年末年始に行なわれる「炊き出し」や「相談会」のリストです/ぜひご利用くださいね!

官公庁が閉じている年末年始も受けられるサポートがあります!

NPO法人『自立生活サポートセンター・もやい』で活動する友人から、下のリストを掲載してほしいと依頼を受けました。

「すぐ載せます!」と即答しました。

全国で活動して下さっているみなさまに、フジノはありがたい気持ちでいっぱいです。

2014~2015 全国の炊き出し・相談会リスト一覧

1.全国から可能な電話相談





2.炊き出しや相談会の日程など


●東京


●北海道・東北

  • 北海道各地【シェルターふくむ電話相談】
    011-299-7284(年末年始期間常時)
    NPO法人ホームレス支援北海道

  • 札幌【シェルター】
    札幌市内にシェルター提供
    011-716-5130
    NPO法人ベトサダ自立支援事業所

  • 仙台(仙台夜回りグループ)
    ・12月27日~1月4日8:30~21:30
    HELP!みやぎ~生活困窮者ほっとライン~:050-5539-6789

    ・12月27日12:00~13:00
    五橋公園(炊出し、支援物資配布、相談)

    ・12月31日20:00~
    市内各所、仙台駅ぺデストリアンデッキは21時頃(夜回り相談)

    ・1月1日9:30~
    みやぎNPOプラザ前(食糧支援、相談)

    ・1月3日12:00~12:30
    五橋公園(食糧、支援物資配布)

    ・1月4日10:00~15:00
    みやぎNPOプラザ内「HELP!みやぎ」(相談)

    NPO法人仙台夜回りグループ:050-5539-4443


  • 仙台(パーソナルサポートセンター&ワンファミリー仙台)
    12月29日~1月3日9:00~18:00
    『自立相談支援センターわんすてっぷ』にて、シェルターを含む相談
    パーソナルサポートセンター&ワンファミリー仙台:022-395-8865


●東京以外の関東

  • 水戸
    12月28日正午
    三の丸旧県庁の横(炊き出し)
    NPO法人まごころネットワーク

  • 埼玉(所沢地域)
    常時電話相談(宿泊場所・食料・医療の提供など)
    070-5080-3068
    NPO法人サマリアの会

  • 千葉(市川近辺)
    12月29日、1月2日19:30~
    市川八幡教会出発して夜回り
    NPO法人市川ガンバの会

  • 川崎【川崎市】
    日進町ひまわりにて川崎市の事前面接あり
    川崎市による市内施設などへの臨時宿泊の提供

  • 川崎
    12月29、31日、1月2日 20:00~
    川崎駅から市内各所にて夜回り
    NPO法人川崎水曜パトロールの会:044-230-0560

  • 横浜【横浜市】
    12月26日9時~14時はまかぜ1階にて受付
    横浜市による『自立支援センターはまかぜ』への臨時宿泊の提供

  • 横浜
    【越年の取組み】
    12月28日~1月4日
    寿公園(横浜市中区寿町3-9-4)
    寿越冬闘争実行委員会:045-641-4499(寿生活館4階)


●東海・北陸

  • 豊橋
    12月27日~1月4日8:00~ (12/29は9:00~)
    豊橋駅東口付近 配食(おにぎりなど)
    豊橋サマリヤ会

  • 一宮
    ・12月27日~1月4日
    のわみ食堂にて昼と夜の食事提供・1日以外は相談会

    ・1月3日17:00~
    JR高架下にて炊き出し

    のわみ相談所:0586-72-9697


  • 名古屋【越年の取り組み】
    12月28日~1月4日
    若宮高架下ゲートボール場(流動的)
    名古屋越冬実行委員会:052-718-2048(ささしま共生会)

  • 岐阜
    12月31日19:00~
    金(コガネ)公園にて炊き出し
    岐阜野宿生活者支援の会

  • 富山
    12月29日と1月5日17:00~17:30
    JR富山駅北口地下広場にて炊き出し
    グループ駅北食堂


●関西

  • 大阪【大阪希望館】
    12月27、29、31日、1月2日に緊急宿泊
    大阪希望館:06-6358-0705(11:00~17:00)

  • 釜ヶ崎【越年の取り組み】
    12月28日~1月5日
    三角公園
    釜ヶ崎越冬闘争実行委員会:06-6632-4273

  • 和歌山
    12月28日~1月3日(宿泊や食料の相談)
    和歌山ホームレス支援機構(受付:12月28日15:00屋形町教会 073-425-0981)

  • 尼崎
    ・12月28日
    橘公園にて炊き出し
    ・1月6日~1月11日12:30~14:00
    橘公園にて生活相談、医療相談その他イベント

    越年越冬実行委員会:078-271-7248


  • 神戸
    12月28日~1月5日12:30~15:00
    東遊園地南端にて、炊き出し、生活相談、医療相談その他イベント

  • 兵庫県
    12月27日~1月4日10:00~16:00
    生活相談(電話や面談による相談フリーダイヤル):0120-018-882(兵庫県内のみ)
    きずなサポートセンター


●中国・四国


  • 岡山
    12月28日~1月4日16:00~19:30
    秦(中国銀行津島支店横)にて炊き出し
    岡山・ホームレス支援きずな:086-221-2822

  • 福山
    12月28日19時
    福山城公園東側の公園にて炊き出し
    ともしびの会

  • 広島
    12月31日17:00
    広島駅旧市民球場横にて、夜回り・おせち弁当の配布
    広島夜回りの会:090-8715-5186


●九州・沖縄


  • 北九州
    1月3日12:00~
    勝山公園にて炊き出し
    抱樸:093-571-1304

  • 長崎
    12月31日~1月3日
    施設の臨時枠にて宿泊の確保
    長崎ホームレスを支援する支援:080-2714-8574

  • 熊本
    12月29日、1月1日13:00~15:00
    くまもと支援の会事務所にて炊き出し
    くまもと支援の会:096-362-0339

  • 鹿児島
    ・12月28日17:00~
    甲突川沿い(武之橋そばの緑地帯)にて炊き出し
    ・12月30日17:00~
    中央公園(鹿児島市山下町4)にて炊き出し
    ・12月31日11:30~、1月1日11:30~
    鹿児島県教育会館(鹿児島市山下町4)にて炊き出し
    ・1月4日17:00~
    甲突川沿い(武之橋そばの緑地帯)

    かごしまホームレス生活者支えあう会:099-203-0371

以上です。

フジノ自身はこのリストの1つずつについて正確な情報を持ちあわせておりません。

お問い合せはぜひ直接になさってくださいね。

それから、「もっと他にも支援がある!」という方はぜひ情報をお寄せ下さい!



ラスト10分をツイキャスで生中継してみました/ひとり自殺対策街頭キャンペーン2014−15スタート

今年もスタートしました

今年も早いもので12月も終わりが近づきました。

そこで、今日から恒例のキャンペーンをスタートしました。

ワイデッキでのフジノ

ワイデッキでのフジノ


12月のクリスマス前から新年の三が日が明けて市役所が開くまで、毎年フジノは『ひとり自殺対策街頭キャンペーン』を行なっています。



365日年中無休の「横須賀こころの電話」をぜひご利用くださいね

365日年中無休で深夜0時までオープンしている『横須賀こころの電話』についてお伝えしました。

横須賀こころの電話のホームページより

横須賀こころの電話のホームページより


かつて、『横浜いのちの電話』や『川崎いのちの電話』への相談が殺到している為に、横須賀独自の相談電話を作るべきだとフジノが市議会で提案したのがスタートでした。

けれども今では『横須賀こころの電話』までも相談が多くて電話が混み合ってしまい、大変つながりにくくなる時があるようになってしまいました。

なかなかつながらない時も、どうかあきらめないでもう1度トライして、お電話をかけて下さいね。



今年は市役所の休館日が9日間もあります

今年は、とても困ったことがあります。

12月27日から1月4日までなんと9日間も市役所が休館・休庁なのです。

12/22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1/1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11

消防・救急・警察・自衛隊などをはじめ、あらゆる民間企業のサービス業は、シフト制で年末年始もオープンしています。

それなのに、市役所や官公庁は9日間も休館してしまいます。

これは絶対におかしいです。

少なくとも相談窓口を持つ部局だけはシフト制勤務に改善して、365日オープンすべきです。

官公庁が休みだからって、市民のみなさまの困り事や悩み事が消える訳ではありません。

貧困に追い込まれている方々や様々な支援が必要な方々が、9日間もどこにもつながれず支援を受けられなくなってしまいます。

都内のフジノの仲間たちは、昨年に続いて

『ふとんで年越しプロジェクト2014~誰もが暖かく年を越せるように~』

を行ないます。

フジノも何日かボランティアに行く予定ですが、その前にまず自分の暮らすこの横須賀を守らねばなりません。

横須賀に暮らす全ての人々が安心して年明けを迎えられるように、やれるべきことを全てやらねばならないと今年も気を引き締めています。



初めてツイキャスでフジノの演説を中継してみました

ところで今年の『ひとり自殺対策街頭キャンペーン』の初日である今日は、ラスト10分間だけ、ツイキャスで生中継してみました。

録画も観られるようにしました。

ふだんはもっと穏やかにやっている『ひとり自殺対策街頭キャンペーン』なのですが、この数日(今日も!)市民の方から複数件の「忘年会帰りらしき酔っぱらった市長の醜態への苦情」を受けていたせいで、そのことへの怒りも混ざってしまいました。

ふだんはこんなことは話しません。

よろしければ、「こんな雰囲気なんだよー」というのをご覧下さいね。





「障がいのあるこどもたちへの教育」のナショナルセンター・国立特別支援教育総合研究所(特総研)の一般公開へ(その1)

野比に、日本で唯一の「特別支援教育のナショナルセンター」があります

今日は、朝いちで野比へ向かいました。

野比5丁目から観た海

野比5丁目から観た海


野比5丁目に『独立行政法人国立特別支援教育総合研究所(NISE)』という施設があります。

市民の多くの方々には、なじみが無いかもしれません。

国立特別支援総合研究所の入口にて

国立特別支援総合研究所の入口にて


でも、フジノたち障がい福祉の業界ではとてもよく知られている施設です。

略して『特総研(とくそうけん)』と呼んでいます。

建物全景

建物全景


ここは、日本で唯一の『特別支援教育』のナショナルセンターです。

障がいのあるこどもたちの教育の為に、

  1. 政策的な課題を研究したり(研究活動)
  2. 地方自治体や教育現場と連携したり(研修事業・教育相談支援)
  3. 広く社会に情報発信を行なったり(情報普及事業)

といった事業をしています。

一般公開デーに初めて参加しました

今日はその『特総研』の一般公開デーでした。

昨年もおととしも都合があいませんでした

昨年もおととしも都合があいませんでした


日頃、研究員や先生の方々との接点はあるのですが、建物の中にフジノが入ったのは初めてでした。

建物の中に入ったのは初めてでした

建物の中に入ったのは初めてでした


8つもの棟に分かれていることも初めて知りました。

研究所マップ

研究所マップ


敷地もゆったりと広めで、環境としては抜群だと感じました。

体育館

体育館


かつては『特殊教育』と呼ばれていたものが、今では『特別支援教育』と呼ばれるようになりました。

その対象が、かつては知的や身体にに障がいのあるこどもたちだけだったのが、現在は『発達障がい(発達症)』も含め、支援の必要な全てのこどもたちのニーズにあった教育を目指しています。

敷地もゆったりとしていて、抜群の環境でした

敷地もゆったりとしていて、抜群の環境でした


『特総研』の必要性や役割はますます高くなっています。

一般公開に向けた理事長メッセージ

参加者に配布された資料の1枚目に、宍戸和成理事長のごあいさつがありました。

一般公開に向けた、宍戸和成理事長のご挨拶より

一般公開に向けた、宍戸和成理事長のご挨拶より


『特総研』に求められている役割や現在の活動なども分かりやすく説明されているので、全文を引用しますね。

研究所公開にお越しのみなさまヘ

2014年1月、我が国は『障害者の権利に関する条約』を批准し、特別支援教育は新たな局面を迎えることになりました。

同条約の中で提起された『インクルーシブ教育システムの構築』と『合理的配慮の提供』は、今後、特別支援教育を推進していく上での重要な事柄です。

そこで、国立特別支援教育総合研究所(NISE)では、文部科学省のモデル事業と連携して、昨年度から『インクルーシブ教育システム構築支援データベース(インクルDB)公開事業』に取り組んでおり、合理的配慮の実践事例をはじめ、インクルーシブ教育システム構築に関連する様々な情報を、広く社会に発信しています。

また、今年度は、新たに、支援機器等教材普及促進事業に取り組んでいます。

特別支援教育が、 一人一人の子どちの教育的ニーズに即した適切な指導と必要な支援を行なう営みであるとするならば、今、求められていることは、それぞれの子どものもっている司能性を最大限に伸ばす為の具体的な教育実践であろうと思います。

そうした特別支援教育の確立に向けて、 NISEの職員一同、力を合わせて、研究活動や研修事業、教育相談支援、情報普及等に努めています。

さて、本日は、NISEの施設を一般公開し、最新の研究成果や活動内容等をわかりやすく紹介します。

また、様々な障がいの疑似体験、障がいのある子どちのための教育支援機器の実演、障害のある子どもに対する皐近な配慮や工夫の紹介等を行います。

本日の研究所公開を通じて、NISEと特別支援教育に対するご理解を一層深めていただけますと幸いです。

改めて、皆様のご協力とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

(NISE理事長・宍戸和成さんのご挨拶より)

フジノは次の仕事があったので参加できなかったのですが、14時からは新しいモニュメントの記念セレモニーも開催される予定とのことでした。

モニュメントの記念セレモニーも開催

モニュメントの記念セレモニーも開催


これは、『子どもとともに』というタイトルのモニュメントだそうです。

発達障がいのミニ講義

今日は、建物内部の見学ができるだけではなくて、プログラムがもりだくさんで体験モノも数多くありました。

まず、渥美義賢・発達障害教育情報センター長による、発達障がいについての分かりやすい基本的なレクチャーがありました。

渥美義賢・発達障害教育情報センター長のミニ講義

渥美義賢・発達障害教育情報センター長のミニ講義


「発達障がいについて、もっともっと市民のみなさにも知ってほしい」とフジノはいつも願っています。

発達障がいについてのミニ講義

発達障がいについてのミニ講義


これだけずっと学んできたフジノでも、日々進歩している研究によって新しく分かった成果をどんどん吸収していかないと知識が陳腐化してしまいます。ミニ講義も新たな学びがありました。

言語障がい教育の体験コーナー

言語障害教育の体験

言語障がい教育の体験


今日は、社会福祉を学んでいる学生の方々がたくさんいらしていました(県立保健福祉大学かな?)。

言語障がいの支援

言語障がいの支援


みなさん、体験型のプログラムにも積極的に参加しておられて、そうした姿を観るにつけてもフジノはとても心強く感じました。

たくさんのパネル・刊行物の展示コーナー

パネル展示と刊行物展示コーナー

パネル展示と刊行物展示コーナー


研究の成果は、ふだんから『特総研』のホームページで読むことができます。

パネル展示によって、初心者の方々にも分かりやすく解説しておられました

パネル展示によって、初心者の方々にも分かりやすく解説しておられました


今日は、そうした研究の数々を分かりやすくパネル展示によって紹介してありました。

パネル「知的障がい教育について」

パネル「知的障がい教育について」


『インクルーシブ教育』の実現は、フジノにとって長年の願いです。最重要政策として、議会内外での提案を繰り返し行なってきました。

今年1月、日本政府は『障害者権利条約』を批准しました。これによって『インクルーシブ教育の実現』は、国としての義務にもなりました。

パネル「インクルーシブ教育システムの構築について」

パネル「インクルーシブ教育システムの構築について」


『特総研』では、具体的にインクルーシブ教育を実現していくにあたっての課題を解決していく為の様々な研究もして下さっているようです。ぜひ積極的に進めていただきたいです。

フジノが大切な取り組みとして導入を求めてきた「触ることのできる美術作品」

フジノが大切な取り組みとして導入を求めてきた「触ることのできる美術作品」


フジノとしては、幼稚園・保育園・小中学校・高校、さらには大学・大学院など、全ての学びの場において一刻も早く『インクルーシブ教育』が実現できるように、これからも努力していきます!

国内最大の、特別支援教育の書籍を集めた図書館

図書室公開

図書室公開


特別支援教育の関連図書を集めた図書館としては、国内最大にあたるそうです。

図書館では、学生さんらしき見学者が熱心に説明を聴いていました

図書館では、学生さんらしき見学者が熱心に説明を聴いていました


横須賀市には『点字図書館』があります。

そこと同じように、拡大教科書や点字教科書(点字で訳しなおされた教科書)などが所蔵されていました。

拡大教科書のコーナーも

拡大教科書のコーナーも


拡大教科書は、大きな文字に教科書を作りなおしたものです。ふつうの1冊の教科書を、大きな文字に置き直すと5冊くらいの量になります。

その場で読める道具も

その場で読める道具も


拡大教科書を作るのには日数を要するので、そのままの新聞や本をその場で拡大して読めるようにする機器もたくさんあります。

「広報よこすか」の点字版も置いて下さってました

「広報よこすか」の点字版も置いて下さってました


『広報よこすか』の点字版も置いて下さってました。ありがたいです。

学会誌も多数です

学会誌も多数です


学会が発行している学会誌も多数とりそろえられています。

移動式書庫にも基調な本がたくさんあります

移動式書庫にも基調な本がたくさんあります


フジノも自殺対策や精神保健福祉に関する学会誌は購読しているのですが、基本的に価格が高いのが難点です。

その点、この図書館ではあらゆる学会誌がすぐに入手できて、研究がはかどりそうです。個人的に、とてもうらやましい学びの場だと感じました。

その2へ続きます)