原子力空母ジョージ・ワシントンの横須賀母港化から丸5年/原子力空母配備撤回を求める9.25全国集会へ

原子力空母が横須賀を母港化して丸5年が経ちました

今から5年前の9月25日は、原子力空母ジョージ・ワシントンが横須賀を母港化した日です。

「横須賀の軍港にうかぶ2つの原子炉(20130925改訂版)」より

「横須賀の軍港にうかぶ2つの原子炉(20130925改訂版)」より

「日本全国の原子力発電所が止まったとしても、横須賀に原子力空母が配備されている限りは日本で動いている原発ゼロにはならない」

とフジノは考えています。

安全保障・外交に関わる問題は簡単にはいかないし、何十年もかかることだとしても絶対に諦めずに、原子力空母の母港化をやめさせる努力が必要だと信じています。

ただ…

かつてフジノは

「横須賀市民のほとんどが本音では原子力空母に『反対』している」

と、考えてきました。

2005年12月11日放送のスーパーJチャンネルより

2005年12月11日放送のスーパーJチャンネルより


下の動画は、2005年12月放送のニュース番組で紹介されたフジノの活動です。

2005年当時、確かに多くの市民の方々がその想いを持っていて、その声に突き動かされてフジノは必死に活動をしていました。

でも、月日が経つにつれて、市民の多くの方々のこころは、当時とはだいぶ変わってきたことをフジノは感じさせられています。

市民団体が今年8月に行なったアンケート結果より

市民団体が今年8月に行なったアンケート結果より


上の画像は、市民団体が先月8月末に行なったアンケートの結果です。

「反対」は37.9%。

4割にも届きませんでした。

フジノはいつだってマイノリティの立場なので、この結果を見ても考え方を変える気持ちは全くありません。

けれども、4割未満という数字には少し落ち込みました。

あの東京電力福島第一原発事故からまだ2年半しか経っていないのに…と感じたのも事実です。

9月3日に『経産省前テントひろば』を訪れた時、テントひろばの方々も9月25日に横須賀で行われる配備撤回を求める集会に参加して下さると伺いました。

とてもありがたい気持ちになりました。

ふだんあまり集会には参加しないのですが、その時、「僕も集会に参加してみよう」と思いました。

原子力空母配備撤回を求める9.25全国集会へ

そこで、本会議を終えていくつかの仕事を片付けてから、急いでヴェルニー公園に向かいました。

5周年にあたる今日、汐入のヴェルニー公園にて『原子力空母配備撤回を求める集会』が行なわれているのです。

全国集会のプログラムより

全国集会のプログラムより


会場はすでにかなり混んでいました。

それでもなんとか山城保男議員、『非核市民宣言運動ヨコスカ』の新倉さん、『たんぽぽ舎』のみなさんをはじめ、知りあいの方とも何人かお会いすることができました。

いろいろなのぼり旗。

いろいろなのぼり旗。全国から参加しておられました。


山城保男議員にステージの真裏まで連れていって頂き、真正面から1,400人の参加者のみなさまの姿を見渡すことができました。

ステージの裏側から。1400人もの参加者の姿は壮観でした。

ステージの裏側から。1400人もの参加者の姿は壮観でした。


山城さんのおかげで、シュプレヒコールも最前列で行なうことができました。

集会で採択されたアピールの全文を紹介します。

アピール

米海軍が横須賀基地に原子力空母ジョージ・ワシントンを配備して5年が経過しました。

私たちは、基地機能の強化と首都圏一帯に及ぶ原子力事故の危険性の両面から、その配備に強く反対し、全国の仲間の支援のもと全力で運動を進めてきました。

不発に終わったものの2度の住民投票条例直接請求など多様なとり組みは、多くの市民・県民の積極的な意思表示につながりました。

しかし、日米両政府はその声を無視して配備を強行したのです。

2011年3月11日に起きた東日本大震災による東京電力福島第一原発の過酷事故は、空母原子炉の危険性を再認識させる事態となりましたが、政府も米軍も依然として情報を隠蔽し、原子炉事故への対策は放棄しています。

それどころか国内の原発全てが停止している今日でも、米艦船の原子炉は何の規制も受けず特別扱いとなっています。

『米軍が安全と言っている』との無責任かつ非科学的な根拠は断じて許せません。

米国外で唯一の「空母の母港」は1973年のミッドウェー以来、40年間も続いています。

日本政府は米空母の母港化に際して、「母港の年限」は3~4年程度と偽り、「核兵器の持込み」が指摘されると、米国との間での骸密約」で地元自治体や住民を輻してきました。

空母配備以来、横須賀港は「日米安保の最前線」であり、米軍の前方展開戦略の最大の拠点 となったのです。

空母戦闘団は湾岸戦争やイラク、アフガンへの攻撃の主力でした。私たちの意思とは関係なく米国の世界支配を実現するための40年であったとも言えます。

自民党安倍政権の誕生で『米国追従からの脱却・日米関係の見直し』の議論は全てが反故 にされました。

あからさまな米軍優遇の一方で、集団的自衛権行使や自衛隊の増強を企図し、 改憲・「戦争をできる国」への転換を強引に進めています。

このままでは横須賀の街は「日米一体の軍都」に逆戻りし、旧軍港市転換法の趣旨とは相容れないものとなるでしょう。

憲法理念を無視し安保体制を優先する政策は、嘘と情報隠しで基地の機能を維持し、住民 の生活と命を軽視する人権侵害そのもので、民主主義の否定です。

欠陥輸送機オスプレイが配備された沖縄では、配備の前提とされた「日米合意」の飛行方法 が全く守られていない現実があります。

米国内では中止に追い込まれたオスプレイの低空飛 行訓練が普天間を拠点に全国で展開されようとしています。

空母艦載機の厚木基地での訓練は、突如として米軍の都合だけで実施され、現地住民や自 治体の声は届きません。

この訓練は最高裁で三度・違法と認定されているのです。

本集会に結集した私たちは、以下の点を確認しアピールとします。

  • 原子力空母ジョージ・ワシントンの母港撤回と脱原発社会の実現を一体的にすすめよう。
  • オスプレイの配備撤回を求め、沖縄への基地負担の押し付けをやめさせよう。
  • 米国の世界戦略・戦争政策への加担を拒否し、集団的自衛権の行使反対、「特定秘密保護法」 など民主主義破壊を許さず、憲法改悪を阻止しよう。

2013年9月25日集会参加者一同

そして、デモがスタートしました。

デモがスタート

デモがスタート


原発事故によって『脱原発』への関心が高まっても、なかなか横須賀が原子力空母の母港と化していることは意識されません。

「横須賀の軍港にうかぶ2つの原子炉(20130925改訂版)」より

「横須賀の軍港にうかぶ2つの原子炉(20130925改訂版)」より

そんな中でも、全国からこれだけの方々が集まって下さったことは大きな励みになりました。

「このまちの政治家として、もっともっと全国に向けて発信していかなければいけない」

と改めて思いました。

まだまだ諦めてはいけない。

がんばろう。

(後日談:神奈川新聞が2013年9月27日付で報じてくれました)
20130927kanagawa1
20130927kanagawa2
20130927kanagawa3

岸牧子さんという大切な存在/神奈川新聞「2013横須賀市長選」特集で岸さんが取り上げられました

神奈川新聞の市長選挙特集記事、最終回は岸牧子さんです

神奈川新聞が3回連続で『横須賀市長選挙』の特集記事を掲載しました。

第1回目は吉田市長でした。

23kanagawa


その最終回は、岸牧子さんでした。

とても良い感じの記事ですので、ご紹介します。

フジノは、市長選挙では岸牧子さんを支援はしません。

けれどもフジノにとって大切な存在であることにかわりはありません。

何故なら3.11以前から原子力軍艦への問題意識は全く同じだからです。

きっと市長選挙が終われば、『横須賀市民9条の会』や様々な活動をまた一緒にやっていかれるとフジノは信じています。

2013年5月23日・神奈川新聞より

2013年5月23日・神奈川新聞より


以下、引用です。

岸牧子氏、空母の是非を争点化

「『横須賀も攻撃の対象だ』と北朝鮮に名指しされて、実家からは『大丈夫なのか』と電話がかかってきた」。

横須賀市長選への出馬を決めた岸牧子が市内で開いたミニ集会。

出席した女性が、米軍基地に対する考えを

「無い方がいいのかもしれないが、今は仕方がないのかも」

と明かした。

別の集会では、参加者が

「基地で働いている人も多いし、国から交付金も出ている」。

岸たちが

「沖縄やフィリピンでは米軍基地が閉鎖された跡地が開発されて発展している」

と説明すると、相手はこう答えた。

「なんで、私、諦めちゃってたんだろう」

3月の出馬表明後、岸が40回以上にわたって重ねたミニ集会は「市民と議論して課題を考える形式」を取ってきた。

「これまでは政治に無関心だった人が考えを変えている」

と実感している。

日米両政府は2005年、横須賀基地に原子力空母を配備する計画を発表した。

地元では、配備の是非を住民投票で問うことを目指す運動が始まった。

「横須賀市民九条の会」の中心にいた岸は、住民投票の直接請求を目指した集会開催の担当者として奔走する。

だが、住民投票は2度にわたって市議会で否決され、実現には至らなかった。

08年には、横須賀に原子力空母ジョージ・ワシントンが配備された。

09年の前回市長選では、空母母港化の見直しを訴える候補者も名乗りを上げたが、現職市長の吉田雄人に敗れている。

吉田は現在「空母を現実のものとして受け止める」との姿勢。

出馬を表明している前副市長の広川さとみも「日米安全保障体制は東アジアの公共財」として、横須賀の空母部隊の存在を評価する立場だ。

「福島第一原発事故後、原子力災害の深刻さに気づいたのに、横須賀市長選では米空母が争点になっていない」。

年明けに岸の擁立が決まった。

5月18日夜。

市内で聞かれた政策発表会で、岸が聴衆に訴えた。

「横須賀を国の直轄地にするわけにはいかない。市民は寝た子にされてきたが、市民生活を最優先にする街にしよう」

原発ゼロを目指し、再生可能エネルギーの地産地消の普及を通じて地域経済の振興を目指すことなどが、岸の掲げる主要な政策。

ただ市政の実務を経験している吉田・広川に挑む立場として

「『基地や原発をなくそう』と言うだけでは、市民運動の域を出ない」

との意識も、岸にはある。

「街の将来像を示さなければいけないと思っている」




【略歴】
1956年生まれ。武蔵野美大卒。

美術教師などを経て、現在は園芸業。




【市畏選で掲げる主な政策】

  • 原子力空母の母港化撤回を国に要望
  • 再生可能エネルギーの普及
  • 放射能から子どもを守る
  • 住民投票制度の制定と市民の市政参画

(高橋融生)

(引用終わり)




今回、市内で様々な市民活動をしている方々は『市長選挙に候補者を擁立しない方針』でおられたようです。

みんな、うまく吉田市長に取り込まれてしまったようでした。

フジノは広川候補を応援する立場ですが、多くの市民活動を共にしてきたひとりとして『候補者を立てないという方針』をふがいなく感じましたし、とても悔しかったです。

だから、周囲の反対を押し切ってまでも、岸牧子さんが立候補を決断した時、「とても素晴らしいことだ」とこころから拍手を送りました。

市長選挙では他の候補を支援するフジノですが、岸牧子さんの生き方はとても立派で深く尊敬しています。



全国紙が「市長選挙」を全く報じない中、地元紙はがんばってます!

もう1か月後に横須賀市長選挙が近づいていますが、全国紙では報じてくれません。

そんな中、神奈川新聞はたびたび特集記事を組んで下さり、市民のみなさまに市政の課題や争点を報じてくれています。

誰が市長になろうとも、市民のみなさまが自分自身の想いを反映する為に考えた末に投票をして、市民のみなさまの代表として選ばれることが必要です。

フジノたちも情報発信に努めてはいますが、やはりマスメディアの威力にはかないません。

ぜひ神奈川新聞をみなさまご覧になって下さいね。



政策と政策をぶつける選挙を!/市長の決断に従った部長は問題なのか?

市長に限らず、政治家とは『政策』をぶつけあって、『政策』で市民のみなさまに選ばれるべきです。

いくら選挙がヒートアップしたとしても、『ネガティブキャンペーン』や『泥仕合』のような選挙には、フジノは絶対に反対です。

その意味で、1つの例を挙げて、今日は問題提起をしたいです。



「原子力空母母港化の担当部長だった広川さんはダメだ」という批判

あるHPでは、その広川さんを批判する文章が記されています。

他の立候補予定者である岸牧子さんを応援している『原子力空母の横須賀母港化問題を考える市民の会』のHPです。

原子力空母の横須賀母港問題を考える市民の会HPに記された広川さんへの批判

原子力空母の横須賀母港問題を考える市民の会HPに記された広川さんへの批判

こんな風に書かれています。

広川さとみ氏は、蒲谷市長時代の企画調整部長です。

『原子力空母母港化反対』を公約として平成17年6月の市長選挙に当選した蒲谷市長が、平成18年6月に『原子力空母母港化容認』に転じるポイントとなった、最初から容認ありきの『市民の意見をきく会』を仕切ったのも広川さとみ氏でした。

何としても、広川さとみ氏が横須賀市を仕切るような事態は御免願いたいものです。

これは『完全に的はずれな批判』です。

公務員であれ、会社員であれ、『組織に属している社会人』は、『上司の命令』に従うのが当然のルールです。

2006年当時、広川さんは企画調整部長でした。基地対策を所管している部署のトップです。

けれども、横須賀市の方針を決める最高責任者は『市長』です。『部長』ではありません。

  1. 選挙公約で『母港化反対』を訴えて当選した蒲谷前市長が『母港化容認』に転じたのは、当時の広川部長の責任なのでしょうか?
  2. 蒲谷前市長が決めた方針を、部下として遵守した当時の広川部長が、何故、批判を受けねばならないのでしょうか?
  3. 当時の広川部長は、蒲谷前市長に辞表を叩きつけるべきだったというのでしょうか?

広川さとみさんは『叩き上げ』の公務員として37年間にわたって全力を尽くしてきた方です。

公務員として、市長の命令を守るのは、当たり前のことです。

さらに公務員も会社員と同じですが、当然ながら私人としての生活があります。

広川さんは、家庭を持ち、お子さん3人を育てている父親です。

生活を捨ててまで、上司である『市長の命令』に背くとか、『意見を聴く会』をサボタージュするとか、市長に対して『辞表』を出してでも反対するなんてことは、あまりにも常識はずれで無責任です。

岸牧子さんのことをフジノは大好きなのですが、岸さんを応援している団体の1つによる『的はずれな批判』には、フジノは悲しくなりました。



どんなに批判を浴びても耐え忍ぶ「公務員」としての姿に感銘を受けました

また、「最初から容認ありきの『意見を聴く会』を仕切ったのも広川さんでした」とあります。

担当部長ですから仕切るのは『業務』ですから、これも当たり前です。

当時(2006年5月2日)、フジノもこの『意見を聴く会』について、蒲谷市長に意見書を提出しました。

しかし、蒲谷市長は現れませんでした。

かわりに担当部長である広川さんがフジノたちの意見書を受け取りました。

蒲谷市長のかわりにフジノたちの抗議に耳を傾ける広川さん(当時企画調整部長)

蒲谷市長のかわりにフジノたちの抗議に耳を傾ける広川さん(当時企画調整部長)

フジノたちがどれだけ厳しい意見を述べても、じっと忍耐でその言葉に耳を傾ける広川さんの姿に

「方針転換をしたのは蒲谷市長なのだから、部下に過ぎない広川部長には反論したいこともあるだろう。それでも一切の反論をせずに、私心を殺して上司を守る。さすが広川部長だ」

と敵ながらあっぱれという気持ちになったことをハッキリと憶えています。



政策と政策をぶつけあう市長選挙にしたい

今日はあくまでも1つの例を挙げました。

的はずれな批判は、政策論争とは全く無縁であって、民主主義を損なうことになります。

このまちの未来を良くする為に選挙に立候補するのですから、民主主義を発展させる選挙の闘い方を実践して下さい。

それぞれの立候補予定者を応援している方々は、政策論争をこころがけて下さい。

ぜひお願いします!



「市民の生命」は70億円、「ソレイユの丘」の建設費用より安い/原子力空母の母港化の見返りの再編交付金

「市民の生命」は70億円、ソレイユの丘の建設費用より安い

7日(月)に蒲谷市長が行なった定例記者会見の様子が新聞各紙で報道されたのをご覧になりましたか?

2008年1月8日・朝日新聞より

2008年1月8日・朝日新聞より


アメリカ海軍が原子力空母を横須賀に配備する『見返り』として、日本政府は横須賀市に『再編交付金』を支払います。

その金額は、約70億円です(横須賀市の算定額)。

原子力空母が事故を起こせば、どれだけ多くの死傷者が出るかは分かりません。

原子力発電所の場合には、半径10km圏を『緊急時に影響の及ぶ可能性のある区域(EPZ)』として国の原子力安全委員会が定めています。

これを原子力空母がやってくることになるアメリカ海軍横須賀基地を中心にあてはめると、横須賀・横浜・逗子・鎌倉・三浦・葉山がその中に入ります。

77万人がこの『EPZ圏内』に暮らしています。

EPZには77万人が暮らしています

EPZには77万人が暮らしています


あえて言うならば、77万人の命は70億円だと政府に値段をつけられたのだと言えるでしょう。

『市民の命』は70億円。

安く見積もられたものです。



フジノが建設に反対した「長井海の手公園ソレイユの丘」の建設費は75億円

フジノたちが建設に反対した『長井海の手公園ソレイユの丘』の建設にかかった費用は75億9714万円でした(取得費用、維持管理・運営費用、公園付帯施設の取得費用)。

原子力空母母港化の見返り再編交付金は、70億円。

これは『ソレイユの丘』1つ分の建設費用よりも少ないのです。

蒲谷市長は記者会見で70億円の使いみちを

「市民にとって夢のある事業に使いたい」

と述べています。

しかし、そもそも『ソレイユの丘』をつくらなければ、約76億円の税金が使われなかったのです。

このハコモノに浪費した76億円を使えば、原子力空母の見返りの70億円なんか無くても『夢のある事業』は自前でやれたのです。

これこそ、

「優先順位が間違っている、本当に情けない財政運営だ」

とフジノは強く批判します。

市長が記者会見でのべた使いみち、救急医療センターの診療科目の増設だとかAEDの設置だとか、こういう命にかかわることは『ソレイユの丘』なんか建設するよりも先にもっと早くやるべきことだったはずです。

それを市長は選挙公約を破って原子力空母を受けいれて70億円ぽっちの見返りを政府からもらって、どうして『夢のある事業』だなんて言えるのでしょうか。

本当に、情けないことです。

77万人の命が70億円とは...。