まちの政治家は、こんなことしてます


2010年6月18日(金)のフジノその2

 (はじめに)
 ここから先は、6月18日の活動日記なのですが
 昨日10月4日を迎えるまでは、公開しないままできました。

 その事情はこの先を読んでいただくとお分かり頂けるはずなのですが
 こころの底で「本当に自分が理事になって良いのか」ということを
 悩み続けてきたからでした。

 昨日、新理事として初めての理事会がありました。

 そこでの緊張の数時間の会議を終えて、
 ようやく「僕はここにいてもいいのだ」と感じることができました。

 そしてやっと今、僕は世間に対して
 新たに理事に就任したことを公表しても良いのだと
 思えるようになりました。

 そんな訳で、完全に時期外れなのですが
 6月18日の活動日記です。よろしければご覧下さい。



● NPO地域精神保健福祉機構(通称コンボ)の理事に就任しました

 今日は、夕方5時から
 NPO法人・地域精神保健福祉機構(通称コンボ)の総会がありました。

 コンボとは、精神保健医療福祉に関わる、みなさまの為の団体です。
 全国に8000人もの会員がいる巨大な組織でもあります。

 精神障がいのあるご本人が表紙モデルとして
 毎月登場する雑誌『こころの元気プラス』でも有名な団体です。

 精神障がいのあるご本人をはじめ、ご家族、保健医療福祉の関係者など、
 あらゆる立場の方々が立場を超えて集うことができる
 唯一の全国組織だとフジノは受け止めています。

 その前身である全家連から含めて
 フジノの人生の半分である18年間の関わりがあります。

 (現在、全家連は解散して無くなりましたが
  その遺伝子はコンボに明らかに受け継がれている
  とフジノは考えています。
  フジノの中では、全家連の良い部分=コンボなのです)

 僕はこの団体が存在していなければ
 18才の頃、自殺していたと思うのです。

 それくらい、本当に、本当に、大切な場です。



 そのコンボの賛助会員であるフジノが、
 総会に参加するのは当然のことではあるのですが

 今日の総会は、フジノにとって
 今までとは全く別の重みがありました。

 それは、フジノが
 コンボの新しい『理事』の候補に選ばれているのです。

 総会の最後に『理事の改選』という議案があって
 みなさまに承認していただければ
 フジノはなんと最年少の理事に就任します。

-----------------------------------------------------

 たぶん精神保健医療福祉の世界と関わりの無い方には
 イメージすることは難しいと思うのですが

 フジノにとって、コンボという組織の理事になるなんてことは
 全くありえない、想像したこともない、信じられない事でした。

 フジノが総理大臣になるよりも
 イメージできないことです!

 そもそも今からさかのぼること18年前、
 精神疾患に苦しむ恋人とともにフジノが助けを求めたのが
 コンボの前身である全家連でした。

 コンボという団体は、その『全家連』という組織(今は解散)の
 その直系の遺伝子をひいています。

 わらにもすがる想いで助けを求めた時に
 その声に温かく応えてくれた命の恩人であるその団体の

 わずか11名しかいない理事に
 まさか18年後に
 自分が就任することになるだなんて...。

 責任の重さにしり込みをしたフジノは
 数ヶ月前にお話を頂いた時、即座にお断りさせていただきました。

 全家連の長く続く歴史、
 全家連を愛してきた僕だからこそ
 誰よりもその重みを知っています。

 日比谷公園の誓い。活動の歴史。
 流された、たくさんの涙。

 全家連からコンボへと生まれ変わる中で
 12万人もいた会員数こそ減りましたが
 今も全国に8000名を超える会員の方々がいらっしゃいます。

 その8000名の想いを
 果たしてフジノが担えるのか...。

 これは、市議会議員として41万人の想いを引き受けるのとは
 全く別の次元のものです。だから、怖くてたまりませんでした。

 政治家への転職は、僕自身が決めて行なったことですから
 あらかじめハッキリと『覚悟』はできていました。

 けれども、この理事になるというのは
 まさに突然の推薦で
 (理事の改選があることすら知らなかった)
 僕の能力を明らかに超えていることでした。

 ですから、お断りしつづけました。

 けれども、何度も説得をいただくうちに
 (僕なんかに本当にもったいないことです!)

 少しずつ考えが変わりました。

 「18年前に僕が助けてもらったように
  かつての僕と同じように今この瞬間に苦しんでいる人に
  手をさしのべられるように僕がなることが、
  全家連への恩返しなのではないか?」

 と考えるに至りました。

------------------------------------------------

 実は、このお話を頂いて悩みぬいた末についに決心した時に
 フジノはそれまで生やしていたヒゲをそり、
 髪の毛も短くして、黒く染め直しました。

 中学時代からずっと「自分らしい姿は自分で決める」と考えてきて
 僕は茶色い髪の毛が似あうと思ってきましたし、
 高校時代も会社員時代もそのままでした。

 政治家に転職する時も
 わざわざ黒くするのはウソくさいから嫌だと考えて
 茶色いままにしていました。

 どれだけ周りから批判されようがバカにされようが
 他人の声よりも自分のこころの声を信じたのです。

 そんなフジノですが
 いや、そんなフジノだからこそなのですが

 僕の今のこころの声に耳を傾けた結果、
 コンボの理事にふさわしい姿として
 ヒゲもそって髪も短くして黒くしようと思いました。

 これまでの政治家フジノの暴れん坊ぶりを知っている方は
 失望される方もいるかとは思うのですが、

 他の理事の方々というのは、有名な研究者・実践者ばかりで
 ご家族の立場の方も全国に名前の知られている方ばかり、
 精神障がいのある本人の立場の方も
 すごい人ばかりです。

 でも、フジノには何もありません。

 全家連から続くコンボへの深い愛情以外には
 何にもフジノにはありません。

 最年少の若造ですし、研究成果も無ければ、何もありません。
 (政治家であることは全く意味がありません)

 そんな空っぽの僕が
 8000人の全国の精神保健医療福祉に関わる
 全ての方々の想いを受け止めるという大きな責任を受け止める為には
 せめて外見だけでも
 一目で見て分かってもらえるような
 その姿勢を示したいと感じました。

 それくらいにフジノにとっては
 すさまじく大きな出来事、
 天地がひっくりかえるような出来事なのでした。

 何日間も緊張で
 吐き気が止まりませんでした。

----------------------------------------------------

 ちなみに、理事のメンバーはこちらです。


 代表理事:大島 巌さん
 (日本社会事業大学社会福祉学部教授)

 共同代表理事:伊藤 順一郎さん
 (独立行政法人国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所部長)

 共同代表理事:宇田川 健さん
 (NPO法人地域精神保健福祉機構共同代表)

 理事・事務局長:桶谷 肇さん
 (全国精神障害者就労支援事業所連合会・理事)

  理事:後藤 雅博さん
 (新潟大学医学部保健学科教授)

 理事:西尾 雅明さん
 (東北福祉大学総合福祉学部教授)

 理事:遊佐 安一郎さん
 (長谷川メンタルヘルス研究所所長)

 理事:高森 信子さん
 (SSTリーダー)

 理事:柏木 彰さん
 (横浜市精神障害者家族会連合会・副会長)

 理事:増川 信浩さん
 (WRAPファシリテーター)

 監事:寺尾 直宏さん
 (NPO法人千葉県精神障害者家族会連合会・理事長)


 そして、顧問にあたるアドバイザリーボードはこちらです。

 大熊 由紀子さん
 (ジャーナリスト・国際医療福祉大学教授)

 門屋 充郎さん
 (NPO法人十勝障がい者支援センター理事長)

 佐藤 光源さん
 (東北福祉大学大学院教授)

 高橋 清久さん
 (財団法人精神・神経科学振興財団理事長)

 寺谷 隆子さん
 (山梨県立大学・教授/日本社会事業大学・客員教授)

 樋口 輝彦さん
 (独立行政法人国立精神・神経医療研究センター総長)

 フイリス・ソロモンさん
 (ペンシルバニア大学社会政策・社会実践学部・教授)

 チャールズ・ラップさん
 (カンザス大学社会福祉学部・教授)


 ね?

 精神保健医療福祉の関係者の方々であれば
 誰もが知っているビックネームばかりですよね...。

 明らかにフジノは格下の格下、
 嫌になってしまうくらいにちっぽけな存在です。

 それでも今日、総会がついに最後にさしかかり、
 新しい理事としてフジノを全会一致で承認していただきました。

 フジノが理事の1人になったのです!
 責任の重さに押しつぶされそうです!

 でも、選んでいただいた以上は
 今まで以上に、この身を賭して、全身全霊をかけて
 コンボの為に、そして精神保健医療福祉の為に、働いていきます。



 これまでも個人として政治家として
 精神保健医療福祉の為に全身全霊をかけてきました。

 けれどもそれは、個人としての闘いでした。
 無所属の1人きりの地方議員としての闘いでした。

 でも、これからはコンボの理事という
 全国の代表なのだという自覚を持って

 他の理事・アドバイザリーボードの方々の名声を汚さないように努力します。

 いや、何よりも、僕自身が命を救ってもらって
 その恩を感じていつも大切に想ってきた全家連=コンボの
 歴史と伝統を守る為にがんばります。

 守る為には変えなければならないこともたくさんあります。

 新しい風を吹き込める存在になれるように、
 どうか全国のみなさま、力を貸して下さい。

 以上、コンボの新理事に就任しました
 フジノの決意表明です。

 よろしくお願いします!



2010年6月18日(金)のフジノその1
● 美術館問題、特に谷内六郎作品返還問題についての報道

 先日の本会議で行なった市長への一般質問
 タウンニュース紙が報じてくれました。

 時事的な速報性では神奈川新聞がダントツですが、
 ある程度の時期に出来事をまとめて解説してくれる分かり易さでは
 やはりタウンニュース紙がとても親切ですね。

  (2010年6月18日・タウンニュースより引用)

 横須賀市議会 作品返還めぐり意見分かれ
 谷内氏遺族からの請求と市の対応に質問相次ぐ


 画家の谷内六郎氏の遺族が、
 横須賀市に寄贈した同氏の作品を返還するよう市に求めている問題で、
 今月9日、100日に開かれた市議会本会議では、
 市議会議員から吉田雄人市長への質問が相次いだ。

 寄贈作品について、
 「迅速な問題解決のために返還すべきではないか」との質問があった一方、
 別の議員からは「堂々と裁判で闘うべき」との指摘もあるなど、
 市議の間でも意見が分かれている。

 今月9日の本会議で最初に質問に立ったのは、藤野英明市議(無会派)。

 藤野氏は、

 「市民の多くはそもそも谷内六郎作品に特別な思い入れはなく、
  遺族とトラブルを起こしてまで谷内館を無理に継続することも望んでいない」

 との認識を示し、

 「迅速な問題解決のために寄贈作品を遺族に返還すべきではないか」

 と提言した。

 その上で、
 仮に横須賀美術館の谷内六郎館を廃止、休館して別の展示館に利用する場合、
 「市は建設に要した補助金や市債などを一括で返済しなければならないのか」と確認した。

 これに対し吉田市長は、

 「谷内作品は世代を超えた人気があり、横須賀美術館に必要な存在」

 とし、遺族との円満解決に向けた話し合いと谷内六郎館の運営を続けていきたいと、
 これまでの主張を繰り返すにとどめた。

 また、美術館の用途に変更が無ければ、市債を一括返済する必要は無いと答えた。

 一方、一柳洋議員(ニューウィング横須賀)は、
 作品の保存などを助言するアドバイザーとして、
 横須賀市が谷内氏の長女に支払っていた報酬(月額22万8,700円)を
 今年度打ち切ったことに触れ、
 「(遺族側の返還請求は)想定内だった」と述べた。

 さらに、

 「アドバイザーに値しないことをはっきり言えば良い。
  堂々と裁判で闘い、貰った絵は市の財産だから
  議会の協力を得て守るのがあなたの使命」と吉田市長の姿勢を批判した。

 市長は、質問以外の一柳氏の指摘には直接的に触れず、
 「信念として、市の財政事情を何とかしようという想いは変わっていない」などと答弁した。

 また、翌10日には青木哲正議員(新政会)が、
 市が今年度アドバイザー報酬を予算化しなかった財政上の理由を改めて質問。
 市長自身の退職金を半減することでアドバイザー料の4年分は賄えると指摘すると、
 市長は「退職手当については4年間の任期の中で整理したい」と述べた。

--------------------------------------------------------------
 (引用終わり)



● あとは吉田市長がしっかりと決断するだけ

 タウンニュース紙が報じてくれた2点について
 改めてフジノ自身が説明したいと思います。

 まず、「返還すべきだ」というフジノの訴えについてです。


  「市民の多くはそもそも谷内六郎作品に特別な思い入れはなく、
   遺族とトラブルを起こしてまで谷内館を無理に継続することも望んでいない」

  との認識を示し、

  「迅速な問題解決のために寄贈作品を遺族に返還すべきではないか」

  と提言した。


 この点については、一般質問を行う前にフジノは
 尋ねられる限りの市民の方々に
 どのようにお考えなのかのご意見をいただきました。

 そもそも谷内六郎作品だけでなく、
 横須賀美術館そのものが求められていない、というのが結論です。

 例えば、このことを客観的に証明する為に
 Yデッキに1週間たちつづけて
 通行する市民の方々に「返還すべき」「返還すべきでない」を尋ねる
 シール投票をしても良いかもしれません。

 また、本会議が終わった後、フジノは
 美術関係に造詣の深い方々に直接お会いして
 今回の質疑について、率直なご意見を聞かせて頂きました。

 アーティスト・学芸員・美術教師など美術関係の方々からも
 フジノの主張の方向性は「正しい」と評価して頂きました。

 だから、フジノは確信を持って断言しますが

 市民のみなさまは谷内六郎作品に特別な思い入れはなく
 ご遺族とトラブルを起こしてまで谷内館を継続してほしいという人はいないのだから
 ご遺族の要望どおり、作品を返還すべき

 というフジノの主張こそ、市民のみなさまの想いです。

 また、作品を返還すると共に谷内六郎館を廃止して
 そのスペースを別の形で利用すべきだと考えています。

 もっと多くの市民のみなさまに利用していただく為の
 スペースのより有効な活用方法についても
 美術関係者の方々からのご提案もすでに頂いています。

 こうした「廃止・休館をすべき」というフジノの提案に対して
 多くの市民の方々から

 「別の目的に使うと、建設の時に受けた補助金や市の借金を
  全て一括で返済しなければいけないんじゃないでしょうか?」

 という不安の声を頂いてきました。

 実際は一括返済の必要はありません
 そのことをフジノはすでに国に確認済みなのですが

 市民の方々から頂いたこのご心配に対しては
 やはり市長自身の言葉で
 本会議の場で
 しっかり述べてもらうことにしました。

 そして市長の答弁は、
 美術館である限りは谷内館を廃止・休館して別の作品を展示しても
 一括返済する必要は「無い」と明言するものでした。

 つまり、作品をご遺族に返還しても
 市民のみなさまにダメージは「名」「実」ともに何もありません。

 必要なのは、『市長の決断』だけです。

 この問題でも吉田市長はブレてばかりいますが
 早く決着をつけてほしいです。

 もっと大切な問題がこのまちには山積みなのだから。


→日記過去分の目次へ
→はじめのページに戻る