おもちつき/RRROOM7周年おめでとうございます!

RRROOMが7周年を迎えました

1月4日は、カフェトークの会場としてお借りしているカフェ『RRROOM』の創立記念日(オープンした日)です。

RRROOMの全景

RRROOMの全景


毎年1月4日、『RRROOM』では開店と新年のお祝いを合わせて『〜周年記念おもちつき大会』を行なっています(去年の様子はこちらをご覧下さい)。

今年はさらに『おもちつき&卓球大会』へとバージョンアップしました。

出番を待つ杵と臼

出番を待つ杵と臼


今年もこどもたちから高齢の方までたくさんの方がいらしてました。他県から参加して下さった方もいらっしゃいました。

コミュニティカフェとしての『RRROOM』の持つ『引力』、いいですね!

おもち、おいしかったです

残念ながらフジノは用事があって、30分ほどで帰らなければなりませんでした。

4種類のおもちを食べるフジノ

4種類のおもちを食べるフジノ


おもちつきをしなかったのに、おもちだけ頂いてしまいました。ごめんなさい…。

とてもおいしかったです!

そして、コウジさん、クミコさん。7周年、おめでとうございます。早いものですね〜。

8年目もご活躍を期待しております。

今年もどうぞよろしくお願いします!

ぜひみなさまも『RRROOM』に遊びにいらして下さいね。

おもちつき/RRROOM6周年おめでとうございます!

今日はとても寒かったのですが、晴天に恵まれて、みんなでおもちつきをしました。

04sky

1月4日は、カフェトークの会場としてお借りしているカフェ『RRROOM』の創立記念日(オープンした日)です。

2007年のRRROOM

2007年1月4日オープン当時のRRROOMの写真です!


毎年1月4日には、開店と新年のお祝いを合わせて『〜周年記念おもちつき大会』を行なっています。

フジノは今年も参加させてもらいました。楽しかったです!

04fujino

フジノは幼い頃におもちつきをした記憶がほとんどありません。

毎年おもちつきを行なってくれる『RRROOM』と『RICE/BEE-DOG』のおかげで、大人になってからやり方を知りました。

杵と臼

杵(きね)と臼(うす)にはお水を張っておきます。

04mochigome

セイロで蒸したもち米を、臼に入れます。

04omochitsuki

すぐにつきたくなりますが、まずはもち米をしっかりと潰します。

04omochitsuki5

杵に体重をのせて押し潰すというよりも、腰を入れて、杵と臼の間でもち米をこねる感じですね。

04omochitsuki1

さて、みんなでつきます!

04omochitsuki2

大人もこどもも、ぺったんぺったん。

04omochitsuki3

ここ『RRROOM』でのおもちつきが楽しいのは、こどもも大人も世代を超えて参加しているところです。

04omochitsuki4

コウジさんも親子でついてます。

04topping

もち米がすっかりおもちになったら、臼からおもちを取り出します。

おもちをちょうど良い大きさに親指とひとさし指で取り分けていく作業も楽しいですね。

04mikan

あんこ、きな粉、ごま、おしょうゆ、大根おろし、納豆。いろいろな味でおいしく頂きます。

04omochi2

真空パックの切りもちもおいしくて大好きですが、やっぱりつきたての方がさらにおいしいです。

今年もたくさんついてたくさん食べました!おいしかったです。

おもち

毎年こうしていろいろな人が集まって楽しく過ごすことができる場を提供し続ける『RRROOM』は、まさに『コミュニティ・カフェ』だと思います。

フジノは、かつて(戦前から高度経済成長期頃まで)存在していた『地域の絆』というものを知りません。

そもそも体験をしたことがありませんので、「『地域の絆』を取り戻す」といくら声高に叫ばれても実感が無いし、全くイメージできません。

けれども、フジノも実感として分かる『絆』があります。

それは、この活動日記で繰り返してきた、社会学で言うところの『weak ties(ウィークタイズ、ゆるやかな絆)』です。

フジノは、『カフェトーク』を通して、ご近所でも無い、同じまちでもない、今までしりあいでも何でもない、そんな方々と新しく『ゆるやかな絆』を育んできました。

今年もここ『RRROOM』を会場として使わせていただきながら、『カフェトーク』という機会をみなさまに提供し続けることで『ゆるやかな絆』をぜひあなたにも体感していただきたいと願っています。


『RRROOM』はオープン6周年ですね。

しめのあいさつ

コウジさん、クミコさん、6周年、おめでとうございます。そして、7年目もどうぞよろしくお願いします!