パートナーシップ制度導入の議論に性的マイノリティ当事者の生の声をもっと反映させましょう!/当事者団体「多様な性にYESの日横須賀」が横須賀市へ要請書を提出・意見交換しました

当事者団体「多様な性にYESの日横須賀」代表とともに人権・男女共同参画課へ要請書の提出と意見交換に訪れました

今日フジノは、性的マイノリティ当事者団体『多様な性にYESの日横須賀』の代表とともに、市民部の人権・男女共同参画課を訪れました。

『パートナーシップ制度の導入』『横須賀市人権施策推進指針の改定』についての要請書を提出し、意見交換をする為です。

人権・男女共同参画課長に要請書を手渡す「多様な性にYESの日横須賀」代表(左)

人権・男女共同参画課長に要請書を手渡す「多様な性にYESの日横須賀」代表(左)


1980年代から障がいのある方々の当事者団体のスローガンとして使われてきた

『私たちの事を私たち抜きで決めないで(Nothing About us without us)』

という言葉があります。

今ではあらゆる当事者活動のスローガンになっています。

横須賀市による『パートナーシップ制度の導入』も『人権施策推進指針の改定』も、性的マイノリティ当事者のみなさまに直接関わりのある取り組みです。

パートナーシップ制度ができることは素晴らしいことですが、当事者の声ぬきにつくられてはいけません。

そこで、当事者団体として生の声を行政に届ける為に、今日の要請書の提出と意見交換を行なうことになりました。

2時間にわたって、とても密度の濃い、良い意見交換ができたと思います。



パートナーシップ制度導入の議論に、性的マイノリティ当事者の声がもっと必要です!

2017年9月議会での上地市長による答弁を受けて、現在、横須賀市ではパートナーシップ制度(同性カップル等パートナーシップ制度)の導入に向けた議論をスタートしています。

議論の場は『人権施策推進会議』です。

委員は合計10人ですが、メンバーのバックグラウンドは様々です。

その中に、いわゆる性的マイノリティ当事者の委員は飯田亮瑠さんひとりきりしか居ません。

名前所属
委員長
西村 淳
神奈川県立保健福祉大学保健福祉学部教授新任
職務代理者
多田 幸子
横須賀市人権擁護委員会常務委員再任
飯田 亮瑠性的マイノリティー支援団体 ダイビーノン代表新任
石 節子公募市民新任
植田 威NPO情報セキュリティーフォーラム新任
大友 朋子神奈川県弁護士会新任
小林 優人公募市民再任
杉本 脩子全国自死遺族総合支援センターグリーフサポートリンク代表新任
早坂 公幸一般社団法人神奈川人権センタ一事務局長新任
堀越 君枝北下浦地区民生委員児童委員協議会会長新任

日頃から講演・啓発活動を行なっておられる飯田さんは、セクシュアリティに関する専門家です。

けれどもセクシュアリティは本当に多様であって、人の数だけ存在します。

メディアでよく使われている単語に『LGBT』というものがありますが、人を4つ(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)に分けることはできません。

実際はこんな区分に分けられずに、もっとバラエティに富んでいるのがセクシュアリティです。

横須賀市の行政としては飯田さんの専門性に期待して委員に委嘱をした訳ですが、全ての性自認・性的指向をおひとりに代表させることはそもそも無理があります。

『私たちの事を私たち抜きで決めないで(Nothing About us without us)』のスローガンのとおりで、市内の当事者団体がこうして生の声をじかに行政にぶつけることは、すごく大切なソーシャルアクションだと思います。



より良い制度をつくる為に、当事者のみなさまの声をお待ちしております

あさって15日には、もう1つの当事者団体『よこすかにじいろかれー』のみなさんが人権・男女共同参画課を訪れます。

「よこすかにじいろかれー」のツイッターより

「よこすかにじいろかれー」のツイッターより


生の声、リアルな想いを、行政に届けていただけることはフジノにとって本当にありがたいことです。

さらに、団体に所属しておられない、市内に暮らしておられる圧倒的多数のいわゆる性的マイノリティ当事者のみなさまにお願いがあります。

ぜひあなたの声をお声を聞かせて下さい。

より良いパートナーシップ制度をつくる為にも、ぜひもっとたくさんの当事者の方々の声を伝えていきたいとフジノは願っています。

人権・男女共同参画課はいつでもご意見をお待ちしておりますし、フジノに伝えていただいてもOKです。

次回、パートナーシップ制度を議論する『人権施策推進会議』は

  • 9月11日(火)15:00〜

です。

傍聴も心からお待ちしております!



障がい福祉の意見交換会へ/暮らしの生の声を聴かせていただきました

障がい者施策検討連絡会の意見交換会へ

今日は、年1度の『障がい者施策検討連絡会』による『意見交換会』が開かれました。

会場の様子

会場の様子


昨年に続いて、フジノも参加しました。

プログラム

プログラム


詳しくはまた後で更新しますね。

ここしばらくのフジノの忙しさは、体力の限界を超えています。。。

市長選後、初めて副市長・教育長と意見交換しました

副市長・教育長との意見交換

市長選挙が終わってから初めて、市の幹部職員の方々と意見交換をしました。

今日は、副市長・教育長のお2人です。

副市長室・教育長室にて、1対1で、それぞれ30分ほどお会いして頂きました。

20130719cityhall

ここに具体的な内容は記すことはできません。

ただ、横須賀をもっと良いまちへ変えていく為の政策についてお話をしました。

「前向きな意見交換だった」

と、フジノは受け止めています。

2013年の市長選挙で、吉田市長を支持した有権者と支持しなかった有権者の差はわずか2,103票しかありません。

2013年の市長選挙で、吉田市長を支持した有権者と支持しなかった有権者の差はわずか2,103票しかありません。


フジノは『負けた側の人間』という意識を全く持っていません。

むしろ、『7万6,961票の重み』をひしひしと感じている毎日です。

広川候補が掲げた政策の多くは、フジノ自身の想いと全く一致しています。その政策を実現するのは、自らの使命だとフジノは受け止めています。

9月の決算議会のスタートを待つまでもなく、毎日の市役所のみなさんとの関わりを通して、今後も政策提案を続けていきます。

挨拶まわりより公約実現の道筋を示すべき

7月の吉田市長のスケジュールを見ると、とにかく『挨拶まわり』ばかりしています。

初当選した新人ならば、挨拶まわりも必要かもしれません。

しかし、再選された市長なのですから、そんなことに時間を使うのは一刻も早くやめてほしいです。

まず、吉田市長は、昨年12月から空席となっている副市長人事に取り組まねばなりません。

ぜひ多くの人の声に耳を傾けるべきです。

そして、市民のみなさま、市職員のみなさん、市議会のみなさんから納得していただける方をその任にあてるべきです。

さらに、市長選挙で掲げた公約の数々をいかにして実現していくのか、その道筋をしっかりと説明していくべきです。

【正式決定】性的マイノリティ当事者の方々と市長がお会いします

良いお知らせがあります

今日は1つとても良いお知らせがあります。

フジノは昨年12月議会で、吉田市長に対してこのような質問(提案)を行ないました。

2012年11月29日・本会議・一般質問より

フジノの質問

市長は、性的マイノリティの当事者の方々とお会いする意思はあるか

教育長を筆頭に、歴代の部長・課長を初めとする教育委員会が熱心に性的マイノリティ支援に取り組んできて下さった理由も改めて考てみました。

すると1つのことに思い当たりました。

平成20年9月議会、僕は教育長に対して「性的マイノリティの当事者である若者たちと実際に会っていただきたい」と提案しました。

教育長は提案を快諾して下さり、その後すぐに教育長・部長・課長らが当事者の方々と意見交換をしてくれました。

また、この分野の研究者で日本のリーダー的存在の方も、たびたび教育委員会を訪れて意見交換を継続しています。

こうした当事者の生の声に誠実に耳を傾ける姿勢が、教育委員会の熱心な取り組みに結実しているのではないかと思うに至りました。

そこで市長に提案します。

【質問】
市長は、性的マイノリティの当事者の方々とお会いして、生の声に耳を傾ける意思はあるでしょうか。

お答え下さい。

吉田雄人市長の答弁

性的マイノリティの当事者の方々とお会いする意思の有無についてご質問いただきました。

07mayor


性的マイノリティ支援の取り組みをすすめる上で、当事者団体の協力をあおぐ必要があります。

施策推進の為、性的マイノリティの当事者の方々とお会いし、意見をお聞きしたいと考えております。

市長はハッキリと「お会いして意見をお聞きしたい」と答弁してくれました!

そこで、さっそく本会議が終わった後、秘書課長を通して関係部署に調整をしていただくように依頼しました。

そして、ついに、お会いする日付が正式に決まりましたので、発表させていただきます。

  • 日時:2013年2月6日(水)11:00~11:30(30分間)
  • 場所:市役所内

市長側の出席予定者としては以下の方々にお願いしました。

  • 吉田雄人市長
  • 市民部長
  • 人権男女共同参画課長

また、性的マイノリティ当事者の方々に加えて、お2人の方にも同席をお願いしました。

  • 市内在住の性的マイノリティ当事者の方々
  • 星野慎二さん(NPO法人SHIP代表、横須賀市人権施策推進会議・委員)
  • 日高庸晴先生(宝塚大学看護学部准教授、厚生労働省エイズ動向委員会・委員)

お2人は全国の実情にも詳しいだけでなく、横須賀市のセクマイ支援にかねてから深く関わって下さっていることから、フジノの判断としてお願いすることにしました。

さて、ついに動き出します!

今回の市長との面談はわずか30分と短いのですが(4年前に教育長らにお会いしていただいた時は2時間以上もお時間をとっていただきました)

それでも予算編成の最も忙しい時期に、面談ができることになったのはとても大きな意味があります。

この一歩を横須賀市の性的マイノリティ支援にしっかりとつなげていきたいです!



後日追記

実際にお会いした様子を記したブログはこちらです。