上地克明さんが辞表を出しました!/議員報酬がギリギリまでもらえる「自動失職」をあえて拒否しました

*本記事の記述に一部誤りがありました。記述を削除し、謝罪いたします。詳しくはこちらをご覧下さい。



現役の議員が首長選挙に立候補する際、全国的に「自動失職」が多くあります

タイトルのとおり、現役の議員が首長選挙に立候補する際、全国的に多くの議員が『自動失職』を選んでいます。

『自動失職』とは何でしょうか。

例えば、1月11日に告示される市長選挙があるとします。

現役の市議会議員が辞職せずに、議員の身分のままで市長選挙に立候補すると、公職選挙法に基づいて1月11日に自動的に市議会議員を辞職したことになります。

実はこの方法、とてもセコイです。

実際には市長選挙への立候補を決めているのに、議員報酬をギリギリまでもらいつづけることができるからです。

市議会議員としてのお給料(報酬)は、『立候補の日まで働いた』という計算で支払われます。

全国的にこのやり方を取る政治家が多いのですが、ある意味、市民の税金がムダに支払われているとも言うことができます。

この『自動失職』がまかりとおっていることを、ぜひ市民のみなさまにも知っていただきたいと思います。



5月6日、上地克明さんは「辞職」しました

上地克明さんは、本日辞職しました。

『市長退職金の廃止』を訴えている上地さんらしい行動です。

上地さんの演説を聞くと、希望が湧いてくるから不思議です。

上地さんの演説を聞くと、希望が湧いてくるから不思議です。


決意表明からこれまで、息をつく暇も全く無い、すさまじく忙しい毎日を上地さんは過ごしてきました。

しかし十日ほど前でしょうか、上地さんはふと気づいたのです。

横須賀復活への決意を固めたのだから、自分はもはや市議会を離れるべきではないか」

と。

「市長退職金の廃止を訴えている自分が、このまま議員報酬を受け取り続けるのはおかしい。辞職したいと思う」

と同志であるみなさんは相談を受けました。

一方、反対意見も出ました。

何故ならば、このあと2回も議会があります(5月招集議会、6月議会)。

上地さんのような政策通は、市議会であと2回の質疑の機会を使って吉田市長にギリギリまで質疑をすべきではないか、という意見です。

けれども最後は

「上地さんご自身の想いを尊重すべきだ」

とみんなが賛成しました。

そこからのアクションは、早かったです。即、辞表を提出されました。

軽い気持ちではありません。

過去に県議選に出馬し、2度の落選を経験しておられる上地さんは、誰よりも議席の重みを知っておられます。

誰よりも重みを知っているからこそ、あえて議席をお返ししたのだとフジノは受け止めています。

改めて実行力の高い上地さんらしいと感じました。

しかも上地さんは

「フジノくん、わざわざこんなことブログに書かないでよ。政治家として当たり前のことなんだから」

「むしろもっと早く辞職に思い至るべきだった。忙しくてそこまで頭が回らなかった」

と真剣な顔で言うのです。

そういう人なのです、上地さんは。

でも悪いけど、上地さん。おれは書きますよ。

もっと市民のみなさまは真実を知るべきなのだから。あなたは正しいのだから。

人々は、きれいな言葉や聞こえの良い公約につい心を奪われてしまいます。

けれども、それは単なる口約束で終わることが多く、だからこそ政治の世界に失望している市民が多いのだと感じています。

行動で示し続けてきたからこそ、上地さんは多くの人々から信頼され続けているのだと思います。

どうか市民のみなさま、『本物』を見極めて下さい。



【後日追記】「訂正」があります

5月6日に更新した当初の記述には、明らかな誤りが1点ありました。

「自動失職」ではなく、「選挙3日前の辞職」でした

まず、「吉田市長が自動失職を選んだ」という記述は完全に誤りでした。記述を削除するとともに、吉田市長には心からお詫びを申し上げます。

2009年当時、吉田雄人市議から「市議会議員の補欠選挙を実施させない為にギリギリまで辞職しない」とフジノは説明を受けました。

そのことを、『自動失職』を選んだのだ、と誤解していました。

事実は、2009年6月11日付で辞表を提出し、6月18日に辞職が認められていました。

ただ、『自動失職』では無かったとはいえ、選挙の投開票日は6月28日。

6月21日には選挙がスタートしており、辞職したのはそのわずか3日前でした。

さらに言えば、早くも3月には立候補表明を行なっていました。

『自動失職』という記述自体はフジノの事実誤認です。

しかし、『すでに3月に立候補表明をしていながら選挙のわずか3日前まであえて辞職しなかった』という事実に対して、今もフジノは違和感が全く消えていません。

『自動失職』との違いは、わずか3日間だけ。

3月に立候補表明して選挙の3日前に辞職するまでずっと議員報酬が出ていたことに変わりはありません。

当初の記述でフジノが表明した違和感は今も全く変わりません。



青年時代の上地克明さんの姿が田川誠一さんの著作に出ていました!/「田川日記~自民党一党支配が崩れた激動の8日間~」

クリーンな政治家の代名詞だった田川誠一さん。その秘書だった上地克明さん

横須賀復活の為に立ち上がってくれた上地克明さん。

逸見駅に立つ上地克明さん

逸見駅に立つ上地克明さん


市民のみなさまに「上地さんのことをぜひ知ってほしい」と強く願っています。

フジノはこの15年間のおつきあいの中で、上地さんご自身のことも政策のことも理解しているつもりです。

けれども上地さんのことを市民のみなさまにお伝えする上で、もっと上地さんのことを深く知らなければならないと感じています。

そこで、田川誠一さん(故人。元・衆議院議員、元・『新自由クラブ』代表、元・自治大臣)の著作を読み始めてみました。

上地さんは、田川誠一さんの秘書を務めておられたからです。田川さんについて語る時、上地さんは今も親しみをこめて「田川のオヤジ」と呼びます。

残念ながらフジノは、田川さんや『新自由クラブ』のことは父から聴いたことがあるだけで、最晩年に一度だけ横須賀市役所でお見かけしたことしかありません。

清廉潔白、クリーン、頑固一徹で知られる田川誠一さん。

民主党や日本新党なんかよりもずっと早い時代(1976年)に、自民党を飛び出して新党を結成して全国に一大ブームを巻き起こした『新自由クラブ』。

保守であると同時に、リベラルな勢力とも広く活動を共にした『新自由クラブ』。

田川誠一さんはその結党メンバーであり、2代目の党代表。自治大臣にも就任しました。

政治倫理の確立、政治の浄化を徹底して進めた素晴らしい政治家です。国会議員に認められていた国鉄乗車フリーパスを一切使わずに、選挙での全国遊説も全て自費で出すという徹底ぶりでした。

『田川日記 : 自民党一党支配が崩れた激動の8日間』ごま書房、1984年12月

『田川日記 : 自民党一党支配が崩れた激動の8日間』ごま書房、1984年12月


その田川さんが1984年に書いた『田川日記~自民党一党支配が崩れた激動の8日間~』という本を読んでいたら、なんと・・・

秘書時代の上地克明さんのお名前が出ていました!

秘書時代の上地克明さんのお名前が出ていました!


秘書時代の上地さんの名前が出てきました!

この本は、自民党が総選挙で大敗した1983年12月、あえて『新自由クラブ』が自民党と連立を組むことを決意した8日間の激動をまさに内側から田川さんが記したドキュメントです。

その8日間の中で、秘書の方の記述はほぼありませんでした。

にもかかわらず、上地秘書の名前だけはわざわざハッキリと記されていました。

これは田川さんが上地秘書を重宝し、「出版物に上地秘書の名前を載せたい」と考えたからではないでしょうか。

上地さんにお会いした時に、この本を差し出して

「この上地秘書って、上地さんのことですよね?」

とフジノは尋ねてみました。

すると上地さんは目を細めて

「おー、この時は本当に激動の毎日だったんだよ」

と話してくれました。



上地さんのクリーンさは田川さんの遺伝子が流れているからだと感じる

上地さんはかねてから、

市長退職金の廃止

を訴えてきました。

もちろん今回の出馬表明にあたっても、市長退職金の廃止を掲げています。

市議会議員に退職金は存在しませんが、市長は4年務めるごとに退職金が出るという異常な仕組みが残っています。

横須賀市長の退職金 総理大臣の退職金
1期4年 4年
2227万円 524万円

横須賀市長がなぜ総理大臣の4倍も金額を受け取るのか。

その必然性が全く理解できません。

しかも1期つとめるたびにもらえるので、吉田市長はこの6月末で4454万円を手にすることになります。

財政危機を訴えている他のまちでは、市長・町長ら首長たちは自ら退職金を廃止して受け取っていません。

これまでも市議会では何度もいろいろな議員から市長に対して

「財政危機を訴えるなら『隗より始めよ』で市長退職金を廃止すべきではないか」

と提案をしてきましたが、吉田市長はひたすら拒否をしてきました。

市長を辞めた後に国会議員になる為の軍資金にするのだろう、とある議員は嘆いていました。

かたや上地さんは、はじめから市長退職金の廃止論者です。

市議会も退職金を廃止する為の条例改正にはすぐに賛成するでしょう。

このことを書いたのは、やはり『田川日記』のある記述がきっかけでした。

国会議員は、議員特権として国鉄から無料優待パスを与えられている。

国鉄改革をやるのに、また国鉄が大きな赤字を抱えているのに国会議員が惰性で国鉄から無料パスをもらいつづけるのは、どうしても納得がいかない。

いまこそ、国会議員がこういう既得権を吐き出して、改革の見本を示す必要がある。

(略)

私たちは、すでに4年前から国鉄パスを返上し、一般国民と同じように切符を買って全国遊説を行なっている。

(p189-p190)

この文章の中の『国会議員』を『市長』に置き換えてみると、現状が良くわかります。

吉田市長は、市長の特権として税金から巨額の退職金を毎回もらっている。

財政改革をやるのに、また横須賀市が大きな赤字を抱えているのに吉田市長が惰性で税金から退職金を毎回もらいつづけるのは、どうしても納得がいかない。

いまこそ、新しい市長がこういう既得権を吐き出して、改革の見本を示す必要がある。

上地さんのクリーンさは、まさに田川誠一さんの遺伝子を引き継いでいるからではないか!

『田川日記』を読んで、上地さんのことがまた少し理解できた気がしました。

ちなみに、フジノたちが毎年増額を求めて市長に提案し続けているのに拒否されている事業があります。

2017年度当初予算では、わずかこれだけしか税金が投じられていません。

交通事故で保護者を亡くした小中高校生への奨学金の予算
156万円

わずか156万円・・・。

経済困窮で就学困難な本市高校生へ月額1万円の奨学金の予算
2400万円

対象に選ばれたのはたった200人です(応募は402名もいました!)。

世帯の所得が厳しい生徒を中学校の先生が推薦して応募しているもので、落選した202名の児童も生活はとても厳しいことに変わりはありません。

横須賀市長の退職金(当選さえすれば4年ごとに何度でも)
2227万円

こどもの未来に投資することこそ市長のやるべきことです。

市民のみなさま、ぜひ上地克明さんのことを知って下さいね。

これからもできるかぎりたくさん発信していきたいです。