核燃料工場GNF-Jで火災発生・ウラン粉末が飛散、との想定で「原子力防災訓練」を実施しました/動画で実際の様子を紹介します

市主催の「原子力防災訓練」を行ないました

本日、横須賀市が主催して『久里浜地区原子力防災訓練』を行ないました。

久里浜には、全国の原子力発電所で使用している燃料を作っている工場(グローバル・ニュークリア・フュエル・ジャパン、略称GNF-J)があります。

原子力発電所が使用する燃料を作っています

原子力発電所が使用する燃料を作っています


下の地図では分かりづらいのですが、『GNF-J』があるのは住宅地のどまんなかです。

GNF-Jの所在する場所

GNF-Jの所在する場所





横須賀市内には原子力発電所の燃料を作る「工場」があります

原子力空母が横須賀を母港にしていることを知っている横須賀市民は多いのですが、『GNF-J』の存在はあまり知られていません。

しかし、深刻な事故には至ってはいないものの、これまでもウラン流出や作業マニュアルの不備などに近隣住民に大きな不安を与えた事象は毎年のように起こっています。

2013年6月14日・神奈川新聞記事より

2013年6月14日・神奈川新聞記事より


上の画像は、去年(2013年)の神奈川新聞の記事です。

2013年9月14日・神奈川新聞記事より

2013年9月14日・神奈川新聞記事より


上の画像は、その続報です。

GNF-Jのライン再稼働に向けた点検中の吸排気設備の一時停止について

GNF-Jのライン再稼働に向けた点検中の吸排気設備の一時停止について


上の画像は、おととし(2012年)、全市議会議員宛に報告されたものです。

2011年4月29日・神奈川新聞記事より

2011年4月29日・神奈川新聞記事より


上の画像は、2011年の神奈川新聞の記事です。

東日本大震災が起こった翌月の4月25日、『GNF-J』のウラン管理区域にある放射性廃棄物貯蔵場のドラム缶から微量のウランを含む油が漏れたとのニュースは、当時、市民の多くの方々に強い不安を与えました。

このように、毎年何らかの出来事が起こっています。



横須賀市では毎年「原子力防災訓練」を実施しています

こうした現実を、横須賀市では直視してきました。『原子力防災訓練』と銘打って、訓練も毎年実施しています。

原子力防災の分野には、『EPZ(Emergency Planning Zone)』という概念があります。『防災対策を重点的に充実すべき地域の範囲』を指します。

防災対策を重点的に充実すべき地域の範囲(EPZ:Emergency Planning Zone)とは、原子力施設からの放射性物質又は放射線の異常な放出を想定し、周辺環境への影響、周辺住民等の被ばくを低減するための防護措置を短期間に効率良く行なう為、あらかじめ異常事態の発生を仮定し、施設の特性等を踏まえて、その影響の及ぶ可能性のある範囲を技術的見地から十分な余裕を持たせて定めた範囲をいう。

原子力安全委員会の『原子力施設等の防災対策について』(防災指針)より

つまり、『GNF-J』から半径500mは『EPZ500m』にあたります。



この訓練にフジノも参加しました

ただ、こうした訓練が実施されていることを知らない市民の方々もたくさんいらっしゃいます。

そこで、少しでも市民のみなさまに訓練の様子を知ってほしくてフジノも参加することにしました。

通行人役としてフジノも訓練に参加しました

通行人役としてフジノも訓練に参加しました


9月議会の決算審査のまっただなか(今日も2つの分科会が開催)の為、市議会議員から参加したのは残念ながらフジノだけでした。

訓練内容は、市民安全部から事前にもらっていた資料によると以下のとおりです。

市民安全部

平成26年度久里浜地区原子力防災訓練について

  1. 日時
    9月26日(金)午前9時30分~11時30分
    (雨天決行。ただし、荒天の場合は状況により判断)
  2. 訓練実施場所
    佐原周辺(佐原4、5丁目及び内川1丁目付近)
    (別添位置図参照)
  3. 訓練目的
    原子力関連施設(『グローバル・ニュークリア・フュエル・ジャパン』、以下 『GNF-J』)における事故発生を想定し、周辺の住民の避難訓練等を行ない、対処能力の向上と原子力防災に関する意識の啓発を図る。
  4. 訓練想定
    「『GNF-J』にて火災により外部へウラン粉末の一部が飛散するおそれのある事象が発生した」との想定の下、各種訓練を実施する。
  5. 訓練等の内容
    (1)屋内退避訓練
    佐原4、5丁目周辺を広報車が巡回し、屋内退避の呼びかけを実施する (警察車両により、「家の中に入って、窓を閉めて換気扇やエアコンを止めてください」といった内容の広報活動を対象地域住民に対して行う)。

    (2)通行人屋内誘導訓練及び汚染検査訓練
    原子力関連施設周辺(EPZ500m付近)の通行人役に対して、避難所とした佐原町内会館まで避難誘導を実施する。

    また、避難者(役)に対し、避難所内でサーベイメータを使用した汚染検査訓練を行う。

    (3)原子力防災についての講話
    事業者(『GNF-J』)及び横須賀原子力規制事務所による原子力防災に関する説明を行なう。

  6. 参加機関(参加予定者数)
    佐原町内会(約20名)、原子力規制庁、GNF-J、神奈川県警察、横須賀市
    ※合計35名程度を予定
  7. 訓練タイムテーブル

    (1)屋内退避訓練及び通行人誘導訓練

    時間 項目 内容
    09:00
    【想定】
    事象発生 GNF-Jにて火災発生、今後の進展によっては、ウラン粉末の一部が外部へ飛散するおそれがあり
    09:30
    【想定】
    災害対策本部 通報を受け、対象付近区域に対し、避難指示を発令【想定】
    09:35 屋内退避広報 開始 佐原4、5丁目住民に対し、屋内退避・外気遮断の呼びかけを広報車(警察車両)が行う。
    09:45 通行人避難誘導 開始 付近通行人役の約20名を佐原町内会館へ誘導
    10:00 通行人避難誘導 完了 通行人役の誘導完了、訓練参加者の中から2~4名程度に対して模擬汚染検査を実施
    10:30 終了 実働訓練終了

    (2)原子力防災についての講話

    時間 項目 内容
    10:30~10:55 事業者(GNF-J) による説明 施設の事業概要や安全対策等の説明
    10:55~11:20 原子力規制事務所による説明 原子力規制事務所(横須賀オフサイトセンター) 所長による原子力防災対策等の説明

訓練位置図

訓練位置図

こうしたペーパーではいくら読んでも実際の様子は分かりません。

そこで今回は、フジノがiPhone6(ツイキャス)でインターネット生中継をしてみました。録画も観ることができます。

『原子力防災訓練』の実際をぜひあなたにも知っていただきたいと願っています。



訓練の様子(動画1)パトカーによる屋内退避のアナウンス

佐原4丁目第3公園

佐原4丁目第3公園

  • am9:00〜9:30
  • 『佐原4丁目第3公園』にフジノが到着
  • 訓練に参加して下さった市民のみなさんが少しずつ到着
  • 市民安全部から訓練前のあいさつ
  • 訓練本番がスタートして、パトカーが町内をアナウンスしてまわる





訓練の様子(動画2)通行人が集合して一時避難所へ避難する

パトカーが実際に町内にアナウンスしてまわりました

パトカーが実際に町内にアナウンスしてまわりました

  • am9:30〜10:00
  • パトカーが町内をアナウンスしてまわる
  • パトカーが回っている間、やることがないのでのんびりと公園で談話
  • フジノと取材してくれているマスメディアとの会話
  • 市民安全部によるアナウンス「集合してください」
  • 集まった通行人が2列に並んで一時避難場所へ向かう
  • 歩きながら市民の方から「内部被曝を避ける為のマスクの配布の必要性」のご提案をいただく
  • 一時避難所に到着
  • 市民安全部による人数確認





訓練の様子(動画3)汚染検査

  • 10:00〜10:30
  • 一時避難所の中に入る
  • 市民安全部より訓練内容の説明
  • 汚染検査の説明
  • 実際に測定を参加者の方に体験して頂く
  • 汚染された着衣などの処理の説明

訓練の様子を報告する動画は、以上です。

原子力規制委員会による講演

原子力規制委員会による講演


実際にはこの後、約1時間にわたって2つの講演(GNF-Jと原子力規制庁)が行われました。

安定ヨウ素剤の実物

安定ヨウ素剤の実物


「いざという時」に服薬すべき安定ヨウ素剤の説明も行われました。

*その後の講演の様子はあとで加筆します



【続報】猿島の防火対策を強化します/猿島での火災のその後

猿島のその後の経過と安全対策を報告します

東京湾唯一の無人島、猿島

8月29日に猿島で起こった火災について、前回に続いて、その後の経過や安全対策の強化について続報を報告します。

猿島の上空から見たグーグルマップの航空写真

猿島の上空から見たグーグルマップの航空写真


まず、その後の経過を報告します。

その後の経過

  • 2013年9月25日(水) 火災がれきの処理を完了
  • 2013年9月27日(金) 運航再開(当初運航予定だった9/26は欠航)
  • 2013年10月17日(木) 株式会社トライアングルに『厳重注意文書』を手交
  • 2013年10月29日(火) 株式会社トライアングルから『事故報告書』『今後の安全対策方針』の提出を受付

最終的に何が出火原因だったのかは、警察・消防の調査によっても『不明』のままでした。

安全対策の強化について

同じような火災を再び起こさせない為の対策が重要です。現時点での方針は下の通りです。

安全対策の強化について

  1. バーベキューの残り炭の処分に関する改善
    • 一般客のバーベキューコンロや炭などの持込みを禁止
    • 使用済の炭の運搬・処理はスタッフが行なう
    • 残り炭を大型プール(水槽)に1日、水没させる(酸素と熱を遮断)
  2. 防火管理体制の見直し
    • バーベキューレンタル施設以外の公園内散策路等の『消火設備設置』について検討を行なう
  3. スタッフ便を増便
    • 繁忙期は、最終便(17:00)の後に17:30発のスタッフ便を運航して安全管理を徹底する
  4. 管理シートの作成・実施
    • 『閉園時チェックリスト』を作成し、閉園時にチェックリストの安全項目を確認し、管理責任者に報告後、最終便に乗船する
  5. 定期的な消防訓練の実施
    • 年1回以上の消防訓練を継続実施し、動作の確認や防災意識の啓発を図る

以前にも記しましたが、フジノとしてはこれに加えて島内の一部箇所に防犯カメラを設置すべきではないかと考えています。


今日12月1日から来年2月末までの冬のあいだ、猿島航路は土日のみの運航になります。

猿島を訪れてみたい方は、株式会社トライアングルの運航スケジュールをご覧になってからいらして下さいね。

今後の予定

火災で焼けてしまった施設などの完全復旧は、来年の夏になる予定です。

今後の予定

  1. 2014年夏までに、火災で焼失したレストハウス(物販棟)やボードデッキ等の復旧を行なう。
  2. 猿島公園内で得られる事業収益(売上金)に対し、数パーセントの料金(施設使用料)を市が徴収するための条例改正について、2014年度を目途に行なう
  3. 施設改修や自然・文化遺産を生かした公園整備に係る費用を確保するため、猿島公園を都市公園条例に基づく有料公園に位置付けるための条例改正を行なう(全面復旧後)

また、すでに新聞報道されているとおり、横須賀市は有料化を行なう予定でいます。

2013年9月10日・神奈川新聞より

2013年9月10日・神奈川新聞より

【続報】猿島、復活!/猿島航路、9月26日から再開します

猿島、再スタートです!

8月29日に起こった猿島での火災について、その後の動きを報告します。

今日は、良いニュースです!

本日開催された『都市整備常任委員会』にて、環境政策部から下の説明がありました。

【報告】

  1. 猿島航路の運航は9月26日(木)から再開し、同日、猿島公園の入園も再開する。
  2. 入園再開の理由は、火災で発生した『がれき』処理の目途が立った為。
  3. がれき処理に係る工事期間は、2013年9月12日(木)~25日(水)までを予定。

    工事施工業者は、東洋船舶工業株式会社(横浜市神奈川区)

【今後の予定】

  1. 入園再開後は、公園内の散策や各種イベント等の参加は従来どおり可能となる。

    ただし、バーベキュー用品等のレンタルショップ利用については、レストハウス(物販棟)を復旧した後となる。

  2. 火災で焼失したレストハウス(物販棟)やボードデッキ等、早急に全面復旧すべく、現在、検討を進めている。全面復旧の目途が立った時点で改めて報告する。
  3. この都市整備常任委員会で報告後、プレスリリースを行なう。また9月13日(金)付、タウンニュースの紙面にも掲載予定。
  4. 広報よこすか9月号に掲載された次のガイドツアーは予定どおり、実施する。

    ・9月26日 海自横須賀地方総監部・艦船見学&歴史と緑の猿島巡り
    ・9月28日 猿島公園ガイドツアー&フラダンス体験

猿島、まもなく復活です!

真夏の猿島は海水浴が楽しいですが、9~10月の猿島は島内を散策するのがとてもオススメです。

猿島航路を運行しているトライアングルのホームページの『運行時刻表』をチェックして、ぜひ遊びにいらして下さいね!

早期の再開は、本当に喜ばしいことです。

【続報】猿島航路は早期に再開する方針、BBQは年度末までに再開/猿島での火災のその後を報告します

2つの常任委員会協議会で報告・質疑

今日は市議会へ向かいました。

市役所にはためく4本の旗

市役所にはためく4本の旗。右端が市議会旗です

2つの常任委員会(都市整備・総務)の『協議会』(*注)が開かれて、猿島での火災について、市側から報告がなされました。

(*注:正式な会期中に開かれるのが『委員会』で、閉会中などに開かれるのは『協議会』という扱いになります)

『猿島』を所管しているのは『環境政策部』です。

環境政策部の組織図

環境政策部の組織図


この『環境政策部』を担当しているのが『都市整備常任委員会』ですので、フジノはこちらの『協議会』を傍聴しました。

協議会では、はじめに環境政策部長から所管施設で起こった火災に対する謝罪の言葉がありました。

協議会の議事次第

協議会の議事次第


続いて、これまでの経過と今後の方針についての報告が資料と口頭で行なわれました。

配布された資料の内容は、フジノが前回前々回の活動日記で紹介したものと同じです。

報告から新たに分かった3つのこと

環境政策部からの報告を通して、フジノが新たに知ったことは3つありました。

  1. 8月30日の警察・消防の調査結果、『物販棟』から出火したものと思われる。

    →最も火災被害が強かったことなどから、火元としては確実と思われる。

  2. 今後、燃えてしまった物販棟やボードウォークなどの残骸のある現地の『片付け』を業務委託する手続きを早急に進めたい。

    →管理棟に被害は無くほぼ利用可能であり、島内の散策やエコツーリズムなどの実行には差し支えない為

  3. 片付けが終わった後は、可能な限り早く『航路』は再開したい。

    →物販やBBQ以外は早期に再開したいという市の意向がある為

警察・消防による火災の原因調査は終わっています。

市によるいくつかの確認作業が終わった後は、火災の残骸を早急に片付ける。

さらに、安全性が確認された後は、猿島航路は可能な限り早く復旧させたい。

こうした市の方針が明確になりました。

あとは、復旧工事の為の財源が必要です。

(→報告したいことはまだありますので、次回に続きます)

猿島航路

猿島を訪れたことが無い方には『猿島航路』のイメージが湧かないかもしれません。

三笠公園脇の船乗り場から猿島桟橋までの海をわたる約10分の船旅なのですが、素敵な動画をアップしている方(Jchonanさん)がいらっしゃいましたので、ぜひご覧下さい。

*音声は風の音がすごいので消して動画のみをご覧下さい。

【続報】原因は不明/猿島での火災について報告します

猿島の火災、被害状況と原因について

昨日、猿島で起こった火災のその後の状況を環境政策部長から報告を受けましたので、市民のみなさまにお知らせいたします。

猿島公園の被害状況について

平成25年8月29日(木曜日)18時33分、猿島公園レストハウスから出火し、同日20時49分に鎮火確認した火災の被害状況について、現在の状況を下記の通りに報告します。

1.被害物件:

  • レストハウス(物販棟) 木造平屋建(1階部分 床面積163.97平方メートル)
  • ボードデッキ 木造(2階部分)
  • 管理棟 木造一部RC造2階建(1階部分)

2.被害状況:

レストハウス(1階 床面積163.97方メートル)は全焼し、レストハウス上部(2階部分)に設置されたボードデッキ(消失面積は約200平方メートル)についてもほぼ全焼した状況。

また、管理棟(1階部分)の屋根及び柱の一部が延焼した。

3.火災原因:

出火の原因については、たばこやバーベキューの炭の不始末による疑いはありましたが、警察及び消防による調査の結果、不明となりました。

ということで、『原因不明』との報告を受けました。

火災の現場写真1

火災の現場写真1

火災現場の写真2

火災現場の写真2

火災の現場写真3

火災の現場写真3

火災の現場写真4

火災の現場写真4

猿島航路は当面、欠航が続きます

猿島航路に船を出している株式会社トライアングルのホームページでは、以下のように報告されています。

猿島での火災について(続報)

(前半部分は省略)

猿島航路の運航再開の目途はたっておりません。

少なくとも9月いっぱいの運航再開はないものと思われます。また、猿島バーベキューも当面の営業再開はございません。こちらも決まり次第、速やかにご連絡いたします。

8月30日夕方に、猿島では管理棟の電気が復旧し、消防関係者他スタッフが昨日に続き泊り込んで事後対策に当たっております。

8月30日の昼間に再び小さな炎が上がりましたが、直ちに消火されています。

皆様におかれましては、ご心配をおかけしておりますことを深くお詫び申し上げます。

また、猿島へ行かれる予定でした皆さまには大変ご迷惑をおかけいたしますこと、重ねて深くお詫び申し上げます。

(後半部分は省略。引用はここまで)

フジノが今日お会いした何人もの市民の方々からくちぐちに「今回の火災は残念だ」「猿島はレストハウスを再建できるのか」とご心配の声を頂きました。

これまでも猿島は幾多のピンチを乗り越えてきました。

今年6月末には、大雨と強風によって砲台構造物の一部が大木と一緒に落下してしまいました。

かつて2010年には、台風12号の影響で猿島桟橋が破損して2週間にわたって猿島航路が欠航となったことがありました。

さらに、1993年から1995年までは、海水浴場も閉鎖されて猿島航路は廃止されて、立ち入りそのものができませんでした。

そのたびに、いくつもの危機をのりこえてきたのが『猿島』です。

今回もきっと猿島は大丈夫なはずだとフジノは信じています。

どうか市民のみなさまにも見守っていただけますようお願いします。

猿島で起こった火災について報告します

猿島の火災は20時50分に鎮火確認されました

本日18時半頃、猿島で火災が起こりました。

猿島での火災を撮影した市民の方による写真

猿島での火災を撮影した市民の方による写真


真っ暗な東京湾での大きな火は対岸の広い地域から見えました。

119番通報を受けた消防局は、すぐに猿島へと消火活動へ向かいました。


上の動画+下の画像2枚は、ブログ『ぶらり横須賀しょーぼー』からご厚意により転載させていただきました)

可搬消防ポンプ

可搬消防ポンプ

消火活動のため猿島へ向かう消防隊員 (第1陣)

消火活動のため猿島へ向かう消防隊員 (第1陣)


猿島は本当に多くの方々から愛されており、市民のみなさまからもとてもご心配の声を頂きました。

また、ツイッターやフェイスブックなどのSNS上にも、たくさんの写真がアップされていました。

最終的に21時過ぎには「鎮火確認済み」との全市議会議員宛の報告が猿島を所管している環境政策部長からありました。

その報告を全文掲載いたします。

猿島公園レストハウスの火災鎮火について(最終報)

平成25年8月29日(木)20時49分、猿島公園レストハウスからの出火については鎮火が確認されましたので下記の通りに報告します。

日時:平成25年8月29日(木)
場所:猿島公園レストハウス(横須賀市猿島1番)
災害種別:火災
火災区分:建物火災
時系列

  • 18:33 出火確認
  • 18:56 消防局がトライアングル船舶にて出航
  • 19:00 猿島到着、レストハウス炎上中、可搬ポンプ3台で消火活動開始
  • 20:00 鎮圧確認
  • 20:49 鎮火確認

なお、火災の原因につきましては、明日発表いたします。

また、明日以降の猿島航路は欠航とさせて頂きます。再開につきましてはあらためて連絡いたします。

以上

ということで、明日以降の猿島行きの船は『欠航』ですのでご注意下さい。

猿島航路を運行している株式会社トライアングルのサイトはこちらです)

大変なご心配を多くの方々におかけいたしました。

詳細がさらに分かりしだい、これからもお伝えしてまいります。

続報はこちらをご覧下さい)