第7期の介護保険事業計画・高齢者保健福祉計画づくりが急ピッチで進められています/社会福祉審議会福祉専門部会

介護保険事業計画・高齢者保健福祉計画づくりが急ピッチで進んでいます

本日は、社会福祉審議会の福祉専門部会でした。

社会福祉審議会福祉専門部会の開場前にて

社会福祉審議会福祉専門部会の開場前にて


9月議会のまっただなかだからでしょうか、いつもなら傍聴にあと2〜3名の市議が居てくれるのですが、今日はフジノだけでした。

社会福祉審議会福祉専門部会の議事次第より

社会福祉審議会福祉専門部会の議事次第より


この部会では、3年に1度の大切な計画づくりが進められています。

2つの計画が一体となった『介護保険事業計画』と『高齢者保健福祉計画』の策定です。

地域包括ケア実現に向けた「第7期介護保険事業計画」の位置付け

地域包括ケア実現に向けた「第7期介護保険事業計画」の位置付け


現在が7期目(7回目の計画づくり)となります。

毎回アンケート調査を行なってから策定に入るのですが、今回もたくさんの方々にアンケートにご協力を頂きまして、誠にありがとうございました。

アンケート結果は議論の際に、しっかりと参照されて委員のみなさまは議論をしております。

本日話しあった部分

  1. 第7章「自分に合った環境で安心して暮らせるために」
     3 虐待の防止 ※前回からの継続審議
  2. 第6章 「地域で支え合い、住み慣れたまちで暮らせるために」
     2 要介護期の支え合いの仕組みづくり
  3. 第6章 「地域で支え合い、住み慣れたまちで暮らせるために」
     3 人生の最終段階における支え合いの仕組みづくり
  4. 第7章「自分に合った環境で安心して暮らせるために」
     1 住まい方の支援・施設等の充実
  5. 第8章 「安心してサービスを利用できるために」
     1 人材確保と定着促進
  6. 第8章「安心してサービスを利用できるために」
     2 給付の適正化

介護保険制度を守り、高齢の方々の暮らしを守ることはフジノにとって重要なテーマです。

計画づくりもずっと見守ってきましたが、毎回のことながら、本当に膨大な量です。事務局、そして委員のみなさまにはとても大変な作業だと思います。

市民のみなさまにとって大きな影響を与える計画なので、必ず傍聴し、議会でも質疑をすることにしています。

ありがたいことに計画の事務局原案には、今回もフジノの提案がいくつか盛り込まれています。

9月議会のまっただなかで明日からは委員会での質疑も始まりますが、とにかくしっかりとこちらの計画づくりの議論も注視していきたいです。

本日は短いブログで、報告も詳しく書けなくてごめんなさい。

明日からの教育福祉常任委員会での議案の審査・質疑、しっかり頑張ります。



市民主導の「支援グループ」が生まれつつあります/第2回若年性認知症支援者連絡会へ

「若年性認知症支援者連絡会」に参加しました

今日は、第2回となりました『若年性認知症支援者連絡会』に参加しました。

横須賀市では、『若年性認知症』の本人と家族が住み慣れた地域で、その人らしく生活することができる支援体制づくりを行なってきました。

その取り組みの1つとして『若年性認知症支援者』を養成しています(事務局は、福祉部高齢福祉課・家族支援係です)。

若年性認知症支援者連絡会に参加しました

若年性認知症支援者連絡会に参加しました


市の養成講座を終えた『若年性認知症支援者』は早くも67名にものぼりました。

その支援者のみなさまの情報交換・意見交換の場がこの『連絡会』です。

「第2回若年性認知症支援者連絡会」おしらせチラシ

「第2回若年性認知症支援者連絡会」おしらせチラシ


今回(第2回)は、支援者同士の情報交換に加えて、講師をお招きして『支援の為基本姿勢』などを習得することを目的に開催しました。

第2回若年性認知症支援者連絡会・プログラム

  1. 講義 「寄り添った支援のための基本姿勢について~自己覚知を学ぶ~」
    ※自己覚知…「今」の気持ちを客観的に意識し、コントロールすること

  2. 意見・情報交換
    若年性認知症のつどい活動について

参加者は35名!(ご本人・当事者が4名、支援者等が23名、ご家族が8名でした)

かねてから『若年性認知症』の方々とご家族の支援に取り組んできたフジノとしては、少しずつ成果が出てきたことを実感しつつあります。



臨床心理士の稲富正治先生の講演をお聴きしました

まず第1部は講演です。

講師の稲富正治先生

講師の稲富正治先生


講師は、稲富正治先生川崎幸クリニック・臨床心理士)です。

「川崎幸クリニック」ホームページより

「川崎幸クリニック」ホームページより


デーマは『寄り添った支援の為の基本姿勢について〜自己覚知を学ぶ〜』です。

稲富先生のお話にも熱がこもってきました!

稲富先生のお話にも熱がこもってきました!





意見交換会、支援者団体の立ち上げが提案されました

続く第2部は、『意見交換会』です。

ここで、事務局側(=福祉部高齢福祉課)からひとつの提案がなされました。

「今までは行政主導で行なってきた若年性認知症の方々の支援者養成ですが、約70名と一定の規模になりました。

今後も市が支援を続けるのは当然のことですが、『市民主体の支援者グループ』を立ち上げてはいかがでしょうか?」

というものです。

「市議会議員」という立場ではなくフジノもまたひとりの「支援者」として参加しています

「市議会議員」という立場ではなくフジノもまたひとりの「支援者」として参加しています


フジノはこれに賛成しました。

元とは言えば、フジノが市議会で提案して予算化された取り組みであり、反対する理由はありません。

ただ、養成講座を終えて活動をしておられる市民のみなさまの側にとって

「行政側に突然手を離されたというようなご不安をお持ちにならないか?」

とじゃっかんの不安はありました。

もちろん市民主体の『支援者グループ』が立ち上がった後も、今後も市は全力で後方支援を行なっていきます。

けれどもそのフジノの心配は杞憂に終わりました。

『意見交換』の結果、みなさまのご賛同をいただき、今後、リーダー的な役割を果たして下さる方々も選ばれました。

今日の結論によって何かがすぐに変わるということはありませんが、『官主導』の支援者養成がひとつのステップを登ったのだと受け止めています。

『若年性認知症』に限らず、当事者(=ピア)の持つ力を最も大切なものだとフジノは受け止めています。

同じ立場の想いを共有できる『家族会』、さらには支援する立場の方々、それぞれが良い意味で独立しあうことが大切だと考えています。

そして、政治・行政は、当事者のみなさまや現場のみなさまの声をお聴きしながら制度や法律を変えていくのが仕事です。

しっかりとみんなでスクラムを組んで、若年性認知症の方々やご家族の方々を全力でサポートしていきます!



データヘルスで横須賀市とタッグを組んでいる「ミナケア」の山本雄士社長と意見交換をさせていただきました/みなさまがもっと健康になれる為に。

ミナケアの山本雄士さんと意見交換をさせていただきました

4ヶ月前からお会いしたいと望んでいた、『株式会社ミナケア』の社長である山本雄士さんとお会いすることができました。

株式会社ミナケアのウェブサイト

株式会社ミナケアのウェブサイト


『ミナケア』とは、『パブリックヘルスリサーチセンター』とともに、横須賀市とタッグを組んでデータヘルスにチャレンジしてくれているパートナーです。

2014年7月15日付・神奈川新聞記事より

2014年7月15日付・神奈川新聞記事より


山本社長はお忙しい方なので、個別にアポイントメントを取るのは難しい。

そこで今日のシンポジウムの存在を8月に知り、申し込みをしました。

講演をする山本雄士さん

講演をする山本雄士さん


今日のシンポジウムは合計5時間の長丁場だったのですが、前半は国の政策に関与する人々、後半は新進気鋭のイノベーターたち、というような形でした。

前半

政策の視点から

  • 高橋泰さん(国際医療福祉大学院・教授)
  • 山下護さん(厚生労働省)
  • 白石秀俊さん(国土交通省)
  • 梅村聡さん(前参議院議員)
  • 庄子育子さん(日経ヘルスケア編集委員)
後半

ビジネスの視点から

  • 石川雅俊さん(国際医療福祉大学院・准教授)
  • 山本雄士さん(株式会社ミナケア代表取締役)
  • 上田圭一郎さん(経済産業省)
  • 斐英沫さん(株式会社メディファーム代表取締役)
  • 浅井英里子さん(日本GE株式会社執行役員)
  • 長英一郎さん(東日本税理士法人副所長)

後半のシンポジスト全員と高橋泰先生

後半のシンポジスト全員と高橋泰先生


山本さんは後半のご出演でした。

フジノはこの機会を逃さない為に、講義の前と後とそれぞれ10分間ほどお時間をとっていただいて、山本さんと意見交換をすることができました。

「株式会社ミナケア」社長の山本雄士さんとフジノ

「株式会社ミナケア」社長の山本雄士さんとフジノ

現在進行形のレセプト解析についてだけではありません。

フジノは市議会議員として、横須賀市が様々な部局でそれぞれに行なっているとても良い取り組みを把握しています。

例えば、教育委員会のスポーツ課の取り組み。保健所健康づくり課の取り組み。福祉部の高齢福祉課の取り組み。市民部による町内会のみなさんとの取り組み。

さらに市役所だけでなく、県立保健福祉大学の鈴木志保子教授による素晴らしい実践研究(明浜小学校・久里浜中学校をはじめ、幼稚園・保育園でも行なっておられます)なども把握しています。

また、全国では80%の方が病院で亡くなっている現状がある中で、横須賀市では在宅での看取りをすすめており、病院で亡くなる方々は全国平均を大きく下回って65%であることなどをお伝えしました。

つまり、『ミナケア』のパートナーである福祉部健康保険課だけではなくて、横須賀市の全世代に対して行われている市役所な以外のあらゆる取り組みを包括的にお伝えしました。

フジノの目的は、全世代の市民のみなさまの健康アップです。

山本雄士さんの著作を全て読みましたが、そうした想いは全く同じだと感じてきました。

僕らが元気で長く生きるのに本当はそんなにお金はかからない

僕らが元気で長く生きるのに本当はそんなにお金はかからない

医療戦略の本質 価値を向上させる競争

医療戦略の本質 価値を向上させる競争

そこで、今回フジノが情報提供をし、現在のレセプト分析以外の包括的な取り組みを一緒に考えていってほしいとお願いしました。

山本雄士さんの講義のパワーポイントより

山本雄士さんの講義のパワーポイントより

現在、日本全国を見回しても、2025年・2050年問題に立ち向かう為の健康政策(保健政策)に『全国に通用する1つの正解(ナショナルモデル)』はありません。

フジノは、今、全国各地で少しずつ芽生えてきている『あらゆる実践』=『ローカルモデル』の中から、いずれいくつかの『ナショナルモデル』が生まれると信じています。

そして、その1つは横須賀市が実現すると本気で考えています。

こうした想いを山本社長にお伝えしてきました。

シンポジウムの後に懇親会もあったのですが、フジノには別の仕事があったので参加できず。お話は短時間のみでした。

けれども今日はきっとイントロダクションです。

これからもきっと機会は何度もあるはずです。

すでに日本には、健康政策に対して同じような想いを持つ異業種の人間がどんどんアイディアを出し合って実践しあってつながっていく場ができています。

より良い実践をさらに重ねて、2025年・2050年を乗り越える日本にするだけでなく、誰もが亡くなるその瞬間まで「生きていて良かった」と感じられるようにフジノは変えたいです。

在宅療養連携会議・全体会議(第3回)

「在宅療養連携会議・全体会議」会場にて

「在宅療養連携会議・全体会議」会場にて

若年性認知症の方を介護しておられる家族のみなさまへ/「家族懇談会」のおしらせ・「若年性認知症センター」のフリーダイヤルのご紹介

「よこすか若年認知症の会タンポポ」の家族懇談会

『若年性認知症』の方々に対する横須賀市の支援は少しずつですが前に進み始めています。

『若年性認知症』の当事者ご本人の集いである『よこすか若年認知症の会タンポポ』が今年2014年4月1日、正式に発足しました。

事務局は、市の高齢福祉課が担っていますが、『タンポポ通信(タンポポのたより)』の原稿の執筆などは市民の方々に行なって頂いています。

タンポポ(表面)

タンポポのたより(表面)

タンポポ(裏面)

タンポポのたより(裏面)


タンポポでは、『若年認知症』に関わりのある方なら、どなたでも仲間になれるそうです。

本人中心なのはもちろんですが、ご家族・理解者・支援者、みなさんが参加できるそうです。

そして、今日の本題です。

『タンポポ』では、定期的に『ご本人活動』『家族懇談会』を開催しています。

本人活動 家族懇談会
4月20日(日)終了 6月21日(土) 終了
8月8日(金)終了 10月25日(土)
12月7日(日) 2015年2月21日(土)

ぜひご家族のみなさま、次回10月25日、次々回2月21日、ご参加なさってみませんか?

会場は、だいたい総合福祉会館になると思います。

参加をしてみようかな、と感じて下さった方は、あらかじめ横須賀市の福祉部・高齢福祉課担当までお電話くださいね。

電話番号は046ー822-8291です。

どうかご利用なさって下さいね!



国による「若年性認知症コールセンター」

もう1つご紹介したい取り組みがあります。こちらは横須賀市の取り組みではなく、国の取り組みです。

厚生労働省は『認知症の医療と生活の質を高める緊急プロジェクト』報告(平成20年7月10日)に基づいて、若年性認知症施策の様々な取り組みの1つとして、『若年性認知症に係わる相談コールセンター』を全国に1か所設置することを決定しました。

それを受けて、開設されたのが『若年性認知症コールセンター』です。平成21年10月1日にオープンしました。

認知症コールセンターのご案内

認知症コールセンターのご案内


どんな活動をしているか、3本の動画で分かりやすく紹介されています。
















フリーダイヤルですので、ぜひ全国からご相談の電話をご利用いただきたいです。



ぜひあなたも「若年性認知症サポーター」になって下さい!/認知症の中でもさらにマイノリティである働き盛りの認知症

若年性認知症への支援はようやくスタートしたばかりです

『認知症』は、高齢の方々だけが発症するのではありません。

本当に若い、働き盛りの方々でも『認知症』を発症します。

ご高齢の方々の認知症とは区別して、18〜64才と若くして発症した『認知症』のことを『若年性認知症』と呼んでいます。

認知症介護研究・研修大府センターのパンフレットより

認知症介護研究・研修大府センターのパンフレットより


わが国で若年性認知症を発症しておられる方々の数は、約3万8,000人と推計されています(「若年性認知症の実態と対応の基礎基盤に関する研究」2009年)。

神奈川県内では2,750人と推計されています(2010年1月)。

若年性認知症には、ご高齢の方々の認知症とはまた異なるいくつもの課題があります。

  • 働き盛りで若くて体も元気な上に、まさかこの若さで認知症を発症するとは思いもしない。だから受診も遅れてしまう。
  • おこさんが思春期にさしかかった時期であることが多く、まだ若い親御さんの言動が急変したことを受け止められない。

けれども、若年性認知症への支援は、以前記したように、ようやくスタートしたばかりです。

(2013年3月4日の活動日記より)

まず、認知症そのものの支援が進んでいない為、国としては2013年度から新たに『認知症施策推進5か年計画(オレンジプラン)』がスタートします。

『オレンジプラン』の大きな7つの取組みの6番目に若年性認知症も取り上げられましたが、これだけしか記述もありません。

オレンジプラン

国としての取り組みもまだまだです。

東京都では、NPOに委託することで若年性認知症についてのワンストップでの相談窓口を開設しています。

東京都若年性認知症総合支援センター

東京都若年性認知症総合支援センター


ただ、神奈川県としての取り組みは、まだ進んでいません。

県の審議会での議論では「いち市町村にできることは限られている」という専門家の意見もありました。

しかし、「いち市町村からできることを積極的に取り組まねばならない」とフジノは考えています。

そこで、たびたび若年性認知症への支援を市議会の場で訴えてきました。

(例えば、こちらこちらなど)

さらに、家族会のみなさんが長年にわたって一生懸命に活動に取り組んできて下さいました。

そうした活動が実って、2012年度、横須賀市は『若年性認知症への支援』を初めて予算化しました。

そして今年度(2013年度)も、横須賀市は新たな取り組みをスタートします。

若年性認知症サポーターの養成講座を行ないます。

以下に、横須賀市からのお知らせを掲載します。

若年性認知症講座を開催します
〜一緒にサポーターになりませんか〜

18~65歳未満に発症する若年性認知症は働き盛りの方が多く、高齢期の認知症と異なる様々な問題を抱えます。現行の高齢者の認知症対策では対応できない多様な支援が求められており、若年性認知症の方の社会参加には周囲の配慮やサポートが必要です。

そこで横須賀市では、公益社団法人「認知症の人と家族の会神奈川県支部」の協力を得て、若年性認知症の支援者の人材育成として、若年性認知症のサポーターを養成する講座 を行います。

第1回 第2回 第3回
7月29日(月) 14:00~16:00 8月19日(月) 14:00~16:00 9月17日(火) 14:00~16:00
総合福祉会館5階視聴覚研修室 ヴェルクよこすか6階第1会議室
川崎幸クリニック院長・公益社団法人認知症の人と家族の会代表 杉山孝博先生 臨床心理士・稲富正治先生、若年性認知症ご本人と介護家族
若年性認知症の理解 若年性認知症の対応と心理的理解 若年性認知症の人と家族へのインタビュー
若年性認知症について医師がわかりやすくお話します。 若年性認知症の介護家族がたどる4つの心理ステップについてお話します。 若年性認知症の人の気持ちや介護されているご家族のご経験を伺います。

手話通訳あり。

対象:市内在住・在勤・在学で、第1~3回全て参加できる方

定員:先着60人

申込:7月11日(木)~7月25日(木)までに電話・FAX でコールセンターへ

要予約:同伴する若年性認知症の人のお世話を希望する人は、7月22日(月)までに担当課へ予約が必要です。定員は先着5人。



横須賀市からのお知らせは以上です。

どうかあなたもぜひご参加下さい。よろしくお願いします!