「米軍犯罪の対策強化を求める意見書案」を議員提案で提出しました/2013年予算議会

米軍犯罪の対策強化を求める意見書案を提出しました

井坂新哉議員(共産党)を提出者に、

  • 岩沢章夫議員(公明党)
  • 神保浩議員(無所属クラブ)
  • 芳賀親男議員(研政)
  • 上地克明議員(ニューウイングよこすか)
  • 小林信行議員(無会派)
  • 山城保男議員(無会派)
  • フジノ

の7名を賛成者として、議員提出によって意見書案を提出しました。

26document


タイトルは「米軍人による犯罪の防止対策強化を求める意見書」です。



採決は3月1日の本会議です

採決は、3月1日の本会議で行われる予定です。

意見書案の全文はこちらをご覧ください。



後日談:賛成多数で可決されました

3月1日に開催された本会議で、賛成多数によって意見書案が可決されました。

正式に意見書として政府と両院議長に送付されました。



【速報】米軍の夜間外出規制が今夜から緩和されます!

米軍の夜間外出規制が今夜からゆるくなります

先ほど「南関東防衛局から情報提供があった」と政策推進部長から報告を受けました。

その内容を市民のみなさまにご報告します。

本日13日、在日米軍は、これまで昨年10月19日以降暫定的に実施してきた夜間外出規制措置等を解除し、新たな勤務時間外行動の指針(リバティ制度)に切り替える旨公表した。

なお、この指針は本日より実施される。

  1. 夜間外出規制
    四軍共通、E-5(海兵隊は3等軍曹相当、海軍は2等兵曹相当)以下は、午前0時から午前5時まで外出禁止
  2. 飲酒規制(施設・区域外)
    四軍共通、午前0時から午前5時まで飲酒禁止
  3. 研修
    四軍共通、リバティ(勤務時間外の自由時間)を得るためには、次の研修(①基本的価値、②性犯罪防止、③日本文化)を、過去12ヶ月以内に受講していることが条件
  4. その他
    各軍等の判断でより厳しい措置をとることが可能。

現在、在沖米軍が実施している追加的措置(ゲートでの抜き打ち飲酒検査、ホットライン(午後11時以降に飲食店等に留まる米軍人を発見した場合に従業員が米側に通報する仕組み))については、引き続き実施。

さらに詳しいことが分かりしだい、報告します!

こちらをご覧ください)