LGBTs施策実施の全国自治体1位に横須賀市が選ばれました/10年にわたる「性的な多様性を保障する取り組み」が評価されました

10年間かけて横須賀市を全国1位にしました

今日も時間がないので、写真とひとことの文章でごめんなさい。

本日、早稲田大学でシンポジウムが開催されました。

「GSセンター×石川大我氏『LGBTs春の報告発表会in WASEDA』」のチラシ

「GSセンター×石川大我氏『LGBTs春の報告発表会in WASEDA』」のチラシ


設立1周年となる早稲田大学GSセンターの活動報告が行なわれました。

ついで、石川大我さんの調査研究の発表がなされました。

石川大我さんが全国自治体の施策を調査しました

石川大我さんが全国自治体の施策を調査しました


LGBTs施策を実施している全国自治体のランキングが発表されました。

そして、

横須賀市が全国1位に選ばれました。

横須賀市が全国1位に選ばれました

横須賀市が全国1位に選ばれました


実は先月お知らせを頂いていたのですが、今日まで口外することができませんでした。

横須賀市議会でフジノがたったひとりきりで10年間にわたって取り組んできたことが、全国的に評価されて、ありがたく感じています。

シンポジウムで話すフジノ

シンポジウムで話すフジノ


また、市職員のみなさんの日頃のがんばりがきちんとした形で評価されて、本当に誇りに感じます。

シンポジウムの様子

シンポジウムの様子


シンポジウムでは、GSセンターの大賀さん、石川豊島区議、前田文京区議、レインボーとしまの小吹代表とともにフジノも登壇しました。

横須賀の取り組みをお話しました

横須賀の取り組みをお話しました


フジノからは横須賀の取り組みについてお話しさせていただきました。



「身の丈」を知っているので驚きはありません

傲慢に聴こえるのを承知で、あえて本音を書きます。

ランキングが欲しくて取り組んできた訳では無いので、嬉しさは特にありません。

ランキング発表後のシンポジウム。左から前田さん、フジノ、小吹さん。

ランキング発表後のシンポジウム。左から前田さん、フジノ、小吹さん。


もともとフジノは『LGBT成人式』をはじめ、様々なところで

  • 「パートナーシップ制度と条例が無いだけで、渋谷にも世田谷にも負けていません」

  • 「横須賀の取り組みはパートナーシップ制度が無い以外は我が国の最先端です」

と本気で言い続けてきました。

例えば、『性的マイノリティ関係課長会議』は全国初の取り組みとして、厚生労働省の会議の場で、我が国のトップレベルの研究者から評価をしていただいています。

また、性的マイノリティ分かち合いの会『Cafe SHIPポートよこすか』は好事例として内閣府の『自殺対策白書(平成27年度版)』にも掲載されています。

2015年に救急搬送時・意識不明時の手術同意などにおける同性パートナーの立場を市立病院の指針に明確に位置づけた取り組みは全国初で、横須賀をモデルに少しずつ全国に広がっています。

こうした取り組みがたくさんあります。

海外の事例も、国内の事例も、ひたすら研究しているフジノですから、横須賀の実力がどのあたりにあるかは客観的に分かっています。

「身の丈」を知った上で、全国1位に驚きはありませんでした。



ランキングよりも大切なのは「当事者のみなさまの安心感と暮らしの満足感」です

フジノは、もっと大切な『現実』を知っています。

このまちで暮らしている当事者のみなさんにとってランキング1位だからってカンケーありません。

フジノが本当に欲しいのは、当事者のみなさんが安心して暮らせる平和な毎日だけです。

シンポジウムでもひたすら本音を語りました

シンポジウムでもひたすら本音を語りました


もちろん10年間、必死に全力を尽くして努力をしてきました。

全国で初めて導入した取り組みもたくさん提案してきました。

けれども、全ては当事者のみなさんの為です。

今このまちに暮らしている全ての当事者のみなさんが安心して平和に毎日を暮らせているか。

差別・偏見・スティグマが全く存在していないか。

残念ながら「そうではない」ことは誰よりもフジノが知っています。

どんな取り組みの数々も、当事者のみなさんに届かなければ、何の意味もありません。



横須賀はこんなもんじゃない。もっと取り組みを進めます

横須賀はこんなもんじゃない。

いつもそう胸にかたく誓って働いています。

慢心する気持ちは一切ありません。もっともっと前に進んでいきます。

パートナーシップ条例や要綱をつくった渋谷や世田谷に比べて派手さに欠けるので、今までメディアでは全然報じてもらえませんでした。

けれども、地味で地道ながら、実はすごく先進的だった横須賀にようやく光が当ててもらえました。

どのまちも実現できていないことがたくさんありますし、横須賀が始めたから他のまちが始めたこともたくさんあります。

横須賀市による今までの取り組みとこれからの取り組みを、どうか全国のみなさま、見守っていて下さいね。そして、どんどんご意見をください。

もっともっと良い方向へ進めていきますから。



「数」だけでなく「中身」を知って下さいね

最後に、今日のシンポジウムでフジノが作成して配った資料を掲載しますね。

本当は書ききれなくて、もっともっとたくさんの取り組みを行なっています。

さらに言えば、横須賀の取り組みが全国1位なのは『数』だけではありません。

素晴らしいエピソードもたくさんあります。

フジノが配布した資料です

フジノが配布した資料です


フジノのブログや横須賀市のホームページにも書ききれていないエピソードがたくさんあります。

少しずつご紹介していきますので、ぜひそうした事柄もみなさまに知っていただけたらと願っております。



心から関係者のみなさまに御礼を申し上げます

政治家は、結果だけが全て。施策の評価よりも、「どれだけ当事者のみなさまが本当にハッピーになれたか」だけが全てなのです。

嬉しいか嬉しくないかと聞かれたら、「嬉しい」とは応えますが、それは政治家としての本意では無いのです。

今日のブログではそんな強気な言葉ばかりを書きましたが・・・

いつもながら『天邪鬼なフジノ』なので、傲慢な言葉の数々はどうかお許し下さいね(こういうキャラなのです)。

最後に、御礼を記させて下さい。

1年間にわたって調査研究をして下さった石川大我さん、ありがとうございました。

早稲田大学GSセンターのみなさま、設立1周年おめでとうございます。素晴らしいシンポジウムの機会をありがとうございました。

早稲田大学GSセンターを見学させていただきました

早稲田大学GSセンターを見学させていただきました


さらに、GSセンター見学の機会もいただいて、本当にありがとうございました。

スタッフのみなさま、準備から運営、後片付け、懇親会まで、本当に細やかな心配りに感謝しています。

荒天の中、取材に来て下さったTBS、毎日新聞、読売新聞、共同通信ほかメディアのみなさま、ありがとうございました。

会場に足を運んで下さった全ての方々に心から御礼を申し上げます。ありがとうございました。

そして誰よりも、フジノが10年にわたって『性的な多様性を保障する為の取り組み』に全身全霊をかけるきっかけを与えて下さった全ての当事者のみなさま、ありがとうございました。

これからもずっと、今までどおりに全力で取り組みを前に進めていきますので、よろしくお願いいたします!



日高庸晴先生の熱い講義に涙がこぼれました/LGBT自治体議員連盟・第2回研修会へ

「LGBT自治体議員連盟」の第2回研修会へ

今夜は時間が無いので、写真だけでごめんなさいね。

『LGBT自治体議員連盟』の第2回研修会に出席しました。

フジノはLGBTという呼称が好きではないので、正式名称を記しますね。

『性的指向と性自認に関する施策を促進するための地方自治体議員連盟』です。

会場の国立オリンピック記念青少年総合センター

会場の国立オリンピック記念青少年総合センター


都内で2日間にわたって研修が行なわれます。

LGBT自治体議員連盟・第2回研修会のちらしより

LGBT自治体議員連盟・第2回研修会のちらしより

共同代表の4名

共同代表の4名

日高庸晴先生の熱い講義

日高庸晴先生の熱い講義


フジノにとって日高庸晴先生のお話を伺う機会は、この10年間で何度目でしょうか。

それでも日高先生の膨大なデータに基づく地道な調査研究とたくさんの生の声を熱い語り口で語る姿に、またも涙がこぼれてしまいました。

研究者として、かつ伝道者として、日高先生ほど優れた方はおられないとフジノは常に感じます。

TBSの取材クルーも。

TBSの取材クルーも。

LGBT自治体議員連盟ののぼりを持つフジノ

LGBT自治体議員連盟ののぼりを持つフジノ

明日も研修があります。

終了後には、『東京レインボープライド』のパレードにみんなで参加する予定です。



「東京レインボープライド2018 オープニングレセプション」に参加しました!/「東京レインボープライド2018」開幕です

オープニングレセプションに初参加しました!

今年もついにレインボーウィークがやってきました。

渋谷の街路灯は「Out in Japan」のフラッグがあふれています!

渋谷の街路灯は「Out in Japan」のフラッグがあふれています!


今夜、その9日間の幕開けとなるイベント『東京レインボープライド2018 オープニングレセプション』が開催されました。

東京レインボープライド2018 オープニングレセプション

東京レインボープライド2018 オープニングレセプション


毎年レインボーウィークには、いろいろな講演会や代々木公園でのプライドフェスティバル、そしてパレードには参加してきたものの、オープニングレセプションに参加するのは初めてのことでした。

会場の「hotel koe tokyo」

会場の「hotel hoe tokyo」


それが今年は『NPO法人東京レインボープライド』の共同代表理事である山縣真矢さん杉山文野さんからお誘いをいただき、参加させていただきました。ありがとうございます。

TRP2018のテーマ「LOVE&EQUALITY」

TRP2018のテーマ「LOVE&EQUALITY」


こんな華やかな場に参加できたのも光栄ですし、スタッフのみなさんの熱心な姿に触れることができて、これからの9日間が成功することを確信しました。

頂いたプレスリリースから。プログラムは下のとおりです。

東京レインボープライド2018オープニングレセプション開催!

今年もやってまいりました『東京レインボープライド2018』。

4月28日(土)から5月6日(日)をプライドウィークとし、5月5日&6日のメインイベント「プライドフェスティバル」に向け、全国がレインボーに染まる9日間。

そんなTRP2018の開会を宣言するオープニングパーティーを今話題のhotel koé tokyoで開催いたします。

司会はフジテレビジョン報道局の阿部知代さんと女装パフォーマーのブルボンヌさん

トークゲストには東京五輪の立役者の一人でもあるフェンシングの太田雄貴氏、元なでしこJAPANの丸山桂里奈氏をお迎えし、LGBTと2020をテーマにお話をうかがいます!

華やかなドラァグクイーンショーやDjタイム、美味しいお酒と共にみんなで『東京レインボープライド2018』の幕開けをお祝いしましょう!

どなたでもお越しいただけますので、みなさま振るってご参加ください!!

※ドレスコード:何か一点カラフルなものを身につけてお越し下さい。

*本イベントには手話通訳士がつきます。

■日 時:2018年4月28日(土)17:30会場 18:00開会
■司会:
阿部知代(フジテレビ報道局)
ブルボンヌ(女装パフォーマー)

■アスリートトークショー『LGBTと東京五輪2020』
太田雄貴(北京五輪フェンシング日本代表 銀メダル)
丸山桂里奈(2011 FIFA女子ワールドカップ ドイツ大会 優勝)
杉山文野(2004年度女子フェンシング日本代表/TRP共同代表)

■ドラァグクイーンショー
■会場:hotel koe tokyo(渋谷)
 〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町3−7

ふだんレセプション的な場に参加したことがないので、「フジノは場違いかなぁ・・・」とはじめはかなり緊張していました。

(昨年まではオープニングレセプションの会場は東京都庁でした。けれども今年は、2年前にオープンしたばかりのめちゃくちゃおしゃれなホテルです)

コーラとウーロン茶で乾杯です(前田くにひろ議員と)

コーラとウーロン茶で乾杯です(前田くにひろ議員と)


けれども時間が経つにつれて、少しずつ全国の同志(いろいろな機会に一緒に活動をさせていただいてきた方々がたくさんいらっしゃいました!)に出会うことができて、ホッとしました。
 
『NPO法人LGBTの家族と友人をつなぐ会』『NPO法人ReBit』の方々をはじめ、横須賀市としても大変お世話になっている方々にもお会いすることができ、日頃の御礼を申し上げることができました。



オープニング、ステートメント、祝辞、乾杯

開会、代表理事のあいさつ、レインボーウィークの紹介(本当にたくさんの取り組みがあります)、小池百合子東京都知事からお祝いのメッセージ、スポンサー企業あいさつ、そして乾杯となりました。

司会は阿部知代さんとブルボンヌさんです

司会は阿部知代さんとブルボンヌさんです


レインボーウィークの様々な取り組みを紹介する杉本文野さん

レインボーウィークの様々な取り組みを紹介する杉本文野さん


TRP2018のテーマは『LOVE & EQUALITY=すべての愛に平等を』です。

代表理事からステートメントが読み上げられました。

東京レインボープライド2018ステートメント

私たちが未来に求めるのは、特別な権利や、特別な豊かさではありません。

マイナスをゼロに。

同じことを、同じように。

愛する人を、自由に愛する。

そんな、あたりまえの「平等」を、実現したいだけなのです。

キース・ヘリング生誕60周年の2018年、彼の作品と共に掲げたテーマは、『LOVE & EQUALITY』。

すべての愛に、平等を。

また、あらたな一歩がスタートします。

小池百合子都知事からお祝いのメッセージ

小池百合子都知事からお祝いのメッセージ


カンパイ!

カンパイ!



トーク「LGBTと東京五輪2020」

元フェンシング日本代表で公益社団法人日本フェンシング協会会長の太田雄貴さん、元サッカー日本女子代表でタレントの丸山桂里奈さんのお二人を交えて、『LGBTと東京五輪2020』のタイトルで、トークも行なわれました。

トーク「LGBTと東京オリンピック2020」

トーク「LGBTと東京オリンピック2020」


TRP代表理事の杉本文野さんは、2004年度女子フェンシングの元日本代表でした。

スポーツといじめ

スポーツといじめ


フジノは東京オリンピックを開催することに対して様々な想いはありますが、まちがいなくSOGIに関わる様々な取り組みをすすめるチャンスだと考えています。

『オリンピック憲章』ではセクシュアリティによる差別が禁止されていることから、スポンサー企業・自治体をはじめ、オリンピックに関わりを持とうとすれば『憲章』を守らなければならないからです。

トークでもこの点が指摘されました。

一方で、スポーツの世界におけるセクシュアリティに関わるいじめについても取り上げられ、2020年に向けて取り組みを強化していく必要性が語られました。



たくさんの新たな出会いに感謝です

フジノも所属している『LGBT自治体議員連盟』の、共同代表3名が来賓挨拶に立ちました。

LGBT自治体議員連盟の代表が来賓挨拶

LGBT自治体議員連盟の代表が来賓挨拶


レインボーウィークにあわせて、『LGBT自治体議員連盟』は第2回研修会を開催します(5月5〜6日)。

2日目の研修会終了後には、有志でパレードに参加します。

第2回LGBT自治体議員連盟研修会のチラシより

第2回LGBT自治体議員連盟研修会のチラシより


こうした地方議員の取り組みも、参加者のみなさまに知っていただくことができました。とても良い機会だったと思います。

DJタイム(≒歓談の時間)に入って、本当にたくさんの新しい出会いがありました。

石川大我議員が会場の中を歩きながら、ご自身の友人知人をたくさん紹介して下さいました。5月7日に開催されるシンポジウムを紹介しつつ、フジノも参加者なのですごくスムーズにみなさんと会話をさせていただきました。大我さん、ありがとうございます。

「GSセンター×石川大我氏『LGBTs春の報告発表会in WASEDA』」のチラシ

「GSセンター×石川大我氏『LGBTs春の報告発表会in WASEDA』」のチラシ


今日はシンポジウム出演者せいぞろいでした。

5月7日シンポジウムメンバーも勢揃いしました

5月7日シンポジウムメンバーも勢揃いしました


一緒に出演する『レインボーとしま』の方ともシンポジウム前に顔合わせすることができました。



「地道にがんばり続けていれば見てくれている人もいる」と感じられました

そして、今日最も感動したことを記したいです。

それは、スポンサー企業の代表格である丸井グループの井上道博課長(サステナビリティ部マルイミライプロジェクト担当)が話しかけて下さったことです。

世田谷区で開かれた『LGBT成人式』で、フジノさんのスピーチをお聴きして、とても印象に残りました。今日お見かけしたので、絶対に声をかけさせていただこうと思いました」

と、温かいお言葉をいただきました。

井上道博課長(丸井グループ・マルイ未来プロジェクト担当)とフジノ

井上道博課長(丸井グループ・マルイ未来プロジェクト担当)とフジノ


井上さん、高橋瑠奈さん(同担当リーダー)、お声がけ下さって本当にありがとうございました!

ブログにも書いたとおり、フジノにとって『LGBT成人式』でのスピーチは特別に大切な場です。

与えられた短い時間でどれだけ刺さる言葉を語れるか、全身全霊で魂をこめて毎年語りかけています。

会場に来て下さった誰かお一人でも良いからどうか想いが伝わってくれたら、そう願いながら語りかけています。

そんな『フジノの全力』は大抵の場合『空回り』に終わってしまうことが多いのですが、地道にがんばり続けていれば見て下さっている方もおられるのだと感じることができました。

井上さん、勇気を頂きました。ありがとうございます!



素晴らしいオープニングレセプションでした

はじめのうちレセプションに場違い感を抱いていたフジノは、ステージにめちゃくちゃ近い場所で観ていました。

ホールなので楽屋的な場所が無かったので、フジノが立っていた場所から出演者のみなさんが出入りする感じでした。

そのおかげで、出演者のみなさんと少しずつお話する機会にも恵まれました(ありがたや!)。

司会のブルボンヌさんとフジノ

司会のブルボンヌさんとフジノ


歓談タイムに入ると、共通の知人のおかげで、特にブルボンヌさんとたくさんお話しさせていただきました。

いつもはステージの上にいらっしゃるブルボンヌさんと、いろいろお話しさせていただいて、とても光栄でした。本当に優しくて素敵な人だと改めて感じました。

まだまだレセプションは続いていましたが、フジノは横須賀で仕事がありましたので、中座して帰らねばなりませんでした。

時間が経つにつれて、参加者のみなさんの輪がより親密に、大きくなっていく感じが伝わってきました。

仕事の為に中座しましたが、まだまだレセプションは続きました

仕事の為に中座しましたが、まだまだレセプションは続きました


それにしてもスタッフのみなさんのがんばりがとても素晴らしかったです。

裏方で地道にがんばって下さるスタッフのみなさんの姿を見て、

「きっと今年の東京レインボープライドも大成功に終わるはず」

と感じました。

心から、成功を祈っています。

本日は素晴らしいレセプションでした!

全ての出会いに感謝しております。ありがとうございました!



【お誘い】LGBTs施策実施の全国自治体ランキングが発表されます/「早稲田大学GSセンター・石川大我氏 LGBTs春の報告発表会 in Waseda」にいらして下さい

講演とシンポジウムのおしらせです

今日は、講演とシンポジウムのおしらせがあります。

早稲田大学のイベントですが、学生だけでなくどなたでも参加できますので、関心のある方にはぜひお越しいただきたいのです。

「GSセンター×石川大我氏『LGBTs春の報告発表会in WASEDA』」のチラシ

「GSセンター×石川大我氏『LGBTs春の報告発表会in WASEDA』」のチラシ


当日の内容は、大きく分けて3つです。

第1に、早稲田大学に新たに創立されて1周年を迎えた『GSセンター』(Gender and Sexuality center)の活動報告会です。

フジノは『GSセンター』の存在を今回のイベントを通じて初めて知ったのですが、国内の大学では全国初となるセンターだそうです。

下の1分半の動画、活動がとても分かりやすく紹介されているのでぜひご覧下さい。




早稲田大学のサイトでは、すでに1年間の活動報告書も公表されていますね。

第2に、石川大我さん(豊島区議会議員)がプロジェクトペーパー『自治体におけるLGBT施策の促進要因と阻害要因の研究』をもとに報告を行ないます。

発表では、今まで日本で明らかになっていない『LGBTs施策実施自治体ランキング』の発表があるそうです。

全国のLGBTs施策先進自治体へ実施したアンケート調査結果を分析し、①施策数での自治体ランキング、②具体的施策ランキング、③地域での取組の違い分析(男女共同参画か人権か)、④当事者との連携が施策に与える影響などを発表するそうです。

第3に、『自治体LGBTs施策のつくり方』をテーマにしたシンポジウムが行なわれます。

全国の地方議員たちが集まって立ち上げた『LGBT自治体議員連盟』という議連があるのですが、このメンバーと、『レインボーとしまの会』の方が出演します。

GSセンター×石川大我氏 『LGBTs春の報告発表会 in WASEDA』

  • 日付:2018年5月7日(月)
  • 時間:17:30開場 18:00開演

  • 出演:石川大我(豊島区議:政治学研究科修了)
    前田邦博(文京区議:法学部卒業)
    藤野英明(横須賀市議:教育学部卒業)
    レインボーとしまの会
  • ファシリテーター:大賀一樹(早稲田大学GSセンター)

  • 場所:大隈記念タワー(早稲田キャンパス26号館)地下1F 多目的講義室(〒169-8050 新宿区西早稲田1-6-1)

  • 主催:早稲田大学スチューデントダイバーシティセンターGSセンター



詳しい内容の記してあるチラシはこちらをご覧下さい)

月曜日の夜ですが、もしもご都合のあう方はぜひいらして下さいね。



実は、フジノも出演します

実は、最後のシンポジウムにフジノも出演します。

早いもので、大我さんとも出会ってから10年くらいになります。

当時の大我さんはまだ政治家ではなく、市民の立場で本当に活動を一生懸命にがんばっておられた姿が印象に残っています。

当選後もいろいろな機会に意見交換をさせていただきました。

前回の統一地方選挙の前には、大我さんらと秘密の会合を何度か開いて

「無事に来期も当選を果たしたら『議連』を立ち上げて、地方議員の手で『性的な多様性』を当たり前のものにしていこう」

と約束したものです。

残念ながらフジノは、この議連の立ち上げには失敗しました。

けれども大我さんは決して諦めず、いつもの粘り強さによって、『LGBT自治体議員連盟』を昨年7月に無事に立ち上げました。

そして現在では、100名以上の地方議員が所属しています(ナイス大我さん!)。

さらに、シンポジウムで一緒に出演して下さるのが文京区議会議員の前田くにひろさんです。

前田さんとも長いおつきあいで、フジノが代表を務めた自殺対策の地方議員連盟(『地域の自殺対策を推進する地方議員有志の会』)でともに活動をさせていただきました。

幹事会のメンバーを務めていただき、やはり旧知の間柄です。

いろいろな理由から、フジノはかれこれ何年も前からあらゆるイベントへの参加を全てお断りしてきました。

けれども、長年の同志である大我さん・前田さんとの共演、そして(在学中にお世話になった記憶は全く無いので『母校』と思ったことは1度も無いのですが)出身校での開催。

そこで今回だけは出演することを快諾しました。

たぶん、フジノがシンポジウムなどでお話をする最後の機会になるのではないかと思います。ある意味、プレミアかもしれません(笑)

GSセンターの活動報告、話題を集めるであろう大我さんの自治体ランキング発表、そしてシンポジウムと盛りだくさんです。

ぜひいらして下さいね。お待ちしております!



「LGBT成人式」に今年も来賓としてお招きいただきました/「成りたい人」になる。その為に政治は全力を尽くします!

「LGBT成人式」に今年もお招きいただきました!

新年早々、本当に嬉しいことに、今年で6回目となる『LGBT成人式』に来賓としてお招きいただきました。

LGBT成人式・会場にて

LGBT成人式・会場にて


一昨年の様子はこちら。昨年はインフルエンザで無念の欠席。

今年もお招きいただいたことはフジノにとって、光栄の極みです。とてもとても嬉しかったです。

来賓席のフジノの名札、嬉しいです

来賓席のフジノの名札、嬉しいです


多くの国会議員、都議会議員、区議会議員が参列する中で、神奈川県から招かれた議員はたった2人だけ。

これまでの頑張りを評価していただいた気がして、すごく嬉しかったです。

主催者であるNPO法人ReBitのみなさま、参加者のみなさま、ありがとうございました。



SOGIに関わる課題へのフジノと横須賀の取り組みをどうしても知ってほしく

政治家に転職してからずっと続けてきたことがあります。

なるべく『来賓』としてイベントには行かない、ということです。特に、あいさつやスピーチをしなければならない時は。

あなたも、入学式や卒業式やいろんな機会に政治家がやってきては長ったらしい退屈な挨拶を聞かされた体験があると思います。イヤですよね。

自分がイヤだったことは、他人にもしない。

だから、政治家に転職してからなるべく『来賓』としてイベントには行かないようにしてきました。

けれども、今年もお招きいただいた『LGBT成人式』は、フジノの中で他の多くのイベントとは全く位置づけが異なります。

「ひとことでいいから、話をさせて下さい」

と心からお願いしたい、大切な機会です。

約十年ほど取り組んできた、フジノと横須賀市の『性的な多様性の保障』の為のいろいろな活動を少しでも多く知っていただきたいから。

国会議員からは『LGBTに関する課題を考える議員連盟』の会長である馳浩代議士(前・文部科学大臣)のビデオメッセージを筆頭に、初鹿明博代議士池内さおり代議士のスピーチ、福島瑞穂参議院議員や山本太郎参議院議員の祝電など、お祝いの言葉がたくさんありました。

続いて、都議の方々、区議の方々と続いていきます。

事前に頂いた主催者の方からの依頼文には、進行スケジュールの都合から「ひとことお祝いのお言葉をお願いします」と『ひとこと』が強調されていたのですが、みなさんひとことでは収まりません。

寄せ書きの前にて(会場内唯一の撮影許可スペースでした)

寄せ書きの前にて(会場内唯一の撮影許可スペースでした)


そして最後の方にフジノの番がやってきました。

ステージからは参加しておられるみなさんのお顔がとてもよく見えますから、自分の番が来る前にすで退屈であろうことは痛いほど分かっています。

それでもフジノは、なんと5分間ほどもお話しさせていただきました。

ごめんなさいね。でも、どうしても伝えたかったから。

性的指向も性自認もグラデーションのように人の数だけ異なるのが当たり前なのに、日本はその現実に対応した法や制度になっていないし、人々の意識も追いついてきていません。

だけど、横須賀ではたくさんの制度を変えて、たくさんの研修を行なって(保育園・幼稚園・小中学校・学童保育・高校・市役所職員はあまねく担当者クラスから部長クラスまで・人権擁護委員ほか)、学校現場でも地域のコミュニティセンターでもパネル展示や講演会や当事者の方々とのワークショップを積み重ねて、人々の意識を現実に追いつかせようと努力してきました。

けれども、まだまだ不十分な部分があることもしっかり理解していて、それをみなさんと一緒に変えていく強い決意があります。

もしも退屈でつまらないと思われてでも、それでも伝えたいことがありました。長いスピーチを、ごめんなさい。

そして、聴いて下さってありがとうございました!



スタッフのみなさんの心遣いや気配りにとても心を打たれました

まず何よりも、主催者である『NPO法人ReBit』のみなさんのホスピタリティあふれる働きぶりに今年もとても胸を打たれました。

NPO法人ReBitのホームページ(ぜひご覧下さい)

NPO法人ReBitのホームページ(ぜひご覧下さい)


会場は駅から徒歩3分くらい。初めて訪れたフジノでもすぐに分かる場所です。それでも、寒空の下、案内の紙を持ったスタッフの方が立って案内をして下さっていました。

晴天に恵まれたものの、気温そのものは低くてとても寒くて手は冷たくてたまらない、という状況です。辻辻に立っているスタッフの方もそんな中ずっと立っていれば寒くてたまらないはずなのに、笑顔で案内をして下さいました(ありがとうございます!)。

そして会場に到着してからも、細やかな気配り・心遣いに感謝の気持ちばかりでした。

これは来賓だからの対応ではなく、全国・関東のあらゆる地域から参加するみなさまに対して一貫した姿勢なのでした。

参加者の方々が「参加したい」と感じても『実際に参加できるかどうか』というのはまた別で、いまや『LGBT成人式』の知名度も全国的に上がってテレビもメディアもたくさん取材に来る中で、参加への心のハードルはむしろ上がってしまったかもしれません。

それでも「参加しよう」と決めて足を運んで下さった方々に対して、ReBitのみなさんは誰もが居心地の良い空間をつくろうと全力を尽くしておられました。緑色のスタッフ腕章を着けておられたみなさん、本当におつかれさまでした。素晴らしい働きでしたよ!



新成人へ送る言葉に胸を打たれ、トークショーで大いに笑いました

プログラムはこんなです。

式次第

第1部
-開式の辞
-オープニング映像上映
-来賓の紹介
-世田谷区教育委員会教育長 祝辞
-新成人の辞(ゆずまさん、るーみんさん)
-新成人への辞(タキタリエさん)
-トークショー(らーさん、モンキー高野さん、太田尚樹さん)

〜休憩〜

第2部
-自己紹介ゲーム
-ワークショップ
-ご歓談

きっとメディアの報道は『新成人の辞』に集中すると思いますので、当ブログでは割愛します。

フジノが最も胸を打たれたのは、人生の先輩にあたる方からの『新成人への辞』でした。

いわゆる『LGBTQ』とされる若者にとってだけでは無くて、今の時代、全てのこどもたちに必要な人生のロールモデルとなる大人の存在がとても不足していると思います。

親戚のおじさんおばさん、近所の大人、学校の先生、バイト先の先輩、あらゆるところに「ああ、この人みたいになりたいなあ」と思える大人の存在(人生のロールモデル)がこどもたちには必要です。多く居れば居るほど、その子にとって人生の選択肢は広がっていき、豊かになります。

でも、誰もが日々の仕事に追われて生活を送ることで精一杯の今、そういう存在は明らかに減ってしまった、とフジノは感じています。

そんな中、今日の『新成人への辞』を述べて下さったタキタリエさん(合同会社ハチドリ商会・代表)は、本当に素敵でした。

「新成人への辞」を述べたタキタさん(ツイッターより)

「新成人への辞」を述べたタキタさん(ツイッターより)


ああ、こういう方こそまさにロールモデルとして存在してほしい方だ。お話を聴けて本当に良かった、と感じました。

語られた言葉そのものも素晴らしかったのですが、その立ち姿・立ちふるまいも含めて、まさにロールモデルとして最適の存在だと深く感銘を受けました。

タキタさんのようなカッコいい大人がたくさん居てくれたら、こどもたちはその生き方や背中をみながら成長していくことができます。もっとタキタさんのような人にたくさん出会いたい、とフジノ自身が感じました。

6年間経営しておられた表参道のカフェ『gossip』は、その設立を決意した時の使命(まさに歴史的使命が『gossip』にはあったと思います)を終えたので、クローズされたとのこと。

ああ、もっと早く知りたかった。行きたかった。

ホームページで観る『gossip』はとてもリラックスできるカッコいい空間でした。

それにしてもタキタさんを『新成人への辞』に選んだReBit、さすが。ナイス人選でした。

(自分の気持ちばかり書いてしまいました。トークショーなどの様子についてはのちほど改めて記します)



後日談:たくさんのメディアにとりあげられました

共同通信社によって全国に配信されるとともに、朝日新聞・産経新聞でも報じられました。

産経ニュースより

産経ニュースより

テレビ朝日(AbemaTV?)でも取り上げてくれました。

FNN「ユアタイム」では特集が報じられました

FNN「ユアタイム」では特集が報じられました


翌日(16日)夜にはフジテレビ『ユアタイム』でも特集が報じられました。



性的指向および性自認等により困難を抱えている当事者等に対する法整備のための全国連合会(通称「LGBT法 連合会」)発足会へ

包括的な法整備を目指して6団体が「連合会」を立ち上げ、賛同団体を募りました

先日おしらせしましたとおり、今日は東京・中野ZEROホールで開催された『LGBT法 連合会』の発足会に参加しました。

会場に大きく映しだされた「LGBT法 連合会」のロゴ

会場に大きく映しだされた「LGBT法 連合会」のロゴ

キックオフということで熱気にあふれていました。

ともかくちゃんと文章でお伝えしたいことがたくさんあるのですが、時間が取れなくて(涙)

写真だけ取り急ぎ掲載します。あとで必ず長ったらしくてうんざりするほどの文章を書きますからね!

会場の様子

会場の様子

発足会の式次第

発足会の式次第

フジノの恩人3人と。左から、原ミナ汰さん、石川大我さん、薬師さん(Re:Bit代表)

フジノの恩人3人と。左から、原ミナ汰さん、石川大我さん、薬師さん(Re:Bit代表)

みんなと一緒に、包括的なLGBT法の実現を誓い合いました

みんなと一緒に、包括的なLGBT法の実現を誓い合いました





後日談:翌日の神奈川新聞(共同通信社?)が報じてくれました

翌日、神奈川新聞(たぶん共同通信社の配信記事)が『連合会』の発足を報じてくれました。

2015年4月6日・神奈川新聞より

2015年4月6日・神奈川新聞より


以下に全文を引用させていただきます。

性的少数者の差別解消目指す
法整備に向け連合会結成

同性愛や性同一性障害など性的少数者(LGBT)への差別解消や支援のための法整備を国に働き掛けようと、当事者や支援者でつくる6団体が5日、「LGBT法連合会」の発足会を都内で開き、4月末をめどに法案に求められる骨子を作成する方針を示した。

神谷悠一事務局長(29)は「骨子に基づいて意見交換し、5月中に当事者案にできないかと考えている。よりよい法律を一日でも早く作り、形にしたい」と述べた。

6団体は、同性婚の実現を目指すNPO法人「EMA日本」など東京の5団体と、LGBTのための交流会や勉強会を定期的に開催する金沢市の「レインボー金沢」。

会合では、EMA日本の寺田和弘理事長(41)が

「同性婚やそれに類する制度を持っている国に、日本が含まれていないという現状を1日も早く解消するべきだ」

と強調。

レインボー金沢のスタッフ(53)は、最寄りの病院の医師が無理解だったために通院が難しくなった事例を紹介し

「地方にも性的少数者がたくさんいて、地方ならではの困難がある」

と話した。

引用は以上です。



「LGBT成人式」に来賓としてお招きいただきました/「成人の言葉」に涙、IVANさん村主章枝さんトークライブに感動!

世田谷で開催された「LGBT成人式」にお招きいただきました

今日は東京・世田谷の等々力まで向かいました(横須賀からは遠かった!)。

等々力駅にて

等々力駅にて


NPO法人Re:Bitが主催している『LGBT成人式』に、今年も来賓としてお招き頂いたのです

「LGBT成人式」のサイトより

「LGBT成人式」のサイトより


残念ながら、過去1度も参加できずにきました(パニック発作が出てしまい途中で引き返したり、他の仕事と日程が重なってしまったり、など)。

そこで今年は

「今回は他にどんな用事があっても全てお断りして、『LGBT成人式』を再優先して出席する」

と決意していました。

実は、そんな想いをささやかながら表現してみました。

フジノのスーツの襟にご注目下さい。

出席する「LGBT成人式」への敬意を表してみました

出席する「LGBT成人式」への敬意を表してみました


レインボーカラーは、多様性を保障したい全ての人々のシンボルです。



「LGBT限定の成人式はいらない論」に対して

そもそも『LGBT成人式』とは何か?

主催者である『NPO法人Re:Bit』のホームページから引用させていただきます。

LGBT成人式とは?

ありのままの自分で、自分のしたい格好で、“もっとすきになれる自分”への第一歩を踏み出す日。

成人式をすでに迎えた人も、これから成人式という人も。

ありのままの自分で成人式を迎える家族や友人に「おめでとう」を言いたい人も。

そんな周りの人達に「ありがとう」を伝えたい人も。

“もっとすきになれる自分”へ、その第一歩を踏み出そう!

込められた思い。

「成人式」は、「人に成る」と書くけれど、「人に成る」ってどういうことなんだろう?

一般的には成人式を迎えたら、大人になるように考えられているけれど

オトナの定義って人によって違うんじゃないかな?

だからLGBT成人式は、「成りたい人になる(=成人)」ための決意をしてその第一歩を踏み出す“あなた”の節目の日。

20歳限定なの?

年齢は問いません!

すでに成人式を終えたあなたも、これから成人式を迎えるあなたも、祝福したいご家族やご友人も!

たくさんの「おめでとう」と「ありがとう」が溢れる場所に。

セクシュアリティは限定されているの?

もちろん、セクシュアリティも問いません!

“おめでとう”“ありがとう”を伝えたい方なら誰でも大歓迎です!

1人で行っても大丈夫?

もちろん大丈夫です!

アフターパーティーなど交流の場もありますので、友達の輪を広ましょう!

実は、ちょっとインターネットをのぞいてみると

「LGBTだけの成人式なんてやるべきじゃない」

「LGBTもそうじゃない人も一緒の成人式が当たり前の社会に変えなければダメだ」

といった『LGBT成人式不要論』が記されています。

しかもかなり厳しい口調で、しかも同じように性的な多様性を守る為に活動してきた方々から。

フジノはそういった『不要論』に対して、理解できる気持ちもあります。

過去に、障がいのある方々だけの成人式に出席した時には、そのように感じたことがあります。

でも、12年間の政治家生活でフジノは『リアリスト』であることを学びました。

『理想』をいつも胸に抱きつつも『現実』はすぐには変わらないことをとても悔しいと感じながらも、『目の前の現実』はリアルに受け容れています。

『性的な多様性が保障される当たり前の社会』の実現の為に政治家として全力を尽くしていますが、カンタンにはいきません。

革命のように一瞬で社会が変わらない現実がある以上、短期的に今この瞬間にやれることを全力でやるべきです。

『LGBT成人式』を主催している『Re:Bit』は、そのNPO法人の名前からしてフジノの想いと同じです。

「Re=繰り返し、再び」「Bit=少しずつ」。

『現実』が変わるまで、何度も何度も挫折しても少しずつであろうと前進していくのです。

また『LGBT成人式』は、『LGBT』という単語を使っていますが、『レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー』に限定したイベントではありません。

ここで使われている『LGBT』という単語は他のセクシャリティを排除する為に使われているのではなくて、あくまでも対外的なわかりやすさや象徴的な意味合いで使われているだけに過ぎません。

「人の数だけセクシャリティは存在する」という基本的なことは、ウェブサイトでも配布物でも丁寧に説明されています。

また、この『LGBT成人式』は、誰もが自分らしくいられることを望み、その為に『節目』としてのイベントを通して、一歩踏み出せるように勇気をもらう為の機会づくりなのです。

参加できるのは、当事者・家族だけでなく、この趣旨に賛同してお祝いしたい全ての人です。

参加したい方は、年齢もセクシャリティも不問です。

決して閉鎖された空間ではありません。

こうした理由から、フジノは政治家として個人として、こころからこの機会に参加する全ての人々をお祝いしたいと感じています。

また、毎年来賓としてお招きいただいていることを、こころから誇りに感じています。

そして、「『LGBT成人式不要論』を唱えておられる方々とも、必ず分かり合える」と信じています。



成人の言葉に涙し、トークショーに感動しました

さて、今日の様子です。

式次第

-オープニング映像上映
-開式の辞
-保坂展人世田谷区長 祝辞
-堀恵子世田谷区教育委員会教育長 祝辞
-来賓紹介
-記念映像上映
-新成人の辞/新成人への辞
-閉式の辞

具体的なプログラムや会場の様子などは、フジノの記述は省略させていただきます。

というのも、メディア各社がたくさんいらしてました。明日の朝にはたくさんの記事が掲載されることでしょう。

朝日新聞社からはわれらが二階堂友紀記者が取材に来て下さってましたし(このテーマを追い続けている素晴らしい記者の方です)。

予算議会直前で準備に追われながら大急ぎでこのブログを書いているフジノよりも、そうしたメディアの報道のほうが分かりやすくていいと思います。

あえて記すならば、2つのことだけ。

第1に、『成人の言葉』に涙が出ました。

成人代表として3組の方々から、『成人の言葉』が読み上げられました。素晴らしかったです。

第2に、『トークショー』のゲストであるIVANさん村主章枝さんのお話に、深い感動をおぼえました。

フジノ以外の来賓で呼ばれた政治家たちは、みんな第1部の式典だけで帰ってしまいました。

予算議会まっただ中だったり、直前だったり、みなさんお忙しいのだろうと思います。でも、帰ったみなさんは、大きな損をしましたよ。

『トークショー』、本当にすごかったのですから!

IVANさんが最後の最後で語った暴力事件のお話は、日本にも根強い『ホモフォビア』があることを感じさせられ、絶対に許せないと強い怒りを持ちました。

IVANさん、ごめんね。こんな世の中で。

でも絶対に変えてみせるから。

誰もがありのままの自分で生きることが当たり前にできる社会に、必ず変えていきます。



「世の中=人々の意識」が変わるには時間がかかるけれど、諦めたら絶対にダメです。必ず変わります!

社会が変わるには、時間はかかるでしょう。

けれども、今日は『Lush Japan』のような企業が協賛してくれたり、世田谷区長の保坂展人さんが祝辞を述べたり、社会が少しずつ良い方向に変わっているのは確かです。

Lushの特設ページ「LGBT支援宣言」

Lushの特設ページ「LGBT支援宣言」


しかも『Lush Japan』はおととし昨年と2年連続で『LGBT支援』の活動を行なっています。LGBTフレンドリーな企業も増えてきました。

さらに、当事者みずからが政治家になって制度設計や条例提案に携わる方も増えてました。

かつては『当事者であり、政治家』という存在は尾辻かな子さんしかいらっしゃいませんでした。

けれども今では上川あや議員(区議として3期12年間)石坂わたる議員(2011年初当選)もいらっしゃいます。

2012年5月、石坂わたる議員とフジノ

2012年5月、石坂わたる議員とフジノ

落選こそしてしまったものの、先日の総選挙に立候補した元豊島区儀の石川大我さんもいます。

旧知の同志・石川大我さんとフジノ

旧知の同志・石川大我さんとフジノ


(石川大我さんにはぜひとも政治家として復帰してほしいです)

さらについ先週には、渋谷区が『同性パートナーシップ制度』を条例化するとのニュースが全国で話題になりました。

また、世田谷区長の保坂展人さんは、上川あや区議とともに、「世田谷区でも条例化に向けて検討している」と発言しておられました。このことも昨日、大きく報じられました。

これだけ大きな変化が起こりつつあるのです。

必ず社会は変わります。

どんなに挫折しても苦しくても、諦めずに少しずつ前に進んでいくのです。

人の意識は必ず変わります。ゆっくりですが、必ず変わります。

だからどうか諦めないで下さい。

絶対に変わりますし、変わるスピードを早める為の努力はあらゆる立場の人々が全国でがんばっています。

フジノもそのひとりです。絶対にあきらめません。

みんなで力をあわせて、誰もがありのままの自分らしく生きていかれる社会に変えていきましょう。

本日はお招きいただいて誠にありがとうございました。

そして、参加して下さったみなさまにもこころから「おめでとう」と改めて申し上げたいです。



後日談:なんと村主章枝さんとツイッターで!

以下のツイッターでのやりとりをご覧下さい。

今日の『トークライブ』のゲスト、世界で常に上位を競ってきたスケート選手の村主章枝さんとフジノのツイッターでのやりとりです。

村主章枝さんとフジノのツイッターでのやりとり
20150215tweet02

フジノが「横須賀でぜひ講演会をお願いしたいです。いつか必ずオファーを正式に出しますのでお願いします」とツイートしました。

それに対して、なんと村主選手はお母さまのふるさとが横須賀であること、オファーがあれば講演会をしてくださるとお答え下さいました。

ただ、これくらいのお返事ならば『リップサービス』だと思いますよね。やっぱり。

しかし!

村主章枝さんがフォローしてくれました

村主章枝さんがフォローしてくれました


なんと、村主章枝選手がフジノのツイッターをフォローして下さったのです。

『リップサービス』なんかじゃない。

村主さんは、本気で横須賀で講演会をやって下さるはず。

絶対にがんばって村主章枝選手に横須賀で講演して頂く努力をしなければ!

素晴らしい出会いに感謝です。



神奈川11区は小泉進次郎代議士が当選、南関東ブロックでは志位和夫・はたの君枝(共産党)らが当選しました【12月15日1:50現在】

フジノが投票した結果、どうなったか?

昨日のブログでは、総選挙でフジノが小選挙区では誰に投票し、比例区ではどの政党に投票したか、その理由とともに説明をしました。

全ての開票結果を最後まで確認してから眠りたいのですが、本日は12月議会・本会議(最終日)なので、そろそろ眠ろうと思います(現在深夜2時)。

1時50分現在の結果は、このようになりました。

  • 小選挙区:小泉進次郎さんが当選
投票率54.5%、16万8953票で「小泉進次郎」当選

投票率54.5%、16万8953票で「小泉進次郎」当選

  • 比例区:南関東ブロックでは日本共産党が躍進

投票率53.14%、開票率89%で、日本共産党は3議席

投票率53.14%、開票率89%で、日本共産党は3議席


「はたの君枝さんに衆議院議員になって国会で働いて欲しい」というフジノの願いは叶いました!

本当に良かったです。

(*後日追記)
はたの君枝さんからツイートを頂きました。ありがとうございました

はたの君枝さんからツイートを頂きました

はたの君枝さんからツイートを頂きました

他の政党の結果は以下の通りです。

自由民主党の南関東ブロック当選者

自由民主党の南関東ブロック当選者


自由民主党。

民主党の南関東ブロック当選者

民主党の南関東ブロック当選者


民主党。

フジノは阿部知子さんと面識があり、当選して下さって本当に良かったと感じています。

「維新の党」南関東ブロック当選者

「維新の党」南関東ブロック当選者


維新の党。

「公明党」の南関東ブロック当選者

「公明党」の南関東ブロック当選者


公明党。

古屋範子代議士が当選して下さったことにもフジノはホッとしています。

小泉代議士とともに古屋範子代議士にも、横須賀市は様々な政策で大変お世話になっています。

これからも横須賀・三浦を前に進める想いを持つ方が衆議院で活躍して下さることを願っています。

残り1議席が決まっていません。

現時点では、生活・社民・幸福の3党はゼロ議席となっています。

もう1時間くらいすればラスト1議席も確定するのだと思います。

東京ブロックの結果

東京ブロックの結果


東京ブロックで注目していた石川大我さん(社民党)は落選しました。

大変、残念です。

多様な性にYES!「やっぱ愛ダホ!2012」に参加しました/国際反ホモフォビアの日

『やっぱ愛ダホ!2012』に参加しました

昨年に続いて、今年も新宿駅東南口で開かれた『やっぱ愛ダホ!』の取り組みに参加してきました。

アイダホ(IDAHOT)とは『国際反ホモフォビアの日』の略称です。

1990年に世界保健機構(WHO)が精神疾患のリストから同性愛を削除した5月17日を記念日に指定しているのですが

アイダホを記念して2007年から日本でもこうして全国各地でイベントが行なわれています。

今日配ったチラシです

今日配ったチラシです


新宿駅東南口はいつもすさまじい人であふれていますが、土曜日の今日もいつもどおり混雑していました。

そんな中、こうして『多様な性にYES!』を訴えられることは、とても素晴らしいことだと感じます。



全国から寄せられたメッセージを新宿で読み上げました

さらにうれしいことに、今年はなんとフジノもメッセージ代読をさせていただきました!

一緒に活動させてもらえるだけでもありがたいので、これにはこころから感激しました。

『やっぱ愛ダホ!』の場に託して頂いた全国からの想いのこもったメッセージです。

1通ずつ読み上げながら、フジノが代わりに読ませてもらうことの責任の重さと同時に深い感謝の気持ちを感じました。

これはいつも書いていることなのですが、フジノのまわりにはオープンリー/カミングアウトしている方が多くて

フジノのまわりという限定された空間においては『性的な多様性』はまるで実現していることのように錯覚してしまうことがあります。

けれどもそれは広大な砂漠のあちこちにオアシスがあるように、単なる限られた仲間内での『精神的な受け止め方』でしかなく

文化的・経済社会的・法律的にはいまだ『多様性』は保障されていないのが現実です。

例えば、先週5月9日、アメリカでオバマ大統領が現職の大統領として初めて『同性婚』を支持すると表明して大きな話題になりました。

2012年5月10日・CNNニュースより

2012年5月10日・CNNニュースより


けれども、日本ではまだまだ話題になることすらありません。

このような現状を変えて、より広く深く多様性が保障されるようにするにはもっと政治的な取り組みが必要です。

そんな中、昨年の統一地方選挙では石坂わたるさん(中野区議)石川大我さん(豊島区議)のお2人が、わが国では初めてオープンリーゲイとして公職に選出されました。

石坂さん・石川さんとは政治家に転職する前からの知人ですが、政治業界に仲間が増えてくれたことは本当に心強いです。

石坂さんとフジノ。石坂さんは6年連続『やっぱ愛ダホ!』皆勤賞です

石坂さんとフジノ。石坂さんは6年連続『やっぱ愛ダホ!』皆勤賞です


『IDAHO』のイベントを横須賀で開催するのが昨年からのフジノの目標です。

来年こそは、必ず横須賀で開催できるようにしたいです。

街頭キャンペーンを行なった新宿

街頭キャンペーンを行なった新宿


一緒に活動してくれたみなさまに感謝してます。

そして、メッセージを送ってくれたみなさま、ありがとうございました。

来年はぜひ横須賀で一緒にイベントを開催しましょうね!