横須賀の「学童クラブ条例」づくりのゴールが見えてきました/放課後児童クラブ設備・運営基準検討部会(最終回)へ

全国の市町村で「学童クラブ条例」づくりが進んでいます

横須賀市では新しい『子ども子育て支援制度』を作る為の議論は、昨年2013年5月にスタートしました。

中でも『学童クラブ』は、新しい制度の目玉の1つです。

*学童クラブには様々な呼び名があります。学童保育、放課後児童健全育成事業、放課後児童クラブなども同じ意味です。

児童福祉法改正によって、全国の市町村は新たに『学童クラブ条例』を作らねばなりません。

その条例に盛り込まなければならない内容は、例えば、

  • 職員の数
  • 施設の面積
  • 設置しなければならない設備
  • 開所日数
  • 開所時間

など、あらゆる事柄となります。

全国学童保育連絡協議会資料より一部改変

条例策定のスケジュール(全国学童保育連絡協議会資料より一部改変)


そこで昨年から今年にかけて、全国で一斉に条例策定の作業が行なわれています。

放課後児童クラブ設備・運営基準検討部会へ

横須賀市では、『放課後児童クラブ設備・運営基準検討部会』において、議論が行なわれてきました。

第1回(2013年12月26日)
  1. 横須賀市の放課後児童クラブの現状
  2. 放課後児童クラブガイドライン
  3. 社会保障審議会児童部会、放課後児童クラブの基準に関する専門委員会報告(第7回)
第2回(2014年3月7日)
  1. 社会保障審議会児童部会、放課後児童クラブの基準に関する専門委員会の報告書について
  2. 神奈川県下の放課後児童クラブの条例制定状況について
  3. 横須賀市の放課後児童クラブ運営の現状について(指導員のアンケート結果より)
第3回(2014年4月25日)
  1. 国の放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準(案)に関する意見の募集について
  2. 国の放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準(案)の概要
  3. 国の放課後児童健全育成事業の設備運営基準(案)【未定稿】について
  4. 本市が募集予定 (6月)のパブリックコメントの考え方について
第4回(2014年5月30日)
  1. 放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準(厚生労働省令第63号)とその基準(案)に寄せられたパブリックコメントに対する国の考え方
  2. 第3回検討部会における確認事項について
  3. 本市が募集予定(6月)のパブリックコメントの考え方について

約7ヶ月間の議論を見守ってきましたが、ついにゴールが見えてきました。

会議室にて

会議室にて


フジノは今日、最終回となった第5回目のこの部会を傍聴してきました。

パブリックコメントへの回答を検討しました

今回の議事は下の通りです。

第5回(2014年7月28日)
  1. パブリックコメント手続き(意見募集)結果について
  2. (仮称)放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の骨子(案)について

これまでの検討部会での議論の結果を、市民のみなさまにパブリックコメントの形で報告しました。

6月17日〜7月7日まで行なわれたパブリックコメント

6月17日〜7月7日まで行なわれたパブリックコメント


そして、6月17日から7月7日まで市民のみなさまからご意見を募集しました。

『学童クラブ条例』他6件についてのパブリックコメントだったのですが、合計714件のご意見を頂きました。

このうち、『学童クラブ条例』についてのご意見が693件でした。つまり総意見の97.1%です!

市民のみなさまの『学童クラブ』に対する関心の高さがヒシヒシと伝わってきました。

特にご意見が多かったものを紹介いたします。

条例の中でうたわれている支援員の数の下限・児童数の上限・非常災害対策・衛生管理等の実現に要する費用について、財政支援をお願いする。

また、民間施設を利用するクラブの家賃補助・指導員の資格取得・研修受講に要する費用についても、財政支援をお願いしたい。

(128件)

指導員の処遇について、継続勤務と人材確保のため、何らかの賃金保障・身分保障をしてほしい。

具体的には、市の非常勤職員として雇用しクラブに派遣するとか、社会保険への加入費用や年功序列型の賃金体系の実現のための 財政支援をお願いしたい。これらのことを保護者負担で実現するには、負担が重すぎます。

また、支援員の資格が規定されましたが、 資格と処遇は一緒に考えてほしい。

(98件)

働く保護者のため、寂しい想いをしている子どものために高い利用料を利用しやすい利用料にするため、行政の財政支援をお願いする。

特に、小さいクラブほど運営収支が厳しいので、何とかしてほしい。

(55件)

運営方式について、保護者会運営は保護者の負担が大変なので、児童数に補助金が影響されない『公設』や『委託方式』を検討しても良いのではないか。

運営委員会を年4回程度開催してほしいとのことだが、関係者の負担は大変です。

(54件)

こどもが安全で快適に生活できるよう指導員の数を増員して下さい。

指導員の配置基準について、児童の人数に応じた配置基準にして下さい。

指導員の確保が難しく複数配置ができかねる現状があるので条文を訂正すべきだと思います。

人材が確保できない場合の対応について明記すべきではないのか。

(54件)

専用区画の面積について、「児童1人につきおおむね1.65㎡以上でなければならない」とされていますが、その規定により定員を超えてしまい待機児童を出さざるを得ず、クラブを分割せざるを得ないことも考えられます。

待機児童が生じないように基準に応じた学童クラブを増やして下さい。

(46件)

回答は、ほぼ事務局案どおりになりました

こうしたご意見に対して、どのように回答するかの『原案』は、事務局(横須賀市こども育成部)が作成します。

事務局原案に対して、検討部会メンバーが意見を出していきました。

しかし、根本的な内容の変更が必要な意見は、取り入れられることはありませんでした。

本当に残念です。

パブリックコメント手続き結果(案)

パブリックコメント手続き結果(案)


結果的に、決定された回答のほとんどの内容は

今回検討をした基準は、条例として市内全ての学童クラブ事業者に適用するものです。

その為、規定する項目や内容については、既存の学童クラブの存在を意識して、最大公約数的な項目や内容に絞らざるを得ませんでした。

市独自の項目や内容の設定については、今後の課題として、市にお伝えしたいと考えております。

といったものとなっています。

市の責任を明確に位置づけることや、新たな財政支出が必要となる補助や、学童クラブ全体の底上げになるような基準などは、全く新たに記されることはありませんでした。

重ねて、残念でなりません。

検討部会に参加しているメンバーは現場の方々、事務局であるこども育成部のメンバーも現場の実情を理解している職員ばかり…。

それがこのように現状維持に押し切られてしまうのは、何故なのか。

財政部による財政規律が厳しいのか。市長に学童クラブを改善する意思が無いのか。

いずれにしても、学童クラブ関係者のみなさまにとって、とても残念なパブリックコメント回答となりました。

新しい『子ども子育て支援制度』に位置づけられた学童クラブは、今までと一体何が変わったのでしょう。

まずは新制度の立ちあげに間に合わせることが「最優先」だったのだろう、と言わざるをえません。

フジノや学童クラブ関係者のみなさんの大半は、新たな制度に位置づけられたことを過去最大のチャンスと捉えて、学童クラブの質を向上させてこどもたちの暮らしを守りたい、という想いでした。

そうした切実な願いは、ほとんど叶わなかった形になります。

残念です。

条例骨子案も原案のまま、決定しました

議題2、学童クラブ条例の骨子案についても、原案どおりに決まりました。内容は下の通りです。

(仮称)放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例
  1. 条例の概要

    本条例は、放課後児童健全育成事業の適正な実施を確保するために、児童福祉法第34条の8の2第1項の規定に基づき、事業の設備・運営の基準を定めるために制定するものです。

    本市では、基本的には国が示す基準(放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準(平成26年厚生労働省令第63号))と同一の基準を条例に定めたうえで、以下の基準については、本市独自の基準を設けることとします。

    ●本条例において本市が独自に定める基準(経過措置)

    省令(国の基準)の内容本市が独自に定める内容
    なし現在運営されている放課後児童健全育成事業者については、当分の問、放課後児童健全育成事業所に必要な専用区画の面積基準への適合を猶予する。

    (考え方)
    現在運営されている放課後児童健全育成事業者は、新制度への移行後、「児童1人につきおおむね1.65㎡」という放課後児童健全育成事業所に必要な「専用区画」(遊び及び生活の場としての機能並びに静養するための機能を備えた区画)の面積基準を満たせないクラブが生じる可能性があります。

    そこで、新制度への円滑な移行を図るため、条例の施行の時点で運営している事業者については、面積基準への適合を当分の間猶予する経過措置を設けることとします。

  2. 施行期日

    平成27年4月1日(予定)

  3. 条例の見直し

    本条例は、その運用状況、実施効果等を勘案し、施行の日以後 5年以内に見直しを行うものとします。

新しい条例では、こども1人あたりの面積1.65㎡を最低基準とします。

けれども、いきなりすべての学童クラブがこども1人あたり1.65㎡の面積が必要だと定めると、これを守れない事業者も出ます。

そこで、経過措置として5年間の猶予(5年間は1.65㎡以下でもOKと認める)を『横須賀市独自の基準』として認めることとしました。

これが骨子案の内容です…。

条例の骨子案

条例の骨子案


もちろん、このあと9月議会で条例案の審議がなされます。

フジノとしては、こどもたちの暮らしがもっと根本的に守られるように全力を挙げて条例案の変更を求めていきます。

「船越学童保育の会」を見学しました/市内全ての「学童クラブ」を見学したい

「船越学童保育の会」を見学させてもらいました

本会議終了後、急いで市議会を出て京急田浦駅前に向かいました。

「船越学童保育の会」にて

「船越学童保育の会」にて


『船越学童保育の会』を見学させて頂く為です。

みんな超元気!

みんな超元気!


「今年は市内の学童クラブを全て見学したい」と決めてから、5月に訪れた『浦郷学童クラブ』に続いて、2カ所目となります。

こどもたちからヒアリング

こどもたちからヒアリングするフジノ


井坂しんや議員・大村洋子議員・ねぎしかずこ議員と一緒に、4名でお邪魔しました。

ものすごく古い建物に入っていました/こどもたちの暮らしを守る為に市の責任で移転を推進すべき

1985年にスタートした『船越学童保育の会』。

現在、京急田浦駅から徒歩1分のビルの中に入っています。

現在の「船越学童保育の会(第1・第2)」は京急田浦駅から徒歩1分のビルの中にあります

現在の「船越学童保育の会(第1・第2)」は京急田浦駅から徒歩1分のビルの中にあります


けれどもかつての『船越学童』はものすごい古い建物の中に入っていました。

田浦行政センターの分室や公民館としても使われていたそうです

田浦行政センターの分室や公民館としても使われていたそうです


大正5年の建築だそうです(大正15年との説もあり)。旧・田浦町役場の建物でした。

前回報告した『浦郷学童クラブ』も今年度に小学校の余裕教室に移転する前は、とても古い建物を借りて運営をしていました。

大村議員もこどもたちを笑顔で見守っています

大村議員もこどもたちを笑顔で見守っています


横須賀市は「こどもが主役のまち」を謳っていながら、市内の学童クラブの多くが全く不十分な環境に置かれたままです。

こどもたちの暮らしが守られるように、『学童クラブの移転』を市の責任で進めるべきだとフジノは考えています。

通うこどもたちが多くなった為に、学童クラブを分割しました

フジノたちが今回、視察先としてこちらを選んだのは理由があります。

すっかり父親の顔の井坂議員

すっかり父親の顔の井坂議員


学童クラブの『規模の適正化』の観点から国の要綱が改正されて、在籍者が71名以上の学童クラブへの補助金が打ち切られることになりました。

2010年度から3年間の経過措置が取られたのですが、これによって大規模学童クラブの分割が全国で進められました。

今日のおやつ

今日のおやつ


新しいマンションが建ったり、新興住宅地が開発された地域では、当然ながら学童クラブに通うこどもたちの数が急増します。

その為、横須賀市内でもそれまでの学童クラブを分割して、新たな学童クラブを立ち上げた地域がいくつもあります。

みんなおやつを美味しそうに食べています

みんなおやつを美味しそうに食べています


『船越学童保育の会』でも、今年度、新たに2つ目の学童クラブ(船越学童保育の会・第2)を立ちあげたのです。

4階

4階


同じ貸ビルの3階と4階の2つのフロアをそれぞれ別の学童クラブとして運営をしています。

学童クラブも横須賀市が「公的責任」で運営すべきだ

改めて、自分自身がその場に身を置いてこどもたちと一緒に過ごしてみて本当に良かったと思いました。

3階、4階、ともに元気いっぱいのたくさんのこどもたちで、すぐに汗だらけになってしまいました。

こどもたちが安心して暮らせる環境は、やはり小規模であるべきで、指導員の数もこどもたちの数に応じて増やすべきです。

「もっと学童保育に対して公的な責任に基づいた市の関与が必要不可欠だ」

というのがフジノの長年の主張です。

現在の横須賀市のような『民説民営』では明らかにムリがあります。

今日見学させていただいた『船越学童保育の会』は本当に頑張っている学童クラブです。

しかし、他の学童クラブでもここのように運営できる訳では全くありません。

一般論として「大規模だから分割しなければならない」としても、実際にはいくつもの問題があります。

  • その為の土地や建物も保護者たちが探さなければならない
  • 新しい土地や建物が見つかっても、全て契約や連帯保証人も保護者がならねばならない
  • 分割された新しい学童クラブの為の、指導員の求人も保護者が行なわねばならない
  • 会計・決算の手間が2倍に増えるが、それも全て保護者が行なわねばならない
  • 新たな学童クラブを立ち上げると手間は数倍に増えるが、運営の為の補助金は多くの場合、全く足りない
  • 新しいマンション建設や新興住宅地によってこどもの人数が増加して大規模学童クラブを分割しても、数年でこどもは減少する
  • 1度分割した学童クラブを統合することは分割以上に難しい

ちょっと考えるだけでも、問題はいくつもいくつも出てきます。

現在の『民殺民営』という運営形態は、こどもたちの暮らしに対する横須賀市の責任放棄だ、とフジノは考えています。

そうした状況は『子ども子育て支援新制度』の導入によって、国の姿勢として保育同様に学童保育も公的責任が明確に位置づけらて改善されるのではないか、とフジノは期待していました。

しかし、そうはなりませんでした。

ですから、改めて「横須賀市の学童クラブは横須賀市がしっかりと支えていく」と横須賀市自身が認識しなければなりません。

こうした基本的な在るべき姿を今後も市議会で強く訴えていくとともに、ぜひ一人でも多くの保護者の方々にも現状を理解して頂けるように情報を発信していきたいと思います。

本日は、『船越学童保育の会』のみなさま、見学を受け入れて下さってありがとうございました。

フジノはこれからも市内の学童クラブを全て見学したいと思っています。

見学OKという学童クラブは、どうかぜひご連絡ください。

よろしくお願いします!

浦郷学童クラブを見学しました/策定中の「学童保育条例」をこどもたちの未来を守るより良いものにする為に、市内全ての「学童クラブ」を見学したい

心身の疲れがひどいので、今日は取り急ぎ写真とひとことのみでごめんなさい。

明日改めてきちんと更新しますね。

浦郷学童クラブを見学させていただきました

今年は、市内外の『学童クラブ(学童保育)』を可能な限りたくさん見学しに行きたいとフジノは考えています。

いろいろなところにお声がけをして、見学のお願いをしています。

今日はその第1弾として、『浦郷学童クラブ』にお邪魔させていただきました。

こどもたちの素敵な笑顔をお見せできないのが残念!

こどもたちの素敵な笑顔をお見せできないのが残念!

横須賀市では、新たに『放課後児童クラブの設備及び運営に関する基準の条例』をつくります。

その為、現在は『児童福祉審議会放課後児童クラブ設備・運営基準検討部会』で検討を続けています。

保護者のみなさんとこどもたち。

保護者のみなさんとこどもたち。


どの写真もぼかし処理をしているので、こどもたちのすごく素敵な笑顔がお見せできないのがとても残念です。

今日はとても晴れていて気持ち良い1日だったのですが、そんな天気以上に晴れやかなこどもたちの笑顔と過ごせて楽しい半日を過ごすことができました。

ふだん学童クラブでこどもたちがしている遊びを保護者のみなさんも挑戦。

ふだん学童クラブでこどもたちがしている遊びを保護者のみなさんも挑戦。


『浦郷学童クラブ』のこどもたち・保護者のみなさん・指導員の方々、見学の受入をありがとうございました。大切な保護者会の機会に申し訳ございませんでした。

でも、またぜひお邪魔させてください。

今日はありがとうございました!

後日追記:この見学をもとに一般質問を行ないました

この日に浦郷学童クラブを見学をさせていただいたおかげで、ここで見て聴いて感じたことをもとに考えて、市議会で質疑を行ないました。

2014年6月議会でフジノは

『横須賀市が今後「学童クラブ」を学校校舎内に移転する方針ならば、必ず最低限の施設整備は責任をもって行なうべきだ』

という趣旨の一般質問を行ないました。

久しぶりに「こども家庭福祉」に専念できた1日でした

駆けずり回った1日でした

今日は、朝から夜まで『こども家庭福祉』に関わる分野の仕事で駆けずり回った1日でした。

まず、霞ヶ関の厚生労働省へ向かいました。

会場の厚生労働省の第23専用会議室前に立つフジノ

厚生労働省第23専用会議室前に立つフジノ(朝10時)


子宮頸がん予防ワクチン等の副反応を検討する厚生科学審議会の『副反応検討部会』の傍聴です。

ついに日本版ACIPを目指した取り組みの第1回が開催されました。

ついに日本版ACIPを目指した取り組みの第1回が開催されました。


ワクチン接種の中止を訴える方々で傍聴席は埋まり、会議の間にもヤジが起こるなど、大荒れでした。

審議会委員につめよる傍聴者を撮影しようとメディアが一斉に押し寄せました

審議会委員につめよる傍聴者を撮影しようとメディアが一斉に押し寄せました


フジノは子宮頸がん予防ワクチン接種をすすめてきた立場です。

けれども、被害者救済こそ迅速に取り組むべきだと訴えてきました。

重篤な症状に苦しむおこさんを持つ方々の必死の訴えに、とてもこころが痛みました。

横須賀へとんぼ返り

時間が無かったので、厚生労働省の地下の食堂でカレーをかきこみました。

地下1階にある職員食堂のカツカレー580円です

地下1階にある職員食堂のカツカレー580円です


10分で食べて、横須賀へとんぼ返り。すぐに市役所へ向かいました。

福祉部にて、障害福祉課長から『放課後等デイサービス』の市内の状況や課題についてヒアリング・意見交換をしました。

ひとことで言うと、障がいのあるこどもたちの学童保育です

ひとことで言うと、障がいのあるこどもたちの学童保育です


先日『海風学園』を訪れた時に、6月から新たにスタートする『コッコロ』のことを書きました。

こうした取り組みのことを『放課後等デイサービス』と呼んでいます。

現在、横須賀市内に『放課後等デイサービス』は8ヶ所あります。

横須賀市内には8ヶ所の放課後等デイサービスがあります

横須賀市内には8ヶ所の放課後等デイサービスがあります


ただ、中学生まで対応できるのは6ヶ所です。

これに6月から馬堀海岸駅前に『コッコロ』がスタートして、ようやく7カ所目となります。

障がいのあるこどもたちの数からすれば、圧倒的に少ないのが現実です。

もっと政治家としてフジノができることは無いのか、改めて考えていきたいです。

児童福祉審議会へ

またもや予定の時間を超えてしまい、ダッシュして『はぐくみかん』へ向かいました。

3時間睡眠で厚生労働省→横須賀にとんぼ返り→障がい福祉課→児童福祉審議会に駆けつけました!

3時間睡眠で厚生労働省→横須賀にとんぼ返り→障がい福祉課→児童福祉審議会に駆けつけました!


今年、新たに重要な取り組みがスタートする『児童福祉審議会』を傍聴しました。

重要な取り組みとは、再来年から始まる見込みが高まってきた『子ども子育て支援新制度』のことです。

財源を消費税の増税が実施されることが前提としている為、まだ完全には断言できないのですが、再来年2015年4月スタートがほぼ確実視されています。

わずか約2年間で、ニーズ調査・計画づくり・基準策定などあらゆる作業を行なわなければならないハードスケジュールです。

しかも、子どもたちの教育・保育というものすごく大切な仕組みづくりです。

児童福祉審議会の配布資料11。ついに横須賀市版こども子育て会議がスタートします

児童福祉審議会の配布資料11。ついに横須賀市版こども子育て会議がスタートします


児童福祉審議会が終わると、こども健康課長、こども育成部長とフジノは1時間ほど意見交換をしました。

今年は「こども家庭福祉」にとって特に重要な年です

ようやく夜になって、自殺対策のご相談をうかがったり、在宅療養・地域包括ケアに関する文献を調べたり、というふだんの仕事パターンに戻りました。

ふりかえってみると、1日の大半を『こども家庭福祉』に費やすことができたのは、とても久しぶり。

今年は『こども家庭福祉』の分野で大きな動きがあります。

本格的な計画づくりがスタートします

本格的な計画づくりがスタートします


こどもたちをより良い形で守り育んでいく為には、市町村がしっかりと新たな施策の変化に対応していかなければなりません。

フジノ自身も、もっともっと現場に入っていかねばならないし、もっと政策に詳しくならなければならないと感じています。

社会保障・社会福祉のあらゆる分野に課題が山積みなので、取り組まなければならないことはいくらでもあるのに体はひとつしかないので、うまく時間を配分して、あらゆる課題に全方位で対応できるようになりたいです。

がんばります!