選挙チラシをご紹介します!白黒で文字ばかりですが魂を込めて8ページ書きました/横須賀市議会選挙2019・2日目

今回の選挙からチラシを配れるようになりました

これまでは市議会議員選挙の期間中にチラシを配ることはできませんでしたが、法律が改正されました。

今回から初めてチラシを1人4000枚まで作って配ることができるようになりました。

配り方は大きく下の3つだけ認められています。

  1. 候補者と一緒に配ることができる
  2. 事務所または個人演説会場で配ることができる
  3. 新聞折り込みをすることができる

フジノの事務所には人が誰もいませんし、個人演説会も開きません。

また、新聞折り込みをするようなお金もありません。

その為、フジノが1枚ずつみなさまにじかに手渡しさせていただいております。

もしもどこかでフジノと出会ったらぜひチラシをお受け取りいただけたらとても嬉しいです。



チラシをご紹介します

選挙管理委員会に正式に問い合わせたのですが、チラシの中身をブログに画像でのせてもOKとの回答をいただきました。

ただ、ブログにのっている画像を印刷して配ることは公職選挙法違反ですので、印刷や配布はしないで下さいね。

1人4000枚まで作れるとはいえ、フジノひとりきりで7日間で4000枚も配ることは不可能です。

そこで、2種類(各2000枚)を作って1セットにしようと決めました。つまり、合計8ページのチラシを2000セット作りました。

他の候補者のチラシをみるとカラーで写真やデザインがきれいで見やすくて、きっとプロに依頼したのかもしれません。

一方フジノのチラシは白黒で文字がびっしりです。ふだん作っているチラシと同じで、パワーポイントで全て自分自身で書きました。

実際にチラシを受け取って下さった市民の方から

「安っぽい」

「文字ばかりで読みづらい」

とのご意見も頂きました。

でも、フジノの魂を込めて書きました。

だから単なるチラシではなく『フジノの魂の分身』をお配りしているつもりです。

言葉のあやではなくて何十回も書き直しました。このチラシには今のフジノの全身全霊をぶつけました。

画像ではとても小さくて読めないので、PDFファイルを掲載します。こちらをクリックして下さいね。

藤野英明の選挙チラシ1ページ目


藤野英明の選挙チラシ2ページ目


藤野英明の選挙チラシ3ページ目


藤野英明の選挙チラシ4ページ目


書きたいことはもっとありました。

例えば、フジノの実績は何ページあっても書ききれません。だから作成にあたってはめちゃくちゃ削りました。

これから実現していく政策もこれっぽっちではありません。

専門用語のご説明もしたかったのですが、スペースがA4では全く書ききれませんでした。

それでもフジノの16年間の取り組みとこれからの取り組みを一生懸命記しました。



候補者はチラシ作成費を税金から補助が受けられますが、フジノは自費で作りました

ところでこの選挙チラシですが、なんと候補者は税金で補助がもらえます。

つまり、自腹を切らずに作ることができてしまうのです。

このような選挙費用を市民の税金で肩代わりする仕組みのことを『公費負担』といいます。

2017年9月議会にフジノは新たに条例を改正してチラシの公費負担を導入する議案が出た時に、横須賀市議会議員41人のうち、ただひとりだけ反対しました。

はっきり言って、税金のムダづかいです。

何故、候補者がチラシを作るのに市民の税金が使われねばならないのでしょうか。

絶対におかしいです。

ただひとり反対したフジノは、もちろん今回のチラシを全て自費で作りました。



横須賀市議会議員選挙中にチラシ配布が解禁されますがこのチラシ作成費用を「税金」で肩代わりするおかしな議案に反対し、反対討論をしました/2017年9月議会

9月議会の前半が終わり、本会議で採決が行なわれました

今日は本会議が開かれました。

9月議会の前半が終わり、委員会での議論の結果をもとに、本会議では議案の採決(多数決のことです)を行ないました。

議案への賛否表

議案への賛否表


フジノは、上の表のとおり、2つの議案に対して反対をしました。



なぜ選挙チラシの作成費用を税金で肩代わりしなければならないのか

特にフジノが反対した議案のうち、どうしても納得ができない議案に対しては『反対討論』に立ちました。

これまで市議会議員選挙の最中にはチラシを配ることができませんでした。

そこで条例を改正して、チラシの配布(1人あたり4000枚)を解禁するというものです。

政策本位の選挙を進める為に、ただうるさいだけの選挙カーよりもチラシを配れるようにすることは大きな意味があると思います。

しかし、改正はもう1つあります。

なんと、その選挙チラシの作成費用を税金で肩代わりするというものです。これを『公費負担』といいます。

2017年9月15日・総務常任委員会説明資料より

2017年9月15日・総務常任委員会説明資料より


すでに『公費負担』はいくつも存在していて、選挙にかかる費用の多くの部分がすでに税金から支払われています。

まず、選挙カー。

あなたは選挙カーに税金から補助が出ているのを知っていましたか?

フジノはこの公費負担がおかしいと考えているので、過去4回の選挙で1度も選挙カーを出したことがありません。

他にも、候補者たちは選挙ハガキ(2000枚)を無料で送ることができます。もちろん無料なんて存在しませんので、実際は税金から支払われています。

2013年からインターネット選挙が解禁されて、自費でブログやHPを公開し、ハガキのような小さなスペースではなくいくらでも情報発信ができるようになりました。

そこでフジノは4回目の選挙からは、ハガキの利用をやめました。

ブログやHPがあれば、ハガキよりも多くの情報発信が可能にすでになっているからです。

フジノには、選挙に対して税金から肩代わりをするという理由が全く理解できません。

もちろん、選挙管理委員会のみなさんの人件費や選挙啓発費用は『民主主義のコスト』として絶対に必要なものです。

けれども、候補者となった人間は、選挙カーや選挙ハガキや選挙チラシは自分のお金で費用を工面すべきだとフジノは考えています。

反対討論に立つ藤野英明

反対討論に立つ藤野英明


そこで今回の選挙チラシの配布解禁と作成費用を市民の税金で負担するという条例改正に対して、反対し、討論を行ないました。

討論の全文はこちらです。

採決の結果、反対はフジノひとりだけでした。

残りの議員のみなさんは全員が賛成、選挙チラシの作成費用を税金で支払うことに賛成とのことでした。

今、上地市長のもとで積極投資へと大きく舵が切られて、小児医療費無償化の中3までの拡大(所得制限も撤廃)、幼児教育・保育の段階的無償化、保育園の給食の主食の提供など、様々な福祉施策へと財源が必要になります。

そこで上地市長は自ら退職金を廃止する条例を出して、市長・副市長の退職金を廃止して、これからの財源確保への覚悟を示しました。

市長側が覚悟を示したのですから、議会側も覚悟を示すべきだとフジノは感じています。

それがこのような条例改正が可決されてしまったのは、本当に残念でなりません。



明日からは「決算審査」スタートです

こうして9月議会の前半が終わりました。

前半は『補正予算』『条例改正』がメインでしたが、後半はついに『決算審査』です。

タイトなスケジュールで膨大な量の決算資料を読み解いていかねばならず、質問づくりはかなりハードになります。

それでも昨年フジノは、決算審査を通して病院事業会計のおかしな支出(12億円)を新年度から廃止することができました。

決算審査は本当に大切なものです。

明日からも全力でがんばっていきます!



「小児医療費の無償化を中3まで拡大、所得制限も撤廃」が実質的に成立へ/予算決算常任委員会・全体会

上地市長の重要な選挙公約「小児医療費の無償化を中3まで拡大」が実質的に可決されました

今日は、『予算決算常任委員会・全体会』が開かれました。

予算決算常任委員会・全体会を前に

予算決算常任委員会・全体会を前に


予算が関わる議案について、採決(賛否を示すこと)が行なわれました。

その結果、上地市長の選挙公約である

『小児医療費の無償化を中学校3年生まで拡大する。所得制限も撤廃する』

が賛成多数で可決されました。

予算決算常任委員会・全体会での議案の賛否

予算決算常任委員会・全体会での議案の賛否


予算決算常任委員会・全体会で可決された議案はその後の本会議でもほぼ可決されており、この議案も反対は1名のみ(無会派)だったことから、実質的に可決されたことになります。

来年4月から、小児医療費無償化がついに中3まで拡大します。

委員会での説明資料より

委員会での説明資料より


新たな医療証を来年2018年3月中にみなさまに郵送いたします。

委員会での説明資料より

委員会での説明資料より


これは本当に素晴らしいことです。

本来ならば、こどもの医療費の無償化は『ナショナルミニマム』(国家が国民に提供する必要最低限の生活水準のこと)として国全体で行なうべき政策です。

しかし、国が動かない以上、上地市長が本市独自の政策として決断しました。

7月10日の就任からわずか2か月で、選挙公約の重要部分が次々と実現していることを誇りに感じます。

「誰も一人にさせないまち」を最終目標に『横須賀復活』に向けて進んでいく、新しい横須賀をフジノは日々実感しています。