偏見が強い日本は顔出しNGだった時代もありました。でも月刊誌「こころの元気+」の表紙モデルはみんな公募してくれた当事者です。大人気の「こころの元気+」表紙展、今年も開催です!/「リカバリー全国フォーラム2016」1日目(その3)

前の記事から続いています)

2階では「こころの元気+」表紙写真展が開かれます!

2階ホールに向かいました。

2階では「こころの元気プラス」表紙写真展開催中です

2階では「こころの元気プラス」表紙写真展開催中です


大好評のメンタルヘルスマガジン『こころの元気+』表紙展を今年も開催します(昨年の様子はこちら)。

メンタルヘルスマガジン「こころの元気+」

メンタルヘルスマガジン「こころの元気+」


メンタルヘルスマガジン『こころの元気+』とは、『NPO法人地域精神保健福祉(コンボ)』の会員のみなさまに毎月届けられている月刊誌です。

来年で創刊10周年を迎えます!

内容も表紙もあまりにも充実しているので、『全国約1万人の会員向け』という存在を超えて、何度も新聞やテレビで取り上げられるようになりました。




上の動画はNHKの特集番組です。

「表紙写真展」←素敵なデザイン!

「表紙写真展」←素敵なデザイン!


『「こころの元気+」表紙展』もとても人気なので、全国のいろいろなイベントや学会の場で開催されるようになりました。



表紙モデルは公募、みなさん精神疾患・精神障がいのある当事者です

何故『表紙』がそんなに好評なのでしょうか?

ふつうの雑誌で、表紙がこんなにクローズアップされることってあまり無いですよね。

1年待ち。

1年待ち。


実は、表紙モデルはプロではなく、全て一般の方から公募されています。

「こころの元気+」2011年1月号の表紙

「こころの元気+」2011年1月号の表紙


全ての方が『ピア』(当事者)、つまり精神疾患・精神障がいと同居しながら生活しているみなさまです。

かつて日本では精神疾患・精神障がいのある人は偏見・差別・スティグマの対象でしたから、「顔をだすなんてNG」という方もたくさんおられました。もしかしたら今でもそうかもしれません。

けれども『こころの元気+』では、9年前の創刊号からずっと表紙モデルは当事者の方々に出演していただいています。

表紙は全員読者モデル。全国からの応募が多数のため、採用されるまでに1年かかります。

表紙は全員読者モデル。全国からの応募が多数のため、採用されるまでに1年かかります。


表紙モデルは公募をしているのですが、今では応募して下さる方がとても多く、表紙モデルになるのは『早くても1年待ち』というとてもありがたい状況です。

精神疾患・精神障がいのある人々はかつて隠される対象だった現実を、月刊誌『こころの元気+』は変えてきたといっても過言では無いと思います。素晴らしい雑誌ですね〜。

撮影には1人1人ドラマがあります。

撮影には1人1人ドラマがあります。


撮影には、本当におひとりおひとりにドラマがあります。

以前にもご紹介しましたが、撮影風景の動画があります。

プロの写真家、プロのメイクさん、そして表紙モデルの方との撮影セッションの様子は、観ていてワクワクしますね。

「表紙モデルになりたい」という多くの方のご要望にお応えしたくて、6年前の『リカバリー全国フォーラム2010』では表紙モデル体験コーナーを設置したこともありました。

実際の撮影スタジオの様子を再現して、そこで撮影して、表紙をプリントアウトしてもらえるというコーナーです(大人気でした!)

実は、空き時間にフジノも撮影してもらいました。嬉しかった!

6年前、表紙モデルになったフジノ

6年前、表紙モデルになったフジノ


表紙モデルになりたい方はぜひ『こころの元気+』に応募して下さいね!



編集長の丹羽大輔さん、フジノの大恩人です

月刊誌『こころの元気+』の編集長は、丹羽大輔さんです!

編集長の丹羽大輔さん!フジノにとって大恩人です

編集長の丹羽大輔さん!フジノにとって大恩人です


10代だったフジノは悩み苦しんでいました。

丹羽さんに出会って、存在に本当に助けていただきました。大恩人です。

「精神疾患・精神障がいを持ちつつ、結婚・出産しているご夫婦は全国にたくさんいるよ」

というひとことに、フジノは前を向いて歩いていこうと思うことができました。

あれから20年以上経ちますが、丹羽さんのスタンスは本当に変わらないなあと感じます。

例えば、『表紙展』のパネルに記されたフレーズのひとつひとつも丹羽さんが考えておられるのですが、素敵です。

IllnessとWellness

IllnessとWellness


英語で『病気』と『健康』を意味する、『Illness』と『Wellness』。

この『違い』って何だと思いますか?

ある日、丹羽さんは気がついたそうです。

「病気は『I』で、健康や元気は『We』なんだ!」

そうなんです、まさに『リカバリー全国フォーラム』や『コンボ』が目指している「当事者みんな(We)で元気になっていこう!」という想いと同じじゃないか、と。

この2つの違いは丹羽編集長が気づいて書いたフレーズです。←大好きです

この2つの違いは丹羽編集長が気づいて書いたフレーズです。←大好きです


ひとりじゃないよ、みんなで元気になれるよ、という想いを『コンボ』も僕もみんなが持っています。

そんな想いを『こころの元気+』は毎月お届けしています。



「こころの元気+」は執筆陣もウリなんです

『こころの元気+』にはもうひとつ大きなウリがあります。

私も応援。

私も応援。


それは、紙面の半分以上を執筆しているのがコンボライターのみなさんなのです。

コンボライターとは、表紙モデルと同じく全国の当事者(ピア)のみなさんに応募していただいて、記事を書いていただいています。

フジノはマンガが大好きなのですが、実は『こころの元気+』に掲載されているマンガもピアのみなさんに描いていただいています。

どの記事もどのマンガも、とっても大好きです。

「こころの元気+」の執筆陣、すごいメンバーです

「こころの元気+」の執筆陣、すごいメンバーです


さらに、専門家の方々にも執筆していただいています。このメンバーもすごい人ばかりなんですよー。



ぜひ実物を手にとってご覧になって下さいね。そして会員になって購読してください!

そんな月刊誌『こころの元気+』を『表紙展コーナー』では実物を販売もしております。

「こころの元気+」実物も販売しています

「こころの元気+」実物も販売しています


全国のみなさまにもぜひご覧頂きたいです。

申し込みはコンボのホームページからもできるようになっています(こちらをご覧ください)。

見本をPDFファイルで読めるコーナーもあります。ぜひご覧下さいね!

表紙に囲まれるフジノ

表紙に囲まれるフジノ


今年もたくさんの方々に『表紙展』を観ていただけるのが楽しみです!

(次の記事に続きます)



吉田市長は改革なんてしていない/ハコモノ3兄弟の長男・横須賀芸術劇場の「赤字」

不公平な税金の使われ方に怒りを覚えた予算

予算議会が終わりました。

吉田市長による税金の不公平な使い方に対して、フジノは強い怒りを感じ続けた1ヶ月間でした。

その予算の中身を、少しずつ市民のみなさまに紹介していきたいと思います。

吉田市長の「ハコモノ改革」は失敗そのもの

フジノがこのまちの『負の遺産』として、『ハコモノ3兄弟』と名づけた3つの施設があります。

横須賀芸術劇場、横須賀美術館、長井海の手公園ソレイユの丘の3つです。

吉田市長はハコモノ改革を訴えて市長に当選しましたが、この5年間、抜本的な『改革』とは程遠い小手先の『改善』に終始しています。

まずはこのハコモノの現実をみなさまにお伝えしていきたいと思います。

公募はアリバイづくり、外郭団体がまた選ばれただけ

2010年予算議会の本会議でのフジノの一般質問において、「横須賀芸術劇場は次期指定管理者を公募で行なう」と述べました。

フジノはこの答弁に対して「問題を抜本的に見直すことにはなっていない」と厳しく追及しました。

当時、この質疑をタウンニュース紙が報じてくれました。

2010年3月12日号タウンニュース紙より

2010年3月12日号タウンニュース紙より


そして2012年10月、実際に『公募』は行なったものの、素晴らしいプレゼンテーションを行ない審査委員を魅了した民間事業者は選ばれませんでした。

再び選ばれたのは、従来通りの市の外郭団体でした。

指定管理料カットも答弁どおりにできず

この『茶番劇』の後、それでも改革の為にフジノは追及を続けてきました。

2012年12月議会の本会議における一般質問でフジノは、こう問いました。

2012年12月議会・本会議
question(フジノ)
平成22年第1回定例会での僕の質問に対して、市長は、公募による指定管理料の削減額は年間約3,600万円という試算を示しました。

そこで伺います。

【質問】
今回提出された収支計画書・事業計画書では、候補者に選ばれた市の外郭団体は年間いくら指定管理料を削減できるのでしょうか

answer(政策推進部長)
次に、候補者に選ばれた市の外郭団体の収支計画書、事業計画書での削減できる指定管理料の見込みについて御質問をいただきました。

今回、選考委員会が選考いたしました横須賀芸術文化財団の単年度の指定管理料提案額は3億8,800万円であります。現行の指定管理料からは約3,200万円の削減ができる見込みでございます。

しかし、この答弁も真っ赤なウソでした。

2013年度当初予算説明資料・政策推進部より

2013年度当初予算説明資料・政策推進部より


2013年度の指定管理料は4億2004万円です。

2014年度当初予算説明資料・政策推進部より

2014年度当初予算説明資料・政策推進部より


2014年度の指定管理料は3億9909万円です。

4億2004万円-3億9909万円=2095万円

2095万円しかカットできませんでした。

答弁の「年間約3200万円削減できる」という試算でも『小手先の改善』に過ぎません。

しかし、その答弁さえウソで、3200万円のカットは実現できませんでした。

つまり、吉田市長による芸術劇場の『改革』などは、存在していないのです。

指定管理者を公募したというアリバイづくりと、その結果として1000万円ほどの『改善』があっただけです。

フジノはこういう吉田市長のニセモノの改革が大嫌いです。

横須賀芸術劇場の「管理・運営費用の赤字」

ハコモノが持つ問題は、大きく2つに分けられます。

第1に『建設費用の借金』です。

第2に『管理・運営費用』です。

建物も内装も時が経つにつれて古くなります。修理費用も必要になりますし、使用している設備も更新していかなければならないので、ずっと多額の税金が出ていくことになります。

それが『管理・運営費用』です。

2014年度予算における横須賀芸術劇場の支出は合計6億6231万円です。

内訳は、下の通りです。

1.管理事業費
指定管理料3億9909万円
ベイスクエアよこすか一番館共用部分負担金1億3613万円
舞台用備品購入費310万円
建物総合損害共済基金分担金60万円
修繕料300万円
合計5億4191万円

1ですが、芸術劇場は市の外郭団体に運営を委託しており、指定管理料(=委託金のことです)を支払っています。

2.設備更新事業
舞台機構設備6280万円
舞台音響設備547万円
建物設備5212万円
合計1億2040万円

4の建物整備に対して、県から750万円の補助金が出ました(県からの補助金も、もともとはみなさまの税金です)。残りは、横須賀市が新たに1億770万円の借金をしました。

かたや、市への収入はゼロです。

つまり

収入0円-支出6億6231万円=赤字6億6231万円

となります。

この財政危機の横須賀において、ムダ使いは全て無くすべきです。

低所得世帯のこどもたちが安心して学校に行かれる補助も十分に出さない横須賀です。

それなのに今、こんなにも税金を使ってまで芸術劇場が必要でしょうか?

もっとこどもたちの暮らしを守る為に税金は使うべきです!

発言通告書(その3)芸術劇場の指定管理者の公募結果について

3.横須賀芸術劇場の指定管理者の選考結果と今後の改革について

多額の借金をして建設し、運営費用も赤字を垂れ流している「ハコモノ3兄弟」の改革について市長と議論を重ねてきたが、平成21年9月議会で吉田市長は、横須賀芸術劇場の改革として指定管理者を指名ではなく公募に切り替えることを明言した。

公募により、競争性を確保し、さらなる経費の削減とサービスの向上を目指す、とした。

この方針に基づいて条例改正を行ない、「芸術劇場等指定管理者選考委員会」が設置され、7月には公募を実施した。11月12日には3度目の選考委員会が開かれ、選考の結果、現行のままの市の外郭団体が指定管理者候補者に選ばれた。

これに対して以下の5点を問う。

(1)選考結果を市長はどう受け止めているか

公募に応じた2つの民間事業者は、JTB、キョードー東京といった知名度も実績もスケールメリットもある企業を筆頭とする複数の企業による共同事業体であった。

公開プレゼンテーションにおいてその提案を聞いたが、高い収益性と経費削減の効果と共に文化振興が十分に見込めるものであった。

にも関わらず、従来の提案の域を出ない市の外郭団体が選ばれた結果は、極めて残念で、市長の芸術劇場改革は失敗に終わったと感じた。

市長はこの選考結果をどのように受け止めているか。

(2)評価採点の結果、民間事業者が市の外郭団体よりも200点・400点も下回った理由は何故か

2700点満点中、市の外郭団体が2013点、キョードー東京共同事業体が1888点、JTBC・ハリマ・シグマ共同事業体が1671点と大きな点差がついた。委員会のこの採点に率直に強い疑問を感じている。

選考委員会の発表によれば、選考基準4(財務内容・人員確保・人的措置・管理経費の設定・収支計画・管理実績)と選考基準5(普及事業計画・育成事業計画・事業実績報告書・サービス提供・舞台運営)の2項目でかなり低い評価となっているが、公開プレゼンテーションを聞いた限りではそこまで点差が付く内容ではなかった。

また、選考基準3(管理経費の削減)で最も低い指定管理料を提案したにも関わらず、民間事業者はわずか5点しか市の外郭団体を上回らなかった。

これほど大きな差がついた具体的な理由はどこにあるのか。可能な限り詳細に説明していただきたい。

(3)駐車場管理(ベイスクエア・パーキング)の記述の必要性が十分に理解されなかった理由は何か

民間2事業者ともに申請書類において駐車場管理(ベイスクエア・パーキング)についての記述が無かった、と選考委員会で指摘があった。

2事業者ともに駐車場管理のノウハウを持つ企業と共同事業体を組んでおり、口頭での質疑ではしっかりと回答していた。また、1社ならばともかく2社とも記述ミスをするとは考えられない。

駐車場管理の記述の必要性が十分に理解されなかったのは何故か。募集要項や説明会での本市の説明に不備があったのではないか。

(4)今回候補者に選ばれた市の外郭団体が提出した収支計画書・事業計画書では、削減できる指定管理料はいくらになる見込みか

平成22年第1回定例会での私の質問に対して、市長は、公募による指定管理料の削減額は年間約3,600万円という試算を示した。

今回候補者に選ばれた市の外郭団体が提出した収支計画書・事業計画書では、削減できる指定管理料は年間いくらになる見込みなのか。

(5)吉田市長による芸術劇場の改革は指定管理者の公募以外にあるのか

今回の候補者が指定されると、開館から合計26年間にわたって同一の事業者が横須賀芸術劇場の運営管理にあたることになる。

これでサービス向上やさらなる経費削減が実現するとは考え難い。

さらなる改革に取り組む必要があると私は考える。吉田市長による芸術劇場の改革は、指定管理者の公募以外にあるのか。

ハコモノ3兄弟の長男「芸術劇場」/建設費の借金は120億円、1年間の赤字は7億円

ハコモノ3兄弟の長男「横須賀芸術劇場」

横須賀市議会では決算審議が行われていますが、市民のみなさまに知っておいて頂きたいデータを紹介します。

フジノがこのまちの『負の遺産』として『ハコモノ3兄弟』と名付けている3施設が、横須賀市の財政へ与えているダメージを見ていきましょう。

横須賀芸術劇場

横須賀芸術劇場


今日はまず、『横須賀芸術劇場』についてです。



建設時の借金は今も120億円残っています

1994年にオープンした『芸術劇場』ですが、今も横須賀市の財政に深く大きな傷を残しています。

決算常任委員会・財政部の資料より

決算常任委員会・財政部の資料より


2011年度末の『芸術劇場』部分についての、借金の残高は、120億565万2638円です。

同じく『芸術劇場』と一体となっている建物に『産業交流プラザ』がありますが、こちらの借金の残高は5億5864万8000円です。

借金を返し終わるまでには、まだかなりの時間がかかります。

このハコモノ建設による借金と利息の支払いにあてねばならない税金を、もっと別の使いみちにあてられれば、と悔やまれてなりません。



1年間の赤字は7億円にのぼります

続いて、平成23年度1年間の赤字額を見てみましょう。

支出の内容ごとに説明します。

まず、運営管理にかかった費用です。

1.芸術劇場管理事業:5億5196万6812円

内訳
(1)指定管理料 4億2004万円
(2)ベイスクエアよこすか一番館共用部分負担金 1億2798万1410円
(3)建物総合損害共済基金分担金 84万6320円
(4)舞台用備品購入費 309万9082円

決算説明資料より

決算説明資料より


(1)ですが、『芸術劇場』の運営は市の外郭団体(『公益財団法人横須賀芸術文化財団』)に委託していて、指定管理料(委託金)を支払っています。

続いて、設備のメンテナンスにかかった費用です。

2.芸術劇場劇場設備更新事業:1億6366万5600円

内訳
(1)舞台機構設備 1億1433万4500円
(2)舞台照明設備 4933万1100万円

決算説明資料より

決算説明資料より


この設備更新の費用に充てる為に、横須賀市は新たに1億4100万円の借金をしました。

神奈川県から900万円の補助金が出されましたので、この900万円を除いた横須賀市の費用は1億5466万5600円となります。

ということで、1+2=平成23年度の芸術劇場にかかった費用は、7億663万2412円でした。

かたや収入はゼロですからつまり、7億663万2412円の赤字です!

東日本大震災があった2011年度の決算なので、興行を行なうのはかなり難しい1年間ではありました。

けれども、『芸術劇場』については震災があっても無くても利用状況もほとんど変わりはありません。

2009年度の決算委員会の資料より

2009年度の決算委員会の資料より


上が2009年度、下が2011年度です。

慢性的に70%前後で推移しているような状況です。

2011年度の決算委員会の資料より

2011年度の決算委員会の資料より





市長は「指定管理者」を「公募」するという改革案

このハコモノ3兄弟の長男『芸術劇場』の改革の為に、吉田市長は新たに指定管理者(委託先)公募することにしています。

現在は、複数の企業による競争などは無く、市が『指名』した『市の外郭団体』に運営させています。

この契約期間が終わったら次回からは「指名」では無くて「公募する」というもの。

ただ、それはまだ先の話で2014年にようやく行われます。まだまだ財政健全化への道のりはとても遠いのが実態です。

120億円の借金が残っていて、さらに毎年7億円の赤字を出し続けている芸術劇場。

穴埋めには、あなたの税金が使われています。この現実を、あなたはどうお考えになりますか?