「小児医療費の無償化を中3まで拡大、所得制限も撤廃」が実質的に成立へ/予算決算常任委員会・全体会

上地市長の重要な選挙公約「小児医療費の無償化を中3まで拡大」が実質的に可決されました

今日は、『予算決算常任委員会・全体会』が開かれました。

予算決算常任委員会・全体会を前に

予算決算常任委員会・全体会を前に


予算が関わる議案について、採決(賛否を示すこと)が行なわれました。

その結果、上地市長の選挙公約である

『小児医療費の無償化を中学校3年生まで拡大する。所得制限も撤廃する』

が賛成多数で可決されました。

予算決算常任委員会・全体会での議案の賛否

予算決算常任委員会・全体会での議案の賛否


予算決算常任委員会・全体会で可決された議案はその後の本会議でもほぼ可決されており、この議案も反対は1名のみ(無会派)だったことから、実質的に可決されたことになります。

来年4月から、小児医療費無償化がついに中3まで拡大します。

委員会での説明資料より

委員会での説明資料より


新たな医療証を来年2018年3月中にみなさまに郵送いたします。

委員会での説明資料より

委員会での説明資料より


これは本当に素晴らしいことです。

本来ならば、こどもの医療費の無償化は『ナショナルミニマム』(国家が国民に提供する必要最低限の生活水準のこと)として国全体で行なうべき政策です。

しかし、国が動かない以上、上地市長が本市独自の政策として決断しました。

7月10日の就任からわずか2か月で、選挙公約の重要部分が次々と実現していることを誇りに感じます。

「誰も一人にさせないまち」を最終目標に『横須賀復活』に向けて進んでいく、新しい横須賀をフジノは日々実感しています。



上地市長の所信表明への質問の発言通告書を提出しました。その全文を紹介します/2017年9月議会

発言通告書を提出しました

今朝10時が締め切りの、『発言通告書』を提出してきました!

署名を終えて議会控え室でホッとするフジノ

署名を終えて議会控え室でホッとするフジノ


本会議で質問を行なう為には、質問の要旨を書いた『発言通告書』を提出しなければなりません。

実際のところ、要旨そのものはメールで議会事務局に送るのですが、『表紙への署名』は本人が自筆で行なわなければなりません。

そこでフジノの場合、締め切り日には必ず議会事務局に朝いちばんで向かうことにしています。

今回は、昨日の本会議で上地市長が行なった所信表明演説に対しての質問となります。

発言通告書の実物の一部です

発言通告書の実物の一部です


上地市長に対して、合計17問の質問をフジノは行ないます。



質問の要旨を全文紹介します

今回も『発言通告書』の全文を掲載します。

いつもながらフジノの質問は、量が多く、とても長いです。その為とても読みづらいかとは思うのですが、よろしければご覧下さい。

1.横須賀復活のために行政、議会、市民の皆様が一丸となって全員 野球で取り組む必要がある、と訴える上地市長に、任期の初めに明確に伝えていただきたいことについて

(1) 市民の皆様に対して

ア.市長選挙において、上地候補は複数の政党の推薦を受けた。

そのことを、対立する陣営は、上地候補が当選すれば政党の言いなりになると批判してきた。

こうした批判は選挙での常套手段にすぎないが、この機会にあえて伺う。

上地市長は推薦を受けた政党のために働く市長なのか。それとも、40万人の横須賀市民のために働く市長なのか。


イ.過去数年にわたり、前市長を大音量で糾弾する街宣車が市役所周辺を初め市内各地で活動していた。

市長選挙の際、一部の人々はこの街宣車による活動とその団体を意図的に上地候補と結びつけて語り、攻撃材料としてきた。

残念ながらこのデマを真に受けてしまった市民も実際におられる。

もとより当該団体や街宣車による活動と上地市長は全く無関係であること、関係づけは事実無根の誹謗中傷であることを、この際、市民の皆様に明言していただきたい。


ウ.市長選挙において他の2候補を応援した市民の方々の想いを、上地市長はどう受けとめておられるか。

また、横須賀復活を実現していく為に全員野球を訴える上地市長には、他候補を応援した市民の方々に対してぜひ融和を呼びかけていただきたいが、いかがか。


エ.今回の市長選挙の投票率は 46.1%にとどまり、投票に足を運ばなかった有権者は、残念だが過半数に上る。

この現実を上地市長はどう受けとめておられるか。


オ.横須賀復活の為には、棄権した過半数を超える有権者を含む全ての市民の皆様に、このまちの主役であるとの当事者意識を持っていただき、これからの市政の取り組みにぜひ参画していただく必要がある。

そこで上地市長は、今回棄権した多くの方々にどのように呼びかけていくのか。


(2) 市議会に対して

前市長と市議会との信頼関係は最終的に完全に崩壊していた。

その理由は数多くあったが、1つには議会との議論を軽視する姿勢があった。

ディベート技術を用いて質問内容に真正面から答えず、本会議や委員会の貴重な質問時間が空疎な答弁で消えていくことが本当に残念でならなかった。

上地市長には、ぜひ市議会との信頼関係を取り戻していただきたい。そこで、あえて以下の3点を伺う。

ア.上地市長は、議会での質問には真正面から答弁し、常に建設 的な議論を行う姿勢を貫いていただけるか。


イ.前市長は、質問をする会派や個人によってあまりにも短く答弁したり、露骨に態度を変えることがあった。

上地市長は、質問者によって答弁や態度を変えるようなことはしない、と宣言していただけるか。


ウ.前市長は、質問や提案に対して前向きなニュアンスに聞こえる答弁をしながらも、実際には各部局へ何の指示も出していないことも多かった。

その為、後日一つ一つの答弁への実際の対応を全て検証せねばならず、結果的に議会での市長答弁そのものを全く信頼できなくなった。

上地市長は、議会での自らの答弁に責任を持って、必ず各部局に対して答弁に沿った指示を出していただけるか。



2.市長就任から2カ月、市議時代には知ることができなかった本市の克服すべき課題の多さと大きさについて

(1) 就任から2カ月、市民、関係団体、県、国との意見交換を重 ね、庁内各部局とのヒアリングを行った結果、克服すべき課題の多さと大きさを認識した、と上地市長は述べた。

現状に危機感を持って常に問題提起をしてこられた市議時代の上地市長ではあったが、我々市議会が行政内部の全ての情報にはアクセスできないのも事実だ。

そこで、市長職に就任して初めて知った克服すべき課題の多さと大きさとは具体的にどのようなことか、お答えいただきたい。

3.基本姿勢として「忠恕」を市職員に求めるのであれば、借金減らしの為に行なわれてきた過度な退職者不補充と新卒採用の減少をやめ、市民に必要な行政サービスを提供できる十分な職員数の確保を行なう必要性について

(1) 「横須賀市役所はこんなもんじゃない」という想いが私にはある。

かつて本市役所には良き風土があった。

政策立案能力の高さから『スーパー公務員』として全国に知られたり、国の新制度の創設の際に地方自治体の代表として招聘されたり、先進的な政策の文献を出版する職員も多くおられた。

また、例えば、旧・長寿社会課では、顔の見える関係を築くべく、全ての介護保険施設や介護サービス事業所を訪れて自分の名刺を置いてこい、と現場回りの重要性を先輩は後輩に伝えてきた。

個人にも組織にも公務員としての矜持があった。

しかし、財政危機を訴えて借金の返済を最優先にした前市長のもとで、人件費削減の為に退職者不補充と新卒採用の絞り込みが徹底された。

その結果、職員は目の前の大量の仕事をこなすだけで精一杯となり、『スーパー公務員』と呼ばれるような存在は消えた。

良き風土の例として挙げた旧・長寿社会課の教えを今も覚えている係長はいるが、「業務量の多さから部下に伝えても実行は不可能だ」と述べている。

市民ニーズの複雑多様化の現実を前に、福祉部をはじめ多くの部局で業務量の増加に比して職員数が足りず、本市役所の良き風土も失われつつある。

上地市長は就任挨拶や所信表明だけでなく、機会があるごとに、各部局に対して市民からの相談には思いやりを持って親身にお聞きするよう指示をしておられると伺っている。

けれども、もともと思いやりを持って市民と向き合ってきた職員は多く、この状況でさらに忠恕の心を持てとなれば、むしろ多くの真面目な職員が潰れてしまうのではないかと私は危惧している。

さらなる思いやりの心を職員に求めるのであれば、増大する業務量に応じた適切な職員数を確保する方針へ、まずは切りかえていただきたい。

それは同時に、本市役所の良き伝統と風土を取り戻すことにもなると私は考える。

上地市長はどうお考えか。

4.所信表明で述べられた横須賀復活のための3つの構想及び4つの復活計画と、市議時代及び選挙中に訴えていた政策との関係について

(1) 横須賀復活のための3つの構想と、上地市長が市議時代及び 選挙中に訴えていた政策との関係について

ア.市長選挙を通して訴えてきた3つの構想が、改めて所信表明で正式に語られた。

その1つ「音楽・スポーツ・エンターテイメント都市構想」だが、ハコモノづくりと誤解されている方もおられる。

3月28日の出馬表明の記者会見を報じた新聞各紙に「アミューズメントパーク建設」と掲載され、選挙中にはこれを対立陣営が「新たなハコモノづくりだ」と批判し続けた。

その為、今もハコモノありきの構想と受けとめている市民がいらっしゃるのだ。

そこで、改めて「音楽・スポーツ・エンターテイメント都市構想」とは具体的にどのような施策がなされることなのか、さらに詳しく御説明いただきたい。

また、本構想には何らかの新たな施設建設が含まれるのか、 ぜひ明確にお答えいただきたい。


イ.3つの構想は、上地市長が市議時代から一貫して訴えてきた事柄である為、市長就任後の今も市議時代の考えと全く同じなのか否かがまだ明確ではない。

特に「谷戸再生構想」については、「谷戸公社の設立」が持論として多くの議員に記憶されている。

現在も市議時代に提唱された、本市が新たに「谷戸公社」を 立ち上げ、土地家屋の寄附を受けたり、買い取った上で、大きな枠組みの中で計画をつくり、整備開拓を行っていく手法をお考えなのか。

あるいは、市長就任後の現在は「谷戸公社」設立ではなく、 新たに別の手法をお考えなのか、お答えいただきたい。


(2) 横須賀復活の4つの計画と、上地市長が市議時代及び選挙中 に訴えていた政策との関係について

ア.計画その3「子どもの教育の復活」について、全国平均を下回っている本市小中学生の学力向上を重要課題と認識し、さらなる取り組みを進めると上地市長は述べた。

前市長と変わらないような表現で、率直に私はショックを受けた。

所信表明のこの表現だけでは、前市長と同様に、子どもたちに単に詰め込み教育を続けていくと市民に誤解を生みかねないと感じた。

何故ならば、市議時代の上地市長と私は、前市長による学力向上の様々な取り組みは、そもそも前提が間違っている、と意見交換を重ねてきたからだ。

つまり、子どもたちには、まず衣食住が満たされて安全で安心できる環境が提供されなければ、そもそも学習意欲を持てない。

本市には様々な事情で生活習慣の確立も難しい子どもも多く、子どもたちに心身の健康と安全で安心して生活できる環境を政治と行政が確保することこそが優先課題だ。

それから初めて学力や体力の向上があり得ると、二人で幾度も話した。

選挙中に前市長の取り組みとの違いを尋ねられた際にも、ひとり親家庭や子どもの貧困問題に強い関心を持ってこられた上地候補のこうしたお考えをお伝えしてきた。

しかし、所信表明の表現ではその部分がすっぽりと抜け落ちている。

そこで、伺いたい。

「子どもの教育の復活」の為にも、まず子どもたちには衣食住と安全で安心できる生活環境の確保がなされるべきで、そのベースの上に学力向上の取り組みが効果を 持つ、というお考えに変わりはないか。

5.所信表明中の「基地について」では語られなかった、平和を希求する上地市長の強い思いについて

選挙前から報道各社や市民団体からのアンケートや公開討論会で日米安保体制や日米同盟、そして基地について問われると、上地候補は「容認」の立場だと回答してきた。

選挙中、それを対立陣営は、まるで「米国従属の好戦的なタカ派」であるかのように批判し続けた。

選挙後に市民団体と意見交換した際、そうした批判を真に受けてイメージで上地市長が見られていることを知り、私は残念でならなかった。

そもそも私は原子力空母も米軍基地の存在も容認しない立場だが、上地候補を強く応援したのは、ひとりの人間・上地克明さんが根本的にいかに平和主義者であるか、その想いの強さを知っていたからだ。

さきの大戦で最前線に送られたお父様の苦しみや悲しみを幼少期から直視し、戦争を憎み、誰もが自由・平等に暮らせる平和な社会を創る為に、そもそも政治家を志したのが上地市長だ。

そうした側面が知られず、誤ったイメージで見られるのは私には耐えがたい。

所信表明では、防衛施設の立地による逸失利益を国に対して求めていくとの市議時代からの持論とともに、世界の中の横須賀を冷静かつリアリスティックに地政学的に見詰めた上で、日米安保体制、日米同盟、米軍基地について語ったものと私は受けとめており、違和感は無い。

一方で、所信表明で語られた表現だけでは、平和を求めてやまない上地市長の強い思いが残念ながら全く伝わらなかったことも事実だ。

そこでぜひ市民の皆様に対して、戦争と平和に対する上地市長の基本的なお考えを、平和を希求してやまない上地市長らしい言葉で語っていただきたいが、いかがか。

6.「誰も一人にさせないまち」を実現するために必要な「地域福祉 計画」の策定について

「誰も一人にさせない」は、上地市長の生きざまそのものも表している、人々への思いを一言に集約したすばらしいフレーズだ。

この実現こそ「横須賀復活」の先にある最終目標である、 との所信表明に私は強く賛同する。

現在、国は「我が事・丸ごと」地域共生社会の実現に向けて、平成28年から閣議決定をはじめ、「我が事・丸ごと」地域共生社会実現本部の設置や法改正など様々な体制整備を進めている。

この国の動きと、上地市長の「誰も一人にさせないまち」 とは、同じ方向を目指すものだと私は受けとめている。

社会福祉法の改正により、市町村は包括的な支援体制づくりを進めていかねばならないが、それらを計画的に推進していく為に「市町村地域福祉計画」の位置づけが見直された。

これまでの障がい福祉、子ども家庭福祉、高齢福祉などの分野別計画の上位に位置づけられ、対象はこれらに加えて複合・多問題に苦しむ人々や制度のはざまでSOSを発信できない人々などが加わり、計画策定は努力義務化された。

しかし、これまで前市長は「地域福祉計画」を策定せず、策定を求める議会質疑にも今後研究すると消極的な答弁をしただけだ。

その結果、全国の中核市で未策定は2市のみ(厚生労働省・平成28年度調査、全国担当課長会議資料より)となり、本市は大変情けない状況にある。

「誰も一人にさせないまち」をつくるという上地市長の想い、 「我が事・丸ごと」地域共生社会の実現という国の方向性、この両者を実現する手段の一つとして、多様な主体の参加による策定過程を重視した「地域福祉計画」の策定は不可欠であり、上地市長にはぜひ策定に乗り出していただきたい。

ただ、本計画は多様な主体の参画によって合意形成を図って策定するプロセスそのものが重要であることから、単に早く策定すれば良いものではなく一定の期間も必要である。

そこで、「誰も一人にさせないまち」の実現のためにも、上地市長の1期目の任期中に「地域福祉計画」の策定を始める、と約束していただけないか。

以上です。

所信表明演説への質問は、大会派から順番に行なわれていきます。

無会派の小室たかえ議員とフジノの質問は、その後に行なわれることになっています。

もしかしたら、9月8日(金)の本会議だけでは終わらずに、フジノの質問は9月11日(月)になるかもしれません。

いずれにしても、フジノの質問順番は9月7日(木)の議会運営委員会で決定されます。

今回も全力で質問に臨みます。



「誰も一人にさせないまち」こそ「横須賀復活の最終目標」と述べた上地市長、最高の所信表明でした!/2017年9月議会・本会議(その2)

本会議の様子は前の記事から続いています)

上地市長が4年間の方針を示す「所信表明」演説を行ないました

市長選挙で当選した新しい市長は、初めての議会の本会議の場で『所信表明』を行ないます。

『所信表明』とは、この先の4年間にどのような基本姿勢・基本方針をもって具体的にどのようなまちづくりをしていくか、その目標や重要視している政策などを語ることです。

今年5月から横須賀市議会は年中無休の『通年議会』をスタートしてしまったので、実は上地市長の初めての議会は7月臨時議会でした。

しかし7月10日の就任からわずか2週間後の臨時議会では、あまりに時間が短すぎます。

そこで、所信表明演説は今日スタートした9月議会で行なわれることになったのです。

今日は、議場にTVKのカメラも入りました。きっと夜の『ニュース930α』で報道されるはずです。



「誰も一人にさせないまち」こそ「横須賀復活の最終目標」と述べた上地市長、感動しました

演説は、決して長いものではありませんでした。

それでもA4用紙にすると16枚もあるのでブログにその全文は掲載いたしません(後日、横須賀市役所の公式サイトに載るはず!)。

所信表明演説をする上地市長

所信表明演説をする上地市長


本当に素晴らしかったです。

何とかその想いを市民のみなさまに共有していただきたいので、フジノが最も感動した演説部分を引用してご紹介します。

(目指すものは「誰も一人にさせないまち」)

横須賀を復活させる。

これまでずっと訴えてきたことです。

これに対して、「ノスタルジーすぎる」とか「最近の人にはピンと来ない」といったご指摘もいただきました。

そこで、横須賀復活の先にあるものを、お示しするようにしてきました。

それは「誰も一人にさせないまち」です。

ひとり暮らし高齢者だけのことではなく、親御さんの介護に忙殺される方、会社経営で壁に直面している方、子育てに悩む方、学校に登校したくてもできない方など、日々のことや将来に対して不安を抱えている方々に、寄り添えるまちにしていく。

これが『横須賀復活』の先にある『最終的な目標』です。




「誰も一人にさせないまち」こそ横須賀復活の最終目標、と述べた上地市長

「誰も一人にさせないまち」こそ横須賀復活の最終目標、と述べた上地市長


横須賀復活の道のりは、決して平たんではないと思います。

しかし、その先にある輝かしい将来を、血の通った暮らしやすい横須賀を目指して、共に歩みを進めていこうではありませんか。

「協調と連帯」。

これが今の横須賀にとって一番大切なことであると私は考えています。

「協調と連帯」を図ることで、誰しもが分かりあえないはずはないと私は信じています。

また、「協調と連帯」を阻むものは差別や偏見、権威主義や猜疑心、不信感、おごりなどであると考えています。

私はこういった阻害要因を排除していくことで、「協調と連帯」が図られたまちとして「横須賀」を復活させていきたい。

心を打たれました。

歴代市長の中で、最も優れた所信表明演説だとフジノは感じました。

ここまで強く、他人を想う心を語った市長はいません。

誰もひとりにさせない。

14年間のおつきあいしかありませんが、『上地市長の生き様そのもの』を表したフレーズと言ってもさしつかえないと思います。

先の大戦で最前線に送られたお父さまが戦友を亡くし飢えに苦しんできたその姿を、幼い頃から直視してきた上地さん。

現実の社会の様々な不自由や不公平に苦しむ人々をみつめる中で、誰もが自由で平等に暮らせる平和な社会を作りたいと政治家を目指した上地さん。

フジノはそんな上地さんが大好きで、(もちろん政策を支持していますが)市長選挙を全力で闘いました。

深く他者を思いやる、その上地さんの政治家としての究極の目標が、横須賀市の目指すべき姿として語られました。

その言葉を聴いて、「ああ、上地さんがこのまちの市長になって本当に良かった」と感じました。

誰もひとりにさせないまちこそ、横須賀復活の最終目標。

こんな素晴らしいまちを、僕も実現したい。

深く感動した演説でした。

今日の所信表明演説を受けて、市長に対する代表質問・個人質問を8日(金)に行ないます。もちろん、フジノも市議会の一員として質問に立ちます。

就任わずか2ヶ月でたくさんの成果をあげる全力投球の上地市長に対して、感動ばかりしていられません。

フジノも全力で質問に臨みたいと思います。



上地市長が議会答弁デビュー!前市長と真逆の、丁寧かつ血の通った答弁に改めて「市長交代で民主主義が復活するぞ!」と感じました/2017年7月臨時議会(その1)

上地市長、市議会での答弁デビューでした!

本日、本会議(7月臨時議会)が開かれました。

本日は「議会運営委員会」「本会議」「総務常任委員会」が開かれました

本日は「議会運営委員会」「本会議」「総務常任委員会」が開かれました


すでにお知らせしたとおり、今日のテーマは大きく3つでした。

このうち、副市長2名と教育長の人事の議案に対して、大村洋子議員(共産党)が質疑を行ないました。

つまり、この答弁が上地市長による『本会議での初答弁』になりました。

答弁デビューを果たした上地克明市長

答弁デビューを果たした上地克明市長


フジノは選挙を応援した立場ということを抜きにして、上地市長の答弁をお聴きして「本当に良かった」と感じてなりませんでした。

とにかく前市長は、議会質疑を『軽視』していました。

質問にまともに答えないのはいつものことで、しばしば虚偽答弁もありました。

そもそも『議会制民主主義』とは、選挙によって選ばれた市議会議員が『市民のみなさまのかわりに質問に立つ』のです。

市長がまともに答えず、嘘の答弁を繰り返すのでは、『議会制民主主義』が成立しません。市民のみなさまに常に不誠実で嘘をついているのと同じです。

ある答弁がいちいち事実なのか嘘なのかいつも信頼できず、真偽を確かめる為に新たな調査をしなければならず、無為に時間も浪費しました。

いくつもそんな答弁が続くので、もはや前市長の全ての答弁への信頼性が失われていきました。

この数年間は、毎回全力で質問を作り、必死に答弁に対して食い下がりながらも、

「ああ、横須賀の議会制民主主義は全く成立していない」

と、前市長時代にフジノはいつも虚しく感じていました。

前市長の在り方で最も間違っていたのは『答弁する相手』によって対応を変え、その『いいかげんな対応のひどさが増すこと』です。

特に、フジノ、青木哲正議員、共産党3名らに対しては露骨に答弁スタイルを変え、感情的になったり、いいかげんな答弁を繰り返しました。

短すぎる答弁、質問の趣旨とは全く異なる答弁など、ひどいパターンがいくつもありました(ぜひ過去の議事録をご覧下さい)。

「いじめを無くそう」とか「差別を無くそう」と市職員のみなさんがいくらがんばっても、行政トップが相手によって対応を変える訳です。まさに『いじめ』や『差別』の構造そのものです。

大人として本当に情けなかったです。

しかし今回、上地市長は大村洋子議員の質問内容に対して、丁寧に、時に原稿を無視して自らの言葉でアドリブでもっと分かりやすく語りかけるなど分かりやすく答弁をしていました。

時に用意された原稿を放り投げて、自らの言葉で分かりやすく語った上地市長

時に用意された原稿を放り投げて、自らの言葉で分かりやすく語った上地市長


まさに、キャッチボールが完全に成立していました。フジノはそれを聴きながら、

「やっと横須賀市議会に当たり前の議会制民主主義が戻ってきた」

と思いました。

市議会議員時代に最も政策通であった上地市長ですから、相手にとって不足はありません。

これからフジノも上地市長と議論を交わしていくのが楽しみでなりません。

『横須賀復活』に向けた建設的な提案をフジノはこれまでも行なってきました。しかしこれまではいいかげんな答弁しか返ってきませんでした。

けれども、もう違います。

今まで以上に良い提案をしていきたいとワクワクしています。

さあ、横須賀復活に向けて、みんなで仕事をしていこう!

議案は全て可決されました。

新しい教育長については、少し長いご説明が必要になります(制度そのものが変わりました)。

改めて、後日記したいと思います。

(続く)



新たな副市長として永妻和子さん・田中茂さんのお二人を上地市長は内示しました!フジノは大賛成です/議会運営員会(その1)

新しい副市長の人事が内示されました

先日お知らせしたとおり、本日は『議会運営委員会』が開かれました。

議会運営委員会が開かれました

議会運営委員会が開かれました


上地市長から、副市長2名の人事案件が内示されました。

「平成29年7月臨時議会人事案件内示」より

「平成29年7月臨時議会人事案件内示」より

  • 永妻和子さん(現・横須賀市社会福祉協議会会長)
  • 田中茂さん(現・横須賀市上下水道事業管理者)

上地市長がおふたりを選任した理由は、以下の通りです。

副市長選任理由について

永妻和子氏、田中茂氏の両氏は、長きにわたり、本市の行政運営に携わり、強いリーダーシップのもと、本市発展のために尽力されてきました。

両氏の周囲には、常にさまざまな人々が多数集い、そこには温かい輪ができています。

これは、両氏が周囲の人々に慕われ、人望が厚く、私が職員に求める『忠恕』の心を持ち合わせていると確信しています。

ヨコスカ復活への挑戦は、決してなだらかな道ではなく、その実現の為には、職員の意識改革・組織風土の変革をも果断に進め、職員が一丸となった取り組みが不可欠であります。

両氏は、まさにその人柄や能力により、この閉塞感のある本市行政に風穴をあけ、職員の一体感を生み出し、共通の目的に向かって突き進む市役所を取り戻すためのけん引役の一端を担ってくれるものと確信しています。

また、両氏は、市役所内にとどまらず、国や県をはじめ、さまざまな分野の方々との信頼関係の構築に大きく貢献するものと確信しています。

スピード感をもって、ヨコスカ復活を実現するために欠かせないサポート役として、両氏を副市長に登用したいと考えています。

以上です。



26日に臨時議会が開かれて議決後に正式決定です

さて、上地市長からの議案提出を受けて、臨時議会を開くことになりました。

7月26日14時から『臨時議会』を開きます。

フジノはおふたりの人事に賛成です。

特に、永妻和子さんにおかれては、強く賛成いたします。

元は横須賀市役所に勤務しておられて、市役所に新設された女性行政課の初代課長をはじめ、こども育成部部長、さらに教育長を歴任されました。

この教育長に就任した2007年8月、フジノはブログで

この人事は、このまちの行政の歴史において最も祝福されるべき人事の1つだと思います。

と記しました。

2007年8月1日フジノブログより

2007年8月1日フジノブログより


フジノがずっと感じてきた印象は「温かい心を持つ方。とても苦労人で、とても勉強家。福祉・教育・人権などの多くの分野に精通した方」というものです。その仕事ぶりをとても尊敬し、信頼しています。

しかし、蒲谷市長によって任命された教育長であった為に、吉田市長に交代した後は冷遇されて、2013年には事実上の更迭をされました。

その際フジノは、あまりにも情けない人事の在り方に怒りを感じ、吉田市長に対して質疑を行ないました。

そして、現・教育長の人事にも反対しました。

本来ならば、もっと早く副市長になっておられるべき『素晴らしい人財』のおひとりでした。

現在は『社会福祉協議会』の会長を務めておられた永妻さんを、上地市長が副市長として迎えることを心からフジノは歓迎します。

田中茂さんは、環境部長・資源循環部長を経て、現在は上下水道事業管理者(横須賀市の上下水道局のトップです)を務めておられます。

議会の先輩や同僚議員の評価はとても高く『公務員としての矜持』を持っておられる方とお聴きしています。仕事ぶりは高く評価されています。

残念ながら、フジノはまちづくりのハード部門との接点があまり無い為に、議会質疑での接点は田中さんとはわずかしかありませんでした。

けれども、お人柄は存じ上げています。

市役所のエレベーターの中などで一緒になると、フジノの背中をポーンと叩いて

「藤野さん、最近はお元気ですか?」

と気さくに語りかけて下さる、市職員で唯一の存在でした。

たぶんフジノはエレベーターの中とか市役所の中では厳しいオーラを出していると思うんです(険しい顔をいつもしています)。

多くの部局長や課長がおられますが、エレベーターの中で天気などの無難な話題以外でフジノに話しかけてくるような方は、ほぼ居ません。

何故ならば、前市長とフジノは対立していましたから、フジノと親しくみられてしまうと人事で不利になる可能性があったからです。

(恐ろしい話ですが、そういう『フジノ人事』が今までは横行していました。優秀な職員が何人も飛ばされてしまいました)

けれども、田中さんは先ほど記したように、そんなことを一切気にせずに、フジノにも気さくに話しかけてきて下さる。

とても明るい方なので、政策面だけでなくて、上地市長とも気が合うのではないかと思います。

という訳で、2人の新しい副市長の人事議案が26日の臨時議会で可決されることをフジノは強く望みます。

横須賀復活に向けた体制づくりがようやくスタートできることになります。




次のブログ記事に続きます)

第37代 横須賀市長 上地克明さん。本日が初登庁・就任式でした!/動画でその様子をお伝えします

上地克明・新市長が「初登庁」!

本日7月10日、ついに上地克明さんが正式に第37代・横須賀市長に就任しました。

8時30分、横須賀市役所に初登庁しました。

市役所正面玄関前の横断歩道を渡る上地克明新市長

市役所正面玄関前の横断歩道を渡る上地克明新市長


1階市民ホールに集まった市民の方々・市職員の方々に就任のあいさつを行ないました。

初登庁の挨拶をする上地克明・新市長

初登庁の挨拶をする上地克明・新市長


その様子をフジノはインターネット生中継でお伝えしました。




録画もこちらで公開いたします。ぜひご覧下さい。



幹部職員を前に「就任式」を行ないました

さらに、9時からは市役所正庁で幹部職員を前に、就任式を行ないました。

そこでの就任あいさつは、スピーカーを通じて、幹部を除く市職員のみなさん、そして来庁しておられる市民のみなさまにもお聞きいただきました。




音声だけとなりますが、その就任挨拶もぜひお聴き下さい。



市議会の全会派にあいさつ回り

大忙しの上地新市長は、10時から市議会の全ての会派にあいさつ回りをされました。

無会派の部屋にはフジノしかおらず、じっくりとお話させていただくことができました(ありがとうございます)。

上地克明新市長とフジノ

上地克明新市長とフジノ


選挙前から上地さんとずっと約束してきた『目指すべき社会の姿』があります。

「フジノくん、必ず実現していこうな」

と、改めて誓いあいました。

『新しい横須賀』の実現は、すぐには体感できないかもしれません。

けれども上地市長のもと、改革は必ず進んでいくはずです。

フジノも『新しい横須賀』の実現に向けて、全身全霊をかけて邁進していきたいです!



当選から一夜明け、上地克明さんに当選証書が手渡されました!/当選証書授与式@横須賀市役所正庁

タフそのものの上地さん、けさは浦賀駅前で2時間ごあいさつ

選挙管理委員会が開催している、当選を果たした方々への『当選証書授与式』

オープンな場なので、どなたでも立ち会いができます。

けれども、開票日の翌日(月曜)の開催なので、ふつうの市民のみなさまが立ち会うことは難しいですよね。

そこで本日もフジノがインターネット生中継を行ないました。

当選証書授与式の会場に一番乗りしました!

当選証書授与式の会場に一番乗りしました!


思わずフジノは誰よりも早く会場に到着してしまいました。

到着した上地克明さんと、お話をしました。

当選証書の受領証にサインする上地克明さん

当選証書の受領証にサインする上地克明さん


当選から一夜明けた今朝、ほぼ眠らずに上地克明さんは浦賀駅前で2時間の駅立ちを行ないました。

当選翌朝、浦賀駅前で駅立ちをする上地克明さん

当選翌朝、浦賀駅前で駅立ちをする上地克明さん


そのまま、応援をして下さった多くの方々のもとへあいさつ回りに行きました。

そして14時からの『当選証書授与式』にのぞみました。

3月末に立候補を決断してから3ヶ月間、ずっと動きっぱなし。

選挙の1週間は、ほとんど眠らず。

当選した昨晩から今に至るまでも、どんだけ体力があるんだとフジノは驚きっぱなし。

上地さんのタフさは知っていましたが、これほどまでにタフな63才はなかなか居ません(他陣営が行なった『年齢批判』が的外れだったことは明らかです)。

まさに『スーパーサイヤ人』です。



授与式には上地さんを応援した議員が集まりました

会場には、全力で上地さんを応援した市議会議員の同志が集まりました。

フジノにとって、昨晩お会いできなかった青木哲正さん(無会派)との再会はまさに感動でした。

青木哲正さん!上地さんと哲正さんとフジノ、無会派の控室でいつも議論してました

青木哲正さん!上地さんと哲正さんとフジノ、無会派の控室でいつも議論してました


上地さんと青木哲正さんとフジノは、無会派の控室でいつも3人で意見交換をして過ごしました。時に人生を語り合うこともたくさんありました。

上地さんと哲正さんが政策を議論する中で、条例案が形になっていくプロセスをフジノは目の当たりにしました。

例えば、中学校完全給食。

その実現を決めたのは、吉田市長なんかではありません。

議員提出の給食条例を市議会が可決したから実現することになったのです。

そしてその条例を書き上げたのは、まさに青木哲正さんと上地克明さんなのです。

さらに、哲正さんとフジノは、本当に早い時期から吉田市長の嘘や欺瞞と闘い続けました。

吉田市長の政治家として許せない行動の数々が、まだ市議会全体には十分に知られていなかった頃、孤軍奮闘でとても苦しかったです。

市民の方々からはブログやメールで心無い誹謗中傷を浴びせられることもしばしばありました。

けれども哲正さんの心は決して折れることはありませんでした。

膨大な量の資料を行政に公開させて、丹念に1枚1枚調べて、そして矛盾を見つけ出していきました。その調査能力と執念は、政治家のお手本です。

吉田市長にとって最後となった6月定例議会においても、新たな『政策集』の嘘とごまかしをデータに基づいて明らかにしました。

多くの市議会議員たちは、哲正さんの質問をとおして、吉田市長の嘘やごまかしや法に触れる行為について理解を深めていったのです。

他陣営からどんなに攻撃されても、また、市民の方から百条委員会などについて問われても、データと事実に基づいて丁寧な反論と説明ができたのは、哲正さんのおかげだとフジノは考えています。

たくさんの功労者がおられるのですが、哲正さんも確実にMVPのおひとりだと思います。



当選証書を受け取る上地さんの姿をご覧下さい

さて、当選証書授与式にお話を戻しますね。

少しだけ緊張した面持ちの上地克明さん

少しだけ緊張した面持ちの上地克明さん


14時ちょうどに、選挙管理委員会によって開会が宣言されました。

そして、上地克明さんに横須賀市長に正式に当選したことを示す当選証書が手渡されました。

その様子はぜひこちらの動画をご覧下さい。




授与式の後は、市政記者クラブのみなさんに囲まれての取材でした。

興味深い質問(副市長人事をどうするのか、推薦した政党への恩返しをするのか、上地雄輔さんから当選を祝う連絡はあったのかなど)がいろいろ出ました。

その模様もインターネット生中継ではお伝えしたのですが、録画の公開はやめておきますね。明日の新聞各紙をぜひご覧下さい。

そして明日の夜21:30からのTVK(テレビ神奈川)では『ニュース930α』に上地克明さんが生出演します!

TVK『ニュース930α』2017年6月27日21:30〜

TVK『ニュース930α』2017年6月27日21:30〜


みなさま、ぜひご覧ください!

上地克明さんとフジノ

上地克明さんとフジノ


上地克明さん、当選おめでとうございます!

これからついに横須賀復活がスタートしていきます。

市民のみなさま、上地克明・新市長の初登庁は7月10日です!



圧勝!上地克明さん、横須賀市長選挙に当選しました。当確直後のあいさつを動画でご紹介します/市長選挙・開票日夜(その1)

横須賀市長選挙、上地克明さんが当選しました!

2017年6月25日、横須賀市長選挙。

20時に投票がしめきられて、21時から開票作業が始まりました。

フジノは20時半に上地克明事務所に到着して、撮影担当ということで最前列のど真ん中に座らせて頂きました。

22時頃でしょうか、開票作業が行なわれている横須賀アリーナに行っているスタッフから「当選確実です」との連絡が入りました。

さらにその直後には、TVKでもニュース速報として「横須賀市長選挙・上地克明氏、当確」とのテロップが流れました。

8年間の停滞した横須賀がついに復活する時がやってきたのです。

事務所の内外にたくさんの人々が集い、大きな「上地!上地!」のコールが沸き起こりました。

そして、上地克明さんが当選のあいさつを行ないました。

きっとテレビでは短くカットされてしまうでしょう。そこで、上地克明さんの当選のあいさつを動画でご紹介します。

ぜひご覧下さい!




さあ、横須賀復活がスタートします。

これまで8年間ボロボロにされてしまった横須賀を立て直すには、相当な時間がかかるでしょう。

けれども、このまちに生まれて良かった、このまちに暮らして良かった、そう感じられるまちに横須賀は必ず復活します。

全国のみなさま、これからの横須賀をどうか観ていて下さいね!

吉田市長を応援していたみなさま、選挙戦、本当におつかれさまでした。

しばらくはおさまらない感情があるでしょう。それは僕たちも4年前に経験しました。

けれども、どうか分裂やいがみあいはやめて、新しい横須賀を一緒に作っていきませんか。このまちのこどもたちの為に、あなたの命と暮らしの為に、横須賀を一緒に復活させていきませんか。

今度こそ、1つの横須賀、『オール横須賀』でこの人口減少の危機を乗り越えていきましょう。

市民のみなさま。

選挙を通してみなさまにお約束したように、横須賀は必ず『復活』します。

そして、今日よりも、今よりも、必ずもっと暮らしやすいまちへと生まれ変わります。

どうか共に希望をもって、前に進んでいきましょう!



上地vs進次郎、ユーモア対決!笑い声あふれる「マイク納め」でした。上地克明・横須賀市長候補@事務所前での最後のマイク/市長選挙最終日

市長選挙最終日19時50分

公職選挙法では、マイク(拡声器)を使っての選挙運動は20時までと決まっています。

そこで、20時で演説を終えることを選挙用語で『マイク納め』と呼んでいます。

(23時59分までは拡声器以外の活動はOKなので、候補者の多くが活動をラストまで行ないます)

さて、その上地克明・横須賀市長候補のマイク納めの動画を公開します。




フジノが昔からずっと知っているユーモアあふれる上地さんがやっと動画でお見せできます。選挙中の演説動画はどうしてもかたくるしい内容が多かったです。

けれども、事務所前でスタッフのみなさまに対して行なったマイク納めは『いつもの上地節』、笑い声があふれる演説となりました。

上地克明さん、市長選挙最終日最後の演説

上地克明さん、市長選挙最終日最後の演説


20時を過ぎてからはマイクを使えないので、上地さんの後に、小泉進次郎代議士もお話をしたのですが、こちらも明るく楽しいスピーチで、スタッフ・ボランティア一同、大いに笑いながら聞き入ってしまいました。

内輪に向けての演説でしたが、ぜひともみなさまにご覧いただきたく、録画を公開いたします!

上地さんと進次郎さんのユーモア対決をぜひご覧下さいね。



「西地区に来て!」たくさんの声に応えて上地克明・市長候補、武・林に登場!/市長選挙6日目

「西地区に来て!」とたくさんのメールを頂きました

フジノは武山小学校・武山中学校を卒業、30年以上、西地区と言われる地域で育ちました。

西地区の市民の方々や福祉施設の方々から

「上地さんを西地区に呼んで!」「上地さんの生の声を聴かせて!」

というメールをたくさん頂きました。

もちろん、行きます!

たくさんの声にお応えして、今日の上地克明さんは西地区を回りました。

ネアポリス前で演説する上地克明さんと、小泉進次郎代議士

ネアポリス前で演説する上地克明さんと、小泉進次郎代議士


武のネアポリス前で街頭演説。

フジノの後輩たち・武中生にも大人気の上地克明さん

フジノの後輩たち・武中生にも大人気の上地克明さん


不動薬局の前で演説をし、そして西地区を選挙カーでぐるぐると回りました。

林・不動薬局前にて街頭演説をする上地克明・横須賀市長候補

林・不動薬局前にて街頭演説をする上地克明・横須賀市長候補


実は今日、フジノの家族は手術でした。朝から始まって夜に終わる長く厳しい手術でした。

その為に朝から手術に立ち会って、病院に居たフジノ。

でも、上地さんに「西地区に来てほしい」と自らお願いし、しかもここは幼い頃から大人まで育ったフジノの地元。

病院を抜け出しました。

家族の手術立ち合いを抜けてきたフジノ

家族の手術立ち合いを抜けてきたフジノ


上地さんから「家族を優先しなくちゃダメだろ、藤野くん」と怒られながらも、応援せずにはいられませんでした。

だって、手術室の前に座っていてもフジノはドクターでは無いので何もできません。

けれども上地克明さんが市長になってくれたら、横須賀の医療・福祉は変わります。もっと良くなるのですから。

だから今できることをひとりの人間として考えた時、30分だけ病院を抜け出して上地さんの応援をすることこそがフジノのやるべきことだと信じてここにきました。

こどもたちに大人気の上地克明・横須賀市長候補

こどもたちに大人気の上地克明・横須賀市長候補


そして、西地区のみなさまの反応を体験して、それが正しかったと信じています。

「西地区に来てくれてありがとう」

というメールをたくさん頂きました。

明日の最終日も上地克明さんはがんばります!



手ぶらでOK!「期日前投票」をぜひご利用ください。フジノも「期日前投票」してきました/市長選挙4日目

「期日前投票」に行ってきました!

それにしても今日は、すさまじい雨でしたね。

豪雨の中ではせっかくの法定ビラも濡れてしまいますし、選挙カーやカッパを着ての街頭演説以外には、あまり活動はできません。

という訳で、少し時間に余裕ができたフジノは

「『期日前投票』に行くチャンスだ!」

と思って、『ヴェルクよこすか』まで行ってきました。

「期日前投票」をする為にヴェルクよこすかに行ってきました

「期日前投票」をする為にヴェルクよこすかに行ってきました


『期日前投票』はとってもカンタンで便利です。

そこで3年前からはみなさまにおススメしております。



「期日前投票」はめちゃくちゃカンタンでオススメです

『期日前投票』のやり方はめちゃくちゃカンタンです。

  • いつからいつまで『期日前投票』できるの?

    →6月19日(月)〜24日(土)朝8時30分〜夜20時まで


  • 『期日前投票』はどうやってやるの?

    期日前投票所に出かけて、そこで投票用紙に記入をして投票箱に入れます


  • 『期日前投票』はどこでできるの?
    『ヴェルクよこすか』2階の『選挙管理委員会』と市内9ヶ所の『行政センター』です

  • 『期日前投票』は何を持って行けばいいの?

    投票案内のハガキをお持ち下さい。

    「投票案内のハガキ」の下の部分をあらかじめ書いちゃうとラクです

    「投票案内のハガキ」の下の部分をあらかじめ書いちゃうとラクです


    あらかじめハガキの下の部分に記入してしまうとカンタンに投票できます。

  • ハガキは無くてもOKです

    →その場合、こちらのペーパーをあらかじめダウンロードして書いておくと手っ取り早いです(『請求書』兼『宣誓書』です)。

    期日前投票宣誓書の記入例

    期日前投票宣誓書の記入例


    これと同じペーパーが期日前投票所にあります。

    でもあらかじめ書いて持っていけば、一瞬で『期日前投票』できます。




期日前投票所はどこに行ってもオッケーです

『期日前投票所』は、下の10ヶ所のどこでもオッケーです。あなたの行きやすい場所でどうぞ!

1.選挙管理委員会(ヴェルクよこすか2階)

2.追浜行政センター

3.田浦行政センター

4.逸見行政センター

5.衣笠行政センター

6.大津行政センター

7.浦賀行政センター

8.久里浜行政センター

9.北下浦行政センター

10.西行政センター





「選挙公報」も置いてあります

会場には、投票しやすいように案内をしてくれるガイドの方が居てくれます。

また、『選挙公報』も置いてあります。

上地克明さんと田中洋二郎さんに投票しました

上地克明さんと田中洋二郎さんに投票しました


どうも週間天気予報をみると、25日(日)の投票日は雨のようです。

雨だと一般的には投票率が下がると言われています。また、忙しいみなさまには急用が入ることもあるでしょう。

だからこそ、政策をじっくりと比較して投票したい方が決まったら、なるべく早めに『期日前投票』をなさる方が良いと思います。

民主主義の一番大切な投票行動。

「こどもたちの為に大人ができる最大の『家族サービス』が投票だ」

とフジノは訴えてきました。

だって、新しい市長が生まれたらこのまちが生まれ変わるのですから。

こどもたちが暮らしやすくなる政策、こどもと一緒に過ごせる時間を増やしてくれる政策、あなたが生きやすい社会に変えてくれる政策を訴えている候補者をみつけて、投票して下さい。

『棄権』は、大人として最低の行動です。

日本では『主権者教育』が今まで行なわれてこなかったので、「『棄権』してもいい」「政治家なんて誰がなっても同じだ」という誤った考えを持っている大人が多いです。

違います。

政治家が変われば、もっと多くの命を救うことができます。

政治家が変われば、もっと安心して暮らせるようになります。

まちが生まれかわります。

絶対に、投票に足を運んで下さい。

フジノは上地克明さんを応援していますが、それはあくまでもフジノ個人の立場に過ぎません。

むしろ民主主義を守る為に全力を尽くしてきた政治家としては、あなたが他の候補者に入れようと全く気になりませんが、棄権だけは許せません。

人はみな人の数だけ価値観があって、大切に感じる政策は人によって異なるのが当たり前で、あなたが誰を応援するかはあなたにしか決めることはできません。

あなたが誰に投票しても、それは自由です。

まさにその自由こそが、民主主義なのです。

そして、「『棄権』は大人として恥ずかしい行為なのだ」ということをどうか知って下さい。

「政治家は誰がなっても同じ」という言葉は、投票に行かせたくない人々がわざと言っている言葉で、市民のみなさまはそんな言葉に騙されないで下さいね。

絶対に、投票に行って下さい。

民主主義を守る為に。

こどもたちを守る為に。