NPO法人SHIPの「横浜弁護士会人権賞」受賞を祝う会へ/この素晴らしい活動をずっと続けていかれるよう心から願っています

「NPO法人SHIP」の「横浜弁護士会第19回人権賞」受賞の祝賀会へ

今夜は横浜・中華街へ向かいました。

中華街の入口

中華街の入口


NPO法人SHIPが『横浜弁護士会人権賞』を受賞した祝賀会にお招きいただいたのです。

横浜弁護士会から贈られた表彰状

横浜弁護士会から贈られた表彰状


『NPO法人SHIP』と星野慎二代表と関わりのある、あらゆる立場の方々が集合しました。

当事者・家族はもちろんのこと、研究者、メディア関係者、医療従事者、法律家、政治・行政関係など、書ききれないほどの職種や立場の方々がお祝いに来ました。

トロフィーを持つ星野代表

トロフィーを持つ星野代表


みんなが一言ずつ自己紹介をしていきました。

これだけたくさんの方々に、『SHIP』は安らぎと勇気とを与え続けてくれたのだなぁと改めて実感しました。



「SHIP」をいつまでも継続させていこう、「SHIP」をもっとみんなが集えるようにしよう

来賓としてのスピーチを依頼された時からずっと考えてきたのですが、フジノからは決して褒め言葉を言わないようにしようとまず決めました。

みなさんはきっと『お祝いの言葉』を述べるでしょう。会場はきっと温かい雰囲気でいっぱいになることでしょう。

そんなところで厳しいことを言えば、明らかに『場の空気』を壊すことになります。

でも、それでも、どうしても『みんなが集まっている場』でこそ、フジノとしてはお伝えしたいことがあったのです。

それは、『NPO法人SHIP』の持つ『大きな社会的使命』に反比例して、『組織として、極めて脆弱な財政基盤や人員体制』であるということです。

もっとみんなに危機感を持って、その現状を立てなおしてほしい、とフジノは願っています。

『SHIP』の活動は確実にたくさんの人々の命を守っています。

『SHIP』に救われた方々は、今度は自分自身が誰かの力になれるように『SHIP』のメンバーとして恩返しをすべきです。

『部外者』のフジノにあえて指摘されるまでもなく、みなさん、きっとそんなことは分かっていると思います。

でも、もっとみなさんに奮起してほしいというのがフジノの願いです。

そうして、辛辣な言葉を並べたスピーチを実際にしました。

「代表の星野慎二さんをもっと休ませてあげられるような、次世代リーダーが早く現れて下さい」

「『SHIP』イコール星野代表という現状を一刻も早く変えて下さい。星野さんが今、倒れたら『SHIP』は継続できるのですか?」

「『SHIP』を必要としている人々は絶対にもっとたくさんいらっしゃるのだから、もっと頑張って欲しいです」

などなど。

場違いなフジノの言葉に、参加者のみなさまは強烈な違和感と嫌悪を抱いたかもしれません。

でも、こころからのお願いです。

『NPO法人SHIP』が全国組織くらいになって、どのまちで悩んだり苦しんでいる人がいても『SHIP』が手を差し伸べてくれる、そんな存在になってほしいのです。

政治・行政では聴き取れないかすかな助けの声を、聴くことができるのが『SHIP』です。存在が消えてはならないのです。

カリスマ的な創立者である星野代表の後を継ぐ人というのは、とても大変だと思います。

それでも、このNPOは絶対に一代で終わらせてはいけないNPOなのです。

早く、二代目・三代目の代表が現れてほしいです。

フジノとしてはそんな叱咤激励の言葉を、来賓あいさつとしてお伝えさせて頂きました。



これからも、誰もがありのままの自分で生きていかれる社会に向けてみんなでがんばろう

18:30に始まった祝賀会。

仕事のカンケーで大幅にフジノは遅刻して、20時頃に到着してしまいました。

祝賀会は20:30には終了予定とのことだったのですが、いろいろな方々と語り合っているうちに気づいたらすでに22時過ぎてました(笑)

最後にみんなで記念撮影をして「解散」となりました(でもみんなまだ残ってました)。

最後にみんなで集合して記念写真を撮りました

最後にみんなで集合して記念写真を撮りました


ここには、あえてどんな方々とどんなお話をしたのかは記しません。

でも、どの1つの会話もムダなおしゃべりというものはなくて、その全てがフジノにとっては学ばせていただくことばかりでした。

3月2日の本会議での質疑についてもそうですし、これからの政策にも反映すべきこともたくさんアドバイスいただきました。

『SHIP』に集う方々はみなさん優しくてまじめで真剣で、そしてユーモアがあって、いろんな苦しいことも体験していて、素晴らしい人ばかりです。

職業も本当にバラバラですが、誰も偉ぶる人はいません。

こうして集えたのも、やっぱり星野代表のお人柄のおかげだと思います。

イエローハッピーで帰ってきました

イエローハッピーで帰ってきました


星野代表、いつも本当にありがとうございます。

これからも末永く『NPO法人SHIP』が続いて、多くの人達がさらに集えるような素敵な場であって下さいね。

そして、どうかみんなで力をあわせて、誰もがありのままの自分でいられる暮らしやすい社会へと変えていきましょう!



SHIP創立10周年パーティーへ/前身である「横浜Cruiseネットワーク」は2002年12月に設立されました

SHIP創立10周年パーティー

ここしばらくフジノは大忙しで目が回りそうな毎日を過ごしています。

予算議会での市長への質問の原稿を書いたり、資料を読みこまなければならない上に、出なければならない会議が続いたり、部課長から事前のブリーフィングが重なったり、とにかく仕事が山積みです。

それでも今日は特別です。

なんとかひと区切りをつけて、20時半過ぎに横浜・中華街に到着しました。

中華街へ。夜の東門、美しいですね

中華街へ。夜の東門、美しいですね


今夜は『SHIP創立10周年パーティー』が開かれました。

『SHIP』がNPO法人化されたのはつい最近ですが、その前身である『横浜Cruiseネットワーク』の設立は、2002年12月です。

SHIPの歴史

SHIPの歴史



つまり、すでに昨年12月で創立10周年なのです!

SHIPの歴史

SHIPの歴史


代表である星野慎二さんの活動は、素晴らしいのひとことに尽きます。

地道な活動がこれまでずっと継続されてきたからこそ、今、全国で活動が広がっているのです。

今でこそ自殺総合対策大綱に性的マイノリティに関する記述が加えられたり、議会で『性的な多様性の保障』を訴える政治家も少しずつ増えてきました。

けれども、今と10年前とでは状況はかなり違ったはずです。

フジノが性的な多様性を保障する取り組みを政策としてスタートしたのが今から6年前(2007年)

当時でさえ、フジノの取り組みには逆風がたくさんありました。

ですから、星野代表のご苦労はどれほどのものだっただろうと思います。

星野代表、創立10周年、本当におめでとうございます。



SHIPのニュースレター

創立10周年を記念して、『SHIPニュースレター』の記念号がまさに今日発行されました。

表紙には、各界からのお祝いのメッセージが掲載されています。

創立10周年記念号

創立10周年記念号

  • 白阪琢磨さん(国立大阪医療センター、HIV/AIDS先端医療開発センター)
  • 加藤真吾さん(慶応義塾大学医学部微生物学・免疫学教室)
  • 市川誠一さん(名古屋市立大学看護学部)
  • パトリック・リネハンさん(大阪神戸米国総領事)

こうした方々に続いて、行政機関からは、まずは『SHIP』と関わりの深い、神奈川県教育委員会のメッセージです。

そして次がなんとすごく光栄なことに、我らが横須賀市教育委員会の永妻委員長のメッセージです。

永妻教育長からのメッセージ

永妻教育長からのメッセージ


さらに次のページには、横須賀市の人権・男女共同参画課長からのメッセージも掲載されており、その次のページには2月に行なった市長との面談の写真も掲載されています。

横須賀市、もりだくさんです!

『SHIP』の歴史に横須賀市が関わってくることができたことを誇りに感じます。

立食形式で中華料理をいただきながら、みなさんとたくさんのお話をすることができました。

星野代表をはじめ、一生懸命に活動を続けてこられた方々と過ごすことができて、フジノはこれからもがんばっていこうという気持ちになりました。

顔出しNGが多いのが残念

閉会&解散後、メンバーで記念写真。顔出しNGが多いのが本当に残念です


10周年おめでとうございます。

そしてこれからもどうぞよろしくお願いします!