【続報】猿島の土砂崩れのその後を報告します/現地の点検と今後の対応について

猿島での土砂崩れのその後を報告いたします

昨日お伝えしました猿島での土砂崩れについて、その後を報告いたします。

新たな報告

  1. 発生現場の状況:

    高さ約20mの崖地下に、幅約5~10mの磯場が広がっている。

    崩落箇所は、鉄製階段下から約10m離れた場所で、崖地の中腹部において、幅約8.0m、高さ約5.0mにわたり崩落した。

    崩落物は、砂岩と砂質土が主であり、大きなもので直径約1.0mの落石も含まれていた。

    崩落は自然崩落であるが、日常の見回りでは予見が無く、台風21号・22号、長雨が間接的な原因であると予測される。




  2. けが人の詳細:

    下表のとおり

    性別 職業 住所 搬送 受診 症状
    男性 学生 東京都 打撲、切り傷
    男性 学生 東京都 打ち身
    男性 学生 東京都 打ち身
    女性 学生 横浜市 擦り傷
    女性 学生 川崎市 擦り傷

    ※入院無し。治療費・物損費等は施設所有者賠償責任保険で対応予定




  3. 現地の封鎖:

    11月6日の崩落直後、当該箇所に下りる階段、及びオイモノ鼻広場の階段(磯場へ下りるもう1箇所の階段)を封鎖。

    11月7日午前中に、猿島公園全域の崩落等の危険箇所を点検した。




  4. 今後の対応:

    公園内において危険性のある崩落箇所は、公園外周の磯場上部の崖地が主である。

    磯場へ行ける箇所は3箇所あり、その対応は以下のとおり。

    区分 場所名 11月6日まで 11月7日以降 磯遊び
    砂浜奥 立入禁止 立入禁止 不可
    オイモノ鼻広場下 立入禁止(片側) 立入禁止(両側) 階段下のみ可
    日蓮洞窟下 立入可 立入禁止 不可

    今回の崩落箇所は、普段から人があまり立ち寄らない箇所である為、保護工事等は行わず、安全距離を確保可能な場所で立入禁止措置をし、経過観察とする。

    ただし、法面の安定化(浮石除去や落下しそうな樹木撤去)作業について、今後、業者による検地予定。

猿島公園 土砂崩れ(日蓮洞窟下磯場)

撮影日:平成29年11月6日15時58分頃

土砂崩れ現場(日蓮洞窟下磯場)

土砂崩れ現場(日蓮洞窟下磯場)


土砂崩れ斜面①

土砂崩れ斜面①


土砂崩れ斜面②

土砂崩れ斜面②

猿島公園土砂崩れ位置(日蓮洞窟下の磯場)

猿島公園 土砂崩れ位置(日蓮洞窟下の磯場)


※日蓮洞窟へ降りる階段の途中から封鎖(日蓮洞窟前の踊り場までは通行可能。洞窟より下は立ち入り禁止)

本日は、以上です。

これからの対応についても、決まりしだい、ご報告いたします。