雪の元旦/ひとり自殺対策街頭キャンペーン2014-15

元日も「ひとり自殺対策街頭キャンペーン」へ

今日は、2015年1月1日。新しい年になりました。

市民のみなさまにとって今年がより良い1年になることをこころから祈っています。

フジノは政治家に転職して12年が経ちました。

その間、ずっと『年賀状』は一切出していません。また、政治家として招かれた『忘年会』『新年会』も徹底的に全てお断りしてきました。

2015年1月1日「ひとり自殺対策街頭キャンペーン」に立つフジノ

2015年1月1日「ひとり自殺対策街頭キャンペーン」に立つフジノ


警察・消防・救急・自衛隊・医療福祉関係者のみなさまと同じように、元旦であろうと全くカンケーなく、フジノはいつもどおり働いています。

政治家の仕事は「市民のみなさまのいのちを守ることが全てだ」と信じています。

この仕事に就いている限り、フジノにとって年末年始はカンケー無い。

12年間ずっとそう信じて今日まで働いてきました。

2015年になっても、その信念は全く変わりません。



初雪の為、横須賀に残る決断をしました

ところで、天気予報通りだったとはいえ、『初雪』が降ったことにはとても驚きました。

市内の地域によっては強く降ったものの、「それほど長く続く雪ではない」との予報でした。

けれども、フジノは昨年2月の大雪がどうしても頭をよぎってしまいました。

横須賀市の『地域防災計画』に『雪害』への対策が今年から正式に加わることになったのですが、その提案をしたのはフジノです。

だから、「もしも『雪害』に伴う何らかの出来事が起こりうるならば、フジノはそれを全て見届けねばならない」という責任を感じました。

もともとフジノの今日のスケジュールは、お昼過ぎ『ひとり自殺対策街頭キャンペーン』を終えて、午後は渋谷・宮下公園前の『越年・越冬』支援のボランティアに向かうというものでした。

でも、「雪がおさまるまではとにかく市外に出るのはやめよう」と判断して、横須賀に残りました。

元旦から4日までの4日間は、渋谷での支援活動(『のじれん』)のボランティアにどうしても行きたかったので、無念さと悔しさをとても感じました。

「越年・越冬」の活動(その2)渋谷・山谷

「越年・越冬」の活動(その2)渋谷・山谷


こればかりは仕方がありませんが、それでももどかしくてたまりませんでした。。



元旦に街頭に立つことの「ご褒美」

雪がおさまって、すぐにいつもどおり『ひとり自殺対策街頭キャンペーン』に立ちました。

今日は初めての場所(ワイデッキ下広場にあるJTBの前)で活動を行ないました。

JTBの前で初めて活動を行ないました

JTBの前で初めて活動を行ないました


ところで、元日からちゃんと働いていると、『神様からのご褒美』みたいな出来事が起こるものです。

昨年1月1日の『ひとり自殺対策街頭キャンペーン』では、とても懐かしい再会がありました。

今年は、『里帰りしていた親友』がわざわざワイデッキまで来てくれました。すごく嬉しかったです。

里帰りしていた親友が撮影してくれました

里帰りしていた親友が撮影してくれました


ものすごく嬉しかったです。

明日こそ、市内での市民相談・街頭キャンペーンを昼までに終わらせて、都内の路上生活者支援に向かいたいです。

全国のみなさまに「ぜひご参加ください」とお願いしておきながら、フジノ自身が行かないのでは失格だと思います。

明日こそ、必ず参加します!

今年も1年間、全身全霊をかけて働いていきたいと思います。

市民のみなさま、今年もどうぞおれをこきつかってください。

働くぞ!



京急の横須賀中央駅に「青色照明灯」が設置されました/ハード面での自殺対策

横須賀中央駅に青色照明灯が設置されました

先日は汐入駅に設置された青色照明灯を紹介しましたが、今日は横須賀中央駅です!

こちらが実際に設置されたところです。

端っこの青い色の部分がそれです(ホーム中央から、汐入駅川を観た所)

端っこの青い色の部分がそれです(ホーム中央から、汐入駅川を観た所)


神奈川県からの補助金(地域自殺対策緊急強化交付金・鉄道整備事業)を利用して、京浜急行は横須賀市内の3駅(汐入・横須賀中央・県立大学)に「青色照明灯」を設置します。

平成25年度の神奈川県の自殺対策の取り組み(かながわ自殺対策会議・資料より)

平成25年度の神奈川県の自殺対策の取り組み(かながわ自殺対策会議・資料より)


その為の工事が1月16日からスタートして、2駅が無事に完了。

壁に反射して、反対側のホームにも青い光が届いています

壁に反射して、反対側のホームにも青い光が届いています


来週中には、ラストの県立大学駅への設置も終了予定とのことです。

雪と青色照明灯

夕方から、横須賀も雪が降りました。

ふと雪に目を奪われるように、自殺へと追い込まれてしまった方々がこの青い灯りによって、一瞬で良いから関心が自殺からそれることを願ってやみません。

青色照明灯の効果は、その灯りを浴びているその場限り。

だから、自殺対策に取り組んでいる関係者の中からは「根本的な自殺対策は生活支援こそ。こんな青色照明灯の設置は小手先だ」といった批判もあります。

でも、その批判は的外れです。

一生涯ずっと効果を持つ根本的な対策なんて、存在しないのです。

人はいつだって、生きることと死ぬことのはざまで揺れながら、なんとか一日一日を生き延びているだけなのです。

この青色照明灯は、ある一瞬だけで良いから追い込まれている複数の要因でいっぱいになっているこころを、死ぬこと以外にも違う可能性があるかもしれないと振り向かせる為のものなのです。

自殺対策とは、突き詰めればどの対策にも永続的な効果なんてありません。

むしろ、ささやかな効果しかありません。

そのささやかな効果をとにかく積み重ねていくしか無いのです。

どれが効果が高い、どれが効果が低い、なんてことを言っているヒマがあれば、全部やるんです。

いのちを守るということは、ある一瞬の積み重ねを永遠に続けていくことなのですから。

どうか効果が表れますように。

どうか効果が表れますように。


雪が降るだけで、人のこころは奪われます。

雪が降るだけで、人のこころははやります。

その一瞬だけで、少し元気が出たりするものなのです。

そんな雪と同じような効果を、フジノは青色照明灯に期待しています。