給食のはじまりは「ララ物資」だった/戦後アメリカの善意の支援だと言われた「ララ物資」の多くは、実は日本からの移民が送っていた

「ララ物資」について学ぶ為に見学へ

今日は、横浜・みなとみらいにある『海外移住資料館』へ向かいました。

20140814leaflet

『終戦69年特別展示:ララってなあに?日本を助けたおくりもの-ララ物資にみる海外日系人との絆』

を見学する為です。

会場にて

会場にて


さきの大戦後、日本全国で食料をはじめあらゆる物資が不足して、国民は激しい困窮状態に陥りました。

日本全土の建物や家財道具の4分の1が失われました

日本全土の建物や家財道具の4分の1が失われました


餓死者が月に数十人というまちもありました。

そこに、アメリカから『ララ』(Licensed Agencies for Relief in Asia)の名前で、食料・医薬品・衣料・学用品などの大量の救援物資が日本に贈られました。

ララ物資の実物

ララ物資の実物


宗教団体や慈善団体などアメリカ人の善意によって集められた支援物資だと言われてきました。

送られてきた支援物資

送られてきた支援物資


こうした支援物資を受け取ったのは、約1400万人。

5年4ヶ月で総計1万6000トンにのぼりました

5年4ヶ月で総計1万6000トンにのぼりました


当時の日本の総人口の約15%、つまり6人に1人がこの支援物資を受け取った計算になります。

脱脂粉乳の紙容器

脱脂粉乳の紙容器


これは『ララ物資』の名前で知られています。

鉄管内に暮らす人々に物資が支給される様子

鉄管内に暮らす人々に物資が支給される様子


『ララ物資』は終戦後の日本国民を飢えと寒さから救った、と言われています。

ミルクステーションで順番を待つお母さんと乳幼児

ミルクステーションで順番を待つお母さんと乳幼児


ヤギのお乳が赤ちゃんのミルクやタンパク源としてとても貴重で、ヤギを日本に送る運動をおこした宣教師ニコルソン氏の活動は、国語の教科書(昭和25年)にもとりあげられました。

20140814milkstation2

日本の給食は「ララ物資」のおかげでスタートできた

だいたい65才以上の方であれば、幼い頃に『脱脂粉乳(スキムミルク)』を給食で飲んだ、という記憶があると思います。

昭和20年代の給食の様子

昭和20年代の給食の様子


「あれはマズかったんだよ」

というお話をフジノも聴かせてもらったことがあります。

脱脂粉乳とみそ汁の給食

脱脂粉乳とみそ汁の給食


戦後のこどもたちの栄養状態を改善する為に、『学校給食』がスタートしました。

日本の給食はララ物資をもとにスタートしました

日本の給食はララ物資をもとにスタートしました


『学校給食』を始めることができたのは、脱脂粉乳や大量の小麦粉など『ララ物資』の存在のおかげだったのです。

この莫大な支援物資のおかげで、初めて給食をスタートすることが可能になったのです。

ここまでは、フジノも一般的な知識として知っていました。

日本からの移民や日系人が支援物資を送ったことを、アメリカは日本国民に隠した

この『ララ物資』は「善意のアメリカ人からの寄附による支援物資だ」と記憶している方々が大半ではないでしょうか。

昭和21年の読売新聞

昭和21年の読売新聞


フジノもそのように聴いて、今日までずっとそう記憶していました。

ララ本部への感謝の決議を国会では行いました

ララ本部への感謝の決議を国会では行いました


でも、実際は『ララ物資』の一部は、海外に移民していた日本人とその子孫である日系人から送られていました。

20140814aboutLARA1

終戦直後のニューヨークからその動きが始まり、ラテンアメリカ各国の日本人・日系人の間で活動が広がっていきました。

20140814aboutLARA2

『敵性国民』として強制収容されていた日本人・日系人たちが、祖国への支援物資を送る為に奔走して『ララ物資』は実現したのです。

かつて日本は移民政策をとっていました

かつて日本は移民政策をとっていました


しかし、当時のGHQは、この事実を日本人には隠していたのです。

フジノは今日、この展示を観て初めてその事実を知りました。これはとても大きなショックでした。

同時に、祖国を離れて移民として暮らす日本人、そして日系人の多くの方々が、母国の為に尽力して下さったことを知り、とてもありがたく感じました。

横浜港から全国1700ヶ所へ

横浜港から全国1700ヶ所へ


また、『ララ物資』がまず横浜港に全て運ばれて、そこから日本政府に引き渡されて、全国へと送られていたことも初めて知りました。

こどもたちの栄養状態を守りたいという時代を超えた普遍的な願い

終戦から約70年の今、フジノは中学生の栄養状態を守りたくて中学校給食の導入に向けた活動をしています。

「乳幼児の栄養状態を改善したい」というのが約70年前の日本の課題でした。

「2014年の今、中学生の栄養状態を守りたい、だなんて、まるで戦後みたいでフジノは時代錯誤じゃないか」と思われてしまうかもしれません。

けれども、生活保護を受けている方々の数が、戦後最大となっているのが今の日本です。

こどもの6人に1人が貧困である、という現実があります。

だから2014年の今も、全てのこどもたちの栄養状態を守りたいという願いは、戦後も今も全く重みは変わらない、とフジノは信じています。

日本の『給食』の源流を学びたい、とか、戦後の栄養状態を改善するきっかけになった『ララ物資』について学びたい、とか、いろいろな想いがあって今日ここを訪れたのですが

改めて、自らの取り組むべき課題の重要さを再確認させられました。

時代を超えても、こどもたちを健やかに成長させてあげたいという願いは変わらないのだと感じました。

歴史を学ばねば良い未来を作れない

明日、終戦記念日を迎えます。

戦争の惨禍を再び繰り返さない為には、とにかく過去の歴史を直視して学ばねばならないと感じています。

特に、いち市議会議員とはいえ、政治の側に立つ人間であることを自覚して、過去の歴史の中からその過ちを直視して現在に活かすように常に努力することが良い未来を作ることにつながるのだと常に意識していなければならないと感じています。

全ての議案への賛否を決めました/2014年予算議会

全ての委員会で予算審査が終わりました

新年度予算案を審査する全ての委員会が終わりました。

ここ数日間、フジノは空き時間があれば、とにかく『市議会のネット録画』を観続けました。

横須賀市議会ホームページより

横須賀市議会ホームページより


ようやく今日、自分の所属以外の3つの委員会をインターネット録画中継で全てチェックし終わりました。

こうして、市長が提出した全ての議案への賛否を決めました。



フジノが出した結論、4つの議案に反対します

議会事務局に対して、先ほど『議案の賛否表』をメールで送り終えました。

こちらです。

番号議案の名前フジノの結論
16一般会計予算×
17特別会計国民健康保険費予算
18特別会計公園墓地事業費予算
19特別会計介護保険費予算
20特別会計母子寡婦福祉資金貸付事業費予算
21特別会計公債管理費予算
22特別会計後期高齢者医療費予算
23水道事業会計予算
24下水道事業会計予算
25病院事業会計予算
26都市計画マスタープラン見直し検討会議条例制定について
27横須賀港港湾環境計画改定検討委員会条例制定について
28商業振興補助事業審査委員会条例中改正について
29職員定数条例中改正について×
30非常勤特別職員の報酬及び費用弁償条例中改正について
31手数料条例中改正について
32横須賀市障害程度区分等判定審査会定数条例中改正について
33基金条例中改正について
34医療費助成条例中改正について
35国民健康保険条例中改正について
36市立学校の授業料等に関する条例中改正について
37指定管理者選考委員会等条例中改正について×
38都市公園条例中改正について×
39ボートパーク条例中改正について
40港湾緑地条例中改正について
41市営住宅条例中改正について
42包括外部監査契約の締結について
43一般廃棄物の収集及び運搬の代行について
44指定障害福祉サービス等の事業の人員等に関する基準等を定める条例中改正について
45障害福祉サービス事業の設備等に関する基準を定める条例中改正について
46調停案の受諾について

それぞれの議案にフジノが何故反対するかは、しっかりと本会議で『討論』を行ないます。

フジノブログをご覧いただいているみなさまには、きっと共感していただけるはず。

今回の予算には、全く納得できないものがいくつもありました。