中筋純さん全国巡回写真展「流転〜福島&チェルノブイリ〜」へ/伝えること・伝えないことの功罪に迷い悩みつつ、ヒロシマ72年に想いを馳せました

中筋純さんの全国巡回写真展が横須賀にやってきました

福島とチェルノブイリを写真家として撮影を続ける、中筋純さん

全国巡回写真展「流転」チラシ

全国巡回写真展「流転」チラシ


彼の全国巡回写真展『流転 福島&チェルノブイリ』がついに横須賀へやってきました。

The Silent Views. 流転 福島&チェルノブイリ横須賀展

日時:2017年8月3日(木)〜7日(月)9時〜18時半(最終日16時)
場所:横須賀市文化会館 市民ギャラリー
入場料:無料
後援:横須賀市・横須賀市教育委員会

この企画を知った時からずっと「8月6日に行こう」とフジノは決めていました。

実際は撤去された「原子力豊かな社会とまちづくり」の看板

実際は撤去された「原子力豊かな社会とまちづくり」の看板


そして今日、8月6日。

8時15分に黙祷をして、横浜へと向かいました。

『AIDS文化フォーラム』最終日は夕方まで続くフォーラムでしたが、途中退出をして横須賀に戻りました。



福島へ継続的に足を運ぶ取材陣がほぼ居なくなった現実

福島を取材し続けるフリーライター鈴木博喜さん(民の声新聞)からも

「ぜひ中筋さんとお話してみて下さい」

と勧められていました。もちろん、ぜひお話しさせていただこう、と強く思いました。

中筋純さんとフジノ

中筋純さんとフジノ


2011年3月の東京電力福島第一原子力発電所の事故から、わずか6年。

フレコンバッグの数は国も把握していないとのこと

フレコンバッグの数は国も把握していないとのこと


福島へ継続的に取材をし続けている人は、本当にごくわずかしかいなくなってしまいました。

志願して福島支局へ赴任した全国紙記者のフジノの親友も、関東に戻ってきました。

5年が耐用年数と言われるフレコンバング

5年が耐用年数と言われるフレコンバング


今も現場に足を運び続けている人は、フジノの知る限り、わずか数名です。

鈴木博喜さんも、中筋純さんも、その『ごくわずか』の存在です。

中間貯蔵施設の建設用地はようやく32%を確保したとのこと

中間貯蔵施設の建設用地はようやく32%を確保したとのこと


何故なのか。

その理由を、これまで鈴木さんとも何度も語りあってきました。今日も中筋さんとも語りあいました。

これまでずっと考えてきたことなので、フジノなりの答えは(そして鈴木さんや中筋さんの答えは)出ています。

色褪せていく政党のポスター

色褪せていく政党のポスター


ただ、そのフジノなりの答えをここには記したくありません。

ぜひあなたにもお考えいただきたいのです。

福島に何故、メディアが一切入らなくなってしまったのか。

色褪せていく政党のポスター

色褪せていく政党のポスター

もちろん、福島支局はどこのメディアも置いています。

けれども、放射能に関するあらゆる事柄が首都圏や全国でほとんど報じられなくなったのは何故なのか。

6年前は関東でもこぞって購入する人が続出しましたね

6年前は関東でもこぞって購入する人が続出しましたね


ぜひあなたにもお考えいただきたいのです。



「GNF-J」「原子力空母」がある横須賀、福島は常に「わがまちのこと」

中筋さんは、横須賀での写真展についての記者会見でこのような趣旨のことを語っていました。

フジノ自身、中筋さんと同じ考えを持っています。

このまちは、意識しようと意識しまいと、暮らしている人々は常に『核』と同居しています。

チェルノブイリの出来事も、福島の出来事も、決して他人事ではないとフジノは自覚しています。

この教室で再会は叶ったのだろうか

この教室で再会は叶ったのだろうか


それは政治家になる前から変わらない願いです。

  • 原子力発電所も、全て無くしたい。
  • 原子力軍艦(原子力空母・原子力潜水艦)も、全て無くしたい。
  • 核兵器も、全世界から廃絶したい。

しかしその一方で、いち市議会議員として現実的に実現できることの少なさも、嫌というほど向き合ってきました。

けれども、できることは全てやりたいといつも思っています。

決して諦めること無く、腐ること無く、死ぬまで言い続けるしかないと固く信じています。

中筋さんのサインをいただきました

中筋さんのサインをいただきました


そんなことを中筋さんとお話ししました。

8月6日。

核と同居する横須賀で、福島とチェルノブイリの撮影を続ける中筋純さんの写真展に行き、改めてヒロシマに想いを馳せて祈りました。

他人事としてではなく、常に意識し続けている『自分事』として。



長崎放送「報道センターNBC」の特集に出ました/原子力空母、入港の前日。

「長崎放送」から取材を受けました

原子力空母が入港する前日の9月24日。

フジノは『NBC長崎放送』(TBS系列)の取材を受けていました。

NBC長崎放送

NBC長崎放送


初めて横須賀に来た方でもすぐ分かる横須賀中央駅前の岡田屋モアーズで記者の方と待ち合わせをしたのですが、すぐに場所を変えました。

フジノの複数の友人は被曝3世ということもあり、本当に幼い頃からヒロシマ・ナガサキには深い思い入れがありました。

その長崎からわざわざ取材に来て下さったのですから、政治家としてフジノが『横須賀で最も大切にしている場所』へとご案内することにしました。

原子力空母の母港化問題『住民投票条例案』の採決の時などに悩んだり、迷った時に、いつも必ず足を運んできた大切な場所です。

核兵器廃絶・非核都市宣言

核兵器廃絶・非核都市宣言


『核兵器廃絶・非核都市宣言』を行なった横須賀市が、市民の募金と共に作った『平和のモニュメント』が設置されている横須賀中央公園です。

東京湾が一望できるこの場所に、翌日25日には原子力空母がやってくるのです。

「平和を守りたい」

と願う全ての横須賀市民の代表である政治家として

「インタビューを受けるには最もふさわしい場所だ」

と感じました。

その取材を受けた番組が今日、放送されました。



『報道センターNBC』の特集に出ました

番組のタイトルは、『報道センターNBC』です。
 
夕方18時台のニュースです。

報道センターNBC


特集『検証 原子力空母の安全性』として放送されました。

検証 原子力空母の安全性


横須賀にも入港しているアメリカの原子力潜水艦ヒューストンは、2年間にわたって放射能漏れ事故を起こし続けてきました。

放射能漏れ事故を起こし続けてきたアメリカの原子力潜水艦ヒューストン


発見されたアメリカ政府の機密文書には「原子力潜水艦から放射能を排出する」と日本政府に伝えていました。

1963年の日米両政府の間で交わされた覚書


さらに1963年の日本・アメリカ両政府の間で交わされた覚書には「基準を下回っていれば放射能を含んだ冷却水を例外的に放出できる」とまで記されていました。

「基準を下回っていれば放射能を含んだ冷却水を例外的に放出できる」と明記


どちらも、絶対にあってはならないことです。

この機密文書の存在を知った佐世保市議会では激しく追及がなされました。

機密文書の存在を知った佐世保市議会では激しく追及がなされました


市議会で問われた市長も答弁はできず...。

市議会で問われた市長も答弁はできず


外務省はいつものことながら、何も根拠を示さないまま。

外務省はいつものことながら何も根拠を示さないまま


さらに、「アメリカが安全だというから日本政府も安全だと信じる」という外交権を放棄した声明をいつもどおり発表しました。

アメリカが安全だというから日本政府も安全だと信じると声明を発表  という外交権を放棄した声明をいつもどおり発


そして、フジノの登場です。

わずか1日しか違わないのに、『9月24日のフジ』ノはそれでもこんなに平和な東京湾に原子力空母は来ないはずだとどこかで信じていたのでした。

9月24日のフジノ


アメリカの民主主義を信じたいという気持ちとアメリカという国のたくさんのウソに満ちた歴史への怒りとが、フジノの中ではいつも2つ存在しています。

「米国は合理的に納得させる民主主義の国」


「原子力空母に限ってデータを出さない」


A4用紙4枚の説明を外務省はうのみにした


「日本人はバカにされていると思います」


インタビューの最後は、自嘲気味に笑うしかありませんでした。

何故なら、麻生総理をはじめとする政府にも、外務省にも、独立国としての意思が存在しないからです。

原子力空母のいない東京湾を見つめるフジノ


アメリカが「大丈夫だ」と言えば日本政府も「それならば大丈夫だ」と言うようなそんなバカげた国は、独立国ではありません。

東京湾を見つめるフジノ


この9月24日までの横須賀の海は25日の原子力空母入港と共に変わってしまいました。

けれども、これから50年、いや、100年かかろうとも、原子力空母をこの日本から押し返す動きは絶対に止めてはならないのです。

『9月24日の自分』が出ているテレビ映像を観て

「『9月25日以降の自分』は絶対にあきらめてはいけないのだ」

と改めて決意しました。



最後の1人になっても信念は揺らがない

NBCの特集は、とても優れた内容でした。

また、取材に来て下さった方も、本当に勉強熱心な上に行動力が抜群で、記者のカガミだと感じました。

そんな方とお会いする機会がえられて本当に感謝しています。

ありがとうございました。

また、横須賀にはフジノよりも優れた市民活動を続けてきた方々がたくさんいらっしゃる中、そんな諸先輩方をさしおいて、フジノが出させていただいたことには申し訳ない気持ちでいっぱいです。

それでも、諸先輩方に負けない

「このまちの平和を愛する気持ちを持っている」

という自負心はいつもこの胸にあります。

原子力空母が入港しようがしまいが、反対の気持ちがぐらつくことは一瞬たりともありません。

「入港した以上は、現実的な対応をとる」

なんて、体制にとりこまれただけの情けない言い訳をフジノは絶対にしません。

たとえ最後の1人になったとしても、フジノは

「正しいことは正しい」

と叫び続けます。

その気持ちが折れることは決してありません。

そんな覚悟を再確認させて下さった『NBC長崎放送』さんに感謝しています。

本当にありがとうございました。