県内唯一の「私立・公立」「保育園・幼稚園・こども園」合同の就職セミナー&相談会を開催しました/教育・保育の人材確保は横須賀市にとって最重要課題です

「教育・保育の人材確保」は横須賀市にとって最重要課題です

昨年に続いて、教育・保育の人材確保の為の就職セミナー&相談会に参加しました。

会場の総合福祉会館にて

会場の総合福祉会館にて


保育園の待機児童の多さが全国的な問題になって、久しいです。

もちろん待機児童をゼロにすることは大切です。

けれどもそれ以上に、核家族化が進んでかつてのように大家族みんなでこどもを育てられる時代ではなくなりました。

孤立した子育ても深刻化しており、こどもの健やかな成長、保護者のメンタルヘルス、虐待防止など様々な観点から保育園・幼稚園・こども園(教育・保育)の存在が絶対に欠かせません。

保育士・幼稚園教諭の方々のおかげで、こどもの難病が早期に発見できたり、虐待事案を防ぐことができた、という事例はたくさんあります。

このような様々な観点からも、『教育・保育の質』を守り高めていくことを常に目指しています。

その為にもまず最も大切な存在である保育士・幼稚園教諭の方々に横須賀で就職(復職)していただき、できれば長く務めていただくことが最重要課題です。

しかし、隣接する横浜市、川崎市、さらに東京都は、財政力を武器に様々な形で魅力的な『処遇改善策』を取っています。

横須賀市のベテランの保育士・幼稚園教諭の方々が横浜に転職してしまうこともすでに起こっています。

つまり、他都市との人材確保の競争になっているのです。

上地市長の就任以来、こども家庭福祉への積極的な予算配分がなされています。

ただ、そもそも財政的に厳しい横須賀市では、無い袖は振れません。

莫大な財政支出によって他都市よりも飛び抜けてすごいと言えるような『処遇改善』までには至っていません。



横須賀市には、県内唯一の私立・公立を問わない、保育園・幼稚園・こども園合同の就職セミナーがあります

無い袖は振れなくとも、横須賀市には恵まれた環境があります。

こどもたちを守りたいという危機感を共有し、こどもたちと保護者が健やかに暮らしていかれるようにとの想いを同じくする存在が協力しあっています。

その現れが、今日開催された、横須賀市と『横須賀市私立幼稚園協会』と『横須賀市保育士会』の三者合同による就職セミナー&相談会です。

県内唯一の私立・公立「保育園・幼稚園・こども園」合同の就職セミナー・相談会です

県内唯一の私立・公立「保育園・幼稚園・こども園」合同の就職セミナー・相談会です


保育園・幼稚園・こども園への就職を考えている学生の方々や、復職をお考えの方々を対象に、毎年こうして就職セミナーとブースを設けての個別相談会を開催しています。

私立も公立も一緒になって、さらに保育園・幼稚園・こども園も一緒になって、合同での就職セミナーを開催しているのは神奈川県では唯一、横須賀だけなのです。

こどもたちの健やかな育ちという目的の前に、みんなで協力しあって取り組みを進めています。



就職セミナーでは横須賀の教育・保育の魅力が語られました

この悪天候にもかかわらず、就職を考えておられる学生さんたちが40名も来場してくれました。

昨年は70名の参加でしたので(晴天でした)、それに比べれば大きな減少です。

けれども、台風12号がやってきているにもかかわらず参加されたみなさんには、より強い本気度を感じました。

並木先生のお話とこどもたちのかわいい動画

並木先生のお話とこどもたちのかわいい動画


第1部は、保育園の立場からと幼稚園の立場からそれぞれに横須賀で教育・保育の現場で働くことの魅力が語られました。

横須賀幼稚園の鈴木理事長による幼稚園の魅力について

横須賀幼稚園の鈴木理事長による幼稚園の魅力について


人生の最も早い時期に、教育・保育の現場で働くということはとても大きなやりがいがあることを改めてフジノも感じさせられるお話でした。

例えば、鈴木理事長(フジノと1才違いなので親近感があります)のお話で

「働いていると苦しいこともあるし、幼稚園とはなんだろうと自問自答することもある。

そんなある日、幼稚園を卒園してから20年以上経っていたのに、ある日、街角で自分を担任して下さっていた幼稚園の先生を偶然お見かけした。

お声がけをして、先生に『自分も幼稚園で働くようになりました!』と報告したかった。

その時、ふと気づいた。

そうか、幼稚園で働くということは、こどもに今すぐに成果とか効果は見えないかもしれない。

けれども今の自分のように、卒園から20年経っていてもすぐに顔を見分けられるくらい印象に残る、ものすごく大きな影響を与える仕事なのではないか」

というエピソードがありました。

フジノはとても共感しました。

追浜生まれのフジノは白鳩幼稚園に通っていました。今でも年少・年長どちらの先生のお名前もフルネームで憶えています。

仕事で追浜を訪れるたびに、白鳩幼稚園の前を通るたびに「A先生・B先生はどうしておられるかな?」と気にしていることを思い出しました。

鈴木理事長がお話したとおりで、人格形成のスタート地点の時期に出会った先生方の存在は大人になっても忘れることは無いのですよね。

とても尊い、やりがいのある仕事だと改めて再確認したエピソードでした。



保育園・幼稚園・こども園のブースが今年から1ヶ所に集結しました

第2部は、ホールに移動です。

市内の保育園・幼稚園・こども園のブースがどーんとホールに集まりました。

たくさんのブースを1つずつ回る学生さん

たくさんのブースを1つずつ回る学生さん


実は昨年まで、業種ごとに部屋が分かれていたのです。

その理由を担当課の職員に聴いてみると、

「幼稚園は幼稚園の部屋、保育園は保育園の部屋、と分かれている方が学生には分かりやすいということだったんでしょうかね」

と、よく分からない理由が・・・

就職を考えている学生であれば1年生から参加できるセミナーなのに、幼稚園と保育園とを分ける必要は全くありません。

むしろ「分けてきたことはマイナスだった」とフジノは考えています。

真剣なまなざしでお話を伺う学生さんたち

真剣なまなざしでお話を伺う学生さんたち


全てのブースをホールに集結させることは大きな効果があるとフジノは考えています。

学生さんや復職を考えている方々が、市内の教育・保育を一覧することができて、自由にお話を聞くことができる訳です。

そしてお話を伺う中で、今までは考えていなかった分野に進むきっかけにもなりうると思います。

加えて、幼稚園と保育園とこども園とがそれぞれのブースをお互いに観ることができ、会話をすることができることはまさに顔の見える関係につながります。

教育・保育に関わる連携ができるきっかけにもなると思います。お互いの良いところをぜひ学び合っていただく機会にもしてほしいと願っています。

ホールの様子

ホールの様子


上地市長が就任して1年。

ささやかなことに観えるかもしれませんが、担当課の提案がどんどん出てくるようになった良い成果の1つではないかとフジノは受け止めています。

本日は、参加者のみなさま、ありがとうございました。

保育士・幼稚園教諭のみなさま、ありがとうございました。

そして取材に訪れて下さった、ジェイコムさん・はまかぜ新聞社さん、ありがとうございました。

どうかひとりでも多くの方が、このまちで、ともにこどもたちの健やかな成長の為に働いて下さることを心から願っています。

お待ちしております!



このまちには医療的ケアの必要な乳幼児の通える保育園が無い/社会福祉法人みなと舎セミナー「医療的ケアをつなぐ」へ(その1)

心待ちにしてきたセミナー「医療的ケアをつなぐ」へ

今日は、湘南国際村センターへ。

湘南国際村センターにて

湘南国際村センターにて


『社会福祉法人みなと舎』が主催する公開セミナー『医療的ケアをつなぐ〜やさしい手から手へと受け継いで〜』に参加しました。

お知らせのチラシより

お知らせのチラシより


お知らせのチラシを頂いてからずっと参加するのを楽しみにしてきました。

何故なら、医療的ケアのあるこどもたちも共に過ごせる『カンガルー統合保育園』の存在を、このチラシで初めて知ったからです。

恥ずかしながら、今までフジノは

横須賀には、医療的ケアのあるこどもたちも一緒に通える保育園が無い

という事実を知りませんでした。

これは、とても大きなショックでした。

ほとんど知られてないけれど大切な「医療的ケア」

これまでもフジノは『医療的ケア』の大切さをみなさまにお伝えしてきました。

とは言え、父との関わりからフジノのブログでは、もっぱらご高齢の方々や成人の障がいのある方々への『医療的ケア』について記すことがほとんどでした。

けれども、『医療的ケア』が必要なのは、生まれたばかりの「赤ちゃん」から「大人」も「高齢者」まで「みんな」です。

誰にとっても『医療的ケア』は必要のものです。

だから、『医療的ケア』の必要な乳幼児の通うことができる保育園も当然ながら存在しているのだと思い込んでいました。

しかし、それはフジノの思い込みでした。

医療的ケアは、赤ちゃんにもこどもにも必要です

医療技術の圧倒的な進歩のおかげで、こどもの死亡数は激減しています。

下のグラフは、今から40年前(フジノが生まれた頃)から現在(最新のデータ)までを示したものです。

乳幼児の死亡数の推移・厚生労働省「人口動態統計」を元にフジノが作成

乳幼児の死亡数の推移・厚生労働省「人口動態統計」を元にフジノが作成


特に進歩が著しいのは、新生児の医療です。

医学の進歩のおかげで、生まれてきたばかりの赤ちゃんが亡くなることはかなり減りました。

厚生労働省「第2回周産期医療と救急医療の確保と連携に関する懇談会」配布資料より

厚生労働省「第2回周産期医療と救急医療の確保と連携に関する懇談会」配布資料より


フジノが読んだ、新生児の死亡率についてのWHOの統計(2011年)には、こう記されていました。

  • 世界平均1000人中24人
  • アメリカ1000人中4人
  • イギリス1000人中3人
  • ドイツ1000人中2人
  • 日本1000人中1人

つまり日本では、生まれてくる赤ちゃんの1000人に1人まで死亡を減らすことが実現しているのです。

世界的に見ても、日本の新生児医療は圧倒的に優れています。

こうして、昔は助からなかった赤ちゃんの命が、救われるようになりました。

そして、命を救う『救命』には優れている一方で、医療的ケアが必要な超重症の赤ちゃんも増えているのが事実です。

  • レスピレーター
  • 気管内挿管
  • 鼻咽頭エアウェイ
  • 酸素吸入
  • 吸引
  • ネブライザー
  • IVH
  • 血液透析
  • 導尿
  • 人工肛門

などの医療的ケアが必要な赤ちゃんとこどもたちがたくさんいます。

これは高齢者に医療的ケアが必要な理由と全く同じです。

そんな中で、

医療的ケアを必要とする赤ちゃんや幼いこどもたちの通うことができる保育園が存在しない

という事実はフジノにとって本当にショックでした。

調べてみると、横須賀に存在しないだけではなく、全国的に見てもその数はとても少ないことが分かりました。

これでは、家族はどうやって暮らしているのだろうか…。

いろいろなことを考えながら、今日のセミナーに向かいました。

(つづく)

幼保小中高・学童保育・市職員向け「性的マイノリティ研修会」を開催!「Re:Bit」のみなさんが講師を引き受けてくれました/読売新聞が報じました

幼小中高・学童保育担当者向けに性的マイノリティ研修を開催

先日お知らせしました『性的マイノリティ研修会』が、昨日、横須賀市役所にて開催されました。

12月10日、世界人権デーにあわせての開催です。

横須賀市役所

横須賀市役所


早稲田大学公認学生団体『Re:Bit』から4名の方々を講師に迎えて、お話を伺いました。

LGBT問題を切り口に『互いの違いを受け入れられる社会』を団体の理念として、現在『Re:Bit』は主に2つの活動を行なっています。

  1. 出張授業
  2. LGBT成人式

フジノにとって『Re:Bit』さんの存在は『LGBT成人式』を実現した団体というイメージがありました。

学生団体(フジノの母校です)ながら、大人顔負けの素晴らしい活動をしているみなさんです。

ただ、都内の活動がメインのように感じていて、まさか横須賀で活動をご一緒できるとは想像したことがありませんでした。

それが急転したのは昨年11月のことです。

『Re:Bit』が行なった出張授業に、横須賀市教育委員会の担当者の方が参加しました。

感銘を受けた担当者の方が「ぜひ横須賀でも実施したい」と強い想いを持ちました。

その強い想いが叶って、今回の研修が実現したのです。

嬉しいです!

横須賀市と『Re:Bit』のタッグは必ず良い化学反応をもたらします!

満員の研修会場

満員の研修会場


会場である市役所5階の正庁は、120名の参加者で満員になりました。

小中学校・高校の教職員が70名、幼稚園・保育園・学童保育・市職員が50名です。

パワーポイントより「相談しやすい先生って?」

パワーポイントより「相談しやすい先生って?」


日高庸晴先生(宝塚大学)の調査研究の結果も、資料として配布しました。

パワーポイント「相談を受けた際のポイント」より

パワーポイント「相談を受けた際のポイント」より

質疑応答の時間は、熱心に対話が行なわれました

質疑応答の時間は、熱心に対話が行なわれました





翌朝の読売新聞が報じてくれました!

この様子を翌朝の読売新聞が報じてくれました。

2013年12月10日・読売新聞より

2013年12月10日・読売新聞より


以下、全文を引用します。

性的マイノリティー、110人学ぶ

横須賀市内の教育関係者が性的マイノリティー(少数派)への理解を深めるための研修会が10日、横須賀市役所で聞かれた。

教職員ら約110人が出席し、同性愛者や性同一性障害の大学生の団体『Re:Bit(リビット)」』の4人から体験談などを聞いた。

大学4年生の山下昂さん(23)と小川奈津己さん(24)が、同性愛者や、体と心の性が一致しない人たちを意味する『LGBT」』について説明。「『LGBT』は20人に1人、不登校は10人に100人に1人という調査結果もある」と語った。た」と語った。

女性同性愛者の大学4年生(22)は「高校生の時、友人に告白したら、『もっと早く言ってくれればいいのに』と受け止めてくれ、救われた」と話し、手術を受けて戸籍を女性から男性に変更したという大学2年生(21)は「絶望もしたが、『大丈夫』『応援している』という友人や先生の言葉に支えられた」と振り返った。

4人は会場の教職員らに「皆さんのそばにも、こんな子がいると思っていただければうれしい」と訴えた。

閉会後も、講師のみなさんと会場の参加者の方々が残って、意見交換が続けられました。

みなさんと一緒に

みなさんと一緒に


いわゆる『性的マイノリティ』とされる方々に対する理解をより広く深くしていく為に、これからも横須賀市は取り組みを続けていきます。



新しい「子ども子育て支援制度」づくりの議論がスタート/児童福祉審議会、子ども育成分科会、子ども・子育て分科会

「子ども子育て支援新制度」に向けて、児童福祉審議会で議論が始まりました

今日は『児童福祉審議会』が開催されました。

5月21日の児童福祉審議会に続いて、『子ども子育て支援新制度』についての議論が本格的なスタートを迎えました。

会場のはぐくみかん5階にて

会場のはぐくみかん5階にて


3つの会議が立て続けに開かれて、合計3時間にわたりました。

  1. 児童福祉審議会の全体会
  2. 分科会:子ども育成分科会
  3. 分科会:子ども・子育て分科会




傍聴者はなんと20名!「新制度」への関心の高さが感じられました

通常の傍聴の定員は10名なのですが、傍聴を希望する方々の熱意の高さもあり、今回は希望者全員(20名)が傍聴することが可能となりました。

フジノは様々な審議会を傍聴していますが、こうした関心の高さは大変うれしいことです。

第17回児童福祉審議会のプログラム

第17回児童福祉審議会のプログラム


もっぱら保育・幼稚園・学童保育などの関係者の方が多かったようです。

ぜひ市民のみなさまと関係者のみなさまと横須賀市とが一緒になって、新たな制度づくりを進めていきたいです。

第21回子ども育成分科会のプログラム

第21回子ども育成分科会のプログラム


新たに設置された『子ども・子育て分科会』は、今日が初開催(第1回)でした。

第1回子ども子育て分科会のプログラム

第1回子ども子育て分科会のプログラム

新しい制度づくりに向けての議論についてお伝えしたいことはたくさんあるのですが、ここでいったんストップします(のちほど改めて更新します)。

実はブログを書いている今、『猿島』で火災が起こったという連絡が入りました。とても心配です。



常任委員会での「市民による意見陳述」、ついに実現します!/保育園給食の放射性物質の測定を求める請願

請願を出した市民の方が常任委員会に出席してじかに陳述できるように議論しました

本会議(1日目)の終了後すぐに、教育福祉常任委員会が開かれました。これは特別なことで、1週間前に急きょ開催が決まりました。

議題は『請願を出した市民の方々の意見陳述を行なうか否かについて』です。






今まで横須賀市議会では、『請願』『陳情』を出して下さった市民の方々から、正式な議会の場でじかにその声を聴かせてもらう機会はほとんどありませんでした。

フジノの記憶では本会議で1回、委員会で2回だけしかありません。

その為、これまで『請願』『陳情』を出して下さる市民の方々は、議員ひとりひとりに電話したり手紙を書いたりして、大変な手間と労力をかけてその想いを伝える努力をしてきました。

一方で、他のまちの議会ではより積極的な取り組みが行なわれているところもありました。

提出者の方々は自らの想いを正式な場で公的な記録に残る形で発言することができたり、提出者の方々に議員が質疑をすることができたり、積極的に生の声に耳を傾ける為の方法をとっていたのです。

そうした他のまちの議会をフジノはうらやましく思ってきました。



議会改革が進みつつある今の横須賀市議会

それが今、横須賀市議会は大きく変わりつつあります。

2010年、横須賀市議会は『議会基本条例』を作りました。

その中で、新しい横須賀市議会の在るべき姿は、市長と行政をチェックしていくだけではなく、「市政の課題を的確に把握し、積極的な政策立案・政策提言を行える政策形成能力の向上を図っていかなければならない」と自らを規定しました。

『請願』『陳情』についてもその定義を大きく変えたのです。

横須賀市議会基本条例

(請願及び陳情)
第12条 議会は、請願及び陳情を市民による政策提案と位置付け、真摯に取り扱うものとする。この場合において、請願者若しくは陳情者の求めに応じて、又は議会自ら、請願者又は陳情者が説明や意見陳述を行う場を設けることができる。

そして今回、『議会基本条例』が作られてから初めて市民の方から「意見陳述をしたい」という求めがありました。

『議会基本条例』では説明や意見陳述を行なう場を設けることはできるとの規定は入れたものの、その具体的な方法までは細かく決めていませんでした。

そこで、急きょ委員会を開いて、「意見陳述を認めるか否か」「認めるならばそれは初めてのことなのでどのような方法で行なうのか」を話しあうことにしたのです。



全会一致で「意見陳述を認める」ことに決定!

結果は、もちろん全委員が一致して「意見陳述を認める」ことになりました!

これによって来週月曜日に開かれる教育福祉常任委員会では、請願を出して下さった市民の方による意見陳述が行なわれます。

その方法については下のように決まりました。

     

  • 時間は15分間
  •  

  • 議員からの質疑はなし
  •  

  • 意見陳述をする場所は、書記席の隣
  •  

  • インターネット中継は行なう

フジノとしては質疑も行なうべきだと思いますが、何よりもまずは「実施すること」が大切だと考えています。

意見陳述をする市民の方にとっては、とても緊張してしまうかもしれません。委員会には独特の雰囲気がありますし、歴戦の強者である市の部長でさえも「インターネット中継もあるし、答弁するのは毎回緊張する」と話してくれた方もいます。何とかできるだけリラックスしてその想いのたけを述べることができますように願っています。

12月3日(月)の教育福祉常任委員会、とても注目ですよ!



「たん吸引」ってなに?/医療的ケアについて(その1)

「医療的ケア」って何?

『胃ろう』を造っている高齢者の方々の数は全国で26万人にのぼると言われています(平成23年全日本病院協会調べ)。

特別養護老人ホームに入所している方の5.3%の方が『たん吸引』を必要としていて、9.9%の方が『経管栄養』が必要だというデータがあります。

その他にも、保育園、小中学校、特別支援学校、障がいのある方々の入所施設、高齢者の介護施設、医療施設、グループホーム、在宅などをはじめ、本当にたくさんの方々が『医療的ケア』が必要な状態で暮らしています。

この『医療的ケア』について、数年前からフジノは市長への一般質問や委員会での質疑をはじめ、この活動日記でも、何度も何度もとりあげてきました。

でも、具体的に『医療的ケア』ってどんなことか、あなたはイメージがわきますか?

...イメージ、わかないですよね。

フジノも父に『医療的ケア』が必要になるまで全く知らなかったですもん。そこで、改めてしっかりと説明してみたいと思います。

『医療的ケア』で最もメジャーなものは2つあります。

  1. 『たん吸引』
  2. 『経管栄養』

「たん吸引」って何?

今日は『たん吸引』について紹介しますね!

1.たん吸引

人の身体は、素晴らしい仕組みになっています。

息を吸って吐く『呼吸』をする時、空気と一緒にどうしてもホコリなどの異物やウイルスや細菌などを取り込んでしまうのですが、人の身体はそうした異物を体の外に排出するようになっています。

例えば、鼻毛。

まずこれがフィルターの役割をしています。鼻から息を吸うと、鼻毛フィルターのおかげで大きなホコリなどの異物は、体内に入りません。

鼻毛の重要な役割

次に、粘液。

鼻毛フィルターでカットできなかった小さなホコリや細菌は、鼻の奥(鼻腔)から粘液が出て、からみとります。これはいわゆる『鼻水』です。鼻水によって、異物は外に排出されます。

鼻水・唾液の役割

さらにそれよりも小さなホコリやウイルスなどは、ノドの奥の気管や気管支に生えている細かい毛(綿毛と呼びます。粘液に覆われています)に、からみとられます。それがいわゆる『たん』です。この粘膜が刺激されると咳が出て、体の外へと排出されます。

気管支と気管には粘液に覆われた綿毛がある

また、外に排出されない『たん』や唾液や鼻水は、無意識に食道へと流れていきます。ノドの奥にある弁のおかげで、気管から肺の方には流れ込まないようになっています。

たんを吐き出すのはとても重要

こうして、肺は無菌状態に保たれているのです。この一連の動作を、人間は毎秒ごとに意識せずに行なっています。とても高度な作業です。

けれども、何らかの病気によって、このすごい仕組みが機能しなくなってしまうことがあります。

『たん』を吐き出せなくなってしまうと、うまく呼吸ができなくなって、呼吸困難や窒息に陥ってしまいます。

また、本来ならば食道に流れ込むべき『たん』や唾液や鼻水などが、気管から肺へと流れこんでしまうことがあります。

そうすると、本来は無菌状態であるべき肺に異物やウイルスが入り込んで肺炎になってしまいます。

このままでは死に至ってしまいます。

そこで、機械を使って体の外に排出するのが『吸引』です。吸引器という機械があります。

吸引器

吸引器の先にストローがついていて(吸引カテーテルと呼びます)、それを鼻や口から差し込んで、唾液や鼻水やたんを吸い出すのです。

口腔のたん吸引

窒息や呼吸困難を防いで、肺炎を起こさないようにする。いのちを守る大切な行為。それが『たん吸引』なのです。

少しだけ、分かっていただけたでしょうか??