「養子が養親に伝えたい20のこと」支援者・当事者研修会に参加しました/監訳者ヘネシー澄子さんの講演と参加者との対話の4時間は学びに満ちていました(その3)

前の記事から続いています)

参加者の方々との語りあい、ヘネシー澄子先生とのお話

休憩時間と終了後に、参加者の方々とお話しました。

当事者メインの集まりの場に、フジノの立場(=政治家)というのは

「嫌がられるかな」

と心配でした。

でも、みなさん、率直な想いをお話して下さり、とてもありがたかったです。

改めて学びの機会を与えていただいたことに感謝しております。

講師のヘネシー澄子さんともお話させていただくことができました。

ヘネシー澄子先生と(せっかくの本が逆さまなのはお許し下さい。。。)

ヘネシー澄子先生と(せっかくの本が逆さまなのはお許し下さい。。。)


本当に穏やかな方で、まさに経験の宝箱を持つソーシャルワーカーとしての大先輩です。

サインも頂いてしまいました

サインも頂いてしまいました


人々の支援に自らの人生の全てを費やしてきたヘネシーさんの姿に、

「自分も将来こんなふうに生きられたらいいな」

という憧れの気持ちと

「ああ、絶対に自分はこんなふうに生きられない」

という畏怖の気持ちと、両方の気持ちになりました。本当に、すごい方です。



白井千晶さんとのとてもうれしい再会(奇跡でした)

そして、白井千晶さんとのとてもうれしい再会がありました。

今回フジノはこの講演会の開催をインターネットで知りました。あまりにも自分の関心と合致していたので、即、申込みました。

だから、主催団体がどこかも全く気に留めませんでした。

当然、どなたが団体の代表なのかも知りませんでした。

それが実は、白井千晶さんだったのです!

白井千晶さん(静岡大学教授・「フォスター」著者)

白井千晶さん(静岡大学教授・「フォスター」著者)


本日の講演会の主催は『一般社団法人全国養子縁組団体協議会』でした。白井さんは本団体の代表理事なのでした。

しかもふだんはクローズドの研修を、今回は特に公開で開催して下さったのだそうです。

なんとも信じられない奇跡の重なりでした。



写真展「フォスター」という存在

フジノは長期休職から仕事復帰した1日目(3月30日)、最初の仕事として都内である勉強会に参加しました。

休職明けなので心身はボロボロなのですが、ムリしてでもどうしても行きたかった勉強会で、会場の江戸川区まで必死にたどりつきました。

勉強会では後半に4人1組のグループワークをしました。

その時に、白井さんとご一緒させていただくというご縁に恵まれました。

本来ならば、この時すでに気づくべきだったのです。

なんとこの時フジノは白井さんが著した本を読んでいました。

けれども『目の前の白井さん』が『その本を書いた白井さん本人』だとは全く気づいていなかったのでした。

そして、気が付かないままに名刺交換をして、気が付かないままに別れて帰りました。

フジノがとても大切にしている1冊の本があります。

『フォスター〜里親家庭・養子縁組家庭・ファミリーホームと社会的養育〜』という本です。

これは写真展『フォスター』をまとめた本です。

過去に前例がないことなのですが、全国の里親家庭などを撮影して、さらに2018年からは写真展として全国をまわりました。

何故、過去に前例が無いかと言えば、里親・養子縁組の生まれる背景には様々な複雑な事情があるからです。

例えば、児童虐待によって親子が分離されて、そして児童養護施設を経て、里親のもとでこどもが暮らすようになったとします。

産みの親は、引き離されたという強い恨みの念を抱いているかもしれません。

写真展などをすれば、こどもの所在をみつけて取り戻しに訪れるかもしれません。

あえて極端な例を挙げましたが、撮影が難しいことなのはすぐイメージしていただけるかと思います。

こどもの人権を考えた時に、写真展などで顔出しをすれば、自らが養子であることや里子であることを世界に向かって宣言するようなものです。

いくらフジノが「里親・養子縁組はふつうの家族です」と訴えても、社会が十分に理解しているとは思えません。

だから、児童相談所も撮影には慎重な姿勢を取らざるをえませんし、実際に多くの家庭で撮影は叶わなかったそうです。

けれどもフジノはずっと

「里親・養子縁組は家庭そのものである、もっと広く知ってほしい。知らせる為には生の姿を見てほしい」

と願い続けてきたので、この写真展の存在を知った時、感激しました。

これこそ、フジノが求めてきたものでした。

だから写真展『フォスター』を観たくてたまらなかったのですが、どうしてもフジノはタイミングが合わなくて行かれませんでした。

(今も全国を巡回しているのですが、いまだに叶いません)

そこで「せめて本だけでも読みたい」と手に取ったのが、本の『フォスター』なのです。

読み終えた感想を、6月にツイッターでつぶやきました。

「フォスター」を読んだ感想をつぶやいたフジノに白井千晶さんがリプライしてくれました

「フォスター」を読んだ感想をつぶやいたフジノに白井千晶さんがリプライしてくれました


そしたら、著者本人である白井さんがお返事をしてくれました。

時々、作家やライターや研究者の方々がお返事をしてくれることがあります。率直にうれしかったです。

でも、なんとなく文面が親しげな感じがして、リプライを何度も読み返してみたのですが何かが僕の中で引っかかりました。

そこで、名刺管理アプリを検索してみたら・・・白井さんの名刺がありました!

そうです。3月末に一緒にグループワークをした白井さんと、本『フォスター』の著者の白井さんが同一人物だったのです。

このツイートでようやく鈍感なフジノは気がついたのでした。

団体の代表として白井さんは今日ずっと司会をして下さってました。

そして休憩時間に、わざわざ話しかけて来て下さいました(ありがとうございます)。

とてもうれしい奇跡的な再会でした。

横須賀で写真展『フォスター』をなんとかして開催できないだろうか、と改めて夢が膨らみました。

白井さん、ありがとうございました。今後ともどうかよろしくお願い致します。

3回に分けて記した、今回の講演&意見交換は、フジノにとって本当に有意義でした。

ここで交わされた会話は極めてプライバシーが守られるべきことばかりなので、記すことはできません。

けれどもフジノの5期目の4年間にとって強くすすめていきたい取り組みは選挙チラシにも記したとおりで、まさにこうした取り組みなのです。

今後も学びを深めて、こどもたちの立場に最も寄り添って、こどもたちが幸せにふつうに暮らしていかれるように全力を尽くしていきたいです。



「養子が養親に伝えたい20のこと」支援者・当事者研修会に参加しました/監訳者ヘネシー澄子さんの講演と参加者との対話の4時間は学びに満ちていました(その2)

その1から続いています)

監訳者のヘネシー澄子さんの講演をお聞きしました

さらにラッキーなことは続きました。

監訳を担当されたヘネシー澄子さんの講演会が開催される、というのです。

監訳者ヘネシー澄子さんの講演のおしらせ

監訳者ヘネシー澄子さんの講演のおしらせ


ヘネシーさんは約50年にわたってソーシャルワーカーとして働いてこられた社会福祉の世界の大先輩です。

下は、複数の文献からまとめたヘネシーさんの経歴です。

ヘネシー澄子さんの略歴

1937年横浜生まれ。

東京外国語大学卒業後、ベルギーとアメリカに留学。

ニューヨークのフォーダム大学で社会福祉学修士号を、コロラドのデンバー大学で博士号を取得。

ニューヨーク市で医療ソーシャルワークを実践した後、ニューヨーク大学社会福祉大学院助教授となる。

1974年コロラド州に移住しソーシャルワーカーの訓練や教育にあたる。

インドシナ難民の為に、1980年にアジア太平洋人精神保健センターを創立し、初代理事長を務めた。

1984年より所長。所長としてPTSD患者の治療を主にする73名のアジア系精神保健セラピストを養成した。

1989年、コロラド州の女性名誉殿堂入りをはたす。

2000年、東京福祉大学で実習担当主任教授として日本に単身赴任、教鞭を取る傍ら、各地で講演や研修会を行なう。

2004年3月大学を退職し帰米、コロラド州に在住。

夫とクロスロード・フォー・ソーシャルワーク社を立ち上げ、高い専門性を活かして、日本の児童福祉に携わる人達の研修を日米両国で行なっている。

2007年10月、関西学院大学の客員教授に就任。

トラウマ急性期治療と心的外傷後ストレス障害治療が専門。

現在の日本の児童福祉の課題を虐待予防と愛着関係修復におき、ヘルシー・ファーミリーズ・アメリカ(HFA)の親の長所に焦点を当てた育児支援の家庭訪問を日
本に紹介することと、コロラド州エヴァーグリーン市のアタッチメント・トリートメント・エンド・トレイニング・インスティチュート(ATTI)の愛着の再形成とトラウマの癒しの技術の紹介に励んでいる。

北米の最新の福祉技術を日本に紹介し、日本の児童福祉の発展に貢献することをライフワークとする。

著作は、『子を愛せない母・母を拒否する子』(学習研究社、2004年)、『気になる子 理解できる ケアできる』(学習研究社、2006年)

ふだんヘネシーさんはアメリカに居られることが多いとお聴きしていたので、貴重なチャンスだと感じて、すぐに申込みをしました。



養子だったエルドリッジさんが著した「養親に知ってほしい20のこと」

東京・中野の会場に着くと、60〜70名程の教室は満員でした。

講演に立つヘネシー澄子さん

講演に立つヘネシー澄子さん


監修された翻訳を1つずつ分かりやすく説明して下さいました。

その20のことをタイトルだけ紹介してみます。

養子縁組:これから親になるあなた方に知って欲しい20のこと

  1. 養子に来る前に深い喪失感に苦しみました。あなたのせいではありません。

  2. 私には養子縁組の喪失体験で生じた特別なニーズがあります。そのことを恥じなくても良い事を教えてもらう必要があります。

  3. 喪失を悲しまねば、あなたや他の人達からの愛情を受けとる私の能力は、妨げられてしまうでしょう。

  4. 私の癒やされていない悲しみが、表面的にはあなたへの怒りとして現れるかもしれません。

  5. 喪失を悲しむのに、あなたの助けが必要です。どうしたら私が養子であることについての感情に触れ、その環状を確かめることができるのかを教えて下さい。

  6. 私が産みの家族について話さないからといって、それは産みの家族のことを考えていないということでは無いのです。

  7. あなたに、私の産みの家族についての、会話の口火を切ってほしいのです。

  8. 私は、私の受胎と誕生、そして家族の歴史の真実を知る必要があるのです。その仔細がどんなに苦痛に満ちたものであっても。

  9. 私が悪い赤ちゃんだったから、産みのお母さんが私を他人にあげてしまったのではないかと怖れています。あなたにこの毒のような恥の感情を捨てる手伝いをしてほしいのです。

  10. あなたが私を捨てるのではないかと怖れています。

  11. 私は本当の私よりも「完全」に見えるかもしれません。私が隠している部分を明らかにするのをあなたに助けてもらう必要があります。私のアイデンティティーの全ての要素を統合できるように。

  12. 私は私自身に力があるという感覚を獲得する必要があります。

  13. 見た目もすることも、あなたにそっくりだと、どうか言わないで下さい。私たちの違いを認めて、あなたに祝ってほしいのです。

  14. 私の自己を確立させてください・・・でも、あなたから切り離さないで下さい。

  15. 私が養子であることについて、私のプライバシーを尊重して下さい。私の了解なしに、他の人に言わないで下さい。

  16. 誕生日は私にとって、つらい日かもしれません。

  17. 自分の診療記録を完全に知らないことは、ときには、苦痛の種になります。

  18. 私は、あなたの手に余る子になるのではないかと怖れています。

  19. 私が恐怖心をとても不快なやり方で吐き出した時には、粘り強く私と一緒にいて、懸命なやり方で応えて下さい。

  20. たとえ私が生まれた家族を探そうと決断しても、私はいつもあなた方に私の親でいてほしいのです。

これだけ読むと20もあって多いな、という印象かもしれません。

しかし、とても分かりやすくヘネシーさんが説明を加えながら語って下さり、共感しながらお聴きしました。

ずっとアメリカでは読みつがれてきたとはいうものの著者はアメリカの方なので、文化的な背景が異なる日本の事情と合わない部分があるのではないか。そんな疑問が誰にも起こると思います。

翻訳を終えた原稿は日本の養親・里親・養子の立場の方々と読み進める機会を持ったところ、みなさんが納得することばかりだったそうです。

産みの親との別れによる喪失体験はとても大きく、こどもには大きなダメージが与えられます。

産みの親と何故一緒に暮らせないのか、育ての親から説明を聴きたい、という想いは思春期にどんどん大きくなっていきます。

養子の心に隠れている喪失感が記されており、今まさに養子のお子さんを育てておられる方には直視するのがつらいこともあるかもしれません。

けれども、こどもの理解を深める為に勇気をもって養子の心の世界に入っていくことが勧められており、通じ合い、さらに幸せな家族になる道へ歩んでほしいと自らも養子である著者は語っています。

とても充実した2時間の講演でした。



養親・養子・里親・支援者・新聞記者、様々な立場の方々との対話

けれどもさらに充実した時間は、休憩明けの会場との意見交換でした。

2時間たっぷりと取られた会場との意見交換は、閉じられた安全な空間であることもあり、本当に率直な言葉がかわされました。

参加者の立場は、養子縁組・里親に関わるあらゆる立場の方々です。里親である方、養親である方、ご自身が養子として育った方、支援者の立場の方、このテーマを追いかけ続けている新聞記者の方、研究者の方など。

質疑応答という形式張ったものではなくて、参加者の方とヘネシーさんとの対話の時間とも言うべきものでした。

この本に記されていることは国境を超えて、今まさに里親として子育てをしている方々・養子として育った方々の心に突き刺さり、いろいろな反応を起こしました。

時に笑いあり、時に涙あり、たくさんの言葉が交わされました。

終わってみると、むしろこの後半の『対話』こそ今日のメインだったようにフジノは感じました。

フジノの参加目的は十分以上に果たされました。やはり参加して本当に良かったです。



講演会に参加して感じたこと

フジノは人生を通じて、産みの親ではない人に育てられた複数の友人と過ごしてきて、また逆に施設側で親から離れて暮らすこどもたちと生活してきた友人とも語り合ってきました。

けれども、人生は人の数だけ存在していて、体験も、感じることも、全て人の数だけ異なります。

1つ前のブログ記事に、横須賀市では養子縁組・里親制度をもっと普及させて家庭養護を推進していく計画づくりをしている、と書きました。

その取り組みの1つとして、実際に児童養護施設で暮らしているこどもたち・ファミリーホームや里親のもとで育ったこどもたちにも初めてアンケートをお願いしました。

アンケートもじっくり読みました。

それでもフジノは「足りない」と感じ続けてきました。

今日のこの講演会の後の質疑応答・意見交換を聴いて、深い学びがありました。

それでもまだ足りない、もっともっと聴き続けていかねばならない、と感じました。

繰り返しになりますが、人生は人の数だけ存在していて、体験も、感じることも、全て人の数だけ異なるからです。

きっと『聴き続けていくこと』に『終わり』は存在しえません。

計画づくりは単なる手段ですから、産みの親と離れて暮らすこどもたちが幸せに暮らしていかれるようにフジノはずっとこどもたちの声を聴き続けていかなばならないと感じました。


次の記事に続きます)



「養子が養親に伝えたい20のこと」支援者・当事者研修会に参加しました/監訳者ヘネシー澄子さんの講演と参加者との対話の4時間は学びに満ちていました(その1)

アメリカの養子縁組に関わる人達の必読書が初めて邦訳されました

1999年に出版されて以来、今日に至るまでアメリカの養子縁組界に絶大な影響を与えてきた、と評される1冊の本があります。

『Twenty Things Adopted Kids Wish Their Adoptive Parents Knew』

です。

発売10年で13万5000部以上も売れて、出版から20年経った今も養子縁組エージェンシーは『必読書』とされているそうです。

この本が初めて翻訳されて5月20日に出版されました。

日本語タイトルは「養子縁組を考えたら読む本〜これから親になるあなたに知って欲しい20のこと」

日本語タイトルは「養子縁組を考えたら読む本〜これから親になるあなたに知って欲しい20のこと」

日本語版のタイトルは

『養子縁組を考えたら読む本〜これから親になるあなたに知って欲しい20のこと』(著者:シェリー・エルドリッジ、監訳:ヘネシー澄子、訳:石川圭子、明石書店、2019年)

となりました。



親を必要とするこどもたちの気持ちを徹底的に学び続けていきます

この本を手に取ったきっかけがあります。

フジノの幼い頃からの親友の数名は、里親・養子縁組によって育ちました。成長していく過程で、友人としてその心情をずっと聴き続けてきました。

小学校時代からの親友は児童養護施設に住み込みで働いてきました。親と離れて暮らすこどもたちを施設で支える友人の想いもずっと聴き続けてきました。

人生を通じて、フジノにとって、血のつながりのある親と離れて暮らすこどもたちの存在はいつも身近なことがらでした。

『血のつながり』と『家族であること』とは全く別である、と考えてきました。

大切なことは、『親を必要とする全てのこどもたちに家庭が与えられること』だと考えています。

そう信じて生きてきたので、17年前に政治家に転職してからもずっと養子縁組・里親制度を強く応援してきました。

今回の選挙でもフジノは養子縁組・里親制度の普及を強く訴えました。

藤野英明2019年選挙チラシより

藤野英明2019年選挙チラシより


ただ、

「里親と養子縁組を圧倒的に増やします」

との宣言は、様々な形で受け止められました。

特に心を打たれたのは、里子の立場の方からのメールでした。

「私は里親に引き取られて育ったけれど、里親からずっと虐待を受け続けてきたので、いつも児童養護施設に戻りたいと願い続けてきた。フジノさんは里親を圧倒的に増やすと言うけれど、むしろ里親になる人の基準を厳しくしてほしい」

という趣旨でした。

切々とその想いが長いメールでに綴られていました。

もちろんフジノは里親・養親の『質』はとても重要だと考えています。

『数を増やす』のは単なる『手段』であり『目的』は『こどもたちが幸せに生きていかれること』です。

そこで選挙が終わってからすぐに、児童相談所長や担当課長ともこのテーマについて意見交換をしました。

現在、横須賀市ではまさに里親・養子縁組を増やす為の計画(社会的養護推進計画)を策定する検討部会が進められています。

フジノも児童相談所長も担当課長もみな同じ想いで居ますので、この計画の中にも、こどもたちの権利が守られるように必ず盛り込みます。

いずれにしても、このメールが強いきっかけとなって、さらに『こどもの立場』の想いを学び続けようと感じました。

友人たちの人生を通じて学んできた想いに加えて、さらにもっと多くの『こどもの立場』の声を聴き続けていこうと感じました。

ちょうどその後に、アメリカで長年読み継がれてきた本書が出版されることになり、手に取ったのです。

20年前の本とはいえフジノの学びたいことと完全に一致している本なので、とても良いタイミングで読み始めることができました。


その2に続きます)