読売新聞・神奈川新聞と、大会終了後も続く「雫有希」旋風/2.14横須賀チャリティプロレス大会「きらきら太陽プロジェクトfor横須賀~愛~」

神奈川新聞が「きらきら太陽プロジェクト」を報じました!

昨日の読売新聞に続いて、けさの神奈川新聞でも『きらきら太陽プロジェクトfor横須賀~愛~』が報じられました!

何かのイベントがある場合、マスメディアは『事前』か『事後』のどちらか1回しか報じないのが当たり前です。

それにもかかわらず、読売新聞も神奈川新聞も『事前』の報道だけでなく、当日も取材して下さいました。

『事前』『事後』の2回にわたって記事が出るのは、極めて異例中の異例のことなのです。

2015年2月16日・神奈川新聞より

2015年2月16日・神奈川新聞より


しかも前回に続いて記事を書いて下さったのは、岡部信康さん(現・神奈川新聞横須賀支社長、前・神奈川新聞スポーツ部長)です。

ふつう支社長は記事を書かないものです。

どちらかというと『社交的な役回り』がメインで、地域の名士との交流などでお茶を濁す仕事になります。つまりジャーナリストとしては『アガリ』で、『経営陣』になるのです。

でも、つい3月末まで前スポーツ部長だった岡部さん、今回も自ら取材に来て下さいました!

フジノは本当に感動しましたよ、嬉しかったです。

下に全文を引用してご紹介させて頂きます。

横須賀ゆかり女子プロレスラー
雫さんが慈善大会、試合も観客も熱気

横須賀市ゆかりの女子プロレスラー雫(しずく)有希(あき)さん(28)が代表を務める団体、きらきら太陽プロジェクトが14日、市総合体育会館(同市不入斗町)でチャリティー大会を開催し、約600人が集まった。

雫さんは慶応大レスリング部時代に防衛大で練習を積み、市内にも住んだことがある。

今回初めての横須賀大会は5試合が組まれ、ダンプ松本さんら有名選手も参戦。

子ども向けのプロレス教室も行われた。

2試合に出場した雫さんはともに敗れ、

「ぶざまな試合をしたが、これだけの人が入ってうれしい気持ちでいっぱい」

と喜んだ。

家族4人で来場した子ども=同市野比=は

「女子プロレスを観戦するのは初めて。倒れても起き上がって闘っているのがすごかった」

と話していた。

こんな岡部支社長の心意気を見せられるにつけても、やっぱり地元紙・神奈川新聞はすごいなぁとつくづく感じます。

ありがとうございました!



雫有希選手のレスリング人生の原点「防衛大学校レスリング部」へ/2.14横須賀チャリティープロレス大会「きらきら太陽プロジェクトfor横須賀〜愛〜」

雫選手のレスリング人生の原点は「防衛大学校レスリング部」にあります

2月14日バレンタインデーに開催される、横須賀チャリティープロレス大会『きらきら太陽プロジェクトfor横須賀〜愛〜』。

2.14大会のポスター

2.14大会のポスター


その主催者である雫有希選手のレスリング人生の原点は、防衛大学校レスリング部の道場にあります。

雫選手が慶応義塾大学在籍中のことですが、慶応義塾大学レスリング部と防衛大学校レスリング部はかねてから交流があり、合同練習や、合同での合宿を行なってきました。

防衛大学校の位置(横須賀市走水1-10-20)

防衛大学校の位置(横須賀市走水1-10-20)


大学卒業後も『強さ』を突き詰めたかった雫選手。

防衛大学校レスリング部の練習に参加し続ける為に、防衛大学校のすぐそば(横須賀市二葉)に引っ越したのです。



なんと防衛大学校レスリング部での合同練習にお邪魔しました!

フジノは防衛大学校にお邪魔しました。

防衛大学校レスリング部の道場に初めて入るフジノ(超緊張してます)

防衛大学校レスリング部の道場に初めて入るフジノ(超緊張してます)


今日、実は雫有希選手が防衛大学校レスリング部の合同練習に参加します。

その合同練習をフジノは見学させて頂いたのです。

敷地内に展示されている航空機

敷地内に展示されている航空機


防衛大学校は『幹部自衛官を養成する為の機関』であり、学生は『特別職の国家公務員』です。

1学年あたり約500名で、合計約2000名の学生が敷地内の学生舎で共同生活を送っています。

敷地内に展示されている戦車

敷地内に展示されている戦車


11月の開校記念祭では広く一般のみなさまにも開放されています。

けれども、日常の学校生活の最中に敷地内に入れて頂いたのは、フジノにとって初体験でした。

防衛大学校レスリング部の道場にて

防衛大学校レスリング部の道場にて


プロレス好きのフジノにとって、『道場』とは神聖なものです。

プロレス・アマレスを問わず、フジノのような部外者は『道場』に入らせて頂くことはめったに無い、ものすごく貴重な機会です。とてもドキドキしました。

厳しい練習が繰り広げられていました

厳しい練習が繰り広げられていました


一歩足を踏み入れると、汗の匂いと熱気がすごく、厳しい練習が繰り広げられていました。



実際の練習の様子をツイキャスでご覧下さい

雫有希選手と防衛大学校レスリング部のみなさまとの合同練習の様子をツイキャスで撮影させていただきました。

レスリング人生の原点である防衛大学校レスリング部の道場で、笑顔の雫有希選手

レスリング人生の原点である防衛大学校レスリング部の道場で、笑顔の雫有希選手




ぜひ録画をご覧下さい!











先輩と後輩の強いきずなを感じました

それにしても、練習を見守る雫選手の嬉しそうなこと!

練習に励む現役生を、笑顔で見守る雫選手

練習に励む現役生を、笑顔で見守る雫選手


現役生たちの練習に励む姿を頼もしく見つめているのは、雫選手だけではありません。

多くの先輩方が練習に参加し、後輩たちの指導もして下さっていました。

とても気持ちいい笑顔で練習を見守る雫選手

とても気持ちいい笑顔で練習を見守る雫選手


防衛大学校レスリング部の素晴らしいところは、サッカーのJリーグのように裾野の広い選手の育成にとても力を入れていることです。

もちろん『横須賀レスリング協会』とも深いつながりがあり、キッズの指導も行なってくれています。

レスリング部の歴代の先輩方

レスリング部の歴代の先輩方


歴代の先輩方にはオリンピック出場者やメダリストも多くいらっしゃる訳ですが、レスリング部の練習を観に来て下さることもしばしばあるそうです。

ふだんは幹部自衛官として全国に散らばっているみなさんが、こうした『納会』の機会にあわせて防衛大学校レスリング部に集って、練習の指導もしてくれる訳です。

さらに、それこそ雫選手のように、外部の人も拒まず練習に参加させて下さる。

すごく良い仕組みだと感じました。

壁に貼り出されている「練磨五訓」

壁に貼り出されている「練磨五訓」


練習終了後、参加しておられたOBの方からも講話がありました。

OBからのお話を真剣に聴くレスリング部のみなさん

OBからのお話を真剣に聴くレスリング部のみなさん


実は、フジノも『見学に来てくれた市議会議員』として、みなさんにご挨拶をさせていただきました。とても緊張しました。

レスリング部のみなさんで記念撮影

レスリング部のみなさんで記念撮影


今日で今学期の部活動は最終日だそうです。

OB・OGや、歴代の部長・監督・顧問のみなさん、現役生のみなさんは、この後、横須賀中央で『納会』を行なうそうです。



勝目監督とたくさんお話しをする機会を頂きました

フジノにとってお会いする前の勝目監督のイメージは『レスリングの鬼』

ちょっとネットで検索すれば、山ほど勝目監督の記事が出てきます。伝説もたくさんあります。

勝目監督は高校2年生(1991年)で『インターハイ』で王者となり、山梨学院大に進学してからは『全日本学生選手権』で3連覇を達成した方です。

手首を骨折しているにもかかわらず試合に出場したり、ふつうならば引退してもおかしくないほどの重病と長い闘病生活をのりこえての復帰、『全国自衛隊選手権』で優勝。

現在は、監督としてたくさんの教え子を育成しながらも、選手としても全く衰えていません。

昨年2014年8月には、『世界ベテランズ選手権』で優勝されました(この大会で日本人選手が優勝したのは4年ぶり!)。

世界ベテランズ選手権で優勝した勝目力也監督

世界ベテランズ選手権で優勝した勝目力也監督


そんなすごい方が指導しているからこそ、防衛大学校レスリング部から強い選手が輩出されるのでしょうね。

下の写真からもフジノの緊張具合が伝わってくるでしょう?

右から、雫有希選手、勝目力也監督、フジノ。

右から、雫有希選手、勝目力也監督、フジノ。


道場では確かに『レスリングの鬼』でしたが、道場を離れたプライベートは、さわやかで優しい素敵な方でした。

なんと!

防衛大学校からの帰り道、横須賀中央まで勝目監督のお車に乗せて頂きました。

幸運にもさらにたくさんのお話を伺うことができました。

フジノが大好きなプロレスラーの多くが、実は勝目監督の弟子(!)。

今でもご自宅に遊びに来ることも多いそうです。

横須賀中央まで到着するまでの間、すごい交友関係の広さに驚かされっぱなしでした。

こうして、防衛大学校レスリング部での合同練習に参加した雫有希選手の『原点回帰』の姿をフジノは目の当たりにすることができました。

雫選手の原点である防衛大学校レスリング部にもお邪魔することができて、本当に貴重な体験をすることができました。

雫選手、勝目監督、そして防衛大学校レスリング部のみなさま、本日はありがとうございました!



さらに毎日新聞が報じてくれました!/2.14チャリティープロレス横須賀大会「きらきら太陽プロジェクトfor横須賀〜愛〜」

毎日新聞が報じてくれました!

2.14チャリティプロレス横須賀大会『きらきら太陽プロジェクトfor横須賀~愛~』

こどものためのチャリティープロレス「きらきら太陽プロジェクトfor横須賀」

こどものためのチャリティープロレス「きらきら太陽プロジェクトfor横須賀」


けさの毎日新聞が大きく報じてくれました!

2015年1月25日・毎日新聞より

2015年1月25日・毎日新聞より

2015年1月25日・毎日新聞より


以下に全文を引用させて頂きます。

女子プロレス:児童施設など支援 
チャリティー、横須賀で来月14日

女子プロレスリングの子ども向けチャリティーイベント「きらきら太陽プロジェクトfor横須賀〜愛〜」が来月14日午後1時半、横須賀市総合体育館で開かれる。

主催は横須賀にゆかりがあるフリーの女子プロレスラーで僧侶の雫有希(しずくあき)選手(28)。

趣旨に賛同したダンプ松本選手ら人気レスラーも団体を越えて参戦する。

雫選手は上智大学短期大学部でレスリングを始め、慶応大学編入後の2007年、在学中にプロデビュー。

10年から埼玉県越谷市の実家の寺で、長野市の善光寺大本願乳児院を支援する興行を始めた。

13年、慈善団体「きらきら太陽プロジェクト」を発足させ、同乳児院への寄付、障害者との交流を続けている。

慶大時代、防衛大学校(横須賀市走水)のレスリング部で合同練習し、同市内に短期間住んだ経験があり、今回の興行を企画。

イベントではダンプ選手のほか、堀田祐美子、中島安里紗ら人気選手が試合に出場し、同市出身の元レスラー、府川唯未氏がリングアナウンサーを務める。

市内の児童養護施設「春光学園」「しらかば子どもの家」の児童を招待。

プロレス教室のほか、児童虐待防止のNPO法人など福祉団体が模擬店を出す。収益の一部は同乳児院、同市レスリング協会に寄付する。

午後0時15分開場。入場料2000円(全席自由)。障害者・大学生1000円。高校生以下無料。

問い合わせは同プロジェクト(070−5565−1368)へ。

【田中義宏】

毎日新聞・田中記者、ありがとうございました!



チャリティプロレス横須賀大会「きらきら太陽プロジェクトfor横須賀」を応援して下さるみなさま、ありがとうございます!

すでに横須賀大会を報じて下さったのは、なんと合計6社にも増えました。

これまで報じて下さった雑誌・ネット・テレビ・新聞・タウン紙

みなさま、ありがとうございます!



ポスターを貼りだすのにご協力いただいたお店を紹介します(その4)

さらに、ポスターの貼りだしにご協力いただいたお店をご紹介します。

今回、新たにご協力くださったのは、『Kawara cafe&dining』さん(モアーズ横須賀店8階)です!

毎月1回の『カワラカフェトーク』の会場としてお借りしているカフェです!

「Kawara cafe&dining」店長の二宮さんとフジノ

「Kawara cafe&dining」店長の二宮さんとフジノ


プロレスとはなかなか縁遠いイメージのある、ものすごくおしゃれな『Kawara cafe&dining』。

「Kawara cafe&dining」ホームページより

「Kawara cafe&dining」ホームページより


店長の二宮さんが、今回のチャリティーの趣旨にも賛同して店内にポスターを貼り出して下さいました。

本当にありがとうございました!



タウンニュース紙1面トップで報じられました!/2.14チャリティプロレス横須賀大会「きらきら太陽プロジェクトfor横須賀~愛~」

タウンニュース紙が1面トップで報じてくれました!

2.14チャリティプロレス横須賀大会『きらきら太陽プロジェクトfor横須賀~愛~』

こどものためのチャリティープロレス「きらきら太陽プロジェクトfor横須賀」

こどものためのチャリティープロレス「きらきら太陽プロジェクトfor横須賀」


なんと、けさ発行されたタウンニュース紙の1面トップを飾りました。

すごい!

タウンニュースその1

タウンニュースその2

2015年1月23日・タウンニュース紙より


以下に全文を引用させて頂きます。

きらきら太陽プロジェクト
プロレスで社会貢献
スポーツイベント収益を乳児院に

「今後も横須賀で大会を」と雫さん

横須賀にプロレスがやってくる―。

2月14日(土)午後1時半から、横須賀市総合体育館メインアリーナで、プロレスのチャリティイベント「きらきら太陽プロジェクトfor横須賀~愛~」が開催される。

人気レスラーの対戦に加え、子ども向けのプロレス教室も企画されている。

試合の目玉となるのは、ダンプ松本や堀田祐美子ら往年の人気レスラーに加え、雫有希、中島安里紗、花月、唯我といった若手との対戦だ。

さらに、逗子市出身の和田城功など男女、団体を横断したラインナップ。特別リングアナウンサーとして、横須賀出身で元女子プロレスラーの府川唯未さんが登場する。当日は、子ども向けのプロレス教室も実施する(午後12時30分〜)。

チャリティとして、市内の児童養護施設の子どもたちも招待され、会場には福祉施設や児童虐待防止全国ネットワーク(オレンジリボン)など社会貢献団体のブースも出展する予定。さらに、イベント収益の一部は、横須賀市レスリング協会と長野県善光寺大本願乳児院に寄付される。

横須賀に恩返し

このプロジェクトを主宰するのは、女子プロレスラーの雫有希さん。

フリーで大会に参戦する傍ら、埼玉の実家の寺で尼僧としても働き、さらにベビーシッターの資格も有するという珍しい経歴の持ち主だ。

プロレスを媒体にした社会貢献プロジェクトを始めたのは2010年のこと。「虐待などで、親と暮らせない子どもたちの支援に何かできないか」と、自らチャリティイベントを企画。

『お寺プロレス』を皮切りに、賛同する選手や団体も増え、この4年間で開催したチャリティイベントは10回以上にのぼる。

「横須賀で大会をやりたい」―。

慶應大学レスリング部時代に防衛大学校との練習で横須賀を訪れ、短期間ではあるものの市内で暮らしていた雫さん。

レスラーとして技を磨いた横須賀での大会開催には、並々ならぬ想いがあった。横須賀市教育委員会の後援も取り付け、「プロレスを楽しむだけでなく、多くの人に乳児院や養護施設の子どもたちのことを知ってほしい」と意気込む。

今月15日には、吉田雄人・横須賀市長や板橋衛・市議会議長を表敬訪問。

吉田市長は、プロジェクトの活動にふれ「レスリング協会への寄付など、横須賀との縁を大切にしてくれて嬉しい」と激励した。

開場は午後12時15分。

チケットは全席自由2000円、学割・障がい者割1000円、高校生以下無料。

問い合わせは、【メール】kirakirataiyou@willcom.com 【携帯電話】070・5566・1368




ポスターを貼りだすのにご協力いただいたお店を紹介します(その3)

横須賀にはかつてのようなプロレス興行をしきれるプロモーターがもはや存在していません。

そこで今回ポスターを貼りだすのは、全て雫選手自らとフジノらボランティアがお願いして回っているのですね。

まだまだポスターが全く貼れていません。どうかご協力くださるお店や個人宅があれば、フジノにぜひご連絡下さいね!

さて、今回フジノがお願いしてポスター掲出にご協力いただいたのは、『ファミリーマート相原上町店』さん(横須賀市上町1-81)です!

ポスター掲出にご協力くださったファミリーマート相原上町店

ポスター掲出にご協力くださったファミリーマート相原上町店


全国展開をしているコンビニエンスストアでは、ポスター掲出にはほとんどが否定的です。

樹木の影に隠れているから見えづらいとは思わないで下さい。実はここは喫煙者向けゾーン。すごくみてくれます!

樹木の影に隠れているから見えづらいとは思わないで下さい。実はここは喫煙者向けゾーン。すごくみてくれます!


けれどもかねてから『ファミリーマート相原上町店』さんは、地域のイベントなどを中心にポスター掲出で地元新興にいつもご協力いただいておられます。

全国展開のコンビニエンスストアであっても、オーナー様の気概によって、こうしてお許しいただける所もあるのだと知りました。

ありがとうございました!