についても横須賀の事例をもとにお話して頂きました。フジノのまわりにもHIVポジティブの方が何人もいらっしゃいます。

先進国の中でHIVキャリアが増えているのは、日本だけです。

みなさんが知らないだけで、実際にはたくさんの方々がHIVキャリアとして暮らしています。



行政ができることはもっとたくさんある

星野慎二さんから、我ら政治・行政の改善すべき事柄が具体的に提案がありました。

家族の概念を観直してみませんか?

家族の概念を観直してみませんか?


すでにフジノが市議会で提案しているものもありましたが、どんどん実行に移していかねばならないことがまだまだたくさんあります。

実は、A自治体(悪い例)は横須賀市の申請書類でした

実は、A自治体(悪い例)は横須賀市の申請書類でした


医療・福祉の現場をはじめ、住宅政策における扱い、婚姻などをはじめ、たくさんあります。

多様性を大切にするまちは、強いまちです

多様性を大切にするまちは、強いまちです


今日の講習が、現場に毎日向き合っている課長職のみなさんのこころの奥深くにどうか届いていますように、フジノは強く願っています。

課長職のみなさん、一緒に変えていきましょう!

横須賀はすでに全国から注目される『性的な多様性』を保障するために努力しているまちです。

でも、まだまだ足りません。

もっともっと変えていくことができます。

どんなセクシャリティであろうと、みんなが自分らしくあることが自然にできる、希望を感じられるまちに変えていきましょう。

激務の中で研修を受けて下さった課長職のみなさん、今日はありがとうございました。

また、課長を送り出してくれた部局長のみなさん、ありがとうございました。

そして、今日の実現に尽力して下さった市民部人権・男女共同参画課のみなさん、本当におつかれさまでした。

これからも横須賀市が全国のお手本になれるように、フジノはどんどん取り組みを前に進めていきます!



県立横須賀高校、快挙!昨日は高校生クイズで、今日は文化祭で/横高文化祭で初の「セクマイ講座」が開かれました

県立横須賀高校の文化祭へ

今日は、神奈川県立横須賀高校の文化祭に向かいました。

横須賀高校文化祭のパンフレット

横須賀高校文化祭のパンフレット


県立横須賀高校といえば、昨夜放送された『第34回全国高等学校クイズ選手権(高校生クイズ)』で素晴らしい活躍をし、大きな話題となりました。

神奈川県立横須賀高校・文化祭

神奈川県立横須賀高校・文化祭


フジノの母校なのですが、文化祭におじゃまするのは数年ぶりです。

今日訪れた理由は、文化祭のプログラムで『セクマイ講座』が開かれるからです。

校舎内のあらゆる場所にポスターが貼りだされていました

校舎内のあらゆる場所にポスターが貼りだされていました


これまで県内の他の高校でこうした講座が開かれたことはありましたが、県立横須賀高校では今回が初めてです。

まさに快挙!

NPO法人SHIP代表の星野慎二さんとフジノ

NPO法人SHIP代表の星野慎二さんとフジノ


講師となる現役高校生やぎしゃんをはじめ、サポートして下さった養護教諭の林先生と川口校長先生、素晴らしい大英断です。

開催を聞きした時、『性的な多様性の保障』を政策として掲げてきた政治としてフジノは、とても嬉しかったです。ありがとうございます!



NHKからも取材にきました

講座の企画・講師を務めたのは、現役高校生の『やぎしゃん』です。

やぎしゃん

やぎしゃん


やぎしゃんとお会いするのは数回目なのですが、毎回、彼の行動力の高さには驚かされます。

フジノからもお願いして、8月には渋井哲也さん(フリーライター)の取材も受けてもらいました。

「エデュカチオ」(Eテレ・土曜日17:55〜18:25放送)ウェブサイトより

「エデュカチオ」(Eテレ・土曜日17:55〜18:25放送)ウェブサイトより


そんなやぎしゃんの『セクマイ講座』をNHK・Eテレの『エデュカチオ!』という番組が取材に来てくれました。

廊下で講演会のおしらせをするやぎしゃん。それを取材するNHKクルー。

廊下で講演会のおしらせをするやぎしゃん。それを取材するNHKクルー。


彼の想いと行動がもっと多くの人々に届くといいなぁと願っています。

番組の放送日が決まったら、このブログやツイッターで必ずお知らせしますね!

パワーポイントの準備をするやぎしゃんと星野さん

パワーポイントの準備をするやぎしゃんと星野さん

(*今日の講座の内容、そしてそもそも『やぎしゃん』についての紹介は、ちょっと内容を詳しく書きたいので、後日追記しますね)

やぎしゃんのセクマイ講座

やぎしゃんのセクマイ講座

セクシャリティとは何か?

セクシャリティとは何か?

性的指向・性自認は自分で変えることはできません

性的指向・性自認は自分で変えることはできません


講座は、まずやぎしゃんによる講義が30分。

その後、2名のゲスト(当事者の立場の10代)が参加し、お話して頂きました。

最後に、会場との意見交換・質疑応答が行われました。

会場の参加者の方々との質疑応答や意見交換も活発でした!

会場の参加者の方々との質疑応答や意見交換も活発でした!


会場は、30席が満席プラス立ち見がいました。

林先生によると、定時制の学生だけでなく全日制の学生も多数参加していたとのこと。本当に嬉しいです!

どうかもっともっと同世代に知ってほしいです。

そして、教職員のみなさまにも、もっともっとリアルな姿を知ってほしいです。

今日のプログラムはその上で、とても良い機会でした。

どうか来年以降も続いていきますように!



模擬店、おいしかったです

天気も良かったので、文化祭をちょびっとだけ楽しみました。

食品販売メニュー

食品販売メニュー


焼き鳥を買って食べましたが、おいしかったですよー!

焼き鳥を売ってた模擬店のみなさんと、シンジさんとフジノ

焼き鳥を売ってた模擬店のみなさんと、シンジさんとフジノ


中庭ステージでは、軽音楽部によるライブ演奏が行われていました。

フジノが高校生だった時に、同級生たちとバンド活動を『同好会』から『部活動』へ昇格させたんです。わが部活動の直系の後輩たちの活躍ぶりは、音楽を愛する者としてうれしくてたまりません。

ずっとずっと音楽を愛し続けてね!

中庭ステージでは軽音楽部によるライブ演奏!

中庭ステージでは軽音楽部によるライブ演奏!


星野代表もフジノも、講演会終了後すぐに次の仕事があって30分しか滞在できませんでした。もうちょっと観てみたかったなぁ〜。

懐かしの学生食堂

懐かしの学生食堂


文化祭での若いエネルギーの爆発は、とても気持ちいいものでした。

明日も快晴だといいですね!



明日も「やぎしゃんのセクマイ講座」があります。ぜひいらしてください!

『やぎしゃんのセクマイ講座』は、明日も開催されます。

講座のスケジュール

講座のスケジュール

今日のゲストは当事者の立場の10代の方々でしたが、明日のゲストは保護者の立場の方々です。

「やぎしゃんのセクマイ講座」

  • 日時:14日(日)12時〜13時

  • 場所:横須賀高校B棟3階

  • 内容:やぎしゃんのセクマイ講座

  • ゲスト:保護者の方々

明日もきっと素晴らしい講座になるはずです。

フジノは別の仕事で伺うことはできないのですが、どうかぜひみなさまいらしてくださいね!