データヘルスで横須賀市とタッグを組んでいる「ミナケア」の山本雄士社長と意見交換をさせていただきました/みなさまがもっと健康になれる為に。

ミナケアの山本雄士さんと意見交換をさせていただきました

4ヶ月前からお会いしたいと望んでいた、『株式会社ミナケア』の社長である山本雄士さんとお会いすることができました。

株式会社ミナケアのウェブサイト

株式会社ミナケアのウェブサイト


『ミナケア』とは、『パブリックヘルスリサーチセンター』とともに、横須賀市とタッグを組んでデータヘルスにチャレンジしてくれているパートナーです。

2014年7月15日付・神奈川新聞記事より

2014年7月15日付・神奈川新聞記事より


山本社長はお忙しい方なので、個別にアポイントメントを取るのは難しい。

そこで今日のシンポジウムの存在を8月に知り、申し込みをしました。

講演をする山本雄士さん

講演をする山本雄士さん


今日のシンポジウムは合計5時間の長丁場だったのですが、前半は国の政策に関与する人々、後半は新進気鋭のイノベーターたち、というような形でした。

前半

政策の視点から

  • 高橋泰さん(国際医療福祉大学院・教授)
  • 山下護さん(厚生労働省)
  • 白石秀俊さん(国土交通省)
  • 梅村聡さん(前参議院議員)
  • 庄子育子さん(日経ヘルスケア編集委員)
後半

ビジネスの視点から

  • 石川雅俊さん(国際医療福祉大学院・准教授)
  • 山本雄士さん(株式会社ミナケア代表取締役)
  • 上田圭一郎さん(経済産業省)
  • 斐英沫さん(株式会社メディファーム代表取締役)
  • 浅井英里子さん(日本GE株式会社執行役員)
  • 長英一郎さん(東日本税理士法人副所長)

後半のシンポジスト全員と高橋泰先生

後半のシンポジスト全員と高橋泰先生


山本さんは後半のご出演でした。

フジノはこの機会を逃さない為に、講義の前と後とそれぞれ10分間ほどお時間をとっていただいて、山本さんと意見交換をすることができました。

「株式会社ミナケア」社長の山本雄士さんとフジノ

「株式会社ミナケア」社長の山本雄士さんとフジノ

現在進行形のレセプト解析についてだけではありません。

フジノは市議会議員として、横須賀市が様々な部局でそれぞれに行なっているとても良い取り組みを把握しています。

例えば、教育委員会のスポーツ課の取り組み。保健所健康づくり課の取り組み。福祉部の高齢福祉課の取り組み。市民部による町内会のみなさんとの取り組み。

さらに市役所だけでなく、県立保健福祉大学の鈴木志保子教授による素晴らしい実践研究(明浜小学校・久里浜中学校をはじめ、幼稚園・保育園でも行なっておられます)なども把握しています。

また、全国では80%の方が病院で亡くなっている現状がある中で、横須賀市では在宅での看取りをすすめており、病院で亡くなる方々は全国平均を大きく下回って65%であることなどをお伝えしました。

つまり、『ミナケア』のパートナーである福祉部健康保険課だけではなくて、横須賀市の全世代に対して行われている市役所な以外のあらゆる取り組みを包括的にお伝えしました。

フジノの目的は、全世代の市民のみなさまの健康アップです。

山本雄士さんの著作を全て読みましたが、そうした想いは全く同じだと感じてきました。

僕らが元気で長く生きるのに本当はそんなにお金はかからない

僕らが元気で長く生きるのに本当はそんなにお金はかからない

医療戦略の本質 価値を向上させる競争

医療戦略の本質 価値を向上させる競争

そこで、今回フジノが情報提供をし、現在のレセプト分析以外の包括的な取り組みを一緒に考えていってほしいとお願いしました。

山本雄士さんの講義のパワーポイントより

山本雄士さんの講義のパワーポイントより

現在、日本全国を見回しても、2025年・2050年問題に立ち向かう為の健康政策(保健政策)に『全国に通用する1つの正解(ナショナルモデル)』はありません。

フジノは、今、全国各地で少しずつ芽生えてきている『あらゆる実践』=『ローカルモデル』の中から、いずれいくつかの『ナショナルモデル』が生まれると信じています。

そして、その1つは横須賀市が実現すると本気で考えています。

こうした想いを山本社長にお伝えしてきました。

シンポジウムの後に懇親会もあったのですが、フジノには別の仕事があったので参加できず。お話は短時間のみでした。

けれども今日はきっとイントロダクションです。

これからもきっと機会は何度もあるはずです。

すでに日本には、健康政策に対して同じような想いを持つ異業種の人間がどんどんアイディアを出し合って実践しあってつながっていく場ができています。

より良い実践をさらに重ねて、2025年・2050年を乗り越える日本にするだけでなく、誰もが亡くなるその瞬間まで「生きていて良かった」と感じられるようにフジノは変えたいです。

こんなにも大切な学びの機会を頂いて素晴らしい1年間でした/「スポーツ推進審議会」委員の任期満了

スポーツ推進審議会委員、フジノの任期満了

今日は、委員を勤めている『スポーツ推進審議会』に出席しました。

今回が2013年度の最終回、そしてフジノの委員としての任期満了となりました。

会場にて

会場にて


この1年間、委員に就任したおかげで本当に多くの『学び』がありました。

政治家としてのフジノの政策課題にも大きく影響を与えられました。

先日の本会議において、こどもたちの為の質問を行なうことができたのは1年間の学びがあったおかげでした。

質問の文章そのものは短いのですが、ものすごく勉強しました。これからもずっとこの課題には取り組み続けます。

だから、本音を言えば、委員を辞めたくない。

これからもずっと続けたい。

それくらい、とても重要な学びの機会となりました。

これからもずっと傍聴しにいきます!

発言権のある『委員』としての任期は終わりましたが、今後もずっといち個人として絶対に傍聴を続けていこうと決めました。

閉会後も、鈴木志保子先生(神奈川県立保健福祉大学)、スポーツ課長(異動が決まり、校長先生になります)、スポーツ課職員の方々と意見交換を続けさせて頂きました。

こどもたちの健康を守る、幸せな暮らしを守る為に、いかにスポーツが大切かを今とても強く感じています。

単に『スポーツ』というと、フジノ自身、敷居が高く感じるし、集団行動もニガテな上にめんどくさがりなので、参加しづらくなってしまいます。

でも、そんなフジノにとっても価値観が変わりつつあります。

『ニガテで遠ざかりたい存在』から、この大切で重要なものを僕にとっても市民のみなさまにとっても何とかして『楽しく親しみたい存在』に感じられるようにしたい、と強く思っています。

しっかりと学んで、政策に反映していくことはもちろんのこと、市民のみなさまと一緒に僕自身も体を動かしていかれるようになりたいと思います。

最後になりましたが、

の4名には、特に感謝の気持ちをお伝えしたいです。

スポーツに全く縁の無かったフジノが、この1年間でこんなにも考え方が変わったのはみなさんのおかげです。

こころから感謝しています。ありがとうございました!

教育委員会の定例会へ/誰でも傍聴できます。ぜひみなさまも!

月1回の教育委員会の定例会へ

今日は、市役所で開かれた『教育委員会』の定例会を傍聴しました。

教育委員会は、毎月1回の会議を行なっています。

教育委員会の定例会の会場にて

教育委員会の定例会の会場にて


横須賀市の教育委員会は、5名です。

  1. 委員長 三浦溥太郎
  2. 委員 齋藤道子(委員長職務代理者)
  3. 委員 森武洋
  4. 委員 三塚勉
  5. 委員 永妻和子(教育長)

この5人だけが『教育委員』です。

『教育委員』に毎日の仕事はありません。

時々の研修や学校訪問を除けば、毎月1回の会議がメインの仕事です。

ほとんどの市民の方々は誤解しておられると思うのですが(フジノも政治家になるまで誤解していました)

市役所の中で、毎日働いている数百名の職員は『教育委員』ではありません。

この職員たちは『教育委員会事務局』のメンバーです。

教育委員と事務局の関係

教育委員と事務局の関係


あくまでもこの5人の『教育委員』の決定に基いて、その『事務を処理させる為』に『事務局』が置かれているのですね。

『教育委員会事務局』は、2つの部に分かれています。

1.学校教育部

教育指導課学校教育に関する指導・助言
支援教育課児童・生徒の就学・転入学、就学援助
学校保健課学校保健、学校給食の指導・助言
スポーツ課体育・スポーツの振興
教育研究所教育相談、教育問題の調査・研究
総合体育会館
(横須賀アリーナ)
会館の使用許可
北体育会館
南体育会館
くりはま花の国プール
西体育会館
佐島の丘温水プール

2.教育総務部

総務課事務局職員の人事・給与、調査・統計、経理
生涯学習課生涯学習の振興、文化財の調査保護
生涯学習センター市民の文化活動、生涯学習活動の振興
教職員課学校職員の任免、服務
学校管理課学校施設の管理・整備計画
中央図書館読書指導、図書の貸し出し
児童図書館
北図書館
南図書館
自然・人文博物館資料の展示、収集・調査・研究
馬堀自然教育園
天神島臨海自然教育園
天神島ビジターセンター
ヴェルニー記念館
横須賀美術館美術品の展示、収集、調査、研究
万代会館会館の使用許可
婦人会館

市民のみなさまと「顔の見える関係」の教育委員会を実現したい

2007年まで、フジノは『教育委員会廃止論者』でした。

何故なら、児童生徒と毎日向き合うこともせず、保護者の声も聴く機会も無く、教職員のみなさまの悩みに耳を傾けることもなく、毎月1回の会議でも発言や質問もほとんどせず、実質的には何の意味もない『名誉職』としか考えられなかったからです。

フジノは当選から3年間の日々の中で、市役所の中で最も変わろうとできない組織が『教育委員会』だと感じてきました。

また、法律のしくみや制度の限界などもハッキリと見えてきたからです。

例えば、2006年2月1日の活動日記には、こう記しています。

 
田中・新教育長の就任への期待

約3年間の市議会議員経験から

「市役所で最も古い体質を変えられない部署が教育委員会だ」

とフジノは感じています。

横須賀市の新機軸を打ち出してきた企画調整部長(=田中さん)として、守旧的な風土を持つ教育委員会を刷新してほしい、そんな期待を田中さんに抱いています。

田中・新教育長とお話をした際に

「学校も経営の時代だと僕は考えています。古い体質の教育委員会を教育長の力でぜひ変えてください」

とフジノは伝えました。とても期待しています。

そもそもフジノは『教育委員会廃止論者』です。

ですから、田中・新教育長による教育委員会改革に強く期待します。

それでもダメな時は、廃止へ向けて積極的に動きたいと考えています。

その後、教育委員会事務局で働くみなさんのまっすぐな姿にこころを打たれて、フジノは『単なる廃止論』は取り下げ、方針転換をしました。

あくまでも『教育委員制度』の限界や欠点を『改革』していこうと決心しました。

市長や時の権力者の考え方に左右されない独立した存在としての『教育委員会制度』の良さを、改革によって引き出していくことができるはずだと現在フジノは考えています。

その為には、教育委員の5名がもっと現場に出ていくべきです。

全ての児童生徒・保護者のみなさん・地域住民のみなさんや福祉関係者のみなさんと、顔の見える関係となるべきです。

フジノはその為の提案を市議会で繰り返し行なってきました。

まだまだ成果は出ていませんが、3.11後の教育委員は少し良い方向に変わってきたのをフジノは実感しています。

*教育委員ではなく、教育委員会事務局のみなさんについては、いつも本当に良く頑張って下さっているとフジノは評価しています。

もっと市民のみなさまも「教育委員」をこき使って下さい

横須賀市のホームページの中に『教育委員会』のコーナーがあります。

横須賀市教育委員会のホームページ

横須賀市教育委員会のホームページ

このホームページを

『教育委員会』→『教育委員会会議』→『教育委員会会議の日程』

とたどっていくと、毎月の教育委員の定例会議のスケジュールが載っています。

教育委員会会議の日程

教育委員会会議の日程


市民のみなさま、どなたでも傍聴できます。

ぜひ教育委員の5名の仕事ぶりをチェックしにいらして下さい。

さらに、会議が終わった後にじかに話しかけていただくこともできます。

また、これまでの教育委員会の会議の議事録も、ホームページにて公開していますので、読むことができます。

かつて日本で教育委員制度がスタートした頃は、選挙によって教育委員が選ばれていたこともあったとのことです。

いじめ、不登校、家庭に問題を抱えるこどもなどの課題を専門とする方や、PTAなどの保護者向けの活動を長年行なってきた方々や、スポーツ、こどもの発達、栄養などのこどもに関わる専門分野の方々が、こどもに対する強い想いを持って立候補してもらい、選挙で選ばれるのはとても良いことだと思います。

でも、現在では市長が提案して、市議会が議決しておしまいです。

市民のみなさまが直接に選ぶことができない以上は、選ばれた人にしっかり働いてもらう為にその仕事ぶりをチェックしていくことが必要だとフジノは考えています。

どうか市民のみなさま、ぜひ教育委員会を傍聴にいらして下さいね。