市立2病院の次期指定管理者に「地域医療振興協会」が再び選ばれました。2018~2020年の3年間が対象です/うわまち病院及び市民病院指定管理者審査委員会(最終回)

市民病院・うわまち病院の次の3年間の指定管理者を選ばねばなりません

横須賀市には、市立の病院が2つあります。市民病院うわまち病院です。

どちらも経営上の理由から、現在では市が設置して民間が運営する『公設民営』となっています。

横須賀市立市民病院

横須賀市立市民病院


まず市民病院ですが、2009年度までは『直営方式』(公設公営)で運営していました。医師・看護師など職員はみな市職員でした。

2010年度からは『直営』を廃止して、新たに『指定管理者制度』を導入しました。

そして、民間である『公益社団法人地域医療振興協会』を『指定管理者』に選びました。

こうして、新たに『公設民営』による市民病院の運営がスタートしたのです。

第1期の指定管理期間は、2010~2017年の8年間でした。

今年度いっぱいで、第1期の指定管理期間が終わります。

横須賀市立うわまち病院

横須賀市立うわまち病院


一方、うわまち病院はそれよりも早い2006年から『指定管理者制度』を導入しました。こちらも同じく『地域医療振興協会』によって運営がなされています。

うわまち病院の第1期の指定管理期間は、2006~2013年の8年間でした。第2期は2014~2017年の4年間でした。

こうして、今年が2病院とも指定管理期間の最終年度を迎えました。

どちらも最終年度が同じになったのは、今後の2病院の指定管理期間を同じにする為に、あえて揃えたのですね。

(2021年以降は2病院を一括して管理・運営をすることもフジノは提案しています)

そこで、今年中に2018年度からの指定管理者を新たに選ばねばなりません。

市民病院・うわまち病院のこれまでのこれからの指定管理期間

市民病院・うわまち病院のこれまでのこれからの指定管理期間


このような経緯から、これまで『うわまち病院及び市民病院指定管理者審査委員会』を開催して選考作業を行なってきました。



合計3回の指定管理者審査委員会が開かれました

第1回は7月13日(非公開)、第2回の9月21日には、地域医療振興協会によるプレゼンテーションが行なわれました。

第2回うわまち病院及び市民病院指定管理者審査委員会

第2回うわまち病院及び市民病院指定管理者審査委員会


あらゆる民間から手を挙げてもらう『公募』ではなく、これまで運営を担ってきた『地域医療振興協会』のみに引き続き運営をお願いする形となります。

ただ、単に引き続き引き受けてもらうというのではおかしいので、次期の指定管理期間はどのような運営を行なっていくかの事業計画や財務審査などを行なって、審査をします。その上で基準を満たしていれば再び選ばれる、という審査方法です。

ぜひ市民のみなさまにも、プレゼンテーション資料をご覧いただきたいので掲載いたしますね。

そして本日、『第3回うわまち病院及び市民病院指定管理者審査委員会』が開かれました。

審査会場の横須賀市救急医療センターにて

審査会場の横須賀市救急医療センターにて


市立病院改革はフジノにとって初当選からの重要テーマですので、もちろん傍聴に行ってきました。

議事次第より

議事次第より


今回が最終回です。

財務審査と事業計画書について意見交換を行なった後に、採点が行なわれました。



両病院ともに「地域医療振興協会」が選ばれました

5人の委員の採点結果が発表されました。

市民病院 うわまち病院
1479点/2150点満点 1551点/2150点満点

2150点満点のところ、両者ともに基準点を上回っており、『地域医療振興協会』が再び選ばれました。

『審査委員会』はこの結果を市長に答申します。

答申を受けて市長は、12月議会に指定管理者との契約を議案として提出します。

この12月議会で議案が可決されると、正式な決定となります。

ですから今日のブログのタイトルでフジノは「決定」と書いていますが、まだ正式な決定ではありません。

ただこの答申からの変更は考えにくいので、『実質的な決定』という意味になります。

こうして、『地域医療振興協会』が引き続き2020年度まで市民病院・うわまち病院の運営を担うことになりました。



フジノの提案、実現します

実は、次期指定管理期間において、『地域医療振興協会』から新たな提案がなされました。

市民病院に、ドクターカーの配置を検討していること、そして新たに回復期病棟をオープンさせたいこと、の2つです!

ドクターカーが実現すれば、さらに西地区のみなさまをはじめ、三浦市・葉山町など『市民病院エリア』の医療環境が大きく改善することになります。

また、現在の市民病院では人材不足の為に閉じたままの病棟があるのですが、ここを新たに回復期病棟としてオープンさせることも素晴らしい朗報です。

これはフジノが提案し続けてきたことでした。

例えば、昨年12月議会でもこんな質疑をしています。

2016年12月2日・教育福祉常任委員会での質疑

フジノの質問

 続いて、市民病院なのですが、個人的な想いとしては、『回復期』『慢性期』、足りていないところは休床をしている病棟を何とかあけて、そして市民のみなさんに提供していただきたいという思いが強くあります。

(中略)

ですから、休床しているベッドを何とか『回復期』『慢性期』であけていく方向で御検討いただきたいのですが、その点についてはいかがでしょうか。

市立病院担当課長の答弁

 
この10月に、東の4階を回復期であけたというところですが、あと残りが東の3階と中央の4階がまだ今休棟しています。
 
現段階の報告の状況としては、今中央棟4階は『急性期』に、それから東の3階は『回復期』に入れてございます。
 
今後、当然看護師の確保等の状況等を見据えなければいけないのですが、休棟している2カ所については、どういう方向で行くかというのは、その辺具体的にあけられるようになったら、もう少し考えたいと思いますが、今のところは『急性期』と『回復期』に入っているという状況です。

フジノの質問

看護師のみなさんの確保の状況を見ながら、ぜひこの休棟している、休床しているベッドを使えるようにしていっていただきたいというふうに思います。

この回復期病棟の実現は、早ければ2018年度中とのことです。

フジノは自らの提案が嬉しいというよりも、この『横須賀・三浦2次保健医療圏』において不足している『回復期』のベットが1つでも増えることで市民のみなさまの医療環境が改善されることにホッとしています。

ただ、まだまだ人材不足の現実もあり、油断することはできません。

実現に向けてしっかりと注視していきたいと思いますし、市民のみなさまには今後も迅速な情報発信を行なってまいります。



芸術劇場が生まれ変われるかもしれない!/素晴らしい民間事業者が手をあげてくれた

芸術劇場が生まれ変わる最後のチャンス

今日(10月31日)は、市役所へ向かいました。

『芸術劇場等指定管理者応募者公開プレゼンテーション』(第2回芸術劇場等指定管理者選考委員会)を傍聴する為です。

芸術劇場等指定管理者選考委員会

『ハコモノ3兄弟』の長男である『芸術劇場』。今も建設時の借金が120億円も残っている上に毎年7億円の赤字を出しています。

2009年9月9日の本会議。芸術劇場の抜本的な見直しを求めたフジノの一般質問に対して、吉田市長は「次回の指定管理者(運営する事業者)の選考を公募で行なう」と初めて明言しました。

それから3年間が経ちました。

ようやく今日、1つの動きがあります。芸術劇場の運営管理を行なう事業者の公募が行われて、複数の事業者によるプレゼンテーションが行なわれるのです。

芸術劇場指定管理者応募者公開プレゼンテーション次第

現在は、市の外郭団体が劇場を運営しています。しかも、公募などの競争で決まったのではなく、市が指名して決まりました。

この外郭団体との契約は2013年度で切れます。そこで、それから先の8年間(2014~2022年度)の運営を行なう事業者を新たに公募するというのが吉田市長の改革案です。

そして、公募が実施されました。3つの事業者(そのうち1つは現在の外郭団体)が応募してくれました。

さらに今日、3事業者による『公開プレゼンテーション』が行われます。

傍聴整理券

フジノとしては数年ぶりに受け取る傍聴整理券です


公開プレゼンの傍聴には、定員20名に対して26名の希望者が訪れて、抽選となりました。最後に到着したフジノはビリの26番でした。市の審議会の傍聴が抽選になったのは、フジノにとって数年ぶりの体験でした。

こんなにたくさんの方々が並んでいたのですが、みなさん関係者だったそうです。

本当ならばインターネットで生中継して、市民のみなさまに観ていただいて、市民のみなさまに投票して選んでいただくべきなのになぁ。

傍聴券をゲットしたフジノ

無事に傍聴券をゲットできました


無事にフジノは傍聴ができることになりました。くじ引きは整理券番号1番から始まったので、フジノは自分がくじを引かずに当選したことが分かりました。残り物には福がありました。ラッキーです。

市の外郭団体と民間2事業者による公開プレゼン

さて、公開プレゼンに参加した3事業者は下のとおりです。

現在の事業者である『横須賀芸術文化財団(=市の外郭団体)』に加えて、完全な民間企業が2社が新たに手をあげてくれました!

  1. 公益財団法人横須賀芸術文化財団(現在の指定管理者)
  2. JTBC・ハリマ・シグマ共同事業体(新たに応募)
    代表企業:株式会社JTBコミュニケーションズ
    構成企業:株式会社ハリマビステム
    構成企業:株式会社シグマコミュニケーションズ
  3. キョードー東京共同事業体(新たに応募)
    代表企業:株式会社キヨードー東京
    構成企業:株式会社シアターワークショップ
    構成企業:金井大道具株式会社
    構成企業:日本管財株式会社

芸術文化財団のプレゼン資料はこちらをご覧ください。

横須賀芸術文化財団

JTBC・ハリマ・シグマ共同事業体のプレゼン資料はこちらをご覧ください。

JTBC・ハリマ・シグマ共同事業体

キョードー東京共同事業体のプレゼン資料はこちらをご覧ください。

キョードー東京共同事業体

約4時間にわたるプレゼンは、3事業者ともとても良かったです。

フジノの印象としては、最後の『キョードー東京共同事業体』が群を抜いて素晴らしかったです。ここならば「芸術劇場が生まれ変われるかもしれない」と感じました。ぜひともここが選ばれてほしいです。

現在の指定管理者=市の外郭団体で働いてくれているみなさんに、フジノは何の恨みもありません。興行の現場は本当に大変ですし、映画興行出身の僕はその苦労も喜びも深く理解しているつもりです。

けれども、本当に申し訳ないと思うのですが、ダメです。

天下り先の外郭団体に「興行」はできない

例えば、その理由の1つが天下りです。

昨年まで市役所の教育委員会で部長として働いていた人が3月で定年退職をして、4月から芸術劇場の管理運営をする外郭団体の事務局長として働いている。

そんな外郭団体の現実は、政治家として「絶対に許せない」です。

昨日まで市役所で働いていた人が今日からいきなり芸術劇場の経営ができますか?できるはずがありません。絶対にムリです。

「もちはもち屋」と言いますが、劇場のトップに就く人材は「朝から晩まで興行のことしか考えずにいられない」ようなプロでなければダメです。本物のプロにやってほしいのです。

でなければ、膨大な赤字を減らせるはずがありません。ましてやその遠く先にある目的である文化振興なんてもっと実現不可能です。

興行は、市の外郭団体がやるべき仕事では絶対ありません。

結果発表は、11月12日!

プレゼンテーションを受けての選考は、11月12日(月)に行われます。

どうかその結果に注目していて下さいね!