祝、成人!はたちになったら選挙へ行こう/新成人のみなさんへのメッセージ

「成人の日」街頭キャンペーン

ふだんは『新成人のつどい』の後にワイデッキにて行なう『はたちになったら選挙へ行こう!』

ただで、今年は『新成人のつどい』の直後に別の仕事がありました。

ワイデッキにて

ワイデッキにて


そこで、今年は夕方からスタートしました。

ワイデッキの上で飲み会などの待ち合わせをしている新成人の方々に向けて、フジノの想いを語りかけました。

フジノから新成人のみなさんへメッセージ

フジノは今年40才になります。

新たに成人したみなさんのちょうど2倍です。

そんなフジノから新成人のみなさんへメッセージを送りました。

みなさんの目の前には、決して明るい未来はありません。

こどもの数は激しく減っています。高齢者の数は激しく増えています。亡くなる方々の数もとても増えています。

今のわが国は、すでに超少子・超高齢社会、そして多死社会になりました。

人口ピラミッドは、逆三角形になっていきます。圧倒的多数の高齢者を、少数の若者が支えていくのです。

医療、年金、介護、あらゆる面で支払いが増えていきます。

それにも関わらず、収入は少なくなっていきます。

現実はもう過去とは全く違うのに、今も日本社会にはかつての高度経済成長期のままの仕組みが横たわっています。

人口ピラミッドが三角形だった、右肩上がりで経済成長していき人口も増えていった過去の仕組みが、社会インフラだけでなく、人のこころにも根強く残っています。

特に、上の世代のマインドは昔のままで、現実の変化を直視していません。

彼らが増税や値上げを嫌う心理は理解できます。

しかし、支出が増える一方で収入が減っていく一方なのに、逃げることはできません。

このままでは、社会そのものを維持することができません。

僕たちの世代は、そしてあなたたち新成人の世代は、どんなに厳しくても現実を直視して、変わらなければいけないのです。

新成人のみなさん、現実を一気に変えるような打ち出の小づちはありません。

総理が誰かになれば、都知事が誰かに替われば、強いリーダーが現れれば、なんて期待を抱いても現実は変わりません。

成すべきことは、今できることを1つずつ地味に地道に困難であっても実現していくことだけです。

そんな現実を、新成人のみなさんには一緒に見つめてほしいのです。

これから30年近く、厳しい状況は続きます。

けれどもやがて、あなたたちのこどもたちや孫たちが暮らす2050年頃には、人口構成は落ち着いてきます。

人口は減って人口ピラミッドの三角形は小さくなりますが、三角形に近づいていきます。

100年で急増した人口が、100年で元に戻っていくのです。

その頃には今のような激しい社会の変化は収まって、安心して暮らせるようになるかもしれません。

その時の社会が、あなたのこどもたちや孫たちが暮らす社会が希望に満ちているかどうか、それはあなたしだいです。

打ち出の小づちは無い、でも変えることはできるはずです。

あなたたちの新しい価値観、新しい発想、新しい行動、それは必ず未来を変えていくはずです。

どうか、一緒に現実を変えていきましょう。

今はどんなに苦しくても、未来が良いものになると信じて、一緒に変えていって下さい。

いつもながら甘い期待を抱かせるようなセリフはゼロ、現実の厳しい社会状況をお伝えしました。

それでも新成人の方々が何人も立ち止まってフジノのメッセージを受け止めてくれたことを、感謝しています。

さらにうれしいことがありました。

街頭演説を行なう時、名前が書かれたノボリなどをフジノは一切使いません。

それでも、スーツ姿の新成人の方が

「フジノさん、いつもブログ観てます。頑張って下さい」

と声をかけてくれました。

ありがとう!

目の前の現実は厳しいこともたくさんあります。

でも、同時に希望はいつも目の前にあるものです。

新成人のみなさん、お互いにがんばろう!

「新成人のつどい(=成人式)」へ/新成人自身による協賛金集め・企画・運営による初の取り組み

新成人のつどい(=成人式)へ行ってきました!

さて、ラジオ出演を終えると大急ぎで、不入斗の総合体育館へ向かいました。

『新成人のつどい』(成人式)に行ってきました!




そして、USTREAMを使って、成人式の様子をフジノが現場で実況しながら生放送してみました。




プログラムは次のような感じでした。

  • 総合司会のあいさつ
  • 吉田市長のあいさつ
  • 山口市議会議長のあいさつ
  • 市内中学校卒業生のあいさつ(市立・県立・私立約30校から)
  • 歓談タイム/スライドショー上映

(画像:司会を務めてくれたのも新成人)


(新成人のつどい・その1)



昨年に続いて、可能な限り『市の関与』を減らすという形に切り替わりました。

新成人が実行委員会をつくって、企画から運営に至るまで担当するのです。

昨年は初めてで、完全にゼロからスタートということもあって、やや手探りな感じが大きかったです。

けれども今回は大きく運営方式が変わって、さらにすごく良くなったと感じました。

改善を求めてきたフジノとしても、とても満足な運営でした。

(画像:市内中学校ごとに1名ずつ、壇上で想いを発表しました)



変化を感じたのは何よりもまず最初に『協賛企業』の名前が読み上げられたことです。



スライドショーに必要な費用は、新成人が自ら協賛企業を回って協賛金を頂いて、それを費用として充てたのです!

これはフジノが強く求めてきた提案でしたが、まさにそれを新成人の実行委員会が行なってくれました。

(新成人のつどい・その2)



もっともっと改善できる点はあるはずですが、それは年を経るごとにどんどん改善されていくはずです。

来年はさらにもっと良くなるはずです。

来年二十歳になるみなさんは、ぜひ新成人の運営委員会に立候補してくださいね!



タウンニュース紙が報じてくれました

タウンニュース紙が新成人のつどいについてとりあげてくれた記事です。ぜひご覧ください。

(2012年1月6日号・タウンニュース紙より)





(2012年1月6日号・タウンニュース紙より)




古い政治はいつも若いヤツらが変えてきた/はたちになったら選挙へ行こう!

古い政治はいつも若いヤツらが変えてきた。変えていこう!

さて、成人式が終わるとフジノはYデッキへ。

フジノが毎年恒例で行なっている『はたちになったら選挙へいこう!』キャンペーンです。

ワイデッキで新成人のみなさんに語りかけました

ワイデッキで新成人のみなさんに語りかけました


今年は、例年とは何故か違って、フジノが新成人のみなさんに

「さっきまで僕も来賓として成人式に行ってきました。新成人のみなさん、今日は本当におめでとうございます!」

と述べると、

「ありがとうございます!」

と、笑顔がたくさん返ってきました。

男性も女性も、9割くらい返事をかえしてくれました。

なんか、すごく礼儀正しいというか、とても気持ちがいい成人たちだなあと思いました。

(その割には今日の成人式は歓談の時間にステージにのぼったヤツらもいたんだよなあ...フシギ)

フジノから新成人のみなさんへのメッセージ

フジノは次のように述べました。

成人のみなさん、今日は本当におめでとうございます。

今日は、どうか大いにお祝いして下さい。友達との再会をこころから祝って下さい。素敵な晴れ着姿を、どうかたくさん写真に撮って下さい。

たくさんの笑顔で今日を過ごして下さい。

そんな今日が終わって明日になれば、また学校が始ったり、仕事が始まります。

世の中は不景気で仕事もなくて、苦しいことや暗いニュースがあふれています。明日からはまた悔しいことやつらいことがきっとあるでしょう。

でも、今日の笑顔を忘れないで下さい。

今日再会した友達との絆を忘れないで下さい。

つらくてたまらない時に、その友達のことを思い出して下さい。

どんなに厳しい瞬間も必ずのりこえられることを知っていて下さい。

そして、あなたの毎日の暮らしがもっとハッピーになるようにお手伝いをできるのが、僕たち政治家であり、政治の力です。

政治は、現実を変える力があります。

けれども今の政治は、腐っています。古い政治による間違った政策があなたやあなたのご家族を苦しめています。暗いニュースが毎日流れているのは、政治の失敗のせいです。

でも今日からあなたは、成人になりました。政治を変える力をゲットしました。

今まではニュースを見て、バカバカしい政治家たちに毒づくか2ちゃんねるに文句を書くしかできませんでした。

けれども今日からあなたは、政治を変える力を手に入れたのです。

いつの時代も、古い政治をぶっ壊してきたのは若いヤツらです。

あなたの時代がやってきました。

古い政治をぶっ壊しましょう。新しい政治へ一緒に変えましょう!

熱く語ったフジノの演説も、かなり新成人のみなさんは真剣に聞いてくれました。

新成人の笑顔こそ希望そのもの/成人式へ

成人式へ

今日は、不入斗の横須賀アリーナ(総合体育館)にて『平成21年・成人式』が行なわれました。



毎年フジノはいつも成人式に対して横須賀市議会で1番の辛口で

「税金を使って成人式をやるのは廃止するべき」

「新成人自身に企業からの協賛金を求める活動をさせて、協賛金をもって開催費用にすればよい」

「現代日本社会では20才が成人とは言えない。あえて成人式をやる必要性は無い」

と、廃止も含めた見直しをくりかえし訴えてきました。

けれどもそれは、『ショック療法』として、

市民のみなさまに愛されているイベントをあえて廃止することで、もっと税金の使い道の優先順位について、市民のみなさまに敏感になってほしかったからなのでした。

本意は、成人式を廃止するかどうか、ということではなく、『横須賀美術館』や『長井海の手公園ソレイユの丘』などをはじめとするハコモノ行政を『それでも望む市民の方々』がいることへの怒りでした。

(その証拠に、いまだに高層ビルでの新中央図書館の建設を強く望んでいる市民の声を聞くことです。いいかげんにハコモノ幻想から目を覚まして下さい。ハコモノでは景気は回復しません!)

新成人の希望に満ちた笑顔が全てだ

けれども今年のフジノは、成人式批判はいったんとりさげます。

これだけ現実が厳しくて不景気な中、明るいニュースがほとんど聞こえてこない中で

今日、横須賀アリーナに集まった数千名の20才の若者たちの希望に満ちた幸せそうな笑顔を見るにつけても、こころから祝福したい気持ちでいっぱいになったからです。

かねて書いてきたとおり、不況とは企業の業績悪化だけが全てではなくて、人々の消費に対するマインドが冷え切っている状態でもあります。

思い切りシンプルに書くと、不況でもあえて希望を持って笑顔で生きていくことということが、実は、景気回復へのリカバリーのスイッチとも言えるのです。

この20才の笑顔こそ、大きな意味がある、と感じました。



例年どおり来賓席には行かないで、フジノは式典の最初から歓談に入るまで2階からみんなをじっくり見ていました。途中からホールに降りて、みんなの笑顔をじかに見て過ごしました。

蒲谷市長のあいさつを聴いている人なんか誰もいない。

20才の子たちによる成人式検討委員会のあいさつも誰も聴いている人なんかいません。

成人式という名前の壮大な同窓会では、『旧友との再会』と『晴れ着姿を見せあうこと』だけが全てです。

市長も市歌も祝辞もどんな権力や権威をおしつけても、その全てが無意味なのです。

でも、それこそが20才の今、ハッピーなのです。

政治家としてフジノは「それでいいのだ」と考えています。

友達との再会に喜ぶ笑顔。

素敵な着物や髪の毛のセットなどの非日常の1日を思い切り楽しむこと。

この笑顔は、希望につながるのだ、とフジノは感じました。

新成人のみなさん、おめでとうございます

今日、成人式を迎えた新成人のみなさん、こころからおめでとうございます。

そして、こどもたちを20才まで育てあげて下さった親御さん方にもこころから感謝を申し上げます。

成人、おめでとうございます。