横須賀市の自殺による犠牲者数が、過去数年並みに戻りました/6月末までの速報値

自殺による犠牲者数の速報値(6月末)が発表されました

4月末にブログでお知らせした、横須賀市の自殺による犠牲者数(速報値)。

前年度2倍に増えている犠牲者数に危機感を抱き、関係者のみなさまにもぜひ危機感を共有してほしいとお願いをしました。

それから3ヶ月が経ちました。

1年間の半分である6ヶ月目の速報値が内閣府自殺対策推進室から発表されました。

横須賀市の、過去5年間の1〜6月の自殺による犠牲者数

横須賀市の、過去5年間の1〜6月の自殺による犠牲者数


上のグラフは、内閣府のデータをフジノがまとめなおしたものです。

この半年間の犠牲者数の合計は、過去数年間と同じレベルとなりました。

3ヶ月前と2ヶ月前の発表後に、保健所長と意見交換した際に

「1ヶ月ごとの速報値は短期的なものなので、公衆衛生学的にはあまりとらわれてはいけない」

とご指摘を頂きました。

半年間のデータを確認しながら、改めて所長のご指摘のとおりだと痛感しました。

ここしばらくの間、公衆衛生の基本的な教科書を初心にかえって何度も読み返していました。

しかしその一方でフジノは、

「4ヶ月目からの犠牲者数の減少は、短期的な結果を受けて危機感を持って動いたからこそ起こったのではないか」

「短期的な結果を受けて、即座に対策を打つことも重要ではないか」

との想いも同時に強めています。

自殺対策に、終わりはありません。

とにかく毎日ひとつずつ正しいと信じる手段をこうじていくしか無いと考えています。

犠牲になった方々のことを、毎日思い返しながら、政治家として「できたはずのこと」「やるべきだったこと」を考え抜くしかありません。

2013年11月までの横須賀の自殺による犠牲者数は63名/大晦日ひとり自殺対策街頭キャンペーン2013-14

大晦日ひとり自殺対策街頭キャンペーン

12月31日、大晦日の今日も、ワイデッキで『ひとり自殺対策街頭キャンペーン』を行ないました。

市民の方が撮影して下さいました

以前相談を受けた市民の方がおこさんをつれて会いに来てくれて、撮影して下さいました


今夜も何人もの方から声をかけていただきました。

クリスマスにサンタのコスチュームを着ていたサンタガールズの女の子が、今日はふだん着で話しかけてきてくれました。

いろいろな方に活動を励ましていただいてしまいました。ありがとうございます。

自殺による犠牲者数の最新データ

けれども、フジノはそんな励ましの言葉を頂ける立場には本来ありません。

振り返ると、今年もたくさんのいのちが自殺によって失なわれてしまいました。

最新の統計データでは、2013年11月末までの自殺による犠牲者数が明らかになっています(速報値)。

内閣府「月別の地域における自殺の基礎資料」よりフジノ作成

内閣府「月別の地域における自殺の基礎資料」よりフジノ作成


このまちでは、11月末までに62名もの方々が犠牲になりました。

この結果はフジノの力不足そのものです。本当に残念で、とても悔しいです。

全身全霊をかけて市民のみなさまのいのちを守ります

今年は『アベノミクス』によって景気が回復しつつあると言われていますが、本当でしょうか。このまちに暮らすあなたに、その良い影響は届いているとは思えません。

まもなくやってくる来年には、消費税の増税をはじめ、税金や保険料の値上げが実施されます。

市民のみなさまの生活にさらに厳しい影響が及ぶ可能性もあります。

フジノは、その悪影響から市民のみなさまを守る為に、全身全霊でセーフティ・ネットとしての社会保障を守ります。

2014年もフジノの目標は、ただ1つです。

自殺へと追い込まれる犠牲者をもっともっと減らしていく

来年も今年以上に全身全霊を賭けて働き続けます。

どうか、死なないで下さい。
どうか、生きのびて下さい。

あなたが生き続けられるように、政治と行政は全力を尽くしていきます。

来年は今よりも少しでも生きやすい社会になるように、ますます努力して活動を続けていきます。

この1年間も、たくさんの方々のご協力を頂いたおかげで、フジノはあらゆる政策を進めてくることができました。

自殺対策、精神保健福祉、医療・福祉の連携、高齢者福祉、こども家庭福祉、性的な多様性の保障、いくつもの政策で全国に誇れるような取り組みを実現することができました。

それは全てフジノひとりの力では実現できませんでした。

市民のみなさま、市職員のみなさま、先輩・同僚議員のみなさまが力を貸して下さったからです。

こころから感謝しています。本当にありがとうございました。

どうかみなさま、良いお年をお過ごし下さい。