米軍人との離婚の大変さ・離婚後の生活の厳しさを救済する公的組織の立ち上げを提案しました/2014年12月議会

米軍人との離婚の大変さ・離婚後の生活の厳しさで「泣き寝入り」が「当たり前」になっている今の現実

先日もお知らせしましたが、1月24日の『よこすかひとり親サポーターズひまわり』主催による、国際離婚・国際離別についての法律相談にぜひいらして下さい。

「よこすかひとり親サポーターズひまわり」チラシより

「よこすかひとり親サポーターズひまわり」チラシより


この法律相談は、毎年開催しています。

このまちでは、『国際離婚』はもはや『当たり前のこと』だからです。

そして、残念ながら『泣き寝入り』も『当たり前のこと』になっています。

フジノはその『泣き寝入り』の現実を変えたいのです。

法律相談、どうか足を運んで下さい。

お願いです。どうかいらして下さい!



米軍人との離婚の大変さ・離婚後の生活の厳しさを救済する「新たな組織の必要性」を提案しました

当事者の方々(その100%が、日本人女性がひとり親です)から、数年前からずっとフジノはこの問題のご相談を受けてきました。

けれども調べても調べても、本当に何も救済する制度も法律も存在しないのです。

米軍人男性の完全な『逃げ徳』になっている、というあってはならない現実だけがあります。

フジノなりにいろいろ調べて、悩み考えぬいた結果、『横須賀市が新たな救済の為の組織を立ち上げるべきではないか』という結論に至りました。

そして、市議会でこの問題提起をする機会をずっと探していました。

昨年12月議会、生活環境常任委員会でついに行なった質疑が、下のものです。

2014年12月4日・生活環境常任委員会での質疑

フジノの質問

市民部は市民相談の窓口をさまざまに持っていらっしゃいます。

最近、いろいろ御相談を伺う中で、

「これは本当に窓口がなくてかわいそうだな」

と思ったのが米軍人の方々と離婚した後、逃げられてしまう。

社会保障ナンバーをもとに、米軍がその後の相手・離婚した旦那の行き先等を調べてくれるけれども、まず最初に市役所に相談しても、市役所から基地対策課を通じて米軍に行って、それから佐世保市に連絡がいってとか、いろいろなネゴシエーションがとてもつらいような状況をお聞きしました。

それで、そういう窓口がどうやら米軍基地の中では佐世保市にあるようで「いろいろノウハウを持っている」というようなお話を伺うのですが、とにかく離婚された女性の方が泣き寝入りせざるを得ないことを何件もお聞きしています。

それで、僕がご相談をお聞きした方が自ら一生懸命いろいろなことをやったノウハウをためていって、他の人の相談に乗っていってあげているという状況があるのですね。

その時に「それはとても大変ですね」というお話をしながら、その方に言われたことが

「いち市民にできることというのは限界があるので、行政が、特に横須賀市が他の市とも協力をしながら、何とか相談窓口に行けば、一緒に例えば養育費を確保できるようにするとか、そういう相談窓口を作って頂けないか」

というご相談をいただいたのです。

それは、市役所の中でもいろいろな部署が関係するとは思うのですが、まずは一番市民の皆さんの相談を受ける立場にある『市民部』に伺いたいと思いました。

米軍人の方との離婚専門の相談を受けられるような体制というのは、考えられないでしょうか。



市民生活課長の答弁

『市民部』の中で、市民相談室という部署を『市民生活課』のほうで持っておりますけれども、あくまでも一般的な御相談にとどまっておりまして、今のようなお話ですと、弁護士に実際は関わって頂くとかということになろうかと思います。

このお話は、私以前おりました部署(こども育成部)で関わっておりまして、状況は把握しておりますが、弁護士もどの弁護士でも受けられるという種類のものではなくて、 大変難しい問題だと思っております。

相談室のレベルでは、個別に弁護士を御紹介するというところもやっておりませんので、『法律相談』の中で、一般的な対応に今のところはとどまっているのかなと思います。


*質疑とは関係ない他の議員から「基地の中に『相談機関』がある」とのヤジが出ました。

フジノの質問

「(相談機関は)基地の中にありますよ」というお話もあったのですが、「現実には機能してない」というお話を当事者の方々からは伺う訳です。

いろいろな米軍の方がいらっしゃって、結局『退役』をしてしまえば、軍も追えなくなってしまうというようなことがあって、弁護士をお願いして日本で裁判をやって判決が確定しても、今度海外にいる相手に強制権が全然通用しないというようなことがある。

それで、今、課長もお答えいただいたのですが、なかなか市役所の中でも、専門的なノウハウを蓄積して、これについてサポートするというのはできないということで、谷間に落ち込んでしまっている。

ひとり親の苦しみを課長には寄り添って御理解いただいてありがたかったのですけれども、「これを何とかどこかの部署で支援できないか」ということ、せめて研究課題にしていただけないかと思うのです。

市民部には少し重いのかもしれないのですけれども、いかがでしょうか。



市民部長の答弁

「非常に重要な問題提起をしていただいたな」というふうには思っています。

ただ、実態として、今、ご答弁いたしましたけれども、すぐにそれをやるということができるようなノウハウもございません。

その点を含めて、どのような形でやったらできるのか、基地対策課も含めて相談をしながら、少し研究課題ということになると思いますが、御意見を承ったということで、御容赦いただきたいと思います。



フジノの質問

ありがとうございます。

今回、初めて問題提起させていただいたということで、自分もそのように考えていますので、ぜひどこかの形で、どこかの部局の中で問題提起をしていって、情報を共有して、問題を共有していただきたいなと思います。





この問題はあまりにも担当すべき部署が広く(市役所の部局を横断しなければなりません)、かつひとつの市だけで解決できないので、同じように米軍基地を抱える全てのまちが連携しなければならない重い問題です。

そのような重さを考えると、委員会での質疑ではなく、本会議での質疑を選ぶのが本来あるべき姿だとフジノは考えていました。

けれども、毎回フジノに与えられている本会議での質問時間は、わずか20分間しかありません。

その一方で、フジノが取り上げねばならない市政の問題は、山ほどあります。

しかも、本会議は1年間にたった4回しかありません。

12年間の政治家としてのフジノの任期はもはや終わりが近づいており、本会議での質問ができるのはラスト1回、2015年予算議会だけです。

だからずっとずっと問題意識を持ち続けてきたのに、米軍人との離婚・離別によって大きな被害を受けて苦しんでいるひとり親家庭の救済について、このままでは問題提起が行えない可能性がありました。

そこでフジノはこうした状況を考えて、あえて委員会質疑の場での質疑を行なうことに決めました。

全ての市民相談の入り口となる『市民部』に問題提起をすることで、他の部局との連携・他の市との連携によって「新しい支援体制」をゼロから研究し創りだしていくべきだと提案したのです。



ねぎしかずこ議員が共感して追撃の質問をしてくださいました

しかし、これだけでは終わりませんでした!

なんと、この後のねぎしかずこ議員(共産党)がフジノの質疑を受けて同じテーマで質疑を行なって下さったのです。

もちろん事前の打ち合わせなどは全く無し。

フジノの想いに共感して、あえて行なって下さった質疑です。

それはまさに援護射撃でした。

2014年12月4日・生活環境常任委員会での質疑

ねぎしかずこ議員の質問

先ほど藤野委員の方から、米軍関係者、退役した人を含めてですけれども、その方と結婚やおつき合いをして、またお子さんをもうけられている。

そういう方々が夫やおつき合いしていた人との関係が居所が分からなくなったまま米国に帰られて、その後なしのつぶてだという問題について、私も横で聞いていて、まさに私が今関わっている問題がそこなので質問させていただきます

これは『こども育成部』だとか『生活福祉課』だとかいろいろなところが力を合わせなければできないことなので、所管外のことになってしまうのかもしれないのですけれども、非常に重要な問題提起だと私も思って、何とか行政などが力を尽くさなければいけない問題だと捉えています。

(以下、略)

こうして、2人の市議からの質問に対して、答弁に立った市民部長は

「これから研究をしていきたい」

旨の答弁をしてくれました。

フジノにもねぎし議員にも、たくさんの『泣き寝入り』に追い込まれた当事者の方々の声が届いています。

今こそ、横須賀市がリーダーシップをとって、沖縄・佐世保などとも連携して、ひとり親の方々とそのこどもたちを守るべきです。



ぜひ、生の声をお聴かせ下さい

フジノは、政治家である限り、この課題をずっと取り組んでいきます。

ですから、どうか米軍人との離婚・離別によって大変苦しい想いを強いられているひとり親をはじめ、おこさんがいなくても離婚・離別で苦しんでいる方々の生の声をお聴かせ下さい。

とてもつらい体験をあえて政治家に話すのは、とても気が引けることだと思います。

それでもどうか、お話をお聴かせ下さい。

よろしくお願いします。



NICUのこどもたち、出産の瞬間/DAYSフォトジャーナリズム祭in横浜赤レンガ倉庫

NICUのこどもたちの写真

先月、写真誌の『DAYS JAPAN』(2013年8月号)を読みました。笑顔の赤ちゃんの写真の表紙に目を奪われたからです。

「DAYS JAPAN」2013年8月号

「DAYS JAPAN」2013年8月号


『いのち 1.生まれる、2.未来を守る』という特集で、写真家の宮崎雅子さんによる『NICU(新生児集中治療室)』の赤ちゃんたちの写真が12ページにわたって掲載されていました。

『NICU』は、生まれてきた全てのこどもたちを守る為に、とても大切な存在です。

政治家としてもフジノにとっては重要なテーマで、

  • 2012年度から休止している市民病院の『NICU』を再開したい
  • 三浦半島全体の『NICU』のベット数を増やしたい

などの提案を続けてきました。

『NICU』退院後の赤ちゃんのお話を市民の方から伺う機会はたくさんあるのですが、政治家であってもふだんは『NICU』に入れる機会はなかなかありません。

実際にフジノが『NICU』の中に入らせてもらったことは、2005年6月、市民病院への視察の1度だけしかありません。

あとはテレビのドキュメンタリーや、こうした写真集を通してしか、現場の中をかいまみる機会はありませんでした。

今回初めて知ったのですが、おととし(2011年)、宮崎雅子さんの出版したこの本が『NICU』で働く医療・看護職の人々と赤ちゃんとそのご家族を撮影した日本で初めての写真集なのだそうです。

「NICUのちいさないのち」宮崎雅子・メディカ出版

「NICUのちいさないのち」宮崎雅子、メディカ出版、2011年


この本を通して、視察などでは決して見ることができないたくさんの姿に出会いました。

「Mother いのちが生まれる」宮崎雅子、医学書院、2011年

「Mother いのちが生まれる」宮崎雅子、医学書院、2011年


宮崎さんは、妊婦さん・助産師さん、妊娠・出産の瞬間などを20年以上にわたって撮影し続けてきた写真集も出版しておられます。

とても印象的な写真ばかりでした。



いのちの地球(ほし)に生きる

その宮崎さんの写真をはじめとする、6つの企画展示が横浜・赤レンガ倉庫1号艦で今日からスタートしました。

「いのちの地球に生きる」チラシ

「いのちの地球に生きる」チラシ


開催初日の今日、フジノも見学に行ってきました。

会場の前にて

会場の前にて


宮崎雅子さんのコーナー。

『NICU』の赤ちゃん、ご家族の姿。

妊婦さん、今まさに胎児が生まれてくる瞬間、出産したばかりの母親。

この世に生まれてきた新しいいのちの数十枚の写真を見ることができました。

6つの企画展示

6つの企画展示


その一方で、他のコーナーでは末期がんの女性が亡くなるまでの数十枚の写真を通して、いのちが消えていくまでを見つめました。

珍しい動物たち。

沖縄。福島。チェルノブイリ。世界中の戦場。

写真によって切り取られた世界のあらゆる現実を、わずかな時間の中で、一気に見せられ、圧倒されました。

フジノは『NICU』のこどもたちやご家族やそこで働く医療・看護職の方々に関心があって見に行ったのですが、他のコーナーもとても印象に残りました。

ぜひ関心を持たれた方は、足を運んでみて下さいね。

赤レンガ倉庫

赤レンガ倉庫

『いのちの地球(ほし)に生きる』

・開催期間:2013年8月16日(金)~8月28日(水)
・時間:平日・日曜12:00~18:00(金・土曜は19:00まで)
 *最終日は16:00で終了

・入場料:大人500円(高校生以下、70歳以上、障がい者無料)
・主催:DAYS JAPAN
・後援:日本写真家協会、日本写真協会、東京都写真美術館、読売新聞
・企画展示

(1)「触れる地球とびっくり動物」

アニマルワールド「びっくり動物写真展」

(2)「いのちのかたち~誕生・成長・老い・死~」

お母さんから赤ちゃんが生まれる瞬間、家族が出来てやがてその家族がさらに拡がる瞬間、最期の時を迎え家族に看取られる瞬間。「いのち」のフォトストーリー。

写真: 宮崎雅子、大塚敦子、ブルース・オズボーン

(3)「沖縄 人々が心に焼きつけた記憶」

「沖縄タイムス」や現地の高校生が伝える沖縄、他。

(4)DAYS JAPAN写真展「地球の上に生きる2013」

第9回DAYS国際フォトジャーナリズム大賞受賞作品。シリア内戦、アフリカで急増する難民など約60点を展示。

(5)広河隆一「チェルノブイリから福島、そして世界の戦場」

2面大型スクリーンで体験する、フォトジャーナリスト広河隆一が撮り続けた世界

(6)「拝啓、震災後を生きるこどもたちへ、大人たちへ」

これからを生きるこどもたちのために何ができるのか。チェルノブイリから学ぶ、福島の今とこれから。福島のこどものための保養施設「沖縄・球美の里」写真展。「沖縄・球美の里」の子どもたちが撮った久米島。

お問い合わせ:yokohama2013@daysjapan.net

20130816landmark



【続報】「米軍の夜間外出禁止令の緩和」に対して吉田市長が甘いコメント/神奈川新聞が報じてくれました

神奈川新聞が米軍の発表を報道しました

けさ、神奈川新聞が昨日の米軍の発表を報じました。

2013年2月14日・神奈川新聞より

2013年2月14日・神奈川新聞より


記事の全文は下の通りです。

在日米軍が夜間外出禁止令緩和、「重大事件減った」

在日米軍は13日、米軍人による事件の続発を受けて発令していた夜間外出禁止令を緩和した。

これまでの午後11時~翌日午前5時の外出禁止を解除し、新たに勤務時間外の行動指針に切り替えた。

在日米軍司令部(横田)は理由について「(発令から)4カ月間で重要な問題への対処が前進しており、重大事件の件数が大きく減った」としている。

新たな行動指針では、給与等級「E5」(海軍は2等兵曹、陸軍・海兵隊は3等軍曹が相当)以下のみを対象に、午前0時から5時まで外出を禁止とする。飲酒は午前0~5時の時間帯で禁止とする。

勤務時間外の自由時間を得る条件として、研修も義務化した。

軍の基本的価値や性犯罪の防止、日本文化を内容とする講習を12カ月以内に受講していることが必要としている。各軍の判断で厳しい措置を取ることもできる。

昨年10月に沖縄で起きた米軍人による女性集団暴行事件後、在日米軍当局は国内の全軍人を対象に夜間外出禁止令を発令していた。米海軍第7艦隊も事件を受けて飲酒規制を独自に発令したが、現在は緩和されている。

吉田雄人・横須賀市長は同日

「各司令官に厳しい措置の裁量を与えるなど実効的な指針として一定の評価をしている。今後も緊張感を持って綱紀粛正に取り組んでほしい」

との談話を発表した。

フジノは朝日・毎日・神奈川を購読しているのですが、毎日はベタ記事で報じただけ。

朝日は社会面で報じていましたが、市長のコメントは掲載されていませんでした。

神奈川新聞の記事がフジノにとっては最もありがたかったです。さすが地元紙ですね。



吉田市長の甘いコメントに強い不満をおぼえました

吉田市長の談話が報じられました。

「各司令官に厳しい措置の裁量を与えるなど実効的な指針として一定の評価をしている。今後も緊張感を持って綱紀粛正に取り組んでほしい」





実際にはもう少し長いコメントだったのかもしれませんが、正直なところフジノは市長のコメントには「うーん...」という感じでした。

そもそもフジノは「夜間外出禁止や禁酒令という命令を発することだけでは犯罪を防ぐ効果は無い」と考えています。

むしろ、「抑圧的な命令を長期的に続けると逆効果なのではないか」と考えてきました。

それよりも、「もっと具体的な対策(フジノが市議会で提案してきたのは、IDカードによる米軍基地からの入退出管理を行なうことなどです)を細かくとること」、さらに「研修の内容を精査していくこと」が必要だと考えています。

その意味では、具体的な対策が見えないままに規制を緩和したこの米軍の対応に、フジノは不満です。

さらに、そうした米軍の対応に一定の評価を与えた吉田市長のコメントにも、フジノは強く不満です。



横須賀市長に求められる2つの対策の両立

横須賀市長には、矛盾しかねない2つの対策を両立させることが常に求められてきました。

  1. 本町・汐入地域の飲食店をはじめとする商店街の方々の経済的な苦境を取り除くこと
  2. 米軍による犯罪を減らす上での実効性のある現実的な対策を取ること

この2つを両立させねばならないのです。

1は、市長自身が市の政策によって対応できることです。

けれども2は、市の政策だけで実現できることは多くありません。政府やアメリカ政府・米軍に対して、根気よく訴え続けなければなりません。

今回の米軍による夜間外出禁止令の緩和は、1の為には良い効果を及ぼすとは思いますが、2の為には全く効果が見込めません。

横須賀市長ならば、もっと強く市民の安全を守る為の現実的な対応を米軍に求め続ける必要があるはずです。



相次ぐ米兵犯罪への実効性ある対策の必要性について/発言通告書(その5)

5.夜間外出禁止令さえ守れずに相次いでいる米兵による事件への、米軍へのより実効性のある具体的対策を提案する必要性と、本市独自の取り組みの必要性について

10月16日の沖縄県での米兵による集団強姦致傷事件を受けて、米軍は夜間外出禁止令を発したものの、禁止時間帯に外出した米兵による事件が相次いでいる。さらに11月23日には、米海軍横須賀基地に所属する米兵が公然わいせつ罪によって逮捕された。

国内外で広く取り入れられている環境犯罪学の『割れ窓理論』に基づけば、こうした軽微な秩序違反行為をしっかり取り締まらなければ、いずれ凶悪犯罪を含めた犯罪が起こりうる。


本市ではかつて複数の強盗殺人が起きているが、絶対に再発させてはならない。その為にはまず実現可能な具体的な対策から1つずつ実施していく必要がある。そこで、以下の3点を問う。

(1)米海軍横須賀基地のゲート等で入退出を把握できるシステムは設置されているか

11月19日に沖縄県の基地防災統括監が在沖縄米海兵隊のウィリアム・トルーアクス政務外交部長と面会した際に、全ての兵士の外出チェックは困難だとの考えを示したと報道された。入退出の履歴管理は民間企業ではもはや当たり前だが、米軍では、こうした極めて基本的な措置さえ成されていないと言える。

①米海軍横須賀基地でも、現在、入退出は把握できていないのか

②もし把握できていないのであれば、入退出履歴管理システムの導入などを米海軍に提案すべきではないか

パスモのようなICカードによるシステムは、廉価で設置できる。また、米軍基地内の兵士用宿泊施設には出入り口と各部屋に入退出管理システムが導入されている実績が報告されている。

もしも基地からの入退出が把握できていないのであれば、入退出履歴管理システムの導入を米海軍に提案すべきではないか。

(2)本市もできる取り組みを行なうべきではないか

米軍による綱紀粛正の徹底は当然だが、本市もできる取り組みを自ら行なうべきではないか。平成18年3月に設立された『基地周辺地区対策協議会』を再開するなど、本市が決断すれば実施できる取り組みを積極的に行なうべきではないか。



沖縄で発生した米軍人による事件への再発防止策

南関東防衛局から「参考情報」が寄せられました

沖縄での米兵犯罪に対して米軍が発表した再発防止策について、今日、南関東防衛局から「参考情報」が横須賀市に寄せられました。

ジョージ=リトル国防次官補代行による声明発表

仮訳

沖縄での暴行事件に関する声明

ジョージ・リトル国防次官補代行(広報担当)は次の声明を公表した。

我々は、10月16日に起きた米兵2人による日本人女性暴行事件の捜査において、日本政府及び関係する地元当局と緊密に協力している。国防省は、米兵による不祥事に関係するあらゆる事件と事件の容疑を深刻に考えており、協力の継続を約束する。我々は、本事件の被害者が被ったであろう悲しみとトラウマについて大変遺憾に感じている。在日米軍は日本政府と積極的に関与しており、米海軍は沖縄の当局が捜査を継続するにあたって、彼らに完全に協力している。また、我々は、責任ある行動を確保するとともに、米軍を受け入れている地元社会との良好な関係を維持することに対する我々のコミットメントを示すための一連の措置を検討しており、まもなくそれを発表することになるだろう。

プレスリリース。

プレスリリース

プレスリリース

下記の日本語文書は参考のための仮翻訳で、正文は英文です。

報道資料

米軍施設外への外出制限及び研修に関する在日米軍司令部からの報道発表について

横田基地ー在日米軍司令官のサム・アンジェレラ中将は在日米軍施設の外出制限及び研修の期聞について新たな総員命令を以下の通り発表する。

「在日米軍司令官として勤務できることを光栄に思っております。軍人として与えられる信用と責任のため、我々にはより高度の行動規範が求められます。

被害者の方の苦しみと精神的苦痛に対して、そして沖縄県の皆様の怒りのお声に対して私から直接謝罪いたします。太平洋軍司令官に承認された権限により、出張および駐留に関わらず日本にいる全軍人に対して、直ちに外出制限令を発します。加えて、軍人および軍属に対して基本的価値の再研修を各司令官によって実施し、数日から数週間かけて在日米軍の勤務時間外行動の指針を検証いたします。詳細に関しては追って発表いたします。

日本は我々のもっとも大切な同盟国の一つであり、もっとも信頼するパートナーであり、太平洋地域の平和と安定の基盤であります。日米関係が引き続き堅調を維持できるよう最大限の努力をして参ります。」

総員命令の主な内容は以下の通りで2012年10月19日金曜日の牛後11時から施行される

・日本に駐留または出張などで一時的に滞在している全ての米国軍人を対象とする。
・外出制限の指針
・米軍施設外への外出制限は午後11時から朝5時まで毎日施行される。
・上記の外出制限の時間帯には軍人はいずれかの場所にいなければならない。
1.米軍施設内
2.米軍施設外であれば個人の住宅内
3.出張または休暇の場合は滞在先の部屋を含む宿舎内
・この総員命令に違反した者は統一軍法(Uniform Code of Militery Justice)によって刑罰を受ける事になる。