市内外・県外・海外から参加して下さったみなさまと素敵な古民家カフェで年の瀬を過ごしました/年末特別版カフェトーク2017@コトノハ

休止しているカフェトークの、来年の定期開催の復活にむけて

2017年はフジノがとにかく忙しくて、カフェトークを3月末でお休みにしました。

週1回ペースで、これまで13年間で543回開催してきました。

なじみの深い方々にとっては大切なコミュニティになっており、

「早く再開してほしい」

という声もたくさん頂いてきました。

そこで、「どこかのタイミングでまた復活できないか」と考えていました。

『定期的な開催』の復活は、じっくり考えて来年の早い段階で実現したいと思います。

会場として貸していただけそうな所も見つかりつつあります。

いましばらくお待ち下さいね。

ただ、市議としての忙しさは2018年になってもなかなか変わらなさそうなので悩みどころではあります。

どうかみなさま、これ以上は再開を急かさないで下さいね。

トランキーロですよ。



9ヶ月ぶりのカフェトークでした

強いご要望をいただいているのに何もしないままでは切ないので、年内は、毎年恒例の特別版2つを開催しました。

1つ目は12月17日に開いた、毎冬恒例の『たこ焼きパーティー』です。

そして今日12月30日は『年末特別版』、いつもよりも長い開催時間のカフェトークを開催しました。

会場は『cafe+manabiya コトノハ』さんです。

会場の「cafe+manabiya コトノハ」さんの前にて

会場の「cafe+manabiya コトノハ」さんの前にて


「『年末特別版』のカフェトークの会場はここしかない!」

との想いで、2015年から会場を貸していただいています。

築百年の古民家を、オーナーご夫婦が1年間かけてじっくりとリフォームした素晴らしいコミュニティカフェです。

コトノハの様子

コトノハの様子


この数年間、『住み開き』として知られるようになった全国的な動きの1つだとフジノは受け止めています。

市内にも古民家をリノベーションしてカフェにしているところは何ヶ所もあって増えていますが、『住み開き』の動きに横須賀で呼応しているのは『コトノハ』だけなのではないかと思います。

コトノハの様子

コトノハの様子


とても素敵な取り組みだと思います。

(※もし他にも市内の事例をご存知でしたらぜひ教えて下さいね)



市内外・県外・海外から参加してくださいました

年末特別版は、これまで『マラソンカフェトーク』と銘打って12時間ぶっ通しで開催してきました。

けれども今日も大切な仕事の予定が複数入っていましたので、今年は3時間のショートバージョンでの開催となりました。

それでも、市内だけでなく、市外、県外、海外からの帰省中の方々が合計12名も足を運んでくれました。とても嬉しかったです。

おいしくて体に良いごはんを食べながら、参加者のみなさまのお話を聴かせて頂きました。

黒豆のカレー

黒豆のカレー


12名の方々のそれぞれの物語を限られたわずか3時間という時間でお聴きするのはやはりムリがありました。

フジノは、おひとりずつの時間を「巻き」でお願いしたのですが、お願いをしたフジノ自身が途中で自分の進め方にキレて

「あー、これではカフェトークがつまらなくなってしまう!ごめんなさい」

とお詫びするような状況でした。

おいしいコーヒー

おいしいコーヒー


人は、生きている人の数だけ分厚い本が何冊にもなるような物語があります。

うれしいこともたくさんあれば、悲しいこともたくさんあって、その生き様に他者が耳を傾けることはとても大きな意味があるとつくづく感じます。

カフェトークの約束事として、「ここで話したことは外部で話さない」というルールがあるので、もちろんブログにも書けません。

だからブログを読んで下さっているあなたには全く伝わっていないと分かっているのですが、カフェトークという空間を通じて語られるおひとりおひとりの人生はとても深い味わいがあります。

時間と体力が許せば、やっぱり年末特別版ぐらいは12時間ぶっ通しで開催したいなあと改めて感じました。



大好きな江口友子さん(平塚市議会議員)が来てくれました

今回は、フジノが公私ともに心から信頼し尊敬している江口友子さん(平塚市議会議員)が参加して下さいました。

江口友子さんとフジノ

江口友子さんとフジノ


彼女のライフヒストリーは公に語られていますので、カフェトークの「外部では話さない」ルールの適用外だと判断して、ちょっとだけエピソードを記させて下さい。

カフェトークは基本的に途中参加・途中退出OKのシステムなので、遅刻とか中座という概念がありません。

前日に「早く出てゆっくり向かいます」と連絡があったので、当日も「きっと江口さんはスタートと同時には来ないだろうな」とフジノは考えていました。

けれども、スタートから1時間過ぎてもいらっしゃらなかったので、少し焦りました。

何故なら会場は横須賀が地元の人にとってもすぐには分からない場所なのです。昨年も、埼玉県から参加した方がグーグルマップを観ても1時間迷ってしまったということがありました。

「これはもしかしたら江口さんも迷っているのかもしれない」

とフジノはドキドキしはじめました。

スタート1時間半が経過した頃、江口さんは無事に到着しました。

すごくホッとしたフジノのツイート

すごくホッとしたフジノのツイート


江口さんはニコニコしながら

「今日は、JR衣笠駅から歩いてきました」

「横須賀は坂が多い街ですね」

と話しました。

みんなビックリして「!!」という表情になりました。

そう、横須賀市民ならば江口さんが歩いてきた距離の長さや坂の激しさはイメージがわきますよね。

地図を貼ってみますが、実際の坂道の多さはたぶん市外の方には伝わらないだろうなあと思います。




江口さんのツイートから写真を引用させていただきますが、道のりにはこんな坂がたくさんあります。

江口友子さんのツイートから

江口友子さんのツイートから


フジノは江口さんと出会って16年目になります。

その中で、彼女がガンにかかってしまい、激しい闘病生活の末にとても厳しい時期を過ごした日々をリアルタイムで知っています。

命を落としていた可能性もあった訳です。

あの日々から時が流れて、そうして今日につながっているのです。

今年に入って江口さんの体調はかなり良いようで福島や神戸や県外に積極的に移動しておられるのは知っていました。

それでも改めて衣笠から不入斗まで坂道をずっと歩いて上がって来てくれたのかと思うと、彼女の元気さがリアルに伝わって、胸に迫るものがありました。

カフェトークを続けていると、いろいろな想いを感じます。

ある人は、ある時期にはとてもつらく厳しく、死に直面していることもしばしばあります。本人だけでなくご家族の死であったり、生きづらさに身動きも取れなくなっている方もおられます。

けれども人はいつも変化する存在です。

別の時期には穏やかな日々を過ごし、カフェトークで最近あったうれしかったことや楽しかったことを話してくれます。

こうした人々のあらゆる物語を追体験できるのがカフェトークなのだと感じています。



今年もカフェトーク参加者のみなさま、ありがとうございました

途中、9ヶ月もあいだが空きましたが、本日もカフェトークに参加して下さったみなさま、ありがとうございました。

初参加の方も、お久しぶりにお会いした方も、またいつかカフェトークが再開できた時にはお会いできますように・・・

そして、会場としてお借りした『コトノハ』スタッフのみなさま、今年もありがとうございました。温かで過ごしやすい雰囲気とおいしいごはんでカフェトークがより豊かな時間に広がったと思います。ありがとうございました。

来年、もしも定期開催が復活できたら、今ブログを読んでおられるあなたもいつかお会いできますように。



ほんわかのんびり年の瀬をみんなで過ごせました/年末恒例マラソンカフェトーク2015@和かふぇfu-u

今年も開催、マラソンカフェトーク

カフェトーク特別版、毎年恒例の『マラソンカフェトーク』を開催しました。

キッチン脇の席

キッチン脇の席


会場は、今年フジノの最もお気に入りのカフェ『和かふぇfu-u』です。

和室

和室


築百年の古民家を、オーナーご夫婦が1年間かけてじっくりとリフォームした素晴らしいカフェです。不入斗の小さな丘の上にあります。

和室

和室


これまでの横須賀中央駅前とは違って地元町内の方でなければ分からない場所なのですが、年末最後の特別な日なので「ぜひこちらでやらせてください」とお願いをしました。

和室

和室

年末恒例マラソンカフェトーク

 
12月30日(水)9:30~15:30@『和かふぇfu-u』(なごみかふぇふー)(横須賀市不入斗3-53-2)

JR横須賀駅または京急汐入駅から『西来寺循環』というバスに乗って、『不入斗中学校』バス停で下車して下さい。そこから徒歩5分ほどになります。

車いすの方のご参加はなかなか難しく、昨日深夜に「参加したい」と連絡を頂いた方にはご迷惑をおかけしてしまいました。申し訳ありませんでした。



市内だけでなく大阪・東京からもご参加いただきました

昨年まではお昼11時から夜10時までと11時間ぶっ通しというまさにマラソンのようなカフェトークでした。

『途中参加・途中退出OK』と謳っているのですが、いらした方はぶっ通しでラストまで参加される傾向がありました。もしかしたら、なかなか帰りづらいのかもしれません。

そこで今年は、朝9時半から夕方3時半までの6時間と半分の長さにさせていただきました。

まごわやさしいプレート

まごわやさしいプレート


今年のコンセプトは、

「忙しい年の瀬を参加者のみなさまに少しでもゆっくりのんびりほっこりと過ごしてもらえたら」

と決めていました。

薬膳カレー

薬膳カレー


というのも、昨年までの会場はテーブル席でした。

例えば、15人も参加者が集まってしまうと、席と席のあいだを詰めながら隣の人の肩とぶつかりながら座らねばなりませんでした。

そもそもフジノがパニック障がい持ちですから、狭いスペースに押し込まれてしまうのがとても苦手です。だから参加者のみなさまにも広いスペースでのんびりと過ごして欲しかったのです。

『和かふぇfu-u』さんは、まさにその想いにぴったりの場所です。

ストーブ

ストーブ


今日は、合計8名の方々が参加して下さいました。

市内6名に加えて、大阪から朝7時に新幹線に乗って来てくれたという方、東京・板橋区から来て下さった方もいらっしゃいました(内初参加1名)。

どら焼き

どら焼き


とてものんびりした雰囲気の中で、みんなで会話を楽しみました。

中には畳に寝転んでいるうちに、眠ってしまった方もおられました。まさにフジノの願いどおりです!

ただでさえ忙しい年の瀬、せめてカフェトークに参加しているあいだはゆっくりしてほしいという願いは実現しました。

デザートの盛り合わせ

デザートの盛り合わせ


さらに、食事です。

カロリーではなくて、しっかりと体に必要な栄養素を取ることはこころにも良い影響を与えます。

『和かふぇfu-u』の『まごわやさしいプレート』『薬膳カレー』などのごはん・デザートも全て栄養価の高い、そして味もとてもおいしいのです。

これもぜひみなさまに食べてほしかったので、今日は主催者として大満足でした。

本日の会場を貸して下さった『和かふぇfu-u』のオーナー・スタッフのみなさま、ありがとうございました。この会場で無ければ今日のような素敵なカフェトークは実現できませんでした。

カフェトークの参加者のみなさま、ありがとうございました。

そして、この1年間カフェトークに参加して下さった全てのみなさまに感謝しております。

来年もいつもどおり毎週1回のペースでカフェトークを開催し続けていきます。

いつでもお気軽に、気が向いたらどなたでも遊びにいらして下さいね。



11時間耐久!「マラソンカフェトーク2013」でした

年末の恒例行事

今日は、年末恒例の『マラソン・カフェトーク』でした。

ドライカレー

お昼ごはんは、ドライカレー


会場であるカフェ『RRROOM』のオープンからラストまで、11時間ぶっ通しでカフェトークを行なう、という企画です。

終盤にはフジノはヘトヘトになってしまいます…。

でも、毎年この企画を楽しみにしてくれている方も多いので、今年も気合いで11時間耐久のマラソンを走り抜きました。

たくさんの参加者に感謝です

年末の帰省にあわせて、もともとは横須賀市出身で現在は市外に暮らしていらっしゃる方々をはじめ、ふだんはなかなか忙しくて参加できない方々が、たくさん遊びにいらしてくれます。

昨年の様子はこちらをご覧下さい)

なんと今年は、かつて常連としてカップルで参加していたお2人が

「結婚します!」

と報告に来てくれました。

とても嬉しかったです。お2人の末永い幸せを祈っています。本当におめでとうございます。

お夕飯は、卵とじシラス丼でした

お夕飯は、卵とじシラス丼でした


途中参加も途中退出も自由なのでメンバーが入れ替わりながら、合計18名もの方々が参加してくれました。

ありがとうございます!

ちなみに、過去最高の参加者数だったのは、東日本大震災が起こった2011年で28名でした。

これからもずっと続けていきます!

カフェトークを通じて、今年もたくさんの方々と出会うことができました。

マラソンカフェトーク中のフジノ

マラソンカフェトーク中のフジノ


参加して下さったみなさま、本当にありがとうございました。

来年もフジノは毎週1回の頻度で必ずカフェトークを続けていきますので、気が向いたらまたぜひ遊びにいらして下さいね。

そして、初めて参加してみようかなという方も、気軽に足を運んでみて下さいね。

参加した誰もが思い思いに自由に語り合える場は、フジノにとってもすごく貴重な場です。

これからも大切に続けていこうと思います。

来年もカフェトークをどうぞよろしくお願いします。

マラソンカフェトーク2012、大成功でした

今日は、毎年12月30日恒例のマラソンカフェトークでした。

お昼ごはん

お昼ごはん


ふだんは「平日の夜」と「土曜の昼」に開いているカフェトークですが

日程的・距離的な理由から、参加したくても参加できない方々がたくさんいらっしゃいます。

日程的には、時々ずらして「平日の昼」や「土日の夜」に行なうことで、参加していただくこともできるのですが

海外に暮らしている方や、国内でも遠くの県に暮らしている方などは、なかなか参加することができずにいます。

もちろん、ユーストリームなどインターネットで生中継をして、ツイッターでリアルタイムにやりとりをして、擬似的に参加しているように感じられる工夫などもしてきました。

カフェトーク参加者はみんなデジタルガジェット好き

カフェトーク参加者はみんなデジタルガジェット好き


それでもカフェトークの最大の喜びというのは、あえてこの場所で顔を合わせて語り合うということにあるのですね。

それをひとりでも多くの方に味わっていただきたいという想いから、年末の30日に丸一日ずっとフジノが会場に居ることで、参加したい方はぜひいらしてくださいという取り組みを毎年続けています。

年1回、この日だけ参加を続けて下さっている県外の方もいたり、海外から年末年始の里帰りに併せて参加して下さる方もいます。

そんな訳で、今年も会場であるカフェ「RRROOM」のご協力を得て、カフェのオープンからラストまでずっとフジノはカフェトークを行ないました。

申し込み不要、出入り自由、途中参加、途中退出など、何でも自由ですので

お昼ごはんを食べながらカフェトークに参加して、いちど自宅に帰って大掃除をした後にまた来て下さって、夕ごはんを食べながらカフェトークに参加するという猛者もいます。

今年はさらに、ユーストリームではじめから最後まで、ぶっとおしで生中継をするという試みを初めて行ないました。

常に10人以上の方が観てくださっていて、合計すると約200人の方が
カフェトークの生中継をご覧いただいたという結果になりました。

今年も大成功に終わり、参加して下さったみなさまの感想は
とても好評でした。僕も本当に楽しかったです。

参加して下さった方々、ご覧下さったみなさま、本当にありがとうございました。来年もやりますからね!

ただ、いつもながら矛盾を感じながら試行錯誤を続けています。

フジノが政治家として最も大切にしている政策は「自殺対策」「精神保健医療福祉」「高齢者福祉」などですので

フジノの言葉が最も届いてほしい方々は(あえて「ターゲット層」と呼ばせて下さい)

その多くが、自宅にひきこもっておられたり、病によって外部との交流を絶っていたり、そもそも寝たきりで外出もできないような方々ばかりです。

精神科病院の閉鎖病棟に入院している方には、カフェトークに来るどころか、携帯やスマホでカフェトークの生中継を見ることもできません。

最もフジノが想いを伝えたい方々は、街頭演説なんて聴くことはできません。

最もフジノが生の声を聴かせて欲しい方々は、インターネットなんて使うことができません。

チラシを駅頭で配っても、ポスティングしても、僕が本当に望む相手には全く届かないのです。

だから、いつも矛盾を感じながら、自分の想いが届かないもどかしさを感じながら

生の声を聴かせてほしい相手に、全然近づけていないことを自覚しながら

カフェトークを開いたり、ブログを更新したり、ユーストリームで生中継をしたり、ツイッターでやりとりをしています。

今年もあらゆる福祉施設や病院や作業所を訪れて見学させてもらいました。

でも、もっと違う形でのアクションを起こしたいです。

これを読んで下さっているあなたも何か良いアイディアがあれば、ご提案くださいね。

よろしくお願いします。