「地方創生の交付金」2.7億円のうち1億円を横須賀市はハコモノに充てる/とても虚しかった「予算説明会」

市長・副市長による市議向けの「予算説明会」が開かれました

今日は、市長・副市長による市議会議員向けの『予算説明会』が開かれました。

説明とはいうものの、1時間にも満たないもので、実際の内容は『文章の読み上げ』です。

予算説明会で配布された資料

予算説明会で配布された資料


この冊子が実際に配られたものです。

この市議向けの説明会の後には、『市政記者クラブ』に対しても予算の説明が行なわれます。

つまり、今日から2015年度当初予算案の情報解禁となります。明日からどんどん新聞が2015年度予算案を紹介して下さるはずです。

ぜひ市民のみなさまも、この冊子をご覧下さい。

あなたが必死に納める税金がどのように使われるかが(概略だけですが)記されています。



「地方創生先行型」交付金、横須賀市分は2.7億円のうち1億をソレイユの大型遊具に充てる

政府が先日成立させた2014年度補正予算。

ここに『地域住民生活等緊急支援のための交付金』というものが計上されて、全国に総額4200億円がばらまかれました。

フジノは、この『交付金』に大反対でした。

しかし国会では補正予算が成立し、バラマキがスタートしました。

横須賀市は今回、この交付金を使って7億6498万円の事業を行ないます。

この交付金は2種類に分かれています。

そのうち、『地方創生先行型』の交付金は下のような目的や対象や運用スタンスであるべきだと説明がなされました。

政府の説明による「地方創生先行型交付金」

政府の説明による「地方創生先行型交付金」

『対象事業』は、こう説明されています。

(1)地方版総合戦略の策定
(2)地方版総合戦略における「しごとづくりなど」の事業

『運用の基本スタンス』はこう説明されています。

地方公共団体が事業設計を自由に行なうこととするとともに、明確な政策目標の下、客観的な指標の設定やPDCAの態勢整備を求める、新しいタイプの交付金

横須賀市への『地方創生先行型』交付金は2.7億円です。

このうち、最も高い9950万円を使う事業は『長井海の手公園ソレイユの丘への大型遊具の設置』です。

2.7億円のうち、約1億円はハコモノに使われます。

あれだけ「ハコモノ行政に反対」と訴えてきた吉田市長ですが、フジノは「またか」と感じました。

吉田市長にとって「ハコモノ行政ストップ」は単なるキャッチフレーズだからです。実際に、ストップさせたことは無いからです。

また吉田市長の化けの皮が1枚はがれただけのことです。

それにしても、国が説明した『「しごとづくりなど」の事業』のどこに『長井海の手公園ソレイユの丘』の大型遊具の設置が当てはまるのでしょうか?

明確な政策目標のもと、客観的な指標が求められるのでしょうか?

国の交付金も反対でしたが、市の使い方にも反対です。

フジノには、これらは税金のムダ使いだとしか思えません。

こうして虚しいだけの『予算説明会』は終わりました。



横須賀美術館の「教育委員会」から「市長部局」への移管が市議会に報告されました/教育福祉常任委員会

美術館の「移管」について、市議会に報告されました

本日、教育福祉常任委員会が開かれました。

教育委員会から「横須賀美術館を教育委員会から市長部局へ移管する」ことについて報告が行われました。

教育委員会の説明資料

教育委員会の説明資料


報告は、フジノがすでにブログで報告してきた内容と同じです。

以下に、教育委員会が配布した資料を全文引用します。

横須賀美術館の在り方について

  1. 経緯

    平成19年度の開館以来、横須賀美術館は近現代美術をテーマとした企画展や、横須賀・三浦半島ゆかりの作家の紹介、これまで収集してきたコレクションの所蔵品展等を開催し、毎年度10万人以上の観覧者を迎えている。

    また、多くの人が美術に親しみを感じられるようワークショップ等の教育普及事業を実施し、社会教育施設としての役割を果たしてきた。

    一方で、施設運営に年間約3億円の経費負担があることから、運営の見直しについてのご意見もいただいてきた。

    そこで、平成23年度に運営改革の検討をするための庁内組織として 美術館運営方法検討委員会(後に「美術館運営改革プロジェクトチーム」に移行)を設置し、1.集客力アップ 2.市民満足度の向上 3.経費削減・収入増加の3つの柱を掲げ、美術館の運営改革に向けた検討を開始した。

    その検討のなかで試行として、民間企業を展示イベント事業者とする特別企画展を開催したところ、実施方法に疑義が生じたというご意見や、美術館の現場における作業の進め方から、美術館の信用を失いかねない課題があったものの、試行の結果から、美術館には集客や都市イメージの向上に資することのできるポテンシャルがあることを再認識することができた。

    このような経緯や検討結果をまとめフロジェクトチームから、横須賀美術館の在り方について中間報告書が提出された。

    報告書では、今後の美術館の方向性として、今までの教育活動に資する美術館としての機能は残しつつ、美術館をより一層集客や都市イメージの向上などに活用していくために、文化行政を所掌し他部課との連携をより緊密にとることができる市長部局(政策推進部)へ美術館を移管する必要があるとしている。

    この中間報告書を受けて、横須賀美術館の方向性を以下のとおりとして進めていきたいと考えている。

  2. 今後の横須賀美術館の方向性について

    市民の美術に対する理解と親しみを深め、文化の向上を図ることが、美術館の大きな目的である。

    加えて、集客や都市イメージの向上に資するために今までになかった話題性のある高い集客が見込める企画展やイベントの開催、市民の作品の紹介等を実施していく。

    ただし、特別企画展での反省をふまえ、公立美術館としての水準(信用)を維持するために、展覧会め開催、教育普及、美術品の保管等に、専門的知識を有する学芸員がしっかりと携わっていくことが必要であると考えている。

    (1)教育活動に資する美術館

    ○市民の美術に対する理解と親しみを深め、文化の向上を図る。
    ・優れた美術品を紹介する企画展、所蔵品の展示
    ・学校と連携し、子どもたちの鑑賞教育を実践
    ・子どもワークショップ、親子向けギャラリーツアー、野外シネマ等の活動

    (2)従来の美術館の枠を超えた美術館

    ○集客や都市イメージの向上に貢献し、コストパフォーマンスの改善を図る。
    ・サブカルチャ一、アニメなど、高い集客が見込める企画展の開催
    ・美術館の持つイメージを広く発信し、 ドラマ、映画、CM等の商業撮影を拡大

    (3)市民や地域に聞かれた美術館

    ○市民や地域の文化活動に貢献し、市民満足度の向上を図る。
    ・市民の作品を紹介
    ・市民文化団体との連携

  3. 市長部局への移管について

    集客や都市イメージの向上に資するため、教育を自的とすることだけに縛られない、自由な発想、の中から幅広い活用を図るために、美術館を教育委員会から、他部課との連携がより緊密にとれ、文化行政を所掌する市長部局(政策推進部)へ移管することを考えている。

    【参考】他都市の例 *市長部局が所管する美術館

    1.関東近隣
    横浜美術館、千葉市美術館、板橋区立美術館、 町田市立国際版画美術館、川崎市市民ミュージアム、

    2.中核市(全国)
    金沢21世紀美術館、アーツ前橋、高崎市美術館、 川越市立美術館、長崎市野口弥太郎記念美術館

  4. 移管までの主なスケジュール

    今後は、教育委員会会議や社会教育委員会議等においてご議論いただき、第4回市議会定例会に条例改正議案を上程し、平成27年4月を目途に市長部局へ移管したいと考えている。

    平成26年8月教育委員会会議
    ・中間報告書について報告。
    ・美術館の在り方について社会教育委員会議に諮問。
    8〜10月社会教育委員会議
    ・美術館の在り方について(諮問)の審議。
    ・教育委員会に答申。
    9月第3回市議会定例会(美術館の在り方について報告)
    10月教育委員会会議(答申を受け、審議)
    11月教育委員会会議(審議)
    11月第4回市議会定例会(条例改正議案上程・組織改正報告)
    平成27年4月市長部局(政策推進部)へ移管

市議会への報告は、無事に終わりました。

今後のスケジュール

『移管』に向けての手続きが少しずつ進んでいます。

8月22日教育委員会会議
・中間報告書について報告。
・美術館の在り方について社会教育委員会議に諮問。
8月28日社会教育委員会議
・諮問(美術館の在り方について)を受ける。
9月5日第3回市議会定例会(美術館の在り方について報告)
9〜10月社会教育委員会議
・3回の議論。
・教育委員会へ答申
10月教育委員会会議(答申を受け、審議)
11月教育委員会会議(審議)
11月第4回市議会定例会(条例改正議案上程・組織改正報告)
平成27年4月市長部局(政策推進部)へ移管

まず、9〜10月は、『社会教育委員会』の会議での議論です。

これからも経過を全て市民のみなさまにお伝えしてまいります。

横須賀市長選挙の立候補予定者・広川さとみさんにお会いしました(その1)

フジノは、市長選挙では全ての候補者から政策をうかがい、意見交換をします

政治家は『政策』で選ぶものです。

だから、過去2回の横須賀市長選挙(2005年2009年)では、フジノは全ての候補者の方々にお会いしていただきました。

じかにお会いして、その政策をうかがい、意見交換をさせていただくのです。

これは、フジノが絶対に譲れないポリシー(信念)です。

その上で

「自らの想いを託したい」

と感じた方に対して、フジノは『勝手連』として応援してきました。

ですから、今年6月に行なわれる市長選挙でも、フジノは立候補予定者のみなさんにお会いしていただくつもりです。

こうして、先日は岸まきこさんにお会いしていただきました。

そして今日は、前副市長の広川さとみさんにお会いしていただきました。

広川さとみさんと意見交換を終えて

広川さとみさんと意見交換を終えて


ただ、3人の立候補予定者の中で、実は、広川さんに対してフジノはやや特別な想いがあります。

あらかじめ、それをご説明しなければ、不公平というか誤解をみなさまに与える気がしています。

まず、そのことをお話します。



広川さとみさんに「立候補してほしい」とフジノは期待していました

実は、フジノは「広川さんに立候補してほしい」と強く願っていました。

2012年12月14日〜2013年2月までの間、とても強く「立候補してほしい」と願っていました。

その理由を説明します。



対立候補がいない選挙は「民主主義が機能していない状態」だ

広川さんは、2012年12月に副市長を辞職しました。

そして、2013年2月に立候補を表明しました。

それから2ヶ月が経った今でこそ、吉田市長の対立候補として、少しずつ市民の方々に知られるようになってきました。

けれども昨年12月の段階では、誰も対立候補は名乗りをあげていませんでした。

(岸まきこさんが立候補表明をされたのは2013年3月25日のことです)

もともと市長選挙というのは、統計上、圧倒的に『現職』が有利とされています。

それこそ全国の選挙において『現職』の勝率は9割と言われています。

市長は仕事であらゆる団体に顔を出しては挨拶してまわります。

『市長としての公務』がイコール『選挙活動』のようなものです。つまり、何もしなくても吉田市長が圧倒的に有利なのです。

だから、

「吉田市長が無投票での再選か?」

「もしも共産党が対立候補を擁立しても吉田市長の圧勝か?」

という、『吉田市長の不戦勝もしくは圧勝』という空気が漂っていました。

フジノはそんな空気がとてもイヤでした。

とても重苦しい閉塞感を感じていました。

「対立候補がいない」ということは、「民主主義が機能していない」ということです。

このまちにとって、とても不健全な状態です。



ほぼ成果ゼロなのに、改革のイメージ戦略がうまく高い人気の市長

しかも、これまでフジノのブログを読んで頂いた方々であれば、吉田市長の『改革』はほとんど実現していない事実はご存知のはずです。

ハコモノ改革は、形だけ。大手広告代理店にうまく利用されて、法的な問題があっても進めてしまう。

自治基本条例が実現できないのは市議会の反対のせいにしていますが、実際には否決されてもそれを再度提案できる権能である『再議』も行なっていません。

マニフェストの中でも小さなことばかりを「達成した」「実現した」と言い、実現する努力をしなかったものは全て「市議会が反対したからできなかった」というのです。

こんな今の横須賀市政に、フジノは心底うんざりしています。

けれども、イメージ戦略が圧倒的に上手な吉田市長は、今も市民のみなさまにとても高い人気があります。

「若くて何かを変えてくれそう」という漠然としたイメージだけが、4年間が経った今も多くの市民の方々には浸透しています。

『改革派のイメージ』と『成果がほとんど無い現実』との間に圧倒的な断絶があることに、フジノは強い閉塞感を持っていました。

だって、市民のみなさまにお聴きしたいのです。

あなたの暮らしはこの4年間で良い方向に変わりましたか?

少なくともフジノは、良い方向に変わったとは全く考えていません。



吉田市長就任後、8人の部局長が定年を前に辞職して去っていった現実

現実の吉田市長は、組織のマネジメントが全くできておらず、破綻していました。

なんと吉田市長の就任後、8人もの部局長が定年を前に辞職していました。こうした事態は過去に1度も例がありません。

特に、8人目の辞職者である(市長が自ら連れてきた)上下水道局長にいたっては、市長の失敗をかばって辞任したという印象しかフジノにはありません。

3年半前の市長就任の演説では「職員の尻をぬぐえる市長になる」と宣言したのに、尻をぬぐうどころか、吉田市長によって8名もの貴重な人材(=人財)が損なわれてしまったことにフジノは強い怒りを感じていました。

市長の組織運営能力に疑問を持った上地克明議員(2010年9月2日)田辺昭人議員(2012年2月28日)がすでに一般質問で質していました。

それにも関わらず、2012年7月に民間団体が主催したイベントにパネリストとして出演した吉田市長は、

「退職した部長たちは変革について来ることができていなかった」

と発言しました。

自分の方針に従わずに辞職していった人間は『変革』についてこれなかったから仕方がない。

こんなパワーハラスメント的な発言は、自殺対策に取り組んできたフジノには許せませんでした。

そこで、12月議会での本会議における市長への一般質問で、フジノは市長に対して発言の撤回を求めました。

しかし、吉田市長は自らのパワハラ発言を反省することも撤回することもありませんでした。



なんと最後の「重し」であった広川副市長までもが義憤にかられて辞職へ!

フジノがそんな一般質問を行なった12月議会の最終日(12月14日)のことです。

本会議が終わり、議員研修会も終わった後、なんと「広川副市長が辞表を出した」という連絡が入りました。

その知らせを受けて、フジノの怒りは頂点に達しました。

これで、市役所は9人もの人材(=人財)を失なってしまったのです。

その日、フジノはこんなツイートをしました。

議員研修会終わりました。この後、広川副市長から全議員に話したいということで、今、控え室で待機しています。

広川副市長、本日付けで辞表を出したとのことです(涙)

吉田市長のマネジメント能力はゼロだ!怒りが消えない。広川副市長、素晴らしい行政マンだったのに。スーパー公務員として全国に知られた方を、吉田市長は全く人財として活用することができなかった。37年9ヶ月もの経験をムダにしてしまった。

それもまた吉田市長は外部の講演で「改革についてこれなかった」とかほざくのか!?あの広川さんが辞職するなんて、本当に大きなダメージだ。

僕はつい先日、神奈川県の副知事とお話した時に「横須賀は広川副市長が頑張っていますね」と会話したばかりだったのに。まさに内外どちらから見ても、広川副市長が『重し』となって市政をサポートしてくれていたのに。。。

吉田市長はマニフェストは総崩れ。7人もの部局長が定年前に退職していき、上下水道局長としてつれてきた人は辞職に追い込み、そして副市長も今日、辞めていってしまった。なんてことだ。

これで9人辞めてしまった

僕は吉田市長を選挙で応援してしまった戦犯なので、本当に広川副市長にはこころからお詫びを申し上げました。。。国とのパイプ役、アメリカ軍とのパイプ役としても、広川副市長は大きな存在感がありました。これからが心配です…>_<…

次の市長選挙、選挙が得意な吉田市長はまた再選されるのかもしれないけれど、選挙がうまいだけで全く市政の経営能力が無い吉田市政が8年も続くのにはうんざりだ。横須賀はこの3年半、失われた3年半だった。

正直なところ、パフォーマンスはもう心底うんざりなので、イタリアみたいに実務家内閣が良いと思います。パフォーマンスがウンザリなのでフジノ自身は街頭演説をやめて2年以上になります。吉田市長は次の選挙に向けて駅立ちばっかりやってて、予算編成時期なのに頭にきます。

むしろ広川副市長に、来年の市長選挙に出馬してほしいです。そしたらフジノは吉田市政を生んだ罪滅ぼしとして、広川さんを全力応援するのになぁ。。。

広川副市長は、神奈川県からも「若い市長の政権運営を広川副市長がサポートしてあげているから市政が回っている」と評価されていた存在です。

しかも、常に吉田市長の暴走を「重し」となってサポートしてくれていた大切な存在です。

その広川副市長が来年度予算案の策定の前に、辞職を決意したということは、どれほど重い決断だったことか…。

無会派の控え室に辞職のあいさつに来てくれた広川副市長は

「これ以上あの方にお仕えすることは、私自身の公務員人生を否定することになります」

と切々と訴えられました。

フジノはこころを打たれました。

僕自身、吉田市長当選後、必死に支えてきたのに何も市長ご自身は僕らの苦労なんて全く理解していなかったから。

広川副市長が義憤にかられた気持ちには、とても共感できました。

そこでフジノは広川副市長に

「どうか市長選挙に立候補して下さい。有力な対立候補が必要です。広川副市長ならば、即戦力ですし、必ず横須賀を良い方向にリードしていくことができます」

とお願いしました。

けれども、広川副市長は

「今はとにかく休みたいです。先のことは何も考えていません」

とだけお返事をされて、お帰りになりました。

これがフジノが「広川副市長に立候補してほしい」と強く願って経緯です。

2013年2月2日・神奈川新聞より

2013年2月2日・神奈川新聞より


ですから、2月に広川さんが立候補表明をした時にはすぐにお電話をして、

「広川さん、よくぞ決心して下さいました。対立候補がいない市長選挙なんて間違っています。横須賀の為に、本当にありがとうございます」

とこころから感謝の気持ちをお伝えしました。




(その2へ続く)



政治家・藤野英明がつくった唯一のハコモノ、「スワンベーカリー県立大学駅店」

政治家フジノがつくった唯一のハコモノ「スワンベーカリー」

今日は、『スワンカフェ&ベーカリー赤坂店』へ。
 
赤坂に仕事で来ると、いつもごはんをここで食べることにしています。

何故かというと、店内にところせましと全国のスワンベーカリーの写真が飾られていて

2006年にオープンした横須賀の『スワンベーカリー県立大学駅店』の写真もあるからです!

『スワンカフェ&ベーカリー赤坂店』前でフジノ

『スワンカフェ&ベーカリー赤坂店』前でフジノ


全国のスワンベーカリーの中に横須賀店があることは、フジノの誇りです。

スワンベーカリー県立大学駅店が5周年を迎えました

実は、横須賀のスワンベーカリー(県立大学駅店)が3月6日で5周年を迎えました

2006年3月の内覧会から、もう5年も経ったのですね~。
 
本当に早いものです。

全てのスタートは2004年でした。

かねてから『障がいのある人も無い人も共に働く場』としての成功例である『スワンベーカリー』をフジノは横須賀に作りたかった。

ヴェルニー公園に市が新たにつくるカフェとして、ヤマト福祉財団に対して「スワンベーカリーを出店してほしい」とフジノは提案しました。

残念ながら、これは条件が合いませんでした。

しかし、横須賀へのスワン誘致へのフジノの想いは強かったので、今度は横須賀市に対して2005年に市議会で提案をしました。

ときの沢田市長がその提案を受け入れてくれて、みずから京浜急行に働きかけてくれました。

そして、京浜急行も決断をしてくれて、『特例子会社』である京急ウィズが『スワンベーカリー』を横須賀でオープンすることになりました。

沢田元市長には深く感謝しています。

2011年4月6日・神奈川新聞より

2011年4月6日・神奈川新聞より


障がいのある人も無い人もともに働ける。それがスワンベーカリー。

そして、スワンの取り組みがどんな企業でも当たり前のことになることを、フジノはいつも願っています。

「特例子会社の横須賀への誘致」は今年の予算にも計上されました

そして、障がいのある人も無い人もともに働ける社会に向けた1つの過渡的な手段として『特例子会社』があります。

「横須賀市内への特例子会社の設立・誘致」をフジノは2003年から提案し続けてきました

そのフジノの想いは、吉田市長のマニフェストの中にも盛り込まれました。

吉田市長のマニフェストより

吉田市長のマニフェストより


そして彼が市長になった今では、

特例子会社の誘致の為の事務費は今年の予算にもしっかりと載っています。

これからもっともっと障がいのある人も無い人も共に働いていかれる当たり前の世の中になるように、しっかりと働いていきます!

市の「障がい者福祉センター」にアポなしで行ってきました

障がい者福祉センターに行ってきました

夕方、アポも入れずに、ふらりと『障がい者福祉センター』を訪れました。

障がい福祉センター

障がい福祉センター


フジノHPの掲示板(*現在廃止)では、この数日間、このセンターのことが話題になっています。
 
どの書き込みもニュアンスとしてはネガティブな感じがしていました。

だから、僕は自分自身の目で見たかったんですね。

おとといも『動物村のお祭り』というイベントでこのセンターには来たのですが、平日に見たかったのです。

もう本当に自分の名前さえも名のらずに、いきなり訪れて、通りがかった職員の方をよびとめて
 
「知的障がいについて勉強したいんです」

とお願いをしたのですが、ものすごく対応が良かったです。

その方は主任さんでした。

「とにかく『知的障がい』について学びたいのですが、入門書があったら貸していただけませんか?」

とお願いをすると、主任さんは図書室につれていってくれて、これらの本を貸してくださいました。

それから、僕は「見学をお願いしたい」と言いました。

ここで分かったのですが、主任さんは僕が「藤野英明である」ということをうすうすと気づいていたそうです。

なんだ、バレてたのか(笑)

それから館長にひきあわせてもらって、見学も問題なくできることになりました。

フジノの判断は保留させて下さい。ただ、立地が悪いです

『マザーズ』、というか『障がい者福祉センター』の感想はその見学が終わるまではどうか待っていて下さい。

でも、僕もハッキリと言えることがあります。

それは、『障がい者福祉センター』は

  1. 立地が悪い
  2. とにかく狭すぎる
  3. したがって、すぐにでも移転すべきである

ということです。

僕なりの勝手な試算ではありますが、新しい『障がい者福祉センター』を建設するには20億円では足りないと思います。

だからこそ、美術館づくりなんてストップして、『マザーズ』をもっとアクセスしやすい場所に移転して、もっと広い建物にするべきなのだと僕は考えています。

あなたもそう思いませんか?

後日追記;障がい福祉センターは2008年6月、移転させることができました

横須賀市ホームページより

横須賀市ホームページより