政務活動費の使いみちを報告します(2019年5月〜9月分)

政務活動費2019年5月〜9月分の使いみちを報告します

2019年5月1日~9月30日までの5ヶ月間でフジノが使った『政務活動費』を報告します。

下の画像が、議会事務局に実際に提出した収支報告書です。

政務活動費収支報告書・2019年5月〜9月分

政務活動費収支報告書・2019年5月〜9月分


詳しくご紹介していきます。

2019年5月〜9月分の政務活動費
支給された額69万5,000円
支出した額79万3,792円
差し引き▲9万8,792円

差し引きは、マイナス9万8,792円でした。

※マイナス分は後期の政務活動費に繰り越されます。



内訳を報告します

79万3,792円を具体的に何に使ったのかを報告します。横須賀市議会のルールごとに科目で分けたのが下の表です。

『内訳』をクリックすると、参加した会議の名前や購入した本の名前などを詳しく記したPDFファイルが表示されます。

『領収書』の掲載は、議会事務局が個人情報を消した後に掲載します。もうしばらくお待ち下さい。

科目合計額内訳領収書
調査研修費7万5,449円こちらこちら
研修費4万4,382円こちらこちら
広報費   0円なしなし
広聴費   0円なしなし
要望・陳情活動費   0円なしなし
会議費   0円なしなし
資料作成費 2,150円こちらこちら
資料購入費24万5,938円こちらこちら
人件費   0円なしなし
事務所費42万5,873円こちらこちら



*慣習的に領収書をもらわない交通費(バス・電車)などは『支払確認書』と『交通費計算書』の2つの書類をもって領収書のかわりとしています。

以上です。



横須賀市議会の全員の収支報告書も公開されています

他の議員の政務活動費収支報告書は、横須賀市議会のホームページで公開されています(こちら)。

横須賀市議会のホームページではまだ2018年4〜9月分までしか公開されていません

横須賀市議会のホームページではまだ2018年4〜9月分までしか公開されていません


ホームページでの公開までに時間を要するので、フジノは先に自らのブログで公開をすることにしています。



おカネの報告

政治家フジノとカネについて公開します

フジノが公開すべきだと考えている『政治とおカネ』カンケーは、次の5つです。

そこで、それぞれについてオープンにしますね!



1.政務活動費

『政務調査費』と呼ばれてきた経費の名前が2013年度から『政務活動費』に変わりました。

5期目(2019年5月~2022年4月分)
2019年度5月〜9月分・69万5000円が交付されました。
・79万3,792円、使いました。
 →詳しい使いみちはこちら
後期



*2016年度から議会改革のひとつとして、政務活動費収支報告書を年2回(前期・後期)提出することになりました。

4期目(2015年5月~2019年4月分)
2019年度4月分・13万9000円の交付が決定されました。
・14万8,144円、使いました。
 →使いみちはこちら
2018年度前期・166万8000円の交付が決定されました。
・前期分83万4,000円が支給されました。
後期・後期分83万4,000円が支給されました。
・83万6,731円、使いました。
 →使いみちはこちら
2017年度前期・83万4,000円、支給されました。
・80万6,153円、使いました。
 →使いみちはこちら
後期・83万4,000円が支給されました。
・80万7,840円、使いました。
 →使いみちはこちら
2016年度前期・83万4,000円が支給されました。
・95万0,375円、使いました。
 →使いみちはこちら
後期・83万4,000円が支給されました。
・84万5,881円、使いました。
 →使いみちはこちら
2015年度・166万8,000円が支給されました。
・4月分の使いみちはこちら
・5月~翌3月分の使いみちはこちら。




3期目(2011~2014年度)
2014年度・166万8,000円が支給されました。
・198万1,625円、使いました
2013年度・166万8,000円が支給されました。
・188万4,123円、使いました
2012年度・166万8,000円が支給されました。
・218万5,781円、使いました
2011年度・166万8,000円が支給されました。
・4月分の使いみちはこちら
・5月~翌3月分の使いみちはこちら




2期目(2007~2010年度)
2010年度・使いみちはこちら
2009年度・166万8,000円が支給されました。
・事務所設置(変更)届
→2008年5月に事務所を引っ越ししました。個人情報保護の観点から大家さんの住所と名前は全ては載せていません。
2008年度・166万8,000円が支給されました。
186万8,567円、使いました。
2007年度135万5,286円、使いました。
領収書の写しも公開しています!
本年から、下の書類作成も義務づけられました。
・事務所設置届(こちら
・携帯電話使用届(こちら




1期目(2003~2006年度)
2006年度・166万8,000円が支給されました。
155万5,385円、使いました。
2005年度175万7,979円、使いました。
2004年度172万9,284円、使いました。
2003年度 ・「美術館建設をストップできなかった責任」をとって全額を返却しました!
・全額返却したらいろいろ大騒ぎになりました




2.選挙にかかったお金

選挙費用
5度目(2019年)合計7万6,753円
4度目(2015年)合計11万8,669円
3度目(2011年)合計11万3,396円
2度目(2007年)合計11万4,874円
初選挙(2003年)合計15万2,503円




3.お給料とボーナス

お給料とボーナス
3期目2011年度の内訳はこちら
2期目2007~2010年度の内訳はこちら
1期目2003~2006年度の内訳はこちら




4.政治団体(解散した為、現在はありません)

 政治団体「横須賀をおもしろくする会」の収支報告(2003~2013年) 
03年04年05年06年
07年08年09年10年
11年12年13年 解散

*政治団体『横須賀をおもしろくする会』は2013年6月13日付で解散しました。




5.議員年金について




最後に

※フジノは、条例や法律で「公開せよ」と決められてなくても、勝手にどんどん報告していきたいと思います。



政務活動費の使いみちを報告します(2019年度4月分)

2019年度4月分の使いみちを報告します

横須賀市議会では『政務活動費』の使いみちは半年ごとに収支報告書に領収書を添付して提出するルールになっています。

(前期:4月〜9月末の半年間、後期:10月~翌年3月末の半年間)

ただし、市議会議員選挙が行なわれた年だけは4月のみ1ヶ月分の収支報告書を提出するルールになっています。

市の会計年度が4月1日スタートで3月末に終わるのに対して、議員の任期が5月1日にスタートして4年後の4月末で終わる為に、1ヶ月間ズレがあるのでこのようになります。

そこでここでは2019年4月1日~4月31日までの1ヶ月間でフジノが使った政務活動費を報告します。

平成30年度4月分政務活動費収支報告書

平成30年度4月分政務活動費収支報告書


上の画像が、議会事務局に実際に提出した収支報告書です。

合計額は、下の表のとおりです。

2019年4月分の政務活動費
支給された額(*1)    13万9,000円
支出した額(*2)    14万8,144円
残額    ▲9,144円

(*1)経費として、横須賀市が各議員に渡した1ヶ月分のお金のこと。
(*2)経費として、1ヶ月間でフジノが実際に使ったお金の合計額。

差し引きは、マイナス9,144円でした。マイナス分は『自腹』で支払いをしました。



科目ごとの内訳はこちらです

14万8,144円をどのような内容に使ったのか、横須賀市議会のルールごとに分けたのが下の表です。

*『内訳』『領収書』は後日改めて掲載します。お待たせして申し訳ございません。

科目合計額内訳領収書
研究研修費6万2,927円こちらこちら
研修費1,034円こちらこちら
広報費0円なしなし
広聴費0円なしなし
要望・陳情活動費0円なしなし
会議費0円なしなし
資料作成費0円なしなし
資料購入費2万0,856円こちらこちら
人件費0円なしなし
事務所費6万3,327円こちらこちら

*交通費(電車・バスなど)は領収書をもらうのが困難なので 『支払確認書』と『交通費計算書』という2つ書類を提出することで領収書のかわりとなります。

以上です。



政務活動費収支報告書(2018年度・後期分)を完成させました/完成版ではなく暫定版ですが、ぜひみなさまのご意見をお聞かせ下さい

横須賀市議会の政務活動費のしくみ

横須賀市議会では『政務活動費』を年2回に分けて支給しています。

各議員には、半年ごとに83万4000円ずつ支給されています(前期分は4月に、後期分は10月です)。

そして『政務活動費運用マニュアル』に基いて、半年ごとに、全ての領収書を添付した『収支報告書』を議会事務局に提出するルールになっています。

2018年3月31日をもって2018年度が終わりました。

2018年度後期分の締め日となりましたので、すみやかに『収支報告書』を提出しなければなりません。



2018年度・後期分の政務活動費収支報告書を完成させました!

グチになってしまうのですが、『収支報告書』の作成にはとにかくものすごく労力と時間がかかります・・・。

それでも、なんとか昨日と今日の2日間で、一気に完成させてしまいました。

明日、議会事務局へ提出しに行こうと思います。

2018年度後期・政務活動費収支報告書(4月4日提出予定の暫定版)

2018年度後期・政務活動費収支報告書(4月4日提出予定の暫定版)


上の表が完成した『収支報告書』の表紙です。

それぞれの内訳(具体的にいつ何をいくらで購入したか)などの詳しい内容はこちらに掲載しました。

ぜひご覧下さい。



フジノはたったひとりきりで作成しているのでミスもあるかもしれません

提出した『収支報告書』は、これから議会事務局のみなさまにチェックをしていただくことになります。

毎回たったひとりきりでフジノは『収支報告書』を作成しています。

エクセルへの入力、膨大な枚数の領収書を用紙へノリでの貼り付け、交通費の精算の為のルート確認など、何度も自分でチェックをして見直します。

でもひとりだとダブルチェックができないので、何度も見直したのに、提出後に単純な計算ミスや費目の取り違えなどのケアレスミスが発見されて、どうしても何か所かは毎回修正しなければなりません。

ですから今日完成したものは、あくまでも『暫定版』とうけとめてください。

それでもフジノとしては

「一刻も早く市民のみなさまに情報公開をしたい」

という立場ですので、毎回このブログでは『暫定版』の段階で公開をしています。



ぜひご意見をお寄せ下さい

半年ごとに同じことを書いていますが、今回も書きます。しつこくてごめんなさい。

世間では『政務活動費』に対して、市民のみなさまからは厳しい視線しかありません。

当然ながらその原因は、議員自身にあります。

信じられないような使いみちをしたり、私腹を肥やす為にニセの領収書を使ったりする人々があまりにもたくさんニュースで報じられています。

けれども政治家に限らず、会社員も自営業も仕事をするには『経費』が必要なのは変わりません。

『政務活動費』はあくまでも仕事をする上での『経費』です。

会社員時代も、市議である今も、より良い仕事をする為には『経費』が必要です。

良い仕事をしたい。

それだけがフジノの願いです。

ぜひフジノの『収支報告書』をご覧いただいて、ぜひご質問やご意見をみなさまから頂きたいと思っています。

「この視察はどの一般質問・委員会質問につながっているのですか?」

「この研修を受けて、課題の解決に向けてどのような政策立案につながりましたか?」

「この本を読んで、政策にどんなふうに反映したのですか?」

と。

ひとつひとつの視察や研修や本はどれも思い入れをもって行なっていますので、時間さえ許せば、ぜひお話させていただきたいです。

同時にみなさまにもご理解いただきたいことがあります。

『政務活動費』での視察や研修や購入した本は、短期的にすぐ政策や質疑に反映できることばかりではありません。

長期的な研究を重ねてようやく立案できる政策もたくさんあります。

こうしたことも含めてぜひ語りあうことができたらいいなといつも思っています。

そして

「提案した政策は実現したのか?」

「実現した政策の効果はどうだったのか?」

という本質的な意見交換ができたら嬉しいなと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。



後日追記:翌4月4日、議会事務局へ正式に提出しました

このブログを記した翌日4月4日に、正式に議会事務局へ提出してきました。

政務活動費収支報告書を提出しました

政務活動費収支報告書を提出しました


議会事務局のダブルチェックをしてもらい、正式版が完成します。

横須賀市議会・政務活動費収支報告書の公開コーナー

横須賀市議会・政務活動費収支報告書の公開コーナー


その後、横須賀市議会ホームページの政務活動費コーナーに掲載されることになります。



政務活動費の使いみちを報告します(2018年度・後期分)

2019年4月3日現在の暫定版です(完全版ではありません)

2018年度・後期分の使いみちを報告します

2018年10月1日~2019年3月31日までの半年間でフジノが使った『政務活動費』を報告します。

2018年度後期・政務活動費収支報告書(4月4日提出予定の暫定版)

2018年度後期・政務活動費収支報告書(4月4日提出予定の暫定版)


上の画像が、議会事務局に実際に提出した収支報告書です。

さて、合計額は、下の表のとおりです。

2018年・後期分の政務活動費
支給された額    83万4,000円
前期からの繰越金   ▲14万4,044円
支出した額    83万6,731円
残額    ▲14万6,775円

支給された金額よりも支払った金額の方が多い為、残額はありませんでした。

*マイナス14万6,775円は自腹で支払っています。



科目ごとの内訳はこちらです

83万6,731円をどのような内容に使ったのか。

横須賀市議会のルールごとに分けたのが下の表です。

『内訳』欄の「こちら」をクリックすると、具体的な品名が詳しく記してあるPDFファイルが表示されます。

*『領収書』の掲載は、個人情報を墨塗りした後での掲載となります。しばらくお待ち下さい。

科目合計額内訳領収書
調査研究費  7万6,486円こちらこちら
研修費   1万8,132円こちらこちら
広報費   0円なしなし
広聴費   0円なしなし
要望・陳情活動費   0円なしなし
会議費   0円なしなし
資料作成費    4,563円こちらこちら
資料購入費  19万6,530円こちらこちら
人件費   0円なしなし
事務所費   54万1,020円こちらこちら

*電車・バスなどの交通費はそのつど領収書をもらうのが困難なので『支払確認書』と『交通費計算書』の2つの提出をもって領収書のかわりとなります。

以上です。



政務活動費が交付されました(2019年4月分・13万9000円)

2019年4月1日付けで、2019年4月分の政務活動費の『交付決定通知書』が市長から届きました。

2019年度は市議会議員選挙による改選期の為、4月1ヶ月分のみの交付となります。

交付された政務活動費は13万9000円です。

2019年4月分の政務活動費交付決定通知書

2019年4月分の政務活動費交付決定通知書


大切に遣わせていただきます。



政務活動費が交付されました(2018年度分・166万8000円)

2018年度の政務活動費の交付が決定されました

4月1日付けで、2018年度(2018年4月1日~2019年3月31日)の政務活動費の『交付決定通知書』が市長から届きました。

「2018年度政務活動費交付決定通知書」より

「2018年度政務活動費交付決定通知書」より


『藤野英明』に交付される政務活動費は合計166万8,000円です。



年2回に分けて、前期・後期の半年分ずつ交付されます

横須賀市議会では『政務活動費』は年2回(4月と10月)に分けて交付されます。

まず4月13日付けで83万4000円が振り込まれる事になります。

(同じく、『収支報告書』も年2回に分けて提出します)

政務活動費の交付に関する条例・条例施行規則に基づいて、『より良い仕事をする為の経費』として大切に使わせていただきます。

そして、各期末には収支報告書を提出して、その使途をしっかり報告していきます。



政務活動費収支報告書(2017年度・後期分)を提出しました/横須賀市議会では「政務活動費」を年2回に分けて支給して「収支報告書」も半期ごとに提出します

2017年度・後期分の政務活動費収支報告書を提出しました

横須賀市議会では『政務活動費』を年2回に分けて支給しています。

各議員には、半年ごとに83万4000円ずつ支給されています(前期分は4月に、後期分は10月です)。

『政務活動費運用マニュアル』に基いて、半年ごとに、全ての領収書を添付した『収支報告書』を議会事務局に提出するルールになっています。

政務活動費収支報告書を議会事務局に提出しました

政務活動費収支報告書を議会事務局に提出しました


フジノは今日、2017年度・後期分の『収支報告書』を提出してきました。

2017年度(平成29年度)後期・政務活動費収支報告書

2017年度(平成29年度)後期・政務活動費収支報告書


上の表が実際に提出した『収支報告書』の表紙です。

それぞれの内訳(具体的にいつ何をいくらで購入したか)などの詳しい内容はこちらに掲載しました。

ぜひご覧下さい。



フジノはたったひとりきりで作成しているのでミスもあるかもしれません

提出した『収支報告書』は、これから議会事務局のみなさまにチェックをしていただくことになります。

政党にも所属しておらず、無会派で、後援会も無く、たったひとりきりでフジノは『収支報告書』を作成しています。

何度も自分でチェックをして見直しますが、やはり第三者の目が入らないと、単純な計算ミスや費目の取り違えなどのケアレスミスがどうしても発生してしまいます。

ですから今日提出してきたものは、あくまでも『暫定版』という位置づけになります。

それでも、フジノは「一刻も早く市民のみなさまに情報公開をしたい」という立場ですので、このブログでは『暫定版』でも公開をしています。



ぜひご意見をお寄せ下さい

今、世間では『政務活動費』に対しては厳しい視線しかありません。

信じられないような使いみちをしたり、私腹を肥やす為にニセの領収書を使ったりする人々があまりにもたくさんニュースで報じられています。

けれども、フジノにとって、世間に『政務活動費=悪』というイメージを植え付けた人々の存在は、本当に迷惑です。

政治家に限らず、会社員も自営業も仕事をするには『経費』が必要なのは変わりません。

会社員時代も、市議に転職した今も、より良い仕事をする為にはフジノも『経費』が必要です。

良い仕事をしたい。それだけがフジノの願いです。

毎年同じことを記していますが、今年も書きますね。

ぜひ市民のみなさまにご指摘を頂きたいです。

「この視察はどの一般質問・委員会質問につながっているのですか?」

「この研修を受けて、課題の解決に向けてどのような政策立案につながりましたか?」

「この本を読んで、政策にどんなふうに反映したのですか?」

と。

また、『政務活動費』での視察や研修や購入した本は、短期的にすぐ政策や質疑に反映できることばかりではありません。

長期的な研究を重ねてようやく立案できる政策もたくさんあります。

こうしたことも含めて、質問があればぜひお答えしたいと思います。

そして「提案した政策は実現したのか?」「実現した政策の効果はどうだったのか?」というような、本質的な意見交換ができたらいいなと願っています。

どうぞよろしくお願いいたします。



政務活動費の使いみちを報告します(2017年度・後期分)

2017年度・後期分の使いみちを報告します

2017年10月1日~2018年3月31日までの半年間でフジノが使った『政務活動費』を報告します。

2017年度(平成29年度)後期・政務活動費収支報告書

2017年度(平成29年度)後期・政務活動費収支報告書


上の画像が、議会事務局に実際に提出した収支報告書です。

さて、合計額は、下の表のとおりです。

2017年・後期分の政務活動費
支給された額    83万4,000円
前期からの繰越金    2万7,847円
支出した額    80万7,804円
残額    5万4,043円

残額は5万4,043円でした。後日、議会事務局に返納します。



科目ごとの内訳はこちらです

80万7,804円をどのような内容に使ったのか、横須賀市議会のルールごとに分けたのが下の表です。

『内訳』をクリックすると、具体的な品名が詳しく記してあるPDFファイルが表示されます。『領収書』の掲載は、もう少しお待ち下さい。

科目合計額内訳領収書
研究研修費  5万9,519円こちらこちら
研修費   2万3,392円こちらこちら
広報費   0円なしなし
広聴費   0円なしなし
要望・陳情活動費   0円なしなし
会議費   0円なしなし
資料作成費    1万5,984円こちらこちら
資料購入費  17万9,663円こちらこちら
人件費   0円なしなし
事務所費   52万9,246円こちらこちら

*交通費(電車・バスなど)は領収書をもらうのが困難なので 『支払確認書』と『交通費計算書』の2つの提出をもって領収書のかわりとなります。

以上です。



政務活動費の使いみちを報告します(2017年度・前期分)

2017年度・前期分の使いみちを報告します

2017年4月1日~9月30日までの半年間でフジノが使った『政務活動費』を報告します。

2017年度(平成29年度)前期・政務活動費収支報告書

2017年度(平成29年度)前期・政務活動費収支報告書


上の画像が、議会事務局に実際に提出した収支報告書です。

さて、合計額は、下の表のとおりです。

2017年前期分の政務活動費
支給された額    83万4,000円
支出した額    80万6,153円
残額    2万7,847円

差し引きは、2万7,847円でした。残額は『後期』に繰り越されます。



科目ごとの内訳はこちらです

80万6,153円をどのような内容に使ったのか、横須賀市議会のルールごとに分けたのが下の表です。

『内訳』をクリックすると、具体的な品名が詳しく記してあるPDFファイルが表示されます。『領収書』の掲載は、もう少しお待ち下さい。

科目合計額内訳領収書
研究研修費  8万4,566円こちらこちら
研修費    7,200円こちらこちら
広報費   0円なしなし
広聴費   0円なしなし
要望・陳情活動費   0円なしなし
会議費   0円なしなし
資料作成費    3,023円こちらこちら
資料購入費  20万9,407円こちらこちら
人件費   0円なしなし
事務所費   50万1,957円こちらこちら

*交通費(電車・バスなど)は領収書をもらうのが困難なので 『支払確認書』と『交通費計算書』の2つの提出をもって領収書のかわりとなります。

以上です。



政務活動費の使いみちを報告します(2016年度・後期分)

横須賀市議会は2016年度から年2回、収支報告書を提出することになりました

横須賀市議会では『議会改革』の1つとして、今年度から政務活動費の収支報告書を年2回(前期・後期)の提出に変更しました。

昨年度までは年1回(年度末)の提出でした。

少しでも早く情報を公開することで、市民のみなさまが政務活動費の支出についてチェックできるようにしたいという考えからです。

ここでは2016年度・後期分(2016年10月1日〜2017年3月31日)の使いみちを報告します。



2016年度・後期分の使いみちを報告します

下の画像が、議会事務局に実際に提出した収支報告書です。

2016年度(平成28年度)後期・政務活動費収支報告書

2016年度(平成28年度)後期・政務活動費収支報告書


さて、合計額は、下の表のとおりです。

2016年度・後期分の政務活動費
支給された金額    83万4,000円
前期からの繰越金    ▲11万6,375円
支出した金額    84万5,881円
残額    ▲12万8,256円

差し引きは、マイナス12万8,256円でした。



科目ごとの内訳はこちらです

84万5,881円をどのような内容に使ったのか、横須賀市議会のルールごとに分けたのが下の表です。

科目合計額内訳領収書
研究研修費  7万1,276円こちらこちら
研修費  0円こちらこちら
広報費   0円なしなし
広聴費   0円なしなし
要望・陳情活動費   0円なしなし
会議費   0円なしなし
資料作成費   0円こちらこちら
資料購入費  18万8,214円こちらこちら
人件費   0円なしなし
事務所費   58万6,391円こちらこちら

*交通費(電車・バスなど)は領収書をもらうのが困難なので 『支払確認書』と『交通費計算書』の2つの提出をもって領収書のかわりとなります。

以上です。