【特別定額給付金】約8000世帯から申請がありません。しめきりの8月31日市役所必着でぜひ申請して下さい!/横須賀市の新型コロナウイルス対策

特別定額給付金、9割超の世帯に振り込みを終えました

特別定額給付金の対象は約19万3000世帯ですが、7月17日現在、9割超の世帯への振り込み手続きが終わりました。

市民のみなさま、本当に大変長らくお待たせしてしまい、誠に申し訳ございませんでした。

横須賀市の特別定額給付金、8000世帯から申請がありません

横須賀市の特別定額給付金、8000世帯から申請がありません



お忘れではありませんか?8000世帯から申請書の提出がありません

もう1つ、大切な報告があります。

7月17日現在、まだ約8,000世帯から申請書が提出されていません。

この特別定額給付金という制度は、あくまでも申請がないと給付(振り込み)できません。

しめきりは8月31日です。

8月31日の消印有効ではありません。

8月31日に市役所に到着していないと受付ができません。

しめきりを過ぎてしまうと受けつけられなくなってしまいます。

申請書を無くしてしまった方は、ぜひ専用コールセンター(0570-550559)へお電話ください。

どうぞよろしくお願いします!



未提出の方には再度、申請を促すお手紙を送ります

すでに可決済の補正予算の中に

・申請漏れを無くす為に改めて未申請の方にお手紙を送る費用

があります。

まだ、何月何日時点でお送りするかは決定していませんが、予算はすでについております。

この先、未申請の方には改めて申請を促すお手紙を送ります。

しつこいですが、これはあなたの支払った税金が戻ってくる大切な機会です。

寄附などをお考えの方も、まずは受け取った上で寄附をなさって下さい。

過去の臨時給付金もそうですが、申請をしなければ国庫に返還されておしまいです。

どうか申請をなさって下さい。

よろしくお願いします!



第3次補正予算案のコロナ対策はツアーバスの誘致や運慶仏像の活用など観光活性化や企業の業務多角化など経済対策メインでした・・・/2020年6月定例議会

14本の議案が市長から提出されました

本日6月9日10時から本会議が開かれました。

第3次補正予算案が提出されました

第3次補正予算案が提出されました


上地市長から14本の議案が提出されて提案理由が述べられました。

  • 議案第63号 市政功労者を定めることについて
  • 議案第64号 一般会計補正予算(第3号)
  • 議案第65号 財産条例中改正について
  • 議案第66号 浄化槽保守点検業者の登録に関する条例中改正について
  • 議案第67号 手数料条例中改正について
  • 議案第68号 都市公園条例中改正について
  • 議案第69号 建築基準条例中改正について
  • 議案第70号 物品の買入れについて
  • 議案第71号 物品の買入れについて
  • 議案第72号 物品の買入れについて
  • 議案第73号 物品の買入れについて
  • 議案第74号 物品の買入れについて
  • 議案第75号 市道路線の認定について
  • 議案第76号 職員特殊勤務手当支給条例中改正について

この14本の中で市民のみなさまの生活に最も深い関わりがある、第3次補正予算案をご説明します。



補正予算のコロナ対策の概要が分かりました

そもそも補正予算案とは『緊急度の高い取り組み』に充てられるものです。

第3次補正予算案では、新たに1億9290万円を増額します。

このうち、新型コロナウイルス感染症対策に関連する部分は次のように説明がありました。

  1. 地域活動の回復を図る為、ツアーバスの誘致や運慶仏像を活用した観光面の活性化を行なうこと、および、三浦半島の豊かな自然とサイクルスポーツを組み合わせた新たな観光資源の開発を目指し、モデル事業を行なう

  2. 『新たな生活様式』への対応を進める為、企業等の業務の多角化などに対し助成する為の経費を計上するもの、および、キャッシュレス決済やRPAの導入など市の業務おいてデジタル・ガバメントを推進するための経費を計上する。

  3. 先の招集議会で決定された議員の期末手当などの減額を計上する。

  4. 市民や企業の皆様からの寄付金をコロナ基金に積み立てる為に増額計上する。

フジノの率直な第一印象は

「ああ、追い込まれてしまった人々の暮らしを守る生活保障の政策は打たないのか!」

「ツアーバスの誘致や運慶仏像の活用やサイクルスポーツなどの観光活性化はまだ早すぎる」

「第2波・第3波が来るのを危惧している段階なのに、急いで盛り込むべき内容じゃないだろう」

というものでした。

もちろん景気のV字回復は目指さねばなりません。

もちろん企業が多角化すべきですし、市民のみなさまが市役所の窓口に来なくてもあらゆる対応ができるようにすべきです。

けれどもフジノが市民の方々から受けている声からすると、何故それらをさしおいてまで先にやることなのか、疑問を感じます。

特別定額給付金10万円もまだ入金されておらず、生活設計がうまくいかない方も多くいらっしゃいます。

まだ市民のみなさまの暮らしは回復できていないのに、と残念に感じます。

実際の議案説明資料で詳しい内容を精査していかねばなりませんが、第3次補正予算案の市長からの提案説明をお聞きする限りでは、フジノの期待とは離れていました。

補正予算案とは別に、議案第76号では

新たに特殊勤務手当のひとつとして、新型コロナウイルス感染症対応など防疫作業に従事した方に手当の特例の規定を設ける条例改正が提案されています。

議案第76号はとても良い提案だと感じました。



コロナ対策以外の補正予算を紹介します

次に、補正予算案から新型コロナウイルス感染症関連以外の部分をご紹介します。

  1. 長井漁港の機能保全計画について、見込みを上回る国庫補助の採択を受けたので、これを活用して工事を前倒し実施するための経費

  2. 宝くじを原資としたコミュニティ助成の補助採択を受けたので、浦賀地区連合町内会の備品の購入に助成するための経費

  3. 現在、県立大学駅に設置している自転車等駐車場の用地を返還することに伴い、新たな駐車場を整備する費用。

  4. 市営住宅八幡ハイムの給水設備の劣化が想定以上に進んでいる為、前倒しして更新するための経費。

  5. 長井海の手公園の整備や管理運営を行う事業者の選定、および、南処理工場特別高圧鉄塔撤去にかかる工事負担金について、それぞれ債務負担行為を設定する。

以上となります。

その他の議案については、機会があればブログでご紹介します。



【特別定額給付金】本日5月29日、全世帯へ申請書類の郵送手続きを終えました。全世帯に届くのは6月第1週頃の予定です/横須賀市の新型コロナウイルス対策

本日、全世帯分の申請書類の郵送手続きを終えました

先日、横須賀市の特別定額給付金(1人10万円が受け取れます)のスケジュールについて、市民のみなさまにご報告しました。

そこに、今日5月29日に「申請書類を全世帯に郵送手続きを終える予定」と記しました。

担当部局に確認したところ、

本日5月29日に99.9%の世帯への申請書類を郵便局に持ち込み済み

と確認できました。

5月29日、全世帯への特別定額給付金の申請書類の郵送手続きを終えました

5月29日、全世帯への特別定額給付金の申請書類の郵送手続きを終えました


これまでの経験から、市役所が大量に郵送物を郵便局に持ち込んだ場合には、ふつうのご家庭の郵便物のように翌日届かないようです。

以前記したとおりで、やはり6月第1週中に届く見込みです。

遅い方は6月第2週にかかる可能性があります。

生活の糧となる特別定額給付金をお待たせしていることを、本当に申し訳なく感じています。

申し訳ございませんが、いましばらく到着までお待ち下さい。



あなたの口座へのお振り込みは申請書が市役所に届いてから3週間後となります

ご自宅に下の申請書類が届きます。

横須賀市の特別定額給付金の申請書類

横須賀市の特別定額給付金の申請書類

横須賀市の特別定額給付金の申請書類

横須賀市の特別定額給付金の申請書類


お手元の申請書類に記入をしていただき、市役所に返送していただきます。

そこから確認作業を行なって、会計課に回して、最終的に銀行へ給付金の支払い依頼をするまでには3週間かかる予定です。

つまり、返送後あなたの口座へのお振り込みは最低3週間はかかる予定です。

こちらもお待たせしてしまうことを心からお詫びいたします。

どうかご理解下さい。

申請書類は必ず『返信用封筒』を使って『郵送』でお願いします。

市役所では受け取りを行なっておりません。

また、ご不明な点は

専用コールセンター電話0570-550559
毎日8時30分~17時(土日祝日も)

までお電話ください。



マイナンバー申請をした方の給付金振り込み状況

マイナンバーを使えばすぐに振り込まれるかのようなイメージがあります。

残念ながら現実は全く異なっています。

国の制度設計は、全国の地方自治体を苦しめています。

横須賀市ではマイナンバーでオンライン申請をされた方は約6000件です。

本日5月29日現在、約3000件の振り込み手続きが終わりました。

当初1日200件のペースで支払い手続きを行なっていると報告しましたが、この後は、郵送での申請書類の返送が始まります。

もしかしたらこのペースを維持できない可能性もあります。

フジノとしては、進捗状況を随時おしらせしたいと思っております。



【特別定額給付金】本日5月22日から申請書類の郵送をスタート、6月第1週には全世帯に届く予定です/横須賀市の新型コロナウイルス感染症対策

本日5月22日から特別定額給付金の申請書類の郵送をスタートしました

本日から横須賀市が特別定額給付金(1人10万円の給付を受けられます)の申請書類の郵送をスタートしました。

大変お待たせいたしました。

このような書類と返信用封筒が届きます。

横須賀市の特別定額給付金の申請書類

横須賀市の特別定額給付金の申請書類


以前にお伝えしたとおりで、横須賀市の申請書類には「受け取りません」というチェック欄はありません。

「申請をする方はみなさま受け取りの意思があるもの」と考えているからです。

横須賀市の特別定額給付金の申請書類

横須賀市の特別定額給付金の申請書類





ごめんなさい。届く時間差があります

これまでは市内19万3000世帯に一斉に送付する方針でした。

けれどもスピードアップする為に、方針を切り替えました。

準備ができた分からどんどん郵便局に持ち込み、郵送をしていきます。

全世帯分を郵便局に持ち込むのは、来週末の5月29日(金)までに完了する予定です。

郵便局に持ち込んでから、みなさまのお宅に郵送されるまでには数日かかります。

その為に「うちにはもう届いた」「うちにはまだ届いていない」という時間差が世帯によっては1週間ほど起こります。

それでも全ての世帯に6月第1週中には届く見込みです。

時間差が起こってしまうことについて、本当に申し訳ございません。



10万円の振り込みは6月中旬以降の予定です

特別定額給付金があなたの口座に振り込まれるのは6月中旬以降の予定です。

返送していただいた申請書が横須賀市に届いてから、振り込みまでには3週間ほど時間がかかります。

申請書類が集中した場合には、さらに日数がかかる可能性もあります。

遅くなってしまうことを心からお詫びいたします。

ご不明点はコールセンターにお問い合わせ下さい

記入は最小限で済むように、あらかじめ印字をしている部分が多いので分かりやすくなっていると思います。

それでもご不安な点はぜひ『コールセンター』にお問い合わせ下さい。

ふだんとは違いまして今回は密になるのを防ぐ為に、市役所や行政センター等に受付窓口は設けていません。

申請書類は必ず『返信用封筒』を使って『郵送』でお願いします。

また、ご不明な点は

専用コールセンター電話0570-550559
毎日8時30分~17時(土日祝日も)

までお電話ください。

さらに詳しい内容は横須賀市HPの特別定額給付金コーナー横須賀市HPの特別定額給付金コーナーをご一読ください。

重ねて、大変お待たせして申し訳ございませんでした。



横須賀市議会の要望書へ回答が届きました(その1)/横須賀市の新型コロナウイルス対策

横須賀市から要望書への回答が届きました

全ての会派・無会派から提出された膨大な要望を『新型コロナウイルス対策検討協議会』で2日間かけて議論をしました。

横須賀市議会・新型コロナウイルス感染症対策検討協議会

横須賀市議会・新型コロナウイルス感染症対策検討協議会


そして36項目に集約された横須賀市への要望を5月18日に提出しました。

本日5月21日に横須賀市から回答が届きました。

36項目と量がとても多いので、数回の記事にわけて掲載していきます。



要望1.対面以外の相談窓口・LINEなどプッシュ型の情報発信の必要性

議会からの要望

オンライン窓口等、対面以外での情報提供体制を検討いただきたい。

また、コロナ対策特設ホームページ上における既存の相談支援窓口を分かりやすくするとともに、LINEをはじめとしたSNS等も活用し十分な周知を行なっていただきたい。

横須賀市からの回答

市民の悩みや不安の解消のため相談先を周知することについては、まずは、現在の新型コロナウイルス感染症に関するホームページに、新型コロナウイルス感染症に特化した相談窓口だけではなく、悩みや不安の解消のための相談窓口についても表示してまいります。

なお、6月より電子申請システムの開始及びLINE公式アカウントを取得します。

今後、各部課において運用方法を決定後に活用することで効果的な情報提供等を行います。

【フジノのひとこと解説】
6月、横須賀市がついにLINE公式アカウントを取得することになりました!

プッシュ型の情報発信へ一歩前進ですね。



要望2.住宅ローンや固定資産税の支払猶予や減免の必要性

議会からの要望

住宅ローンの支払い猶予対策を国に求めるとともに、本市においても固定資産税の支払い猶予または減免などの対策を行っていただきたい。

また、民間における住宅ローンの支払い猶予に対し市が協力できることはないか確認したい。

横須賀市からの回答

はじめに固定資産税の支払い猶予についてですが、住宅ローンを支払っている方に限らず全ての納税義務者について、また、固定資産税に限らず市税全般について、新型コロナウィルス感染症の影響により、事業等に係る収入に相当の減少がある場合は、地方税法の改正に伴う徴収猶予の特例制度により、1年間、地方税の徴収の猶予を受けていただくことができます。

市税の納付が困難となっている方々に対しては、この制度を活用し対応してまいります。

なお、固定資産税にかかる減免制度について、現在、国においては「中小の事業者を対象とした事業用資産の令和3年度課税分の減免」が示されており、減収分については、国が補填をすることとなっています。

一方、個人を対象とした減免については、国の補填がなく、減収に伴う影響も大きいことから難しいと考えております。

次に、「住宅ローン等の返済猶予等を国に求めること」についてですが、現在、銀行等においては、金融庁からの本年2月7日の要請に加え3月6日の内閣府特命担当大臣(金融)名での要請を踏まえ、個人の事業性ローン、住宅ローン等について、返済猶予等の相談に応じる等、必要な支援を実施しているところです。

また、金融庁においては、金融機関との取引に関する相談等を受け付けるため「新型コロナウィルスに関する金融庁相談ダイヤル」を開設しています。

こうした状況を踏まえ、横須賀市から改めて国に対して要望を行うことは考えていません。

むしろ国全体にかかる制度については、是非、政党経由の政策提言を行って
いただければと思います。

「民間における住宅ローンの支払い猶予に対し市が協力できること」については、金融庁の広報チラシを市のHPで案内することとしました。

【フジノのひとこと解説】
すでにある『1年間の支払い先延ばし制度』を使ってほしい、ということですね。

また、国が行なっている現在の取り組みがあるので、横須賀市からさらに要望はしない、ということでした。

率直なところ、もっと潤沢な税収があれば横須賀市としても取り組みたいけれど財源が無い以上とても難しい、という印象でした。



要望3.苦学生や失業者を市が緊急雇用する必要性

議会からの要望

苦学生や仕事を失った人のための緊急雇用対策として、アルバイトや会計年度職員等の雇用を市の関連事業で行っていただきたい。

横須賀市からの回答

現在、市として夏季ごみ収集業務や国勢調査員の募集を行っているところですが、新型コロナウィルスに関わる緊急対策による新たな業務や既存の業務において、さらに従事できる業務があるかどうかを検討してまいります。

【フジノのひとこと解説】
他都市でも行なわれている市区町村による緊急雇用。

アルバイトが無くなってしまった学生や派遣切りにあった方々は収入が激減したりゼロになってとても苦しい状況にあります。

横須賀市として新たに募集できる業務があるかを検討するとの回答でした。

これまで横須賀市はすでにあらゆる事業を外部委託化してきた実績があります。その為、仕事として出せる業務はなかなか見つからないでしょう。

けれどもさらに知恵を絞って新たな雇用を生み出せるのか、ぜひ前向きに検討してほしいです。



要望4.次亜塩素酸水の危険な部分の徹底した周知啓発の必要性

議会からの要望

次亜塩素酸水のチラシについて、類似品との見分け方や保管方法等の使用にあたっての注意点等をチラシに分かりやすく工夫をしていただきたい。

また、外国人に向けたチラシも検討していただきたい。

横須賀市からの回答

配布しているチラシについては、次亜塩素酸水を使用する場合の注意点として、保管方法など特に重要な項目を誰にも分かりやすいように記載し周知しています。

類似品との違いは、チラシには記載していませんが、配布場所には表示しています。

また、日本語以外では、英語表記の案内をホームページに掲載し、チラシも用意しています。

今後、他の言語でのチラシ作成の要望があれば対応します。

【フジノのひとこと解説】
「次亜塩素酸水を配布するのは良いけれど、デメリットをきちんと分かるように記してほしい」

「ご高齢の方にも(それこそ認知症の方にも)安全に使えるようにしてほしい」

という市民の方々からのたくさんの声はフジノも毎日のように受けています。

市側の回答は、実際に配布を担当している職員からヒアリングした結果とのことです。

残念ながら、市民のみなさまの心配の声と横須賀市側の認識にはややすれ違いがあるように感じる回答でした。



要望5.飲食店以外の市内事業者も支援する必要性

議会からの要望

市内事業者を応援する民間事業者の取り組みに対して、既存のクラウドファンディングサイトと連携するなど、適切な協力・支援を行っていただきたい。

市からの回答

横須賀市と商工会議所等で既に始めている飲食店を応援する仕組みを活用して、飲食店以外の業種も対象とした取り組みを開始できるよう検討を進めています。

【フジノのひとこと解説】
議会側からの要望に横須賀市側も前向きな回答でした。

ただ、フジノは政策効果にやや懐疑的です。

個人的に飲食店の経営者の友人が多いフジノとしては、クラウドファンディングの仕組みに乗り気では無い声をいくつか聴いています。

つまり、借金に過ぎない、という声です。

クラウドファンディングによって今日明日の資金繰りはできたとしても、それは将来必ず商品やサービスとして返さねばならないもので、利益の先食いに過ぎない、という声を聴いています。

果たしてこうした取り組みを飲食店以外にも拡げていくことが本当に長期的に市内事業者を守ることになるのか、政策の効果を検証しなければならない、とフジノは考えています。



要望6.あらゆる手続きを簡略化する必要性

議会からの要望

各種補助金助成金等の手続きを簡略化し、スピード感のある対応をしていただきたい。

また、特別定額給付金をはじめとした給付のスケジュールを明確にしていただきたい。

市からの回答

経済部所管の中小企業等家賃支援補助金については、来庁の必要のない郵送申請を原則とし、申請から請求までを一括で提出する手法としました。

受付開始当初に申請が集中したため、支払いまで10日から14日程度かかっていましたが、徐々に早く行えるようになってきました。

市民部所管の特別定額給付金については、申請書を全世帯へ5月末に一斉に発送する予定としておりましたが、なるべく早くお届けしたいとの思いから、準備ができたものを5月22日から順次発送し、5月中に全てを発送するスケジュールに変更いたしました。

給付金の振り込みにつきましても、できる限り早く行えるよう努めてまいります。

補助金助成金等の手続きについては、申請者と職員の負担軽減やスピード感を考慮してまいります。

【フジノのひとこと解説】
市民のみなさまの関心がとても強い、生活を守る為の10万円の特別定額給付金。

ついにスケジュールが明らかになりました。

これは本当に国の制度設計が悪いです。

全国の全ての地方自治体が苦しめられています。

けれども、そんな国の制度設計の悪さは市民のみなさまには見えません。

フジノも毎日のように

「特別定額給付金の申請書がまだ送られてこない」

「いつから給付金をもらえるのでしょうか?」

と問われてきました。

国の取り組みがひどくても、地方自治体が必死に取り組みを進めてスピードを上げていくしかありません。

(正確なスケジュールはこちらの記事に改めて記しました)

1項目ずつ、フジノのひとこと解説を加えました。

長文の記事になってしまいました。

残り30項目も引き続きご報告していきたいと思います。



新型コロナウイルス対策の20億円の基金新設や中小企業等への家賃補助40万円などを審査する臨時議会を4月30日に開きます/横須賀市の新型コロナウイルス対策

臨時議会の為に議会運営委員会を開きました

横須賀市議会は4月30日に臨時議会を開きます。

議会運営委員会・配布資料より

議会運営委員会・配布資料より


本日はその為に議会運営委員会を行ないました。



新型コロナウイルス対策の5本の議案が提案予定です

現時点では6本の議案が上地市長から提出される予定です。

  • 議案第53号 固定資産評価員選任について
  • 議案第54号 一般会計補正予算
  • 議案第55号 特別会計国民健康保険費補正予算
  • 議案第56号 基金条例中改正について
  • 議案第57号 国民健康保険条例中改正について
  • 議案第58号 介護保険条例中改正について

固定資産評価員の選任(これも急を要するものです)を除いた5本とも、新型コロナウイルス対策の為の議案です。



主な内容は・・・

まだ実際の議案書は届いていないのですが、予想される議案の主な内容をご紹介します。

●国がすでに発表しているメニューを実行する為の予算と条例改正

  • 1人あたり10万円を給付する『(仮称)特別定額給付金』の為の予算

  • 児童手当を給付されている世帯のこども1人あたり1万円を給付する『臨時特別給付金』の為の予算

  • これまで国民健康保険には無かった、新型コロナウイルスに感染した方等への傷病手当金の支給を可能にする為の条例改正

など。

●市が独自に行なうメニューを実行する為の予算と条例改正

  • 20億円の新たな基金=(仮称)新型コロナウイルス感染症緊急対策基金の創設

  • 新型コロナウイルスの影響で売上が減少した中小企業等に対して最高40万円の家賃補助

など。

さらにたくさんメニューが含まれる補正予算になるはずですが、詳しくは議案書が届いた後にご報告します。



4月30日の臨時議会のスケジュール

臨時議会は1日だけで、スケジュールは下の画像の通りです。

2020年4月臨時議会のスケジュール

2020年4月臨時議会のスケジュール


議案の審査の為に3つの委員会(分科会)が開かれるのですが、横須賀市議会では同時刻に開催できる委員会は2つまでとのルールがあります。

その為、総務常任委員会(総務分科会)は教育福祉or生活環境常任委員会が終わったところで開催されます。

上地市長のリーダーシップによって、横須賀市は全国に先駆けた新型コロナウイルス対策を次々と打ち出しています。

市民のみなさまの生活を支援する為に市議会も積極的に協力をして取り組みをさらに進めていきたいです!