神奈川新聞の県議選の記事は分かりやすい!/県議選、走りだす7候補

さすが地元紙・神奈川新聞の記事は分かりやすい!

けさの神奈川新聞では、横須賀選挙区の7候補について紹介する記事が大きく掲載されていました。

他社は、県議選があることを紹介するだけで終わってしまっているのが残念です。

そんな中、さすが地元紙。

『政策』や『支援団体』(バックについているのが誰なのか)分かりやすいです。

2015年4月4日・神奈川新聞より

2015年4月4日・神奈川新聞より


全文を引用させていただきます。

走りだす7候補 県議選・横須賀市選挙区
重点政策や思い訴え

3日に告示された県議選の横須賀市選挙区(定数5)には、現職5人と新人2人の計7人が立候補した。

顔ぶれは、自民党現職の牧島功、竹内英明、民主党現職の大村博信、共産党新人の井坂新哉、維新の党現職の安川有里、公明党現職の亀井貴嗣、ネット新人の瀧川君枝の7氏。

想定通りの面々だが、現職が全員出馬し、新人も政治家としての実績があるため、激しい選挙戦となりそうだ。7氏は届け出後の第一声などで地域への思いやそれぞれの重点政策を訴え、9日間の選挙戦に走りだした。

自民の牧島氏は同市大津町の神社で必勝の祈願をした後、支持者に向け、「(同市議時代を含め)この40年間、皆さんの支えをいただきながら歩み続けた。自らもさらに進化させたい」とあいさつ。

人口減など地元が抱えている問題に触れ、「低迷を続ける横須賀・三浦半島のため、神奈川のアイデンティティーを高めるよう、懸命に戦っていきたい」と訴えた。

自民の竹内氏は同市安浦町の神社で「待っていても横須賀はよくならない。議員がスクラムを組んで覚悟を持ち、声を届けなければ再生はない」と第一声。

続けて、「横須賀の現状がとてもさみしい。もう一度、昔の横須賀に戻りたい。そんな思いで必死に訴えていく」と力を込めた。支持者が人力で選挙カーを押す竹内陣営伝統の「押し上げ」を受け、市内各地に繰り出していった。

民主の大村氏は同市追浜町で第一声を発し、県経済の活性化、人口減対策、高齢化が進む横須賀への対応、防災への取り組みといった政策を訴えた。

横須賀への対策では「安心して仕事をしながら子どもを育てられる環境をつくり、健康長寿でいられる社会を構築していきたい」と強調。「横須賀を全国で一番住みやすい町にするために戦っていく」と誓い、選挙カーに乗り込んだ。

共産の井坂氏は横須賀中央駅近くで、「立候補により(市議会の)議員バッジを外した。もう後戻りはできない」と決意を込めた。

障害者福祉の充実などを訴え、集団的自衛権行使を踏まえた関連法案成立に向けた議論については、「自衛隊が海外で戦争する国にしてはいけない。安倍政権にきっぱりノーと言う声を、地方自治体からも上げるべきだ」と争点に位置付ける姿勢を鮮明にした。

維新の安川氏は久里浜で第一声を行った後、選挙カーで各地に繰り出した。

横須賀中央駅近くでは、「今回の候補の中で唯一、2年前の市長選で吉田雄人さんを応援した。唯一の吉田派の候補として知っていただきたい」とアピール。

政策面では「幼い子どもと経験を積んだ高齢者が同じ場所でケアしてもらう幼老統合ケアをやっていきたい」と、少子高齢化対策などの訴えに力を入れた。

公明の亀井氏は横須賀中央駅近くで支持者らを前に、「地方創生をどの政党、どの候補に任せたらよいのかを決める選挙」とし、「一人一人の生活の向上に焦点を合わせ現場主義を貫く。公明は国県市のネットワークの政党だ」と強調した。

さらに、さがみロボット産業特区と横須賀リサーチパークの連携、がん治療や災害時の支援受け入れ態勢の向上も訴えた。

ネットの瀧川氏は横須賀中央駅前で子育て施策を中心に語り、「横須賀市のお母さんたちを応援する制度を、たくさんつくりたい」などと、通行人らに呼び掛けた。

さらに、傾斜地が多い地形に配慮をした開発、基地県としての平和問題、ごみ焼却場建設などの環境問題を挙げ、「地域政党だからこそ、地域の課題に向き合っていきたい」と締めくくった。

引用は以上です。



あなたがあなたの想いに素直に生きて自ら選びとることが民主主義です

フジノは、県議会議員選挙で井坂しんや候補を応援しています。

しかし、これはあくまでもフジノの政治家としての政策の一致からです。

フジノとあなたは別々の人間です。

だから、あなたが別の候補者を選んでも。フジノはそれを全く何とも感じません。

でも、1つだけお願いがあるのです。

市民のみなさまに民主主義を実現して欲しいのです。

ぜひ全ての立候補者の方々の政策を知って下さい。

もちろんあなたが毎日のくらしで精一杯でお忙しいのは、承知しています。

でも、どうか可能な限り多くの候補者の声に耳を傾けていただきたいのです。

そもそも政治家は、敵同士ではありません。

特に、『二元代表制』をとっている地方議会では、政治家同士は敵などではありません。

行政の代表である知事・市長などの首長などをチェックしてさらに政策を低減していくのが議会です。

県議同士や市議同士はひとつの議会のもとで結集します。

では、『選挙』とは何なのか?

候補者によって、このまちを良くしたいという同じ『目的』を、どのように実現していくかという『手段』が違います。

その『手段の違い』が、候補者の『政策の違い』なのです。

だからこそ、選挙は戦いなどでは無いし、候補者同士は敵などでは無いのです。

フジノは市民のみなさまにこころからお願いしたいのです。

あなたの毎日のくらしの中で感じているいろいろな困難や苦しみを取り除いてくれる政策を訴えている候補者を探して下さい。

あなたと同じ問題意識を政策として訴えている候補者を探して下さい。

民主主義とは、自分自身で考えて、選び出すことです。

どの政党に所属しているとかどの組合に応援を頼まれたかとか、そんなことはどうでもいいのです。

あなた自身が、あなた自身のくらしを守る為に、あなた自身の心の声に耳を済ませて、あなた自身が選びとるのです。

それが『選挙』です。

『お任せ民主主義』を終わらせて、『民主主義』をみんなで守っていきましょう!



社会保障を守る為に、フジノは井坂しんや議員を応援します/しんぶん赤旗にコメントが掲載されました

フジノは、県政に挑戦する井坂しんや議員を応援しています

今年4月19日のブログ記事で、フジノは

井坂しんや議員は、横須賀市議会に必要な人材。

けれども、社会保障を守る為に、絶対に県議会に送り出したい。

フジノは、井坂議員のチャレンジを全面的に応援します!

と宣言しました。

社会保障を守ることを使命とするフジノが井坂しんや議員を県政に送り出したいその理由も、詳しく記しました。

そして、7月4日に開かれた日本共産党演説会において、井坂しんや議員を応援する講演をさせていただきました。

その後、何も応援のアクションができず、申し訳無さでいっぱいでした

けれども、その日だけでした。

実際には、井坂議員の応援の為に、フジノは今まで何のアクションも取れていません。

4月のブログでも書いたとおり、既存の政党(言うならば大会社)の正式な立候補予定者を、無所属(言うならばフリーランス)のフジノが応援するというのは、なかなかアイディア(例えば、具体的にどうコラボするかとか)がフジノには浮かばないんですね。

井坂議員はお忙しそうでなかなかお会いする機会も無く、ねぎし議員と大村議員にお会いするたびに

「フジノが具体的にできることがあれば、チラシ配りでも演説でもやりますから、おっしゃってください」

と申し上げてきました。

でも、何もできないままに3ヶ月が過ぎてしまいました。

赤旗から取材依頼を受けました!

そんなある日、『しんぶん赤旗』から取材依頼をいただきました。

依頼内容は、

「何故、無所属のフジノさんが井坂さんを応援しているのか、お話してくれませんか?」

というインタビューでした。

「こちらこそ、ぜひお願いします!」

と喜んでお引き受けしました。

そして、1時間くらいでしょうか、赤旗記者の方にかなりたっぷりお話をさせていただきました。

ついに記事が出ました!

その取材の結果がついに記事となりました。

こちらです。

2014年10月24日・しんぶん赤旗より

2014年10月24日・しんぶん赤旗より


井坂議員が拳を天につき上げている写真(いい笑顔!)が掲載されています。

フジノのコメントも掲載していただきました。

フジノの発言部分

フジノの発言部分


この新聞の読者層は、もともと井坂議員を支持しておられる層の方々だと思います。

だから、フジノの言葉によって新たに「井坂議員を応援しよう!」という人々が増えることにはならないと思います。

それでも、フジノ自身の「応援したい!」という気持ちが少しだけスッキリしました。

これからどうしたら良いだろう?

正直なところ、フジノは迷っています。

これからどんな形で井坂議員を県政に送り出す為の言葉を市民のみなさまにお伝えすべきなのか?

なんといっても、所属している政党によるスケジューリングとか決まった予定があると思いますので、「毎朝一緒に駅でフジノと街頭演説やってください」とお願いするのもムリがありそうです…。

フジノに時間がもっとあれば、ツイキャスでインターネット生中継しながら井坂議員の後を追いかけて行ったり、いろいろやりたいことはあるのですけれど、今はそうした時間が全く取れません。

他にどんなことができるだろうかとひとりで悩んできた訳ですが、アイディアが浮かびません。

どうかあなたからもアイディアをいただけないでしょうか?

お願いします!

フジノは、今日は共産党の機関紙『しんぶん赤旗』に載せていただき、10月11日には公明党の月刊誌『潮』に載せていただきました。

つまり、なんと1ヶ月のあいだに全国的な政党の紙面に2つも出てしまいました。

我ながら、なんという、すごいなー。

9月18日・19日、2日間にわたって市長への一般質問が行われます/2014年9月議会

一般質問の順番が決まりました

本日、議会運営委員会を開きました。

議会運営委員会審査事項より

議会運営委員会審査事項より


明日あさっての2日間、本会議で市長らに一般質問を行ないますが、その発言順序が決まりました。

9月18日の一般質問・登壇者と順番

  1. 西郷 宗範(新政会)
  2. 石山 満(公明党)
  3. 山城 保男(無会派)
  4. 一柳 洋(ニューウイング横須賀地域主権会議)
  5. 鈴木 真智子(公明党)
  6. 田辺 昭人(自民党)
  7. 大野 忠之(自民党)

フジノは2日目の朝、2番手です。

9月19日の一般質問・登壇者と順番

  1. 上地 克明(ニューウイング横須賀地域主権会議)
  2. フジノ(無会派)
  3. 嘉山 淳平(無所属クラブ)
  4. 関沢 敏行(公明党)
  5. ねぎし かずこ(共産党)

どの議員の質疑もフジノも関心があるテーマが多く、市長らの答弁に注目しています。

リニューアルされた横須賀市議会HPもぜひご覧下さいね

リニューアルされた横須賀市議会HPもぜひご覧下さいね


あなたもお時間が許せば、傍聴(傍聴方法はこちらをご覧下さい。カンタンに誰でも傍聴できます)インターネット生中継でご覧下さいね。

井坂しんや議員は市議会に必要な人材。でも社会保障を守る為、絶対に県議会に送り出したい/フジノは全面的に応援します

悲しい噂、尊敬する市議が県議会へ?

4月15日、瀧川きみえさん(前市議会議員)に偶然お会いして、いろいろな政策課題について意見交換をさせて頂く機会がありました。

雑談のひとつとして、かなり信ぴょう性の高い『噂話』を教えて頂きました。ある市議会議員が、来年の統一地方選挙で県議会議員選挙に出馬することになった、というものです。

その夜、ツイッターにフジノはこう記しました。

とても尊敬している方が県議選に出馬するかもしれないとの噂をお聞した。もしも事実ならば、絶対に応援しなければ。社会保障を守る為にずっと11年間一緒に働かせて頂いた。政党も会派も僕にはカンケーないから、絶対に当選してほしい方だ。でも、噂のままならいいのに。市議会にいてほしいのに。

4月16日のフジノのツイート


名前があがった某市議は、フジノの1期上の先輩。社会保障・社会福祉を守る為に党派を超えて一緒に闘ってきた、こころから尊敬している方でした。

その方がいない横須賀市議会は、フジノにはとても想像できません。これからもずっと一緒に仕事をしていくのだと考えていました。

だから、単なる噂で終わればいいのに、とフジノは願いました。

噂は「事実」でした

それから3日後のけさ、神奈川新聞を観て、噂が事実であったことを知りました。

共産党神奈川県委員会が来年の統一地方選挙において、神奈川県議会議員選挙の公認候補予定者として、井坂しんや市議会議員を決定した、という内容です。

2014年4月18日・神奈川新聞より

2014年4月18日・神奈川新聞より


『公認』とか『候補予定』などの専門用語を、ふつうの言葉に直して一言にまとめると

井坂しんや市議会議員は今期いっぱいで横須賀市議会議員を辞めて、来年の神奈川県議会議員選挙に立候補する予定だ

ということです。

井坂しんや議員ご自身のブログを観てみると、県議選への鞍替えについて記しておられました。

2014年4月18日・井坂しんや議員のブログ記事

2014年4月18日・井坂しんや議員のブログ記事


噂は、事実でした。

井坂議員は横須賀市議会に不可欠の存在です

井坂議員は、社会保障・社会福祉の『防波堤』のような存在です。

市議会から井坂議員がいなくなれば、横須賀の社会保障・社会福祉はもっと悪くなってしまう可能性が高いです。

社会保障だけではなく安全保障の問題でも、財政の問題でも、井坂議員ほどの論客はいません。

まさに政策通で、党派・会派を超えた多くの議員から信頼され、一目置かれている、素晴らしい政治家です。

だからフジノにとって、今回の決定は大きなショックでした。

横須賀の福祉が「後退」している原因の1つは、神奈川県の悪さ

けれども同時に、井坂議員が県議会に行かねばならない必然性も、とてもよく理解できました。

フジノにとって、井坂議員が『共産党』の所属だとか、そんなことはどうでもいいのです。

この11年間一緒に横須賀市議会議員として働いてきて、今このまちの社会保障・社会福祉がどれほど危機にあるか、彼ほど深く理解している人はいません。

このまちの社会保障・社会福祉がズルズルと悪い方向に向かっている原因のひとつは、『神奈川県』です。

財政危機をはじめとする様々な理由から、神奈川県があらゆる制度を後退させています。

例えば、井坂議員がブログで記していたように

  • 小児医療費の無料化
  • 重度障害者医療費の助成

などは、神奈川県の方針転換によって、県内の市町村がダメージを受けているものです。

また、神奈川県による不公平な政策の為に、『本来ならば受けなくても良いダメージ』を横須賀市は受けています。

例えば、フジノがずっと取り上げてきた『国民健康保険』の赤字保険料値上げの問題です。

本来であれば、横須賀市は県からあと19億円の補助を受けることができます。

本来、保険者間の医療費・所得の格差を調整する目的で交付される県普通調整交付金は、現在、対象となる療養給付費等に対し、6%の定率で交付されています。

本市は基準総所得金額が県内19市中最低であるにも関わらず、それに見合った県普通調整交付金が交付されていません

この交付金を本来の交付目的に基づき、交付するよう粘り強く、県に要望していく必要があります。

(横須賀市特別会計国民健康保険費財政健全化計画、p8より引用)

これは国が県を通して市に支払うものです。国は横須賀市の状況に応じた交付金を県に払っています。

しかし、県は満額を横須賀市に交付していないのです。

県普通調整交付金の交付方法の見直し (約19億円)

県普通調整交付金は、本来の交付目的である県内保険者間の医療費・所得 水準の格差を調整するために、医療費・所得水準に応じて交付される交付金ですが、現状は、療養給付費等に対して、定率 (6%) で交付されています。

平成25年度には、県議団へ要望していますが、粘り強く、他の県内市とも連携しながら、交付方法の見直しを要望する必要があります。

(横須賀市特別会計国民健康保険費財政健全化計画、p52より引用)

神奈川県がちゃんと横須賀市に満額19億円を支払っていれば、値上げは全く必要ありませんでした。

しかし、神奈川県はこの間違った対応を正そうとしていません。

こうした神奈川県の在り方に、フジノは強い怒りを感じています。

だからこそ、社会保障・社会福祉を政策のメインにしている市議会議員であれば

「誰かが神奈川県議会で闘わねばならない」

と皆が感じてきたのです。

だから、井坂議員が今回の決心をしたのはとても理解できるし、とても共感できることです。

彼が県議会で闘えば、横須賀市が良くなります

フジノは、決めました。

全身全霊をかけて、井坂しんや議員を応援します。

社会保障・社会福祉を守る為に、僕たちのかわりに井坂議員を県議会に送り出さねばならないと思います。

井坂議員は『政党』に所属している方ですから、果たして『無所属』のフジノがどのような応援をすることができるかは分かりません。

『政党』というのは、言うならば『会社』です。

他の『会社』の取り組みを、赤の他人であるフジノが応援することは、なかなか難しいかもしれません。

それでも、フジノは今の神奈川県議会に井坂議員が居てくれたら、もっと横須賀市の社会保障・社会福祉は良い方向に変わると感じます。

そんな想いから、ツイッターにも下のように記しました。

数日前に聴いた噂は事実だった。井坂しんや市議、次の神奈川県議選で鞍替え。本当に残念です。素晴らしい政治家なので、フジノは尊敬してやみません。井坂議員の県議選当選の為に、フジノは勝手連として全力で応援します!井坂議員、がんばれ!!

4月18日のフジノのツイート

井坂議員ご自身のブログでも県議会チャレンジが報告されていました。横須賀市議会には大きな損失です。。。でも県議会議員に井坂さんがなれば、神奈川県民にとっては大きな利益です。フジノは勝手に井坂さんの県政チャレンジを全力で応援します!

4月19日のフジノのツイート

井坂議員は、横須賀市議会にとって不可欠な存在です。

その彼がいなくなった後の横須賀市の社会保障・社会福祉はものすごく不安です。

けれども、もしも彼が神奈川県で闘ってくれるならば、横須賀市の社会保障・社会福祉は良い方向に変わる可能性も増していきます。

だから、フジノは井坂議員の闘いを勝手に応援します。

全ては、このまちに暮らしている市民のみなさまの為、社会保障・社会福祉を守る為です。

がんばれ、井坂さん!

あなたは投票に行きましたか?/参議院選挙、全国区は三宅洋平さん、選挙区は畑野君枝さんに、フジノは投票しました

昨日の渋谷「選挙フェス」の写真、朝日新聞1面トップに載りました

けさ、朝日新聞1面トップを見て、ビックリ。

昨夜の渋谷『選挙フェス』をヘリから撮影した写真が載っていました。

2013年7月21日・朝日新聞より

2013年7月21日・朝日新聞より


上空からはこんなふうに見えたんですね〜。

でも、実際の『現場の姿』は、フレームに収まりきっていないんです。

写真下側は、JR渋谷駅出口なのですが写っていません。

写真右手側は渋谷交番前でフジノがボランティアをしていた場所です。ものすごい数の人々がひしめきあっていて、警察による誘導も行なわれていたほどなのですが、そこも写っていません。

さらに、写真上側にあたる、スクランブル交差点の向こう側にも、たくさんの観衆がいました。

さらにさらに言えば、交差点を囲むビルや駅などからも、たくさんの方々が『選挙フェス』を観る為に立ち止まっていました。

だから、本当はもっとすごかったんです。

2013年7月20日、渋谷駅上空を飛ぶヘリ

2013年7月20日、渋谷駅上空を飛ぶヘリ


昨日19時10分頃、すごい音でヘリが渋谷駅の上空を飛んできました。

「これだけの人々が集まっている様子は、やっぱり大手メディアも無視できないよな」

と、うれしく感じてその場でツイートしました。

まわりに居た人たちも同じふうに感じていたようでした。



フジノも投票してきました!

さて、今日!

フジノも投票に行ってきました。

ギリギリまで悩んで、しっかりと考えて、政策で選んで、投票しました。

投票所にて

投票所にて


フジノは「選挙(国政・県政・市政)で誰に投票したか」を毎回公表することにしています。

今回もきちんと自らの投票行動を市民のみなさまにお伝えしたいと思います。



全国区は「三宅洋平さん」、神奈川選挙区は「はたの君枝さん」

2013年参議院選挙でフジノが投票したのは、下の通りです。

今夜は事務所で仕事をしながら、スマートフォンのラジオアプリで開票速報を聴きながら結果を見守りたいと思います。

あなたが投票した候補者・政党は、当選するでしょうか??