県内唯一の「私立・公立」「保育園・幼稚園・こども園」合同の就職セミナー&相談会を開催しました/教育・保育の人材確保は横須賀市にとって最重要課題です

「教育・保育の人材確保」は横須賀市にとって最重要課題です

昨年に続いて、教育・保育の人材確保の為の就職セミナー&相談会に参加しました。

会場の総合福祉会館にて

会場の総合福祉会館にて


保育園の待機児童の多さが全国的な問題になって、久しいです。

もちろん待機児童をゼロにすることは大切です。

けれどもそれ以上に、核家族化が進んでかつてのように大家族みんなでこどもを育てられる時代ではなくなりました。

孤立した子育ても深刻化しており、こどもの健やかな成長、保護者のメンタルヘルス、虐待防止など様々な観点から保育園・幼稚園・こども園(教育・保育)の存在が絶対に欠かせません。

保育士・幼稚園教諭の方々のおかげで、こどもの難病が早期に発見できたり、虐待事案を防ぐことができた、という事例はたくさんあります。

このような様々な観点からも、『教育・保育の質』を守り高めていくことを常に目指しています。

その為にもまず最も大切な存在である保育士・幼稚園教諭の方々に横須賀で就職(復職)していただき、できれば長く務めていただくことが最重要課題です。

しかし、隣接する横浜市、川崎市、さらに東京都は、財政力を武器に様々な形で魅力的な『処遇改善策』を取っています。

横須賀市のベテランの保育士・幼稚園教諭の方々が横浜に転職してしまうこともすでに起こっています。

つまり、他都市との人材確保の競争になっているのです。

上地市長の就任以来、こども家庭福祉への積極的な予算配分がなされています。

ただ、そもそも財政的に厳しい横須賀市では、無い袖は振れません。

莫大な財政支出によって他都市よりも飛び抜けてすごいと言えるような『処遇改善』までには至っていません。



横須賀市には、県内唯一の私立・公立を問わない、保育園・幼稚園・こども園合同の就職セミナーがあります

無い袖は振れなくとも、横須賀市には恵まれた環境があります。

こどもたちを守りたいという危機感を共有し、こどもたちと保護者が健やかに暮らしていかれるようにとの想いを同じくする存在が協力しあっています。

その現れが、今日開催された、横須賀市と『横須賀市私立幼稚園協会』と『横須賀市保育士会』の三者合同による就職セミナー&相談会です。

県内唯一の私立・公立「保育園・幼稚園・こども園」合同の就職セミナー・相談会です

県内唯一の私立・公立「保育園・幼稚園・こども園」合同の就職セミナー・相談会です


保育園・幼稚園・こども園への就職を考えている学生の方々や、復職をお考えの方々を対象に、毎年こうして就職セミナーとブースを設けての個別相談会を開催しています。

私立も公立も一緒になって、さらに保育園・幼稚園・こども園も一緒になって、合同での就職セミナーを開催しているのは神奈川県では唯一、横須賀だけなのです。

こどもたちの健やかな育ちという目的の前に、みんなで協力しあって取り組みを進めています。



就職セミナーでは横須賀の教育・保育の魅力が語られました

この悪天候にもかかわらず、就職を考えておられる学生さんたちが40名も来場してくれました。

昨年は70名の参加でしたので(晴天でした)、それに比べれば大きな減少です。

けれども、台風12号がやってきているにもかかわらず参加されたみなさんには、より強い本気度を感じました。

並木先生のお話とこどもたちのかわいい動画

並木先生のお話とこどもたちのかわいい動画


第1部は、保育園の立場からと幼稚園の立場からそれぞれに横須賀で教育・保育の現場で働くことの魅力が語られました。

横須賀幼稚園の鈴木理事長による幼稚園の魅力について

横須賀幼稚園の鈴木理事長による幼稚園の魅力について


人生の最も早い時期に、教育・保育の現場で働くということはとても大きなやりがいがあることを改めてフジノも感じさせられるお話でした。

例えば、鈴木理事長(フジノと1才違いなので親近感があります)のお話で

「働いていると苦しいこともあるし、幼稚園とはなんだろうと自問自答することもある。

そんなある日、幼稚園を卒園してから20年以上経っていたのに、ある日、街角で自分を担任して下さっていた幼稚園の先生を偶然お見かけした。

お声がけをして、先生に『自分も幼稚園で働くようになりました!』と報告したかった。

その時、ふと気づいた。

そうか、幼稚園で働くということは、こどもに今すぐに成果とか効果は見えないかもしれない。

けれども今の自分のように、卒園から20年経っていてもすぐに顔を見分けられるくらい印象に残る、ものすごく大きな影響を与える仕事なのではないか」

というエピソードがありました。

フジノはとても共感しました。

追浜生まれのフジノは白鳩幼稚園に通っていました。今でも年少・年長どちらの先生のお名前もフルネームで憶えています。

仕事で追浜を訪れるたびに、白鳩幼稚園の前を通るたびに「A先生・B先生はどうしておられるかな?」と気にしていることを思い出しました。

鈴木理事長がお話したとおりで、人格形成のスタート地点の時期に出会った先生方の存在は大人になっても忘れることは無いのですよね。

とても尊い、やりがいのある仕事だと改めて再確認したエピソードでした。



保育園・幼稚園・こども園のブースが今年から1ヶ所に集結しました

第2部は、ホールに移動です。

市内の保育園・幼稚園・こども園のブースがどーんとホールに集まりました。

たくさんのブースを1つずつ回る学生さん

たくさんのブースを1つずつ回る学生さん


実は昨年まで、業種ごとに部屋が分かれていたのです。

その理由を担当課の職員に聴いてみると、

「幼稚園は幼稚園の部屋、保育園は保育園の部屋、と分かれている方が学生には分かりやすいということだったんでしょうかね」

と、よく分からない理由が・・・

就職を考えている学生であれば1年生から参加できるセミナーなのに、幼稚園と保育園とを分ける必要は全くありません。

むしろ「分けてきたことはマイナスだった」とフジノは考えています。

真剣なまなざしでお話を伺う学生さんたち

真剣なまなざしでお話を伺う学生さんたち


全てのブースをホールに集結させることは大きな効果があるとフジノは考えています。

学生さんや復職を考えている方々が、市内の教育・保育を一覧することができて、自由にお話を聞くことができる訳です。

そしてお話を伺う中で、今までは考えていなかった分野に進むきっかけにもなりうると思います。

加えて、幼稚園と保育園とこども園とがそれぞれのブースをお互いに観ることができ、会話をすることができることはまさに顔の見える関係につながります。

教育・保育に関わる連携ができるきっかけにもなると思います。お互いの良いところをぜひ学び合っていただく機会にもしてほしいと願っています。

ホールの様子

ホールの様子


上地市長が就任して1年。

ささやかなことに観えるかもしれませんが、担当課の提案がどんどん出てくるようになった良い成果の1つではないかとフジノは受け止めています。

本日は、参加者のみなさま、ありがとうございました。

保育士・幼稚園教諭のみなさま、ありがとうございました。

そして取材に訪れて下さった、ジェイコムさん・はまかぜ新聞社さん、ありがとうございました。

どうかひとりでも多くの方が、このまちで、ともにこどもたちの健やかな成長の為に働いて下さることを心から願っています。

お待ちしております!



2月14日、横須賀にプロレスがやってきます!ぜひ観戦にいらして下さい!/こどものためのチャリティープロレス「きらきら太陽プロジェクトfor横須賀」

うれしいおしらせ。横須賀にプロレスがやってきます!

『個人』としても公人としても、とてもうれしいお知らせがあります。

横須賀にプロレスが久しぶりにやってきます!

たぶん、2007年の『商店街プロレスinわかまつ』ぶりではないでしょうか。

『個人』として僕は、幼い頃から今もずっとプロレスが大好きです。

仕事がここまで忙しくなる前は、毎年1月4日(プロレスの日)には東京ドームの新日本プロレス大会に必ず行っていました。また、高校生くらいになると、横須賀でプロレス興行があれば、ほぼ必ず観に行っていました。

そんな僕にとって、本当に久しぶりの横須賀でプロレスが観られるチャンスがやってきました!

雫有希選手らによる『こどものためのチャリティープロレス「きらきら太陽プロジェクトfor横須賀」』です。

こどものためのチャリティープロレス「きらきら太陽プロジェクトfor横須賀」

こどものためのチャリティープロレス「きらきら太陽プロジェクトfor横須賀」

こどものためのチャリティープロレス「きらきら太陽プロジェクトfor横須賀」

  • 日時:2月14日(土)開場12:15、試合開始13:30

  • 場所 横須賀市総合体育館メインアリーナ


  • *この興行の収益は、横須賀市レスリング協会と長野県善光寺大本願乳児院に寄付されます

  • 特別リングアナ:
    府川唯未(横須賀出身、元アルシオン)

  • 参戦選手:
    雫有希
    ダンプ松本
    堀田祐美子
    唯我
    田村和宏
    タケシマケンヂ
    山田太郎
    勝村周一郎
    和田城功
    中島安里紗
    花月

  • チケット代:
    全席自由2000円(高校生以下無料)
    学割、障がい者割1000円

  • 協賛(順不同):
    コリラックス小金城趾
    ぽっかぽか整骨院
    ふれあいイベント財団
    アートスタジオ ヒカリ
    浄土宗 浄音寺
    大谷光
    柏木隆
    きらきら太陽プロジェクトサポートクラブ

  • 協力:
    株式会社カルビー

  • チケットお問い合わせは『きらきら太陽プロジェクト』
    kirakirataiyou@willcom.com
    07055661368までお願いします。


しかも興行の収益は「乳児院」へ寄附されます

さらに、『公人』=政治家としてうれしいことは、このプロレス興行(きらきら太陽プロジェクト)はこどもたちの為にチャリティーとして開催されるということです。

『こども家庭福祉』の中には、特に『社会的養護』と呼ばれる分野があります。

DVや児童虐待をはじめ、親御さんの精神疾患をはじめとする病気などによって、乳幼児の頃から親と離れて暮らさねばならないこどもたちがたくさんいます。

赤ちゃんの頃は『乳児院』、幼稚園くらいの年齢から18才までは『児童養護施設』にて生活を送ることが多いです。

18才を超えると『児童養護施設』を退所しなければならないことが多く、民間団体による『子どもセンター』が大切な役割を果たしています。

また、里親制度もありますが、フジノも一生懸命とりくんできましたが、まだまだ普及していません。

こうした状況に対して、今回のプロレス興行のリーダーである雫有希選手は、2010年からチャリティー興行を行なって乳児院に寄附をするという支援活動にずっと取り組んできてくださいました。

その取り組みを2013年に正式にプロジェクト化したのが『きらきらプロジェクト』です。

(そもそも雫さんはプロレスリング選手であると同時に、保育士であり、尼僧でもあるのです)

今回の横須賀興行も『きらきらプロジェクト』として実施し、収益は乳児院へと寄附されるのです。

本当にありがたいことで、フジノはこころから感謝の気持ちでいっぱいです。

今回、雫選手が横須賀を会場に選んだ理由は、彼女自身がレスリングの練習で総合体育館に通った経験があるから。つまりゆかりの深いまちだから、とのことです。



フジノはこの興行と雫選手を応援します

横須賀・三浦のみなさま、そして神奈川県内のみなさま、ぜひ2月14日バレンタインデーには、プロレスを観にいらして下さい!

フジノ自身も当然、観戦しにいきます。

往年の女子プロレスファンのみなさまはぜひダンプ松本選手にお会いしに来て下さい。

フジノと同世代のプロレスファンのみなさまは、田中稔選手の奥さまになられた府川唯未さん(元アルシオン)のお元気な姿を観にいらして下さい。

さらに、現在進行形のプロレスファンのみなさまは、雫選手をはじめ、中島安里紗選手らの激しい試合を観にいらして下さい!

プロレスを観て、思いっきり楽しみましょう。

そして、その売上は『こども家庭福祉』の為に活かされるのです。

こんな素晴らしいことはなかなかありません。

2月14日、ぜひみなさま、横須賀市総合体育館でプロレスを観にいらして下さいね!



横須賀市主催の「ひとり親家庭交流会」に参加しました

「ひとり親家庭交流会」に参加しました

『ワンペアレント=ファミリー』あるいは『シングルマザー/シングルファーザーのご家庭』のサポートは、政治家フジノにとってとても大切な課題の1つです。

特に、シングルファーザー(父子家庭)の方々を取り巻く課題については新聞社の取材を受けたり、テレビ局からの問い合わせをしばしば受けています(現在も2社から取材依頼を受けています)。

今日は、横須賀市が年数回、開催している『ひとり親家庭交流会』に参加してきました。

横須賀市が主催した「ひとり親家庭交流会」

横須賀市が主催した「ひとり親家庭交流会」


日頃は市民の方と1対1でお話をうかがうことが多いのですが、『交流会』という形で15人を超える方々のお話をいっぺんにうかがえたことはとても良かったです。



改めてたくさんの声に触れて様々なことを考えさせられました

どんな話題も人の数だけ想いがある訳ですからね。
 
生の声をうかがうのは、とても大切ですね。

10~12時まで2時間、お話をうかがいました。

「時間が足りないなあ」

「もっと話したいなあ」
 
と、みんなで感じた場でした。

12時からは市の栄養士さんが作ってくれたごはん(今日は冷やし中華!)を食べながら、こどもたちを交えてなごやかに交流をしました。



差別に対する激しい怒りをおぼえました

お話をうかがう中で、『差別』の問題が何度も話題になりました。

保育園など公の職員による言葉や行動にどれほど傷つけられているか、ということを改めてうかがいました。

特に、いわゆるハーフのおこさんに対する差別には激しい怒りを感じました。

肌の色が違うとか、そんなことで差別する人間は許さない。

あまりにも資質に欠ける保育士はすぐに調査をして、事実カンケーが分かったら厳しく注意をしようと決めました。

また、世間全体の認識の低さにも改めて悲しみと怒りを感じました。

それから、ワンペアレントでおこさんを育てている中で身体が弱くて病気になりがちな親御さんの場合、収入の面でも働き方の面でも子育ての面でも本当にご苦労が多いことを改めて理解しました。

僕もいつも何かしら病気を抱えていてそんなに身体は強くないので、もしこの状況でひとりきりで子育てをしていたらと想像するとその心身のご苦労は並大抵のものではないと感じました。



「児童扶養手当」のカットへの不安の声もうかがいました

さらに、これまでシングルマザーの家庭のこどもに支給されてきた『児童扶養手当』(最大で月額4万1720円)が来年度から減らされることが決定している点についての不安の声も多くありました。当然の不安の声だと思いました。

これもひとことで言うならば、国の財政悪化によるカットです。

厚生労働省は(障害者自立支援法と同じ論法ですが)手当てを払い続けるよりも自立を支援する為に、就労に向けてバックアップすることの方が大切だと主張します。

この点についてフジノは、福祉の考えの中に自立支援が重視されてきたことはEU諸国をはじめとする世界的な流れなので、考え方そのものは理解できます。



「自立支援」とは「無理やり働かせること」ではなく、一人ひとりにあった支援のこと

でも、日本の場合は『自立』=『働くこと』だけを指しているという誤った価値観・偏った解釈がなされていることが多くて、とても心配しています。

本当の自立とは、その方々ひとりひとりの置かれた経済社会状況や環境や能力や健康面などによって全く異なるはずです。
 
つまり、人それぞれに在り方は違うはずなのです。

それをただ「働け!働け!」だけでは自立とは言えません。

働くことだけが自立ではありません。

また、

「児童扶養手当に頼りはじめると働くかなくなる」

みたいな発想はすごく一面的で間違っている、とフジノは考えます。

多くの親御さんたちはかなり身体をボロボロにしながらこどもを守る為に暮らしを守る為に必死に一生懸命に働いています。

むしろ政治・行政が先にしっかりと正すべきは、不安定なパート労働や非正規雇用などの在り方だと思います。

まわりのサポートも得られないことが多い状況の中で、市場経済だけを最優先させる働かせ方を変えなければいけない。

フジノはそう考えています。

いずれの問題にしても、

  • 国がダメな制度の場合には、横須賀市としてどう対応できるか、横須賀市の在るべき姿を提案していきたい
  • 1人1人にあった暮らしの在り方をサポートする支援体制をめざす
  • 差別的な世間の対応は、徹底的に啓発して変えていく(フジノは差別禁止条例を提案していますが)。時には、差別をする企業や個人を罰していく必要がある

こんな風に考えています。

確かに『離婚』は、個人の意思でなされたことではあります(そうではない場合もたくさんあります。それをぜひ知っていて下さい)。

仮に百歩譲って「個人の意思で『離婚』したのだから」という発想がまかりとおったとしても、こどもに何の責任があるのでしょうか。

死別の場合もあります。DVによる別れの場合もあります。

ひどい配偶者に突然去られるというケースもあります。

どのようなケースにおいても、こどもに罪はありえません。

政治家としてフジノは、こどもたちを守る為に、政治・行政が『ひとり親家庭』をサポートする事は当然だと信じています。

今後もしっかりと生の声を聞かせていただいて、政治・行政の責任において行なうべきことをしっかり行なっていきたい。

この今までの決意を改めて確認しました。