妊婦健診にはHIV検査がありますが、妊婦さんは「偽陽性」で「陽性」と結果が出る確率が高いことを知っていて下さい/AIDS文化フォーラムin横浜(3日目)その1

「AIDS文化フォーラムin横浜2017」3日目も参加しました

おととい昨日に続いて、『AIDS文化フォーラムin横浜』に参加しました。

第24回AIDS文化フォーラムin横浜

第24回AIDS文化フォーラムin横浜


3日間にわたるフォーラムも、ついに今日が最終日です。

「AIDS文化フォーラムin横浜」会場入口にて

「AIDS文化フォーラムin横浜」会場入口にて


今日も気合いを入れて学びます。



講座「母と子を守る〜感染者の分娩・未受診妊婦〜」へ

フジノは、講座『母と子を守る〜感染者の分娩・未受診妊婦〜』に参加しました。

会場には60人くらいの参加者がつめかけ、ぎゅうぎゅうの満席でした。そのうち男性は8人くらいで、残りはみなさん女性でした。

「母と子を守る〜感染者の分娩・未受診妊婦」会場前にて

「母と子を守る〜感染者の分娩・未受診妊婦」会場前にて


この講座では、妊娠したお母さんからお腹の胎児にHIV感染する『母子感染』について、これまでと現状について学びました。

母と子を守る〜感染者の分娩・未受診妊婦〜

主催:認定NPO法人AIDSネットワーク横浜

『ハイリスク出産』の名医、聖マリの水主川純先生が、感染者の分娩、飛込み分娩、未受診妊婦の問題を語る。

それにしても、主催の『認定NPO法人AIDSネットワーク横浜』はすごいです。

毎年、『AIDSボランティア学校』という連続講座を開催しているのですが、今年でなんと25周年を迎えます(素晴らしい!)。

第25期AIDSボランティア学校・講演会の概要

第25期AIDSボランティア学校・講演会の概要


今年の10回連続講座のプログラムの『第5回』が、今日の『AIDS文化フォーラムin横浜』のこの講座にあたります。

聴きたい1つの講座だけ受講することもできて、こうして『AIDS文化フォーラムin横浜』ともコラボしていて、参加しやすくてすごく良い取り組みだと感じました。



妊婦健診の血液検査に「HIV」も入っています

『妊婦健康診査(妊婦健診)』では血液検査を行ないます。

血液型(ABO式、RhD式)、不規則抗体検査、血液一般検査、血糖の検査、血液生化学検査(肝・腎機能)、梅毒検査、B型肝炎、C型肝炎、HIV検査、風疹抗体、HTLV-1検査、トキソプラズマ抗体検査

上のリストのとおりで、HIVの検査も行ないます。

HIVも母子感染予防(お母さんから胎児に伝染することを防ぐこと)の対象になっているからです。

HIV感染、3番目の経路「母子感染」

HIV感染、3番目の経路「母子感染」


妊婦健診の対象項目になってからの歴史はまだ浅いです(2010年に血液検査の項目に加わりました)。

受診率
2000年 79.4%
2006年 95.3%
2015年 99.6%(最新データ)

けれども現在では、ほぼ全ての妊婦さんに検査が行われています。



どうしても知っていてほしいこと。実は、妊婦さんは「偽陽性」が0.1〜0.3%も出ます

今日のテーマからは外れるのですが、このブログを読んで下さっているみなさまにぜひ知っていてほしいことがあります。

それは「あらゆる検査に完璧・完全は無い」ということです。

ここでは妊婦健診の血液検査での『HIV』について詳しくお伝えしたいのです。

本当は『陰性』であるにもかかわらず、はじめの検査(スクリーニング検査)では『陽性』という結果が出てしまうことがあります。これを『偽陽性』と言います。

妊婦さんは一般の方々よりもHIV検査で『偽陽性』が0.1〜0.3%程度も出てしまうのです。

つまり、日本では妊婦さんが1年間に1000人〜3000人ほどHIV検査で『偽陽性』なのですが、『陽性』と反応が出る。

この1000〜3000人の中で、確認検査(≒精密検査)を行なった末に本当にHIV感染していると診断される人は、わずか50〜100人しかいません。

つまり、950〜2900人もの妊婦さんが妊婦健診の血液検査で実際はHIV感染をしていないのに「『陽性』の可能性があるので精密検査を受けて下さい」と言われているという現実があります。

ぜひこちらのパンフレットをご覧下さいね。

パンフ「妊婦HIV検査(一次検査)で結果が陽性だった方へ」より

パンフ「妊婦HIV検査(一次検査)で結果が陽性だった方へ」より


日本のお産の半分は診療所の開業医によって行なわれています。

そして、全てのドクターがHIVについて詳しい訳ではありません。その為、妊婦健診の血液検査の結果、『陽性』と出た時に『偽陽性』の可能性の説明ができないこともあります。

「ぜひ総合病院に行って精密検査を受けて下さい」

とお伝えして終わり、ということも現実にしばしばあるそうです。

わが国ではHIV・AIDSに対する誤った情報や偏見が根強く残っています。

そのような中で、十分な説明が無いままに

「あなたは妊婦健診の結果、HIV陽性でした」

と言われて、ひどくショックを受ける妊婦さんが多いです。

「AIDSを発症して死んでしまうのではないか」とか「夫から見放されてしまう」と恐れて、ストレスフルな精神状態に追い込まれて孤立してしまう方もいます。

その後、妊婦健診に一切来なくなってしまう妊婦さんもいらっしゃいます。

夫に話した結果、結婚そのものがダメになってしまうこともあります。

そのような厳しい現実があるからこそ、全てのドクターが気をつけて説明をする必要があります。けれども同時に全てのドクターがHIVに詳しい訳ではありません。

そこでぜひみなさまに知っていてほしいのです。

妊婦健診におけるHIV検査の弱点

血液検査の結果、本来は陽性ではないのに陽性とでてしまう『偽陽性』が0.1〜0.3%ほどあります。

日本では1年間に1000人〜3000人ほどの妊婦さんが、『偽陽性』なのですが、『陽性』と結果が出ています。

確認検査(≒精密検査)を行なった結果、最終的にHIV感染していると診断される人は、わずか50〜100人しかいません。

さらに、HIV感染していたとしても絶望のどん底に落ちる必要はありません。

「これだけは知っておきたい 安心と早期発見のためのHIV検査」グラフィックインターナショナル(株)発行より

「これだけは知っておきたい 安心と早期発見のためのHIV検査」グラフィックインターナショナル(株)発行より


そうなんです。

親がHIV感染していても、赤ちゃんは『陰性』で産まれることができる時代になったのです。




(この記事は次の記事に続きます)



デング熱に感染した横須賀市民はすでに軽快し退院しました/市の対応が市議会(教育福祉常任委員会)に報告されました

今回の事態を受けての「横須賀市の対応」を報告します

先日のフジノブログにおいて、横須賀市民の女性が『デング熱』陽性反応が出た件について、情報提供と対応を報告しました。

そして今日、開会中の9月議会(教育福祉常任委員会)において、健康部から改めて報告がなされましたので、お伝えします。

教育福祉常任委員会に追加提出された報告

教育福祉常任委員会に追加提出された報告


その内容は、以下の通りです。

デング熱への対応について

  1. 経緯

    平成26年8月29日、横浜市から、横須賀市内在住の方が横浜市内医療機関にデング熱に感染している疑いで入院している旨の連絡が保健所にありました。

    • 患者は10歳代女性、海外渡航歴は無い。
    • 8月16~18日 都立代々木公園周辺に滞在
    • 8月23日 発熱等の症状が出現し、医療機関を受診
    • 8月28日 症状が軽減せず、医療機関を再び受診
    • 8月29日 横浜市内の医療機関を紹介受診し、同日から入院
    • 9月1日 症状が軽快し、退院

    関係者の調査の結果、患者が発症前に都立代々木公園周辺で『デングウイルス』を保有している蚊に刺されて感染した可能性が疑われています。

  2. 対応

    (1)市民対応

    (2)医療機関対応

    • デング熱の国内感染が疑われる事例においては、診断前であっても速やかな情報提供を依頼

ご不安があれば、保健所・かかりつけ医療機関にぜひご相談下さい

デング熱の症状は、厚生労働省のQ&Aページなどでも紹介されているとおり、適切な治療を受ければ1週間ほどで回復するものと言われています。

2014年9月2日・朝日新聞より

2014年9月2日・朝日新聞より


実際、すでに横須賀市民の女性は症状は治り、無事に退院もしておられます。

フジノからお伝えしたいことは「恐れすぎないで下さい」というお願いです。

先日のブログで記したことの繰り返しになりますが、

  • 蚊に刺されないように長袖・長ズボンを着ること
  • 蚊避けのスプレーなどを利用すること
  • 発熱などの症状にご不安があれば保健所やかかりつけ医療機関に相談すること

がオススメです。

また、今後も市民のみなさまにお伝えすべき情報はどんどん発信していきます。

ご質問があればいつでもメールやツイッターなどでフジノまでお願いします。

横須賀市民1名に「デング熱」陽性反応が出た件の報告と、「デング熱」の基本的な情報について

横須賀市民1名からデング熱の陽性反応が出ました

すでに報道でご存じの方も多いとは思いますが、改めてお伝えします。

8月31日夜、横浜市から連絡を受けました。

横浜市内でスクリーニング検査を受けた横須賀市民1名に「デング熱」陽性反応が出たとのこと。

感染症法に基づいて、受診した医療機関のある横浜市が今後の対応を行なってまいります。

横浜市によるプレスリリース

横浜市によるプレスリリース

ぜひ正確な情報と知識で不安を取り除いて下さいね!

デング熱についての厚生労働省の「Q&A」コーナーをぜひご覧下さいね。

厚生労働省のデング熱に関するQ&Aページ

厚生労働省のデング熱に関するQ&Aページ


いくつかご紹介しますね。

【問い】
罹ると重い病気ですか?

【答え】
デング熱は、体内からウイルスが消失すると症状が消失する、予後は比較的良好な感染症です。

しかし、希に患者の一部に出血症状を発症することがあり、その場合は適切な治療がなされないと、致死性の病気になります。

【問い】
治療法はありますか?

【答え】
対症療法となります。

痛みと発熱に対してのアスピリンの投与は、出血傾向増悪やライ症候群発症の可能性があるので禁忌です。血漿漏出などの症状が出現した場合は、血漿漏出による循環血液量の減少を輸液により補うことが治療の中心になります。

【問い】
患者の経過と予後はどうでしょうか?

【答え】
デング熱の予後は比較的良好です。

血漿漏出と出血傾向が主症状の場合は適切な治療がなされないと致死性が高いですが、症状が回復し始めると迅速に回復するのが特徴です。

適切な治療を受けられれば、予後は良好です。

【問い】
日本国内でデング熱に感染する可能性はあるのでしょうか?

【答え】
日本にはデング熱の主たる媒介蚊のネッタイシマカは常在していませんが、媒介能力があるヒトスジシマカは日本のほとんどの地域(青森県以南)に生息しています。

このことから、仮に流行地でウイルスに感染した発症期の人(日本人帰国者ないしは外国人旅行者)が国内で蚊にさされ、その蚊がたまたま他者を吸血した場合に、感染する可能性は低いながらもあり得ます。

ただし、仮にそのようなことが起きたとしても、その蚊は冬を越えて生息できず、また卵を介してウイルスが次世代の蚊に伝わることも報告されたことがないため、限定された場所での一過性の感染と考えられます。

なお、ヒトスジシマカは、日中、屋外での活動性が高く、活動範囲は50~100メートル程度です。

国内の活動時期は概ね5月中旬~10月下旬頃までです。

予防方法については、このような説明がありました。

【問い】
蚊に刺されないようにするにはどうしたらよいでしょうか?

【答え】
ヒトスジシマカやネッタイシマカは日中に活動し、ヤブや木陰などでよく刺されます。

その時間帯に屋外で活動する場合は、長袖・長ズボンの着用に留意し、忌避剤の使用も推奨します。

長袖・長ズボン、また蚊をよけるスプレーなども良いようです。

横須賀市の感染症対策のご紹介

先日、市内の学校の先生から

「生徒たちが蚊にさされると『デング熱だ!』と指さしあったりしてて。。。」

という報告を受けました。

こどもたちは率直にニュースに敏感です。

『感染症対策』にかぎらず、不安や怖れに対しては、正確な情報提供に尽きるとフジノは信じています。

フジノの知識の範囲ではありますが、爆発的な感染(パンデミック)の恐れは低い、感染症だと受け止めています。

また、横須賀市には「保健所」が設置されており、「感染症対策担当」も設置されています。

横須賀市ホームページの感染症対策のコーナー

横須賀市ホームページの感染症対策のコーナー


フジノは、市が設置している感染症対策委員会の傍聴もしていますが、医師会をはじめ、市内医療機関の感染症対策への意識は高いと感じています。

さらに、新港埠頭に新設した救急医療センターには感染症用の特診室も5部屋もあります。

ベッド

これからもしっかりと情報発信につとめて、市民のみなさまのご不安を取り除けるように努力しますね。

フジノとしては、これからも市民のみなさまにお伝えできる情報は全て発信してまいります。

(*後日、続報をお伝えしました)