まもなくスタートする予算議会の日程案(会期37日間)が出ました/理事会が開かれました

「理事会」が開かれました

本日、『予算決算常任委員会・理事会』が開かれました。

市役所1階のパネル

市役所1階のパネル


ここでは、「予算月議会に市長から提出される(予定)の議案をどの常任委員会が審査するか」などをあらかじめ決めておきます。



会期は37日間の予定です

予算議会の日程(案)も示されました。

予算議会日程(案)会期37日間

日付 会議名
2月17日 議会運営委員会
2月17日 本会議(2015年度の補正予算案が提出されます)
予算決算常任委員会(本会議終了後)
2月18日 教育福祉常任委員会(予決分科会)
都市整備常任委員会(予決分科会)
2月19日 総務常任委員会(予決算分科会)
生活環境常任委員会(予決算分科会)
2月20日 予備日
2月23日 予算決算常任委員会理事会
予算決算常任委員会
2月24日 議会運営委員会
2月25日 本会議(代表質問1日目)
2月26日 本会議(代表質問2日目)
2月27日 本会議(代表質問3日目)
予算決算常任委員会(本会議終了後)
3月2日 予備日
3月4日 教育福祉常任委員会(予決分科会)
都市整備常任委員会(予決分科会)
3月5日 総務常任委員会(予決算分科会)
生活環境常任委員会(予決算分科会)
3月6日 教育福祉常任委員会(予決分科会)
都市整備常任委員会(予決分科会)
3月9日 総務常任委員会(予決算分科会)
生活環境常任委員会(予決算分科会)
3月10日 教育福祉常任委員会(予決分科会)
都市整備常任委員会(予決分科会)
3月11日 総務常任委員会(予決算分科会)
生活環境常任委員会(予決算分科会)
3月12日 教育福祉常任委員会(予決分科会)
都市整備常任委員会(予決分科会)
3月13日 予備日
3月16日 総務常任委員会(予決算分科会)
生活環境常任委員会(予決算分科会)
3月17日 予備日
3月18日 予備日
3月19日 予備日
3月23日 予算決算常任委員会理事会
予算決算常任委員会
3月24日 予備日
3月25日 議会運営委員会
3月25日 本会議(最終日)

この他にも、もしも特別委員会などが設置されれば、新たに日程が追加される予定です。



合計59本の市長提出議案を審査する予定です

まず、一般会計・特別会計(介護保険)の2015年度補正予算案や条例改正案などが18議案が、市長から提出される予定です。

理事会・配布資料

理事会・配布資料


さらに、2016年度当初予算案をはじめ条例改正案などが41議案が、市長から提出される予定です。



フジノは「介護保険料」の値上げに注目しています

年4回開かれる議会はどれも大切ですが、予算議会は特に重要です。

社会保障政策・社会福祉政策がメインテーマであるフジノは、3年に1度改定される『介護保険事業計画』と連動して改定される『介護保険料』に注目しています。

介護保険の事業計画と年次(フジノ作成)

介護保険の事業計画と年次(フジノ作成)


先日ついに『第6期介護保険事業計画』が完成しました。

これにあわせて、介護保険料も値上げすることになります。

もはやこの時代において、値下げはありえません

高齢の方々の数は増え続けていき、どれだけお元気な方が増えても、ほとんどの方々はいつか要支援・要介護の状態になる時が来ます。

高齢の方々の数が増えて、要支援・要介護の方々が増えれば、介護保険への支出も当然増えていきます(市民のみなさまが介護サービスを使うということは、介護保険にとっては支出です)。

その支出を、ざっくり分けて3つの財源で賄っています。

保険料 40~64才の第2号被保険者のみなさまが支払う保険料
65才~の第1号被保険者のみなさまが支払う保険料
公費負担 国・県・市のそれぞれが税金で負担

この中で、市民のみなさまがじかに大きな影響を受けるのが、『介護保険料(1号・2号とも)』です。

2012~2014年度の3年間は、下の図のように、所得に応じて12段階の支払い金額に保険料は分かれていました(介護保険料は全員同じ金額ではありません)。

横須賀市の介護保険料

横須賀市の介護保険料


これが2015~2017年度の新たな3年間については

  1. 一人あたりの介護保険料の値上げの金額がどれだけ増えるのか
  2. 所得に応じた負担額の段階がどれだけ広がるか

に注目しています。

というのも、この2点は、フジノの永遠のテーマなのです。

3年ごとの計画改定(=介護保険料改定)のたびに、様々な形で提案を市議会で繰り返してきました。

低所得の高齢者世帯は増えていく一方です。しっかりとした支援が必要です。

そこで、フジノは「もっと所得に応じた負担額を増やしていくべきだ」「12段階ではなくさらに段階をこまやかに増やしていくべきだ」という2つの提案をしてきました。

その提案が『第6期計画』ではどのように反映されるのか、とても注目しています。

まもなく2015年予算議会スタートします。

いつもどおり、フジノは全身全霊をかけて議論をしていきます!



横須賀の「高齢化率」さらに上昇、27.97%へ/第6期介護保険事業計画を策定しています

社会福祉審議会福祉専門分科会へ

今日は『社会福祉審議会福祉専門分科会』(第41回)を傍聴しました。

会場にて

会場にて


『福祉専門分科会』って何を担当している会議なのか、分かりにくい名前ですよね(改名した方がいいとフジノは考えています)。

この会議では、1年間をかけて『第6期介護保険事業計画』づくりの議論をしています。

20140515caresystem

この『社会福祉審議会福祉専門分科会』と『介護保険運営協議会』の2つは、ご高齢の方々の『住まい・生活支援・保健・医療・福祉』について決めていきます。

とても重要な会議です。



いのちと暮らしを左右する計画づくりを進めています

『介護保険事業計画』は、フジノのライフワークの1つです。

介護保険の事業計画と年次(フジノ作成)

介護保険の事業計画と年次(フジノ作成)


これは本当に重要な計画で、3年に1度つくられます。

そこに書かれる内容によって、たくさんの人々のいのちと暮らしが左右されてしまいます。だからフジノは、この計画づくりから目を逸らすことができません。

現在つくっているのは『第6期』(6回目の計画)なのですが、フジノと同じく過去の計画づくりからずっと傍聴を続けてこられたある市民の方がいます。

その方は、やっぱりフジノと同じように居ても立っても居られなかったのだと思います。新しい委員の公募に応募されて、選考を経て、今期から公募委員に就任されました。

今日の会議でも、その方は一生懸命たくさん発言しておられました。

この『危機感』を、フジノはぜひ市民のみなさまと共有したいです。

もう目の前に来ている2025年、そして2050年、社会保障・社会福祉はとても危機的な状況に追い込まれつつあるからです。



高齢化率がさらに上昇、27.97%へ

最新の高齢化率が報告されました。

2014年4月1日現在、横須賀市の高齢化率は27.97%

前回の報告(2013年10月1日現在、27.35%)よりもさらに上昇しました。

横須賀市の総人口41万8,621人のうち、65才以上は11万7,108人となりました。

2017年の横須賀のイメージ

2017年の横須賀のイメージ


2年後には、市民の3人に1人が65才以上となります。



足りない医療・福祉の人材、値上がりを続ける介護保険料、厳しい未来の姿

今後もさらに総人口は減り続けていき、65才以上の方々の数は増え続けていくことになります。

果たしてその時、医師・看護師の数は足りているでしょうか。介護を担う人材は足りているでしょうか。住み慣れた地域で暮らせるのでしょうか。自宅がムリなら、高齢者向けの住まいや施設で暮らせるのでしょうか。

メディアでは、とても厳しい未来の姿(介護難民、看取り難民)がたくさん報じられています。フジノ自身も今のままでは将来は厳しいと感じています。

そして、介護保険料のさらなる値上げは絶対に避けられません。

介護保険料は、横須賀市の場合、所得によって10段階に分かれています。

現在は、第1段階の方々が年額2万9400円、第10段階の方々が年額10万5840円です。

横須賀市の介護保険料

横須賀市の介護保険料


3年ごとに介護保険料は改定されるのですが、来年2015年はその改定の年です。

客観的な状況から判断すると、来年の値上げは避けられない、とフジノは考えています。

来年は10月に消費税増税も予定されていますから、市民のみなさまの暮らしはますます厳しくなるのではないかと深く心配しています。

こうした『危機感』をもっと共有して、社会保障・社会福祉に取り組む全ての人々は、未来をよりマシな姿にすべく今こそ全身全霊をかけて取り組むべきです。

希望を感じられる未来は、今この瞬間に必死に努力しなければ、作り出すことはできません。政治・行政は、もっともっと『危機感』を持つべきです。



計画づくりの今後の予定

『第6期』の計画づくりは、来年2015年1月まで続きます。

7月頃に国から基本方針が示される予定ですが、それを待つこと無く横須賀市は議論を続けていきます。

日程 議題
第2回
(6月)
計画の骨子について
第3回
(7月)
認知症高齢者支援、権利擁護の取り組み、虐待防止の取り組み、在宅生活支援
介護人材の育成
第4回
(8月)
地域で支えあう仕組みづくり、新しい総合事業(1)
健康づくり・介護予防・生きがいづくり
第5回
(9月)
地域で支えあう仕組みづくり、新しい総合事業(2)
住まい(施設等)について
医療と介護の連携
給付の適正化
第6回
(10月)
介護サービス量等の推計
給付費の推移
保険料段階設定の考え方
第7回
(10月)
パブリックコメント案の定時
2025年までの中長期的サービス水準等の推計
11月 パブリックコメントの実施
第8回
(12月)
計画案の修正箇所について
計画公表までのスケジュール
パブリックコメント手続きの結果
計画案の提示
1月 答申案の市長への提示
3月 市議会に報告

フジノはこれからも計画づくりについてお伝えしていきます。

どうかあなたも今後の行方に注目していてくださいね。

よろしくお願いします!



どんな死に方をしたいか、あなたにも一緒に考えてほしくて/第6期介護保険事業計画の策定

前回から続きます)

あなたにも一緒に考えていただきたい事柄をアンケートで問いかけています

介護保険は3年に1度、大きく制度が変わるのですが、必ずアンケート調査など様々な調査を実施することになっています。

ところで、アンケートという調査方法は『市民のみなさまの声を聴かせていただく』というツールであると同時に、『市民のみなさまに一緒に考えてほしいことをお伝えする』ツールでもあるとフジノは考えています。

アンケートの問いかけに1つずつ回答しながら、あなたはその問いかけを通してご自分の現状や想いについていろんなことを考えることになると思うのです。

アンケート調査は、双方向のやりとりのツールでもあります

アンケート調査は、双方向のやりとりのツールでもあります


そこで、今回の『第6期・介護保険事業計画』策定の為のアンケート調査には、『ぜひ市民のみなさまに一緒に考えていただきたい事柄』を新たな設問としていくつか追加してあります。

アンケート調査の新たな項目「看取り」について

今日のブログでは、その中で最も注目すべき項目だとフジノが考えているものを紹介します。

それは人生の最期にどのような『看取り』を望むのか、という問いかけです。

以下の文章は実際のアンケート調査で用いられた設問です。

終末期医療と療養の揚所について、おたずねします。

本人が重い病気などで意思表示できない時、 家族や医師などの判断で医療行為が行なわれています。

しかし、当の本人の意思が反映されているかどうかは分からない為、 終末期医療の選択においては、 家族や医師などが悩みを抱える揚合があります。

  • 間51 あなたが病気などで人生の最期を迎える時が来た揚合、延命治療 (心肺蘇生・ 人工呼吸 ・点滴による栄養補給など)を希望しますか。
    1. 延命治療を希望する
    2. 延命治療を希望しない
    3. 分からない
    4. その他

問51で「2.延命治療を希望しない」と答えた方におたずねします。

  • 問51-1 ご家族は、「延命治療を希望しない」というあなたの意思を知っていますか。
    1. 自分の意思は書面に記載してあり、家族もそのことを知っている
    2. 自分の意思は書面に記載してあるが、家族はそのことを知らない
    3. 家族とは話し合っているので、自分の意思を良く理解してくれている
    4. 家族には自分の意思を伝えているが、理解してくれているかどうかわからない
    5. 家族は自分の意思を知らないと思う
    6. その他
  • 問52 あなたが病気などで人生の最期を迎えるときが来た揚合、最期はどこで過ごしたいと思いますか。
    1. 最期まで自宅で過ごしたい
    2. 自宅で療養して、必要になれば医療機関に入院したい
    3. 医療機関に入院したい
    4. 老人ホームなどの施設に入所したい
    5. わからない
    6. その他

間52で「1.最期まで自宅で過ごしたい」または「2.自宅で療養して、必要になれば医療機関に入院したい」と答えた方におたずねします。

  • 間52-1 それは、実現できると思いますか。
    1. 実現できると思う
    2. 実現は難しいと思う
    3. わからない
    4. その他

間52-1で「2. 実現は難しいと思う」または「3. わからない」と答えた方におたずねします。

  • 間52-2 その理由は何ですか。
    1. 家族に介護の負担や手聞がかかるから
    2. 自宅で介護を受けられる居住環境が整っていないから
    3. 介護してくれる家族がいないから
    4. 在宅介護サービスが十分でないから
    5. 入院したほうがきちんと医療を受けられるから
    6. 訪問診療をしてくれる医師や看護師がいないから
    7. 急に具合が悪くなった時に不安だから
    8. 自宅で亡くなることに不安があるから
    9. お金がかかるから
    10. 家族の理解が得られないから
    11. その他
  • 問53 あなたの家族が人生の最期を迎える時が来た揚合、どこで最期を過ごすことを薦めますか。
    1. 最期まで自宅で過ごすことを薦める
    2. 自宅で療養して、必要になれば医療機関に入院することを薦める
    3. 医療機関に入院することを薦める
    4. 老人ホームなどの施設への入所を薦める
    5. わからない
    6. 家族はいない
    7. その他

人は、必ず死にます。

それなのに、これまでわが国では死について語ることがタブー視されてきました。

近年では、自分の最期についての希望をあらかじめ記しておく『リビングウィル』などが浸透してきましたが、まだまだ家族みんなで食卓で話を気軽にできるほどにはなっていません。

ですから、このアンケート項目は、とても大切です。

あなたにも一緒にどんな死に方をしたいのか、考えて欲しいのです。

死に方をまっすぐに見つめることは、生きることをまっすぐに見つめることです。

もう目の前に『多死社会』が来ています。

その時、自宅でも亡くなることができない、病院でも亡くなることができない、施設でも亡くなることができない、つまり死に場所が無い『看取り難民』が全国で47万人にのぼるとされています。

現実は圧倒的なスピードで迫っているのです。

けれども人々のこころはそのスピードには着いていかれず、死について考えることを漠然と避け続けてしまうことが多いと思います。

でも、もうそれを避けてはいけないと思うのです。

このアンケートの設問には、そうしたフジノの願いもこめられています。

今回のアンケートの対象は60代以上の方々が対象でした。

けれども本来であれば、小さなこどもの頃から機会をとらえて常に全ての世代が考えていくべきことだとフジノは考えています。

このアンケートがそのきっかけの1つになることを願っています。

アンケート調査にご協力ありがとうございました/第6期介護保険事業計画の策定

ただいま第6期の「介護保険事業計画」策定を進めています

介護が必要になっても誰もが安心して暮らせる社会にしたい、とフジノは願っています。

そんな社会づくりの為に、介護保険制度は欠かせない存在です。

その介護保険は、対象期間が3年間の『事業計画』によって運営されています。

計画が改定される3年ごとに、介護保険料が改定(値上げ)されたり、新しい事業が作られるなど制度が大きく変わります。

そして、現行の『第5期・事業計画』は、来年度(2014年度)で終わります。

介護保険の事業計画と年次(フジノ作成)

介護保険の事業計画と年次(フジノ作成)


そこで来年度中に、新しい『事業計画』を完成させなければなりません。

次の『第6期・事業計画』は2015〜2017年度となります。

2013年7月26日開催「第6期介護保険事業(支援)計画の策定準備等に係る担当者等会議」資料より

2013年7月26日開催「第6期介護保険事業(支援)計画の策定準備等に係る担当者等会議」資料より


その為、現在、全国の地方自治体では『第6期・介護保険事業計画』策定に向けて準備作業を行なっています。

より良い介護保険の仕組みを作る為には、この事業計画をしっかりと市民のみなさまの声に耳を傾けて作ることが何よりも大切です。



事業計画策定には、事前の調査が重要です

『事業計画』の改定にあたっては、まず、現状やニーズやきちんと知る為の調査がとても大切です。

もちろん、法律にも調査の必要性が明記されています。

介護保険法
第117条  
5 市町村は(略)当該市町村が定める区域ごとにおける被保険者の心身の状況、その置かれている環境その他の事情を正確に把握した上で、これらの事情を勘案して、市町村介護保険事業計画を作成するよう努めるものとする。



第4期までは以下の調査が行なわれてきました。

第4期までの調査方法

第4期までの調査方法


さらにより良いものとする為に、『第5期・事業計画』から新たに『日常生活圏域ニーズ調査』を導入しました。

介護保険事業に係る保険給付の円滑な実施を確保するための基本的な指針(抄)

(平成18年3月31日 厚生労働省告示第314号)

第2 介護保険事業計画の作成に関する事項
1.介護保険事業計画の作成に関する基本的事項
4 要介護者等の実態の把握
 市町村は、要介護者等の実態を踏まえ、介護給付等対象サービス及び地域支援事業の需要を的確に把握した上で、市町村介護保険事業計画を作成する。
 この場合、市町村は必要に応じて、当該市町村が定める区域ごとに被保険者の心身の状況、その置かれている環境その他の事情等、要介護者等の実態に関する調査(以下「日常生活圏域ニーズ調査等」という)を行うこととする。



第5期から新たにスタートした調査方法

第5期から新たにスタートした調査方法


3年前に横須賀市で『第5期・事業計画』を作った時にも市民のみなさまにはアンケート調査にご協力を頂きました。



アンケートへご協力ありがとうございました

そして今回の『第6期・事業計画』を作るにあたっても、11月からアンケート調査を実施してきました。

横須賀市高齢者福祉に関するアンケート調査・表紙

横須賀市高齢者福祉に関するアンケート調査・表紙

  1. 調査期間
    2013年11月22日(金)〜12月24日(火)
  2. 調査対象
    (1)要支援・要介護認定を有する高齢者 2,000名
    (2) (1)以外の高齢者 1,600名
  3. 調査方法
    メール便による無記名式アンケート(無作為抽出による)専用の返信用封筒を同封。
  4. 調査内容
    高齢者の日常生活実態、地域との-かかわり、健康への心掛け、介護予防、介護保険サービスの利用状況及び利用意向、高齢者サービスの利用状況及び利用意向、介護者の状況など

12月24日が締め切りでした。

12月18日現在の回収率は下の通りです。みなさまのおかげで、とても良い回収率となりました。

回収の状況 (2013年12月18日現在)

区分 配布数 回収数 回収率
(1) 認定あり 2,000部 930部 46.50%
(2) (1)以外 1,600部 934部 58.38%



これだけ高い回収率はなかなかありません。

介護が必要な方も安心して暮らせる社会を実現するには、まわりまわってこのアンケートを通して市民のみなさまの声を行政にしっかりと届けていただくことが必要です。

その意味で、アンケートにお答え下さる方々が多ければ多いほど、より良い事業計画作りにつながります。

本当にご協力ありがとうございました!



国は「地域包括ケア実現に向けた第6期介護保険事業計画」と位置づけ/医療と福祉の連携・統合を進める「在宅療養連携会議」へ

第6期介護保険事業計画の策定準備等に係る担当者会議へ

今日は東京・霞ヶ関へ。

厚生労働省で、フジノは午後から夕方までずっと会議を傍聴してきました。

厚生労働省の講堂にて

厚生労働省の講堂にて


全国の地方自治体の介護保険を担当している課長を集めて開かれた、『第6期介護保険事業計画を策定する為の準備に関する会議』です。

介護保険を担当している全国の地方自治体の課長を集めた開催された会議

介護保険を担当している全国の地方自治体の課長を集めた開催された会議


『第6期』は『地域包括ケア計画』と位置づけられていく予定です。

介護保険の事業計画と年次(フジノ作成)

介護保険の事業計画と年次(フジノ作成)


『介護保険』の仕組みを活かして、誰もが住み慣れた地域で暮らし続けられる為に『地域包括ケア』を実現することは、フジノの使命です。

しかし、財政とのかねあいもあって、横須賀市での『第6期』の計画づくりも、夢のような計画にはできないでしょう。

それでもフジノはしっかりと言うべきことは言い、すでに到来している少子超高齢・多死社会においても、生きていくことに『希望』を感じられるように取り組んでいきます。

政治家に転職した時には、まさかここまで高齢者福祉にのめりこむとは思いませんでした。

中でも『介護保険制度』はフジノのライフワークの1つだと感じるようにさえ、なりました。

わが国における『介護』を、『家族』の義務ではなく『社会』みんなの責任に、社会制度と法律によって変えたのです。

このことは、世界に誇るべき『政治の成果』だとフジノは考えています。

そんな政治行政の先輩方が「生み出した」制度を、フジノたちの世代が「しっかりと育てていかねばならないのだ」と責任を日々痛感しています。

「在宅療養連携会議(第2回)」が開催されました

それが終わると、東京・霞ヶ関から大急ぎで横須賀に戻り、逸見へと向かいました。

京急の逸見駅

京急の逸見駅


保健所を会場に開催された『在宅療養連携会議』を傍聴しました。

在宅療養連携会議・全体会議の会場にて

在宅療養連携会議・全体会議の会場にて


これは『医療と福祉の連携・統合』の実現を目指して、横須賀市が開催している会議です。

『専門部会』での成果を報告する為の『全体会議』なのですが、2013年度としては第2回目の開催です。

全ては「地域包括ケア」を実現してこのまちに暮らすみなさまの為に

会議が終わった後、会長である千場先生と初めてじっくり意見交換をさせて頂きました。

『在宅療養連携会議』メンバーの方々とは、ふだんからメーリングリストによって意見交換をさせて頂いています。

でも、みなさんが横須賀の保健医療福祉の中心メンバーで本当にお忙しい方々なので、じかにお会いしてお話する機会が実は初めてでした。

京急逸見駅から電車で帰りました

京急逸見駅から電車で帰りました


フジノは今年も週2回、大学院で『地域包括ケア』『在宅療養』について聴講しています。

その大学院の教授の多くが、国の審議会メンバーにとても多く入っています(だからこそ聴講しているのですね)。

講義を通して語られる、最新の国の動向をとにかく早くキャッチしていくように努力をしています。

そうしたフジノの活動に、千場先生もご関心を持って頂いていることを知りました。とても驚き、かつ、とてもうれしく感じました。

午後ずっと厚生労働省で会議を傍聴していたのも、大学院での聴講と同じ目的です。

これからも、あらゆる形で国の情報を捉えて、横須賀の為に現場で役立つ取り組みをしっかりと努力していきたいです。

とても忙しく、そしてとても疲れきっているのですが、充実した1日でした。

今夜は疲労困憊ですので、報告はここまで。