横須賀の成人式は「市外に引っ越して案内状が届かない横須賀出身の新成人のみなさま」も参加できます!ぜひいらして下さい/新成人のつどい2017

ふるさとが横須賀、でも今は市外に住民票がある、という元横須賀市民のはたちのみなさまへ

ふるさとは横須賀。生まれ育ったのは横須賀。

だけど、今は市外の大学・短大・専門学校に進学したり、就職をしたり、他の街へ引っ越しをした。

そんな『元横須賀市民』で『新成人』となるみなさま。

「今のまちで成人式に出ても知っている人はいないし、つまらない」ですよね?

ぜひ横須賀市でひらく成人式(新成人のつどい)にいらしてください。

現在の住民票が市外にある方であっても、横須賀市はウェルカムです。

ぜひご参加くださいね!



案内状は住民票で住所が分かる人に送っていますが、無くても無問題です!

毎年、横須賀市では市内に住民票がある新成人のみなさまに対して『案内状』を郵送しています。

これはあくまでも『住民票』があるから横須賀市は住所を把握できるので送っているに過ぎません。

このまちで生まれ育った、ふるさとが横須賀だ、という元横須賀市民の新成人の方々には、住所が分からないので案内状を送れなかっただけです。

ぜひふるさと横須賀で『成人式』(『新成人のつどい』)にご参加ください。

このお願いを、フジノは毎年ツイッター等のあらゆる媒体でずっと発信してきました。

市議会で提案して、あえて『横須賀市HP』などにもそのことを掲載してもらっています。

横須賀市HP「新成人のつどい2017」より

横須賀市HP「新成人のつどい2017」より


それでも全ての人に情報を届けるのは難しく、成人式が近づくたびにツイッター上を見ていると、多くの方が

「本当は横須賀の成人式に出たかった」

というツイートをしています。

大丈夫!

ぜひ横須賀の成人式に来て下さい。

こころから歓迎いたします。

小中学校・高校時代の古い友人たちと再会しに来て下さいね。

晴れ着姿の新成人が楽しそうに語らっていました

晴れ着姿の新成人が楽しそうに語らっていました


昨年の様子はこちらをご覧下さいね。



案内状の中身と同じ内容をご報告します

案内状そのものは届きませんが、決して何か特別なことが書いている訳ではありません。

下に具体的な内容を記しましたので、本日9日はぜひ直接に総合体育館(横須賀アリーナ)にいらして下さいね。

案内状が無くても入れますよー。

「新成人のつどい」(成人式)

横須賀市では、人生の大きな節目を迎える新成人のみなさんに、大人としての自覚を高めてもらうこと、横須賀に愛着を持ち、横須賀を誇りに思ってもらうことを目的に、毎年1月の第2月曜、成人の日に新成人のつどいを開催しています。

  1. 概要
    • 日時: 2017年1月9日(成人の日・月)11:00~12:30 (10:30 開場)

    • 会場: 横須賀アリーナ(総合体育会館)
      *駐車場は利用できません。公共交通機関をご利用下さい。

    • 対象: 平成8年4月2日~平成9年4月1日生まれの方
      *平成28年11月1日現在、横須賀市に住民登録のある人に、12月1日(火)案内状を郵送しましたが、市内在住者限定ではありません。当日、直接会場にお越しください(案内状不要)。

      *ご家族の方は、2階観客席からご覧いただけます。


    • テーマ 『The spirit of Yokosuka~20年の時を繋ぐ~』 (横須賀の若い力が再会する場)

  2. 実行委員企画による行事内容
    (1)プログラム
    ①新成人のつどい実行委員会 委員長あいさつ
    ②市長メッセージ
    ③市議会議長メッセージ
    ④「新成人の主張」ほか、実行委員による企画
    ⑤新成人のつどい実行委員会副委員長あいさつ
    ⑥歓談


    (2)企画内容
    ①「新成人の主張」
    市内中学校代表の新成人が、ステージ上で「はたち」をテーマに1人1分間スピーチをします。

    ②「懐かしの思い出」、「ビデオメッセージ」の上映
    ・参加者が共通して懐かしく感じるものを上映します。
    ・『横須賀盛り上げ大使』である本市出身の『EXILE』メンバー、橘ケンチさんとTETSUYAさんからのメッセージを上映します。

    ③「抽選会」
    地元ゆかりの企業から提供された記念品を、抽選で新成人にプレゼントします。


    (3)その他
    企画の実施に必要な経費は、実行委員が市内 28 の企業・団体からいただいた協賛金を充てています。

それではお待ちしております!

一生に1度きりの成人式、楽しみにいらして下さいね。



新成人のみなさま、おめでとうございます。実行委員会のみなさま、おつかれさまでした!/横須賀市「新成人のつどい2016」

今年の「新成人のつどい」も晴天でした!

今年も晴天に恵まれて、『新成人のつどい』が開催されました。

新成人のつどい会場入口にて

新成人のつどい会場入口にて


3年前の『新成人のつどい』はすさまじい大雪の中で開催されました。

雪でなくても小雨でさえも、振袖で移動するのはとても大変です。

新成人のつどい会場入口にて

晴れ着やスーツに身を包んだたくさんの新成人たち


今年は暖冬の影響もあって雪の心配はありませんでしたが、今日は本当に青空でホッとしました。

新成人のみなさま、おめでとうございます。

そして、二十歳になるまでこどもたちを育てて下さった保護者のみなさまにも、心からお祝いを申し上げます。



横須賀市の「新成人のつどい」は新成人自らが企画・運営しています

フジノは来賓ではありませんが、毎年必ず会場に来て、立ち会うことにしています。

というのも、2011年から新しくなった横須賀市の『新成人のつどい』をフジノは提案しました。

これからもずっと見守っていく責任があると考えています。

場内の様子

場内の様子


横須賀市の『新成人のつどい』は、行政が企画・運営しているのではありません。

募集こそ横須賀市がするのですが、新成人のみなさんたち自身で『新成人のつどい実行委員会』を立ち上げていただきます。

そして、実行委員会のみなさんたちがプログラムの企画を立て、スポンサーになってくれる企業を回って協賛金を集めて、さらに当日の司会進行や受付なども担当してくれているのです。

市内中学校の代表が1分間ずつスピーチをしてくれました

市内中学校の代表が1分間ずつスピーチをしてくれました


自らの手でつくる『新成人のつどい』なのです。

今日、会場に集まって下さった新成人のみなさまがたには、ぜひこのことを知っていてほしいです。

みなさまがたが会場で旧友たちとの再会を喜んでいるその瞬間にも、総合体育館入り口(ここは風でとても寒い)に新成人である実行委員メンバーが受付の仕事をしていました。

司会をしていたのも新成人の方々です。

参加してくれたみんなが楽しめるように、もてなす側にまわってくれていた新成人たちが居た。その事実をどうか知っていて下さい。

2階はご家族の方々の為に開放されました

2階はご家族の方々の為に開放されました


『実行委員会』のみなさん、今年の『新成人のつどい』も大成功だったと感じています。本当におつかれさまでした。

フジノは『実行委員会』のみなさんを誇りに感じます。



実際の様子を録画でご覧下さい

実は、成人式・新成人のつどいに、参加することができない方々がたくさんいらっしゃいます。

前の会場だった文化会館より今の横須賀アリーナはややバリアフリーになりました。けれども、様々な障がいのある方々の中には、参加できておられない方もたくさんいらっしゃいます。

また、フジノが長年訴えてきたSOGI(性的マイノリティ・LGBTQ)当事者の方々も、参加を見合わせている方々が多数おられます。

さらに、このまちでも『こどもの貧困』『格差の拡大』は大きな問題であり、振袖を用意できないということなどから参加されない方もおられます。

もちろん、こうした現実を根本的に変えるのが政治家の仕事です。けれども残念ながら中・長期的な対応が必要な為、これまで何年も取り組んできたのですが、解決はできていません。

そこで、会場に足を運ぶことができなかったみなさまにもせめて雰囲気だけでも感じてもらえたら、とフジノは毎年インターネットによる生中継・録画中継を行なってきました。

今年も下の動画を配信しました。










よろしければご覧下さい。



横須賀の成人式は「市外に引っ越して案内状が届かない新成人のみなさま」もウェルカムです/新成人のつどい2016

市外に暮らしている元横須賀市民のはたちのみなさまへ

二十歳を迎える元横須賀市民のみなさま。

毎年、横須賀市では市内に住民票がある新成人のみなさまに対して『案内状』を郵送しています。

けれども、就職や進学によって市外に暮らしている元横須賀市民のはたちのみなさまにも、ぜひ横須賀市の成人式(『新成人のつどい』という名前です)に来ていただいてOKです!

フジノは毎年ツイッター等のあらゆる媒体でずっとお伝え続けてきましたし、市議会で提案して『横須賀市HP』などにもそのことを掲載してもらっています。

横須賀市HP「新成人のつどい2016」より

横須賀市HP「新成人のつどい2016」より


それでも全ての人に情報を届けるのは難しく、成人式が近づくたびにツイッター上を見ていると、多くの方が

「本当は横須賀の成人式に出たかった」

というツイートをしています。

大丈夫!

ぜひ横須賀の成人式に来て下さい。

こころから歓迎いたします。小中学校・高校時代の古い友人たちと再会しに来て下さいね。

晴れ着姿の新成人が楽しそうに語らっていました

晴れ着姿の新成人が楽しそうに語らっていました


昨年の様子はこちらをご覧下さいね。



案内状の中身と同じ内容をご報告します

案内状そのものは届きませんが、決して何か特別なことが書いている訳ではありません。

下に具体的な内容を記しましたので、当日は直接に総合体育館(横須賀アリーナ)にいらして下さいね。案内状が無くても入れますよー。

「新成人のつどい」を開催~新成人世代の実行委員が、企画・運営を行います~

横須賀市では、新成人世代で構成する『新成人のつどい実行委員会』の企画・運営により、『新成人のつどい』(成人式)を行います。

  1. 概要
    • 目的: 新成人が一堂に会し語らう場を提供することにより、成人を祝い、新成人の本市への誇りと愛着を高め、大人としての自覚を喚起する

    • 日時: 2016年1月11日(成人の日・月)11:00~12:30 (10:30 開場)

    • 会場: 横須賀アリーナ(総合体育会館)

    • 対象: 平成7年4月2日~平成8年4月1日生まれの4,373人
      *平成27年11月1日現在、横須賀市に住民登録のある人に、12月1日(火)案内状を発送していますが、市内在住者限定ではありません。

    • テーマ 『~The sky is the limit~Be active , Be 横須賀人 』(空に限界が無いように、私達にも限界は無いのです。 横須賀人として誇りを持ち、社会に、そして未来に挑戦しよう。)

  2. 実行委員企画による行事内容
    (1)プログラム
    ①新成人のつどい実行委員会 委員長あいさつ
    ②市長メッセージ
    ③市議会議長メッセージ
    ④「新成人の主張」ほか、実行委員による企画
    ⑤新成人のつどい実行委員会副委員長あいさつ
    ⑥歓談


    (2)企画内容
    ①「新成人の主張」
    市内各中学校等代表の新成人が、ステージ上で「はたち」をテーマに1人1分間スピーチをします。

    ②「抽選会」
    地元ゆかりの企業から提供された記念品を、抽選で新成人にプレゼントします。


    (3)その他
    企画の実施に必要な経費は、実行委員が市内 28 の企業・団体からいただいた協賛金を充てています。

それではお待ちしております!

一生に1度きりの成人式、楽しみにいらして下さいね。



祝成人!青空のもとで開かれた、横須賀市の「新成人のつどい2015」

今年の成人式は、晴れ渡った青空のもと行われました

今年の『新成人のつどい』は、素晴らしい晴天でした!

晴れ渡った空

晴れ渡った空


昨夜がとても寒かったので、天気が心配でした。おととしはすさまじい雪に見舞われてしまい、振袖姿のみなさまはとても大変でした。

晴れてくれて本当に良かったです。

横須賀市HP「新成人のつどい」コーナーより

横須賀市HP「新成人のつどい」コーナーより


今年の新成人のつどいの概要は、上の通りです。



行きも帰りも「渋滞」でした。これは「対策」が必要です

11時スタートなのですが、10時半の段階でものすごい混雑。

晴れ着姿の新成人が楽しそうに語らっていました

晴れ着姿の新成人が楽しそうに語らっていました


市はいつも『公共交通機関での来場』を呼びかけているのですが、振袖姿の方々にそれはやっぱりムリだと思います。送迎の車は行きも帰りも大渋滞の原因となっていました。

毎年のことなのだから、もっと現実的な対策(少なくとも「『公共交通機関を使え』というアナウンスは無意味だ」とフジノは感じます)を考えて実施すべきです。

そうしないいと、もしも急病人が発生した時に成人式の交通渋滞にハマってしまわないように、助かる命を絶対に損なわないように、交通対策は考えねばなりません。



新成人らによる実行委員会は、お見事でした

さて、『新成人のつどい』。

横須賀では、新成人を中心とする有志を募集して『実行委員会』が企画・運営を行なっています。

司会のおふたり

司会のおふたり


新成人のみなさんによって構成された『実行委員会』の企画・運営はとても良かった、とフジノは感じました。

プログラムは下の通りです。

実行委員企画によるプログラム

  1. 新成人のつどい実行委員会委員長あいさつ
  2. 市長メッセージ
  3. 市議会議長メッセージ
  4. 「新成人の主張」ほか、実行委員による企画
  5. 新成人のつどい実行委員会副委員長あいさつ
  6. 歓談

会場内の様子

会場内の様子


2階は『家族席』として今年も開放されました。

会場の2階席は「家族席」として開放されました

会場の2階席は「家族席」として開放されました





新成人の主張、はたちをテーマにスピーチ

市内各中学校等代表である新成人のみなさんが、ステージ上からスピーチを行ないました。

市内各中学校の代表としてスピーチをしたみなさま

市内各中学校の代表としてスピーチをしたみなさま


テーマは『はたち。』です。

鷹取中学校卒業生代表のスピーチの様子

鷹取中学校卒業生代表のスピーチの様子


おもいおもいにスピーチがなされました。

「この会場でみなさんと今から写真を撮らせて下さい。この写真を持って、これから世界中を旅してきます」

とスピーチした方もいらっしゃいました。



今回も半数以上が会場の外で過ごしました

毎年のことなのですが、総合体育館の会場の中に入らない新成人の方々が半数以上おられました。

入場口から外を観た様子

入場口から外を観た様子


フジノとしては、会場の中に入る必要性は感じません。

会場の外の様子

会場の外の様子


どこでも良いので旧友との再会や語らいを楽しんでもらえれば、それで良いと思っています。

案内は表示してありますし、警備員も司会も中へ誘導するのですが、みなさん中には入りません

案内は表示してありますし、警備員も司会も中へ誘導するのですが、みなさん中には入りません


会場の外の新成人の方々は体験できなかったのですが、実行委員会はスピーチの他にこんなプログラムも行ないました。

  • 横須賀ゆかりの方からのメッセージ
    地元で活躍する人からのビデオメッセージを紹介します。
  • 抽選会
    地元ゆかりの企業から提供された記念品を、抽選で新成人にプレゼントします。

「どうやって抽選会は『当たり』の人を選ぶのだろう?」

とフジノは不思議に感じていたのですが(ビンゴでもやるのかな?とか)、なんと『誕生日』が当選番号として発表されました。ナイスアイディアだと感じました。



ツイキャスで生中継した実際の様子をご覧下さいね

今年も実際の様子を市民のみなさまにご覧頂きたくて(会場に来られないご家族にも観て頂きたいのです)、フジノはツイキャスで生中継をしました。

ツイキャスで生中継する怪しいおじさん(フジノ)

ツイキャスで生中継する怪しいおじさん(フジノ)


ぜひご覧下さいね。

(その1)

(その2)

(その3)

成人したみなさま、おめでとうございます。

そして、こどもたちが成人するまで産み育てて下さった保護者のみなさまには、こころからお祝いを申し上げます。

来年の『新成人のつどい』も、どうか晴天のもとで大成功しますように!



大雪に見舞われた「新成人のつどい2013」(その2)

前回から続きます)

かつては『来賓』として市議・県議ら政治家を招待していたので、ステージの脇に政治家がズラリと並んでいました。

会場の様子

3年前から『来賓』を廃止した今では、『新成人のつどい』に来る政治家は、ほとんどいません。

14cerebration2

けれども、フジノは毎年必ず足を運んできました。去年おととし3年前4年前もその前も、ずっと。

自分自身の目で『新成人のつどい』を見届けることにしています。

14participant3

何故なら、フジノは『税金を使った成人式の廃止』を訴えてきたからです。

お祝いの言葉

横須賀市はフジノの提案を受けて、新しい運営形態に変更しました。

2011年から、新成人自らが実行委員会となって(18〜22才から公募)、企画・運営を行なう方式に変更したのです。

また、スライドショー上映にかかる経費は、実行委員会が企業を回ってスポンサーを探して、協賛金によって賄っています。

14pressrelease

こうした取り組みを、フジノは提案者として見届け続ける責任があるのです。

14participant6

今年も、事前の準備から当日のステージの司会まで、実行委員会のみなさんが頑張ってくれました。

実行委員会はツイッターフェイスブックで発信してきました。

14facebook

真夏の暑い時期から取り組んできた準備の大変さなども伝わってきました。

14twitter

ただ1点だけ。

今年のプログラムが昨年と全く同じだったのが、残念でした。

  1. 実行委員会委員長あいさつ
  2. 市長メッセージ
  3. 市議会議長メッセージ
  4. 新成人の主張(市内各中学校代表がステージ上で「夢」について語る)
  5. 副委員長あいさつ
  6. 歓談~スライドショー上映(ステージ上に設置したスクリーンに、新成人の0~18歳の写真・各中学校の校舎・協賛企業ロゴを上映)

事務局(市の担当部署であるこども育成部)にヒアリングはしていないのですが、もっと実行委員会独自の企画アイディアがあったのではないでしょうか。

奇をてらう必要性はありませんが、もっと新成人世代の声を反映させたオリジナリティある企画をやらせてあげても良いのに、とフジノは感じました。

それ以外はとてもうまく運営されていました。

(市長メッセージを除いて)今年も成功だったと思います。実行委員会のみなさん、よくがんばりましたね。おつかれさまでした。

14participant2

さて、『新成人代表のスピーチ』では、各中学校代表がいろいろな想いを述べました。

中でもフジノは、『緑ヶ丘女子中学校』代表の言葉に感銘を受けました。

はたちまで生きることができなかったいのちがたくさんあります。病気、事故、自殺、災害など、今日という日を迎えることができなかった同世代が確実にいます。

そうした人々のことを思い出し、こころにとめることができる新成人であってほしいとフジノは願っています。


例年、新成人の多くが会場の中には入らずに過ごしています。もしかしたら半分以上の人たちが、会場の外で過ごしているかもしれません。

運営する側にとっては「せっかくだから式典に参加してほしいのに」というのが、毎年の率直な気持ちです。

でも、はからずも今日は降雪が強くて、ほとんどの方々が会場の中に入っていました。

14participant5

いつもならばたくさんの人で溢れかえっている会場外に、わずかしか人がいませんでした。

14snowing3

館内ロビーや廊下にもあまり人がいませんでした。

14participant4

こうして約2時間のイベントが終わりました。

帰り道を少しでもラクに歩かせてあげたい、と警備員の方々や市職員が総出で雪をどけてくれていました。ありがたいです。

14clean

この後、会場周辺だけでなく、まち全体がすさまじい渋滞となってしまいました。

14trafficjam

いつもならばバスで15分ほどの不入斗橋〜JR横須賀駅間が1時間半もかかるような状況でした。

それでも街は雪に包まれて、美しかったです。

14snowing4

新成人のみなさんには、雪の素敵な部分の思い出が記憶に残ってほしいなあと思います。

14snowing5

改めて、新成人のみなさん、成人おめでとうございます。

(次回へ続きます)

大雪に見舞われた「新成人のつどい2013」(その1)

朝から降っていた雨が、ふと窓をあけてみると雪になっていました。

14snowing6

そして、あっという間にどんどん積もっていきました。

14snowing2

仕事での移動には雨でもバイクを使っているフジノですが、さすがに今日はムリでした。

14motorcycle

バイクを諦めて、降り募る雪の中を歩いて向かうことにしました。

14walking

目的地は、横須賀アリーナ(不入斗総合体育館)です。

14fujino

今日は、横須賀市の成人式である『新成人のつどい』が開かれました!

14entrance2

天気予報で雪とは言われていたものの、予想を超える大雪に見舞われました。

駐車場入り口の様子

足下が悪い中を振り袖に草履で歩かねばならない方々は、本当に大変だったことと思います。

入り口の様子

けれども、きっと一生の思い出になるでしょうね。

(その2へ続く)

「新成人のつどい(=成人式)」へ/新成人自身による協賛金集め・企画・運営による初の取り組み

新成人のつどい(=成人式)へ行ってきました!

さて、ラジオ出演を終えると大急ぎで、不入斗の総合体育館へ向かいました。

『新成人のつどい』(成人式)に行ってきました!



そして、USTREAMを使って、成人式の様子をフジノが現場で実況しながら生放送してみました。



プログラムは次のような感じでした。

  • 総合司会のあいさつ
  • 吉田市長のあいさつ
  • 山口市議会議長のあいさつ
  • 市内中学校卒業生のあいさつ(市立・県立・私立約30校から)
  • 歓談タイム/スライドショー上映

(画像:司会を務めてくれたのも新成人)

(新成人のつどい・その1)


昨年に続いて、可能な限り『市の関与』を減らすという形に切り替わりました。

新成人が実行委員会をつくって、企画から運営に至るまで担当するのです。

昨年は初めてで、完全にゼロからスタートということもあって、やや手探りな感じが大きかったです。

けれども今回は大きく運営方式が変わって、さらにすごく良くなったと感じました。

改善を求めてきたフジノとしても、とても満足な運営でした。

(画像:市内中学校ごとに1名ずつ、壇上で想いを発表しました)


変化を感じたのは何よりもまず最初に『協賛企業』の名前が読み上げられたことです。



スライドショーに必要な費用は、新成人が自ら協賛企業を回って協賛金を頂いて、それを費用として充てたのです!

これはフジノが強く求めてきた提案でしたが、まさにそれを新成人の実行委員会が行なってくれました。

(新成人のつどい・その2)


もっともっと改善できる点はあるはずですが、それは年を経るごとにどんどん改善されていくはずです。

来年はさらにもっと良くなるはずです。

来年二十歳になるみなさんは、ぜひ新成人の運営委員会に立候補してくださいね!

タウンニュース紙が報じてくれました

タウンニュース紙が新成人のつどいについてとりあげてくれた記事です。ぜひご覧ください。

(2012年1月6日号・タウンニュース紙より)

(2012年1月6日号・タウンニュース紙より)

教育長が『リボンムーブメント』にお会いしてくれました/子宮頸がん制圧をめざして

教育長が『リボンムーブメント』にお会いしてくれました

子宮頸がん征圧の為に全力で活動してくれている『リボンムーブメント』が、昨日、横須賀市を再び訪れました。

昨年12月のフジノとの意見交換今年1月の成人式でのアンケート&受診勧奨に続いて

3度目となった今回の横須賀訪問の目的は、教育長・生涯学習部長にお会いすることでした。

『リボンムーブメント』の活動はこれまでも高い評価を受けてきましたが

今年は、がん対策推進に向けて東京都豊島区との協働に動き始めるなど、さらに積極的な活動を行なってきました。

唯一予防することができるがんである『子宮頸がん』から1人でも多くの命を守る為には、もっともっとこの活動を全国に広めていかねばなりません。

例えば、予防ワクチンを10代前半で接種していれば、ほとんど子宮頸がんの発症を防ぐことができるのですが

現在の日本では、予防接種が義務ではなくて、受けたい人だけが自分で医者に行って受ける『任意』になっています。

しかも、予防ワクチンの費用は、3~4万円と高額なのでなかなかワクチン接種につながっていません。

そこで、国に対して予防ワクチンの公費助成を求める活動も『リボンムーブメント』も活発に行なっています。

けれども、単に国がお金を出して予防接種を受ければそれで『予防』完了=『終わり』とは決してならなくて

そもそも小中高校生の時期からこどもたちがこころと体の健康について意識できるようになることが、とても大切です。

自分自身のこころと体を大切に感じることができづらい時代になっています。

そんな中で、自分のことを大切に感じられるようになること、他人のことも大切に感じてられるようになることが必要だとフジノは考えています。

子宮頸がんも『予防ワクチン接種』だけではなくて『検診』を定期的に受け続けていくことで完全な予防に近づくのですが

『検診』を定期的に受ける、というのは言うのは簡単ですが、なかなか実際に行なうことは大変です。

自らすすんで『検診』を受けようと考えて実際に行動に移す、ということは自分の体を大切に思うことができなければできません。

また、自分が元気で健康であることは、家族や恋人や友達にとってもとても大切なことですから、他人を大切に感じていることとも同じ意味があります。

そんな意味でも、小中高校時代のこどもたちに対しての『健康教育』(もちろん子宮頸がんをはじめとするがん教育もその1つです)が、とても大切なのですね。

そこで今日は、『リボンムーブメント』のメンバーが、横須賀市の教育行政のトップである教育長と生涯学習部長とお会いしてそうした点も含めて、これまでの活動の報告や今後の提案を行ないました。

子宮頸がん対策の為に活動している団体と教育行政のトップがこうして会ったということは、フジノが知る限り、全国的に見ても初めてではないかと思います。

(実際、今日の対面はマスメディアの注目度もとても高くて、TBSとテレビ東京が東京からわざわざ取材に来ていました!)

これは、永妻教育長だからこそ実現したことだとフジノは感じています。

かねてこのHPに記してきたとおり、こども家庭福祉にも強い永妻教育長が今、教育行政のトップであることをとても適任だと考えています。

さてこの当日の様子を、神奈川新聞が報道してくれました。ぜひごらんください。

2010年4月24日・神奈川新聞より

2010年4月24日・神奈川新聞より

がん教育に理解を
女子大生リボンムーブメントが横須賀市教育委員会を訪問

子宮頸がんの啓発活動を行っている「女子大生リボンムーブメント」のメンバーが23日、横須賀市教育委員会を訪問、

学校でのがん教育の大切さを伝えようと活動内容などを永妻和子教育長らに報告した。

『リボンムーブメント』は県内や都内の大学生ら約40人で構成。

子宮頸がんの検診受診率の向上やワクチン接種の普及のための活動に取り組んでいる。

東洋大学4年で共同代表の臼丼あかねさんは

「子宮頸がんについてあまり知られていないのが現状。

 中高生ががんへの理解を深められるようリボンムーブメントができることがあれば積極的に行ないたい」

などと伝えた。

永妻教育長は

「子宮頸がんは唯一予防ができるがん。若い世代ががんについて学ぶのは重要。

教育委員会としてどういう取り組みをするべきかしっかり考えていきたい」

と話した。

リボンムーブメントは随時メンバーを募集中で、25日には東京都渋谷区の「TOKYO FAMILY RESTAURANT」で午後7時からイベントを開催。

メンバーらは

「興味のある人はぜひ参加してほしい」

と呼び掛けている。

(服部エレン)

引用は以上です。

明日も『リボンムーブメント』のイベントがあります!大学生はご参加ください!

『リボンムーブメント』の活動は本当に活発で、毎日どこかのメディアで何かしらの情報が発信されています。

おとといは、予防ワクチンの公費負担をめざす国会議員の議員連盟のシンポジウムに臼井代表がパネリストとして招かれていましたし、

昨日はもう1人の代表である鈴村さんがTBSの番組に出演していました。

そんな活発な『リボンムーブメント』はみんな現役の大学生です。いろいろな大学から集まったメンバーによるインカレ団体なのです。

この『リボンムーブメント』でぜひあなたも活動してみませんか?

今は、新入生たちがいろいろなサークルに挑戦している時期だと思いますが、『リボンムーブメント』も新メンバーを募集しているそうです。

明日、渋谷にて『リボンムーブメント』の新歓イベントが行なわれるそうです。下にお知らせを転載いたしますので、関心のある方はぜひ参加してみて下さい!

—–インカレ学生団体  Ribbon movement——
新1・2年生を募集しています。私たちの活動に参加してみませんか?
—————————————–

Ribbon Movement.は子宮頸がんの予防啓発を主に活動しています!

~子宮頸がんって何?~
1日に7人の20代女性がどこかで命を落としている病気です。
 
しかし、20代女性の認知率は約3割。

でも“子宮頸がんは予防できるがん。” “検診に行けば早期発見も可能ながん”

だから予防できるがんで悲しむ人がいるなんておかしいし、みんなが知らないなんて悲しい。

―大切なことを大学生のみんなに知ってもらいたい―

そんな想いから、わたしたちの掲げているコンセプトは「大切な人に、大切なことを、“大切だ” と伝えよう」です。

ふだん、当たり前にだと思われがちな“健康”だけど、正しい知識を、大切な人に広めることで、より明るい未来が待っていると考えています。

*団体ではこんなことが出来ます*

  • フリーペーパーの作成(2万部配布予定)
  • イベントやワークショップ企画
  • 著名人に対するインタビュー取材(仁科亜希子さん等)
  • 自治体と連携した受診勧奨(豊島区、横須賀等)
  • webの運営

ざっと読んだだけじゃ分からない!会ってみなきゃ始まらない!

ということで新歓イベントを開催いたします。

+++++++++++++++++++++++++++
 Ribbon movemnet. Welcome Party Event
+++++++++++++++++++++++++++
◆Day : 4.25.Sun
◆Time : 19:00~21:00
◆Place: @渋谷 東京Family Restaurant
【渋谷駅東口ビアードパパ前18:30集合★】

◆Price: Free☆
◆Style: ビュッフェ形式
◆ささやかなプレゼントあり

ちょっとRibbon movement. が気になる!学外の友達や先輩と話したい!パーティーを楽しみたい!どんな人でも大歓迎です。

*主なコンテンツ***********
◇Ribbon movement.って?
◇ビュッフェ
◇ あなたは多数派?少数派?価値観トーク♪etc…
みんなが楽しめるコンテンツをご用意してます!
*******************

お友達もお誘いのうえ、お気軽にお越しください。

(引用おわり)

ぜひ、あなたも参加してみて下さい!
明日フジノも様子を見におじゃまするつもりです。

それでは明日お会いしましょうね!

古い政治はいつも若いヤツらが変えてきた/はたちになったら選挙へ行こう!

古い政治はいつも若いヤツらが変えてきた。変えていこう!

さて、成人式が終わるとフジノはYデッキへ。

フジノが毎年恒例で行なっている『はたちになったら選挙へいこう!』キャンペーンです。

ワイデッキで新成人のみなさんに語りかけました

ワイデッキで新成人のみなさんに語りかけました


今年は、例年とは何故か違って、フジノが新成人のみなさんに

「さっきまで僕も来賓として成人式に行ってきました。新成人のみなさん、今日は本当におめでとうございます!」

と述べると、

「ありがとうございます!」

と、笑顔がたくさん返ってきました。

男性も女性も、9割くらい返事をかえしてくれました。

なんか、すごく礼儀正しいというか、とても気持ちがいい成人たちだなあと思いました。

(その割には今日の成人式は歓談の時間にステージにのぼったヤツらもいたんだよなあ...フシギ)

フジノから新成人のみなさんへのメッセージ

フジノは次のように述べました。

成人のみなさん、今日は本当におめでとうございます。

今日は、どうか大いにお祝いして下さい。友達との再会をこころから祝って下さい。素敵な晴れ着姿を、どうかたくさん写真に撮って下さい。

たくさんの笑顔で今日を過ごして下さい。

そんな今日が終わって明日になれば、また学校が始ったり、仕事が始まります。

世の中は不景気で仕事もなくて、苦しいことや暗いニュースがあふれています。明日からはまた悔しいことやつらいことがきっとあるでしょう。

でも、今日の笑顔を忘れないで下さい。

今日再会した友達との絆を忘れないで下さい。

つらくてたまらない時に、その友達のことを思い出して下さい。

どんなに厳しい瞬間も必ずのりこえられることを知っていて下さい。

そして、あなたの毎日の暮らしがもっとハッピーになるようにお手伝いをできるのが、僕たち政治家であり、政治の力です。

政治は、現実を変える力があります。

けれども今の政治は、腐っています。古い政治による間違った政策があなたやあなたのご家族を苦しめています。暗いニュースが毎日流れているのは、政治の失敗のせいです。

でも今日からあなたは、成人になりました。政治を変える力をゲットしました。

今まではニュースを見て、バカバカしい政治家たちに毒づくか2ちゃんねるに文句を書くしかできませんでした。

けれども今日からあなたは、政治を変える力を手に入れたのです。

いつの時代も、古い政治をぶっ壊してきたのは若いヤツらです。

あなたの時代がやってきました。

古い政治をぶっ壊しましょう。新しい政治へ一緒に変えましょう!

熱く語ったフジノの演説も、かなり新成人のみなさんは真剣に聞いてくれました。

新成人の笑顔こそ希望そのもの/成人式へ

成人式へ

今日は、不入斗の横須賀アリーナ(総合体育館)にて『平成21年・成人式』が行なわれました。



毎年フジノはいつも成人式に対して横須賀市議会で1番の辛口で

「税金を使って成人式をやるのは廃止するべき」

「新成人自身に企業からの協賛金を求める活動をさせて、協賛金をもって開催費用にすればよい」

「現代日本社会では20才が成人とは言えない。あえて成人式をやる必要性は無い」

と、廃止も含めた見直しをくりかえし訴えてきました。

けれどもそれは、『ショック療法』として、

市民のみなさまに愛されているイベントをあえて廃止することで、もっと税金の使い道の優先順位について、市民のみなさまに敏感になってほしかったからなのでした。

本意は、成人式を廃止するかどうか、ということではなく、『横須賀美術館』や『長井海の手公園ソレイユの丘』などをはじめとするハコモノ行政を『それでも望む市民の方々』がいることへの怒りでした。

(その証拠に、いまだに高層ビルでの新中央図書館の建設を強く望んでいる市民の声を聞くことです。いいかげんにハコモノ幻想から目を覚まして下さい。ハコモノでは景気は回復しません!)

新成人の希望に満ちた笑顔が全てだ

けれども今年のフジノは、成人式批判はいったんとりさげます。

これだけ現実が厳しくて不景気な中、明るいニュースがほとんど聞こえてこない中で

今日、横須賀アリーナに集まった数千名の20才の若者たちの希望に満ちた幸せそうな笑顔を見るにつけても、こころから祝福したい気持ちでいっぱいになったからです。

かねて書いてきたとおり、不況とは企業の業績悪化だけが全てではなくて、人々の消費に対するマインドが冷え切っている状態でもあります。

思い切りシンプルに書くと、不況でもあえて希望を持って笑顔で生きていくことということが、実は、景気回復へのリカバリーのスイッチとも言えるのです。

この20才の笑顔こそ、大きな意味がある、と感じました。



例年どおり来賓席には行かないで、フジノは式典の最初から歓談に入るまで2階からみんなをじっくり見ていました。途中からホールに降りて、みんなの笑顔をじかに見て過ごしました。

蒲谷市長のあいさつを聴いている人なんか誰もいない。

20才の子たちによる成人式検討委員会のあいさつも誰も聴いている人なんかいません。

成人式という名前の壮大な同窓会では、『旧友との再会』と『晴れ着姿を見せあうこと』だけが全てです。

市長も市歌も祝辞もどんな権力や権威をおしつけても、その全てが無意味なのです。

でも、それこそが20才の今、ハッピーなのです。

政治家としてフジノは「それでいいのだ」と考えています。

友達との再会に喜ぶ笑顔。

素敵な着物や髪の毛のセットなどの非日常の1日を思い切り楽しむこと。

この笑顔は、希望につながるのだ、とフジノは感じました。

新成人のみなさん、おめでとうございます

今日、成人式を迎えた新成人のみなさん、こころからおめでとうございます。

そして、こどもたちを20才まで育てあげて下さった親御さん方にもこころから感謝を申し上げます。

成人、おめでとうございます。