デング熱に感染した横須賀市民はすでに軽快し退院しました/市の対応が市議会(教育福祉常任委員会)に報告されました

今回の事態を受けての「横須賀市の対応」を報告します

先日のフジノブログにおいて、横須賀市民の女性が『デング熱』陽性反応が出た件について、情報提供と対応を報告しました。

そして今日、開会中の9月議会(教育福祉常任委員会)において、健康部から改めて報告がなされましたので、お伝えします。

教育福祉常任委員会に追加提出された報告

教育福祉常任委員会に追加提出された報告


その内容は、以下の通りです。

デング熱への対応について

  1. 経緯

    平成26年8月29日、横浜市から、横須賀市内在住の方が横浜市内医療機関にデング熱に感染している疑いで入院している旨の連絡が保健所にありました。

    • 患者は10歳代女性、海外渡航歴は無い。
    • 8月16~18日 都立代々木公園周辺に滞在
    • 8月23日 発熱等の症状が出現し、医療機関を受診
    • 8月28日 症状が軽減せず、医療機関を再び受診
    • 8月29日 横浜市内の医療機関を紹介受診し、同日から入院
    • 9月1日 症状が軽快し、退院

    関係者の調査の結果、患者が発症前に都立代々木公園周辺で『デングウイルス』を保有している蚊に刺されて感染した可能性が疑われています。

  2. 対応

    (1)市民対応

    (2)医療機関対応

    • デング熱の国内感染が疑われる事例においては、診断前であっても速やかな情報提供を依頼

ご不安があれば、保健所・かかりつけ医療機関にぜひご相談下さい

デング熱の症状は、厚生労働省のQ&Aページなどでも紹介されているとおり、適切な治療を受ければ1週間ほどで回復するものと言われています。

2014年9月2日・朝日新聞より

2014年9月2日・朝日新聞より


実際、すでに横須賀市民の女性は症状は治り、無事に退院もしておられます。

フジノからお伝えしたいことは「恐れすぎないで下さい」というお願いです。

先日のブログで記したことの繰り返しになりますが、

  • 蚊に刺されないように長袖・長ズボンを着ること
  • 蚊避けのスプレーなどを利用すること
  • 発熱などの症状にご不安があれば保健所やかかりつけ医療機関に相談すること

がオススメです。

また、今後も市民のみなさまにお伝えすべき情報はどんどん発信していきます。

ご質問があればいつでもメールやツイッターなどでフジノまでお願いします。

【市長への質疑2】生活保護を受けている高齢者・就学援助を受けているこどもたち

前回に続いて、市長への質疑の内容を発言通告書から紹介しています。

続いての質問は、「新たな基準引き下げ」をする以前に「現時点」でもあらゆる課題があることを指摘して、改善を求める内容です。



1(2)生活保護を受けている高齢者の困難

(2)現時点での生活保護・低所得者対策の課題の把握と対策について

(1)でとりあげた「今後」についてだけでなく、「現時点」での生活保護・低所得者対策についても、いくつも課題が存在する。

生活保護を受給している要介護の高齢者の方々に「施設入所」が必要になった場合、「待機期間」がかなり長期に及んでしまい対応に苦慮していると複数の民生委員の方々からご指摘を頂いた。

特別養護老人ホームの多床室と個室ユニット型では居住費・食費など自己負担に差額があり、多床室に空きが出なければ施設側が受け入れないことが待機の長期化の原因とのことである。

(質問)
ア.生活保護を受給している要介護の方々が施設サービスを受けることが困難な状況があるとの指摘に対して、本市としてそのような事実を把握しているか。もし事実であれば、どのような対策を取っているのか。



1(2)「貧困の連鎖」を止める為に

「貧困の世代間連鎖」を無くすには学校における「教育を受ける機会の保障」が最も有効だと私は考えており、小中学生への就学援助と高校生への『奨学金』について教育長に伺いたい。

(質問)
イ.小中学校における要保護・準要保護世帯への各種の就学援助について、本市教育委員会の申請に対する却下数はここ数年間どのような推移をたどっているか。却下の理由はどのようなものか。

(質問)
ウ.中学校で就学援助を受けていた生徒の高校進学率は把握しているか。

本市では就学困難な本市在住の高校生に『奨学金』を支給している。

昨年9月議会において、現在の『奨学金支給事業』の金額の妥当性や成果が得られているかを検証する為に、高校生たちに生活状況のヒアリングや意見を伺うべきだと私は提案した。

また、『奨学金』の支給金額を上げることと支給する対象を増やすことへの要望が毎年出されているが、単なる拡大ではなく、地域の行事への積極的な参加や地域の高齢者のサポートなどを条件として課した上で実施してはどうかとも提案した。

その検討状況について伺う。

(質問)
エ.『奨学金』を支給した高校生たちに生活状況のヒアリングや意見を伺うという取り組みは、今年度行なっていくのか。

(質問)
オ.『奨学金』の支給について、新たな在り方を検討したか。




次回に続きます。



横須賀美術館1年目、3億5472万円の赤字でした/このムダをカットして、奨学金を増額したい

美術館1年目、3億5,472万円の赤字でした

今日は、オープンから1年が経った横須賀美術館の決算を報告します。

教育委員会の決算説明書よりフジノが作成
収入支出
観覧料7310万円給与1億3180万円
駐車場使用料1329万円運営事業費1億1517万円
書籍売払代など1251万円管理事業費2億1016万円
若林奮展への助成金350万円
(合計)1億240万円(合計)4億5713万円

横須賀美術館スタート1年目はマイナス3億5473万円でした。

この赤字3億5473万円は、市民のみなさまの税金で穴埋めしました。

また、建設にあたっての借金(市債)残高は40億943万8632円です。完済までに25年間かかります。

また、フジノが特に問題視していた、非常勤で月わずか4回しか現場に来ない館長ですが、実際に支払われた報酬は

1日2万6,000円×33回=85万8,000円



1年間でわずか33日間月わずか2.75日です。

横須賀美術館の館長は、現場にほとんどいなくて勤まるんですね。

なんだかなぁ...。



もしも3億5473万円を別の使い道ができたならば(その1)交通事故遺児への「奨学金」

財政の厳しい横須賀において、福祉の財源を確保する為には美術館を今つくる必要は絶対に無い、と建設反対を訴えてきたフジノにとって

どんなハコモノもスタートの年は『ご祝儀相場』となってたくさん入場者があるにも関わらず、こんなに多額の赤字が出ていることが不快でたまりません。

美術館の管轄は、教育委員会です。

教育委員会には他にもいろいろな事業があります。例えば...

交通事故によって一家の生計の中心の方を亡くしてしまった小・中学生・高校生をサポートする為に、横須賀市では、『奨学金』を支給しています。

その金額は、

  • 小学生では1ヶ月9,000円
  • 中学生では1ヶ月1万円
  • 高校生では1ヶ月1万1,000円

です。

小中学校・高校に入学した時には新入学時の加算として、約8万円が支給されます。

今年の『交通遺児対策事業費』は、わずか377万1,326円でした。

そこで、もしも美術館の運営費の赤字3億5473万円を別の使い道ができたならば、フジノは、この交通遺児支援事業の予算を10倍にします。

1ヶ月わずか9,000円や1万1,000円をもらっても、一家の大黒柱を失ったことによる暮らしの厳しさは全く変わりません。

例え、10倍にして小学生9万円、中学生10万円、高校生11万円にしてもひとり親の家庭の生活の厳しさはやっと少しマシになるだけです。

今の10倍に増やしても、必要な予算は3771万3,260円です。

3771万円をこの交通遺児支援に使ってもまだまだ3億1700万円も余ります。

美術館の運営費の赤字3億5473万円をもしも別の使い道ができたならば、生活苦や経済苦に追い込まれている家庭をどれほど今よりもマシな状況に変えることができるでしょう!

このまちは、人を育てることの大切さを理解していない。

こどもたちの未来に投資すれば、どれほど希望に満ちた世界へとこどもたちが進んでいかれるか分かっていない。

こどもたちの未来に投資することは実は、今の世代を救うことでもあることをこのまちは理解していない。



もしも3億5473万円を別の使い道ができたならば(その2)低所得世帯の高校生への「奨学金」

教育委員会の取り組みで他にはこんな事業があります。

家庭の経済的な理由でこの生徒は高校に進学するのは困難なのではないかと中学校の先生が判断した中学3年生について、中学校の先生の申請に基づいて審査の末に、横須賀市は高校生に『奨学金』を支給しています。

『奨学金』といっても、毎月わずか1万円です。

中学校の先生が申請してくれても、その申請が全員分がOKになるのではなくてかなりの数が、落選します。

何故なら、1学年50人という枠が付けられているからです。

そこで、2007年度に『奨学金』が支払われたのは152名(1~3年各50人プラス定時制の第4学年2名の合計)へ『奨学金』にかかった費用は、1809万円でした。

さて、くりかえすまでもありませんが、毎月たった1万円で、どれだけ生活が救われるのでしょうか。

フジノの高校時代にも大学時代にも家庭が経済的に厳しくて、新聞配達をしている友達がいました。

早朝と夕方、毎日新聞配達をしてようやく生活費と学費の支払いが何とかなっていました。(新聞奨学生というものです)

そのかわり、部活動にもサークルにも一切入れずに残念ながらバイトに明け暮れて過ぎていった学生時代でした。

それはそれで意味が十分あることです。人は誰もがみな、いずれ働くのです。他人よりも早く働きはじめることは大きな意味があるでしょう。

しかし、一方で他のこどもたちのように、勉強に部活動に安心して取り組むことはできていませんでした。

そこで現在に話を戻します。

もしも政治家フジノの想いが実現していて美術館を建設せずに済んでいたら、そして、今年の美術館の運営費用の赤字である3億5473万円を他の使い道ができたならば、やはりフジノはこの『奨学金』を10倍にします。

それでも予算は1億8090万円です。美術館の赤字の3分の1にしかなりません。

交通遺児への『奨学金』を10倍にしても、経済困窮の高校生への『奨学金』を10倍にしても、それでも美術館の赤字よりも少なくて済むのです。

あなたはどうお考えになりますか?

はからずも交通事故で親を亡くしてしまい、ひとり親のもとで厳しい生活をしているこどもの為に税金を使ったり

「家庭の経済状態が悪くても、この子は高校へ行かせてあげたい」

と中学校の先生が判断した生徒の為に税金を使ったり、それは、未来への投資ではありませんか?

フジノはこれこそ税金の正しい使い道だと信じています。親の経済格差をこどもに押しつけない、格差を打ち破る政策です。

美術館の運営と、恵まれないこどもたちの未来と、あなたはどちらが大切だと考えますか。

フジノは政治家として、こどもたちの未来を選びます。



だから、決算を認定しません

さらに、2007年度予算議会にて反対討論を行なったものですが

横須賀市はこの2007年10月から精神障がいのある方々の通院医療費補助を打ち切ってしまいました。

これは全国に誇れる本市独自の制度でした。

精神障がいのある方々は働くことがなかなかできない為に生活費さえ苦しくて、病院に通いたくてもその通院費用さえ出せない、

そんな状況を改善する為に、通院の費用は市が補助をしてきたのです。

予算はわずか3000万円でした。

しかし、蒲谷市長はこれを廃止、全額カットしたのです。

2007年10月の廃止から、数ヶ月が経ちました。そこでフジノは委員会で質疑を行ないました。

「この打ち切りによって、病院に通うことができなくなった精神障がいのある方々がどれだけ存在するのか、追跡調査したのか?」

「把握していません」

という答弁でした。

こんなていたらくです。

人の命を守るのが政治家の仕事だという信念に基づいてフジノは政治家として、この決算は絶対に認めません。

つまり、不認定です。

このまちは、優先順位が間違っています。

100周年を祝うイベントを行なっている暇があれば、100人もの方々が毎年自殺に追い込まれている本市の現状を変える為にもっと本気になるべきです。

今の横須賀市は間違っています。

市民のみなさまは、いや、あなたはどう思いますか。



「国際ユースフォーラム~外国語スピーチ、パネルディスカッション&交流会」へ/フジノが絶対30年後も続けたい、注目の新規事業

『国際ユースフォーラム』に行ってきました!

今日は、13時から17時まで市立横須賀総合高校SEAホールで行なわれた

『国際ユースフォーラム~外国語スピーチ、パネルディスカッション&交流会~』

(主催:横須賀市・NPO法人横須賀国際交流協会、後援:神奈川県教育委員会・横須賀市教育委員会)

に行ってきました!

これは、政治家フジノにとって『2007年度の注目の新しい事業』の1つです。

今年度は3月31日で終わりなので

「年度末ギリギリでついに実現した!やった!」

という気持ちでいっぱいです。

フジノの筆力・説明能力の低さからこのフォーラムのメリットを書ききるのはムリですが、この『フォーラム』には、いくつもの大きな意味があるのです。

去年の2月末、予算案を担当部署にヒアリングをしながら
 
「これはどんなことがあってもこの先30年は続けるべきものだ」
 
と、フジノは考えました。

そして、実際に行なわれた現場を見に行ってその想いは確信に変わりました。

例え、時が経って、横須賀市やNPO国際交流協会の担当職員が全て入れ替わったとしても
 
「これは続けていかなければならない大切なイベントだ」
 
と、フジノは思います。



30年後に高い成果を生み出す「フォーラム」

プログラムは、書いてしまえばカンタンです。

このプログラムからでは、「現場の勢い」は伝わらないんだろうなあ。残念。

でも、必ずこの『フォーラム』は30年後に高い成果を生む!

  • 第1部:スピーチ・ステージ発表
  • 第2部:パネルディスカッション
  • 第3部:交流会

「ユースフォーラム」でのスピーチ

「ユースフォーラム」でのスピーチ


第1部では、高校生のスピーチ・姉妹都市交換留学生の体験報告・寸劇みたいな劇・ヒップホップダンス・ショークワイアーが行なわれました。

湘南学院高校、県立岩戸高校、市立横須賀総合高校定時制、横須賀学院高校、県立追浜高校、県立横須賀高校、県立横須賀大津高校ダンス部、県立逗子高校のみなさんでした。

この第1部は、もともと国際交流協会が行なってきたもの。

高校生たちによる英語でのスピーチの発表や劇や歌などのステージ発表です。

自分の夢についてや世界平和についてやアルバイトの事やオレゴンへの短期留学の感想や環境問題についてなどを英語でスピーチがなされました。

みんなとても素直な想いが語られていて、良かったと思います。

これはフジノ自身の体験なのですが、『本当に真剣な想い』を日本語で話すとウソくさく聞こえた時期があります。

そのかわりに、英語でならば自分の素直な想いをきちんと話すことができた時期がありました。

こういうことを書くとスノッブな変人だと思われるでしょうが、大学時代の一時期、僕は日本語では話したくありませんでした。

本当の率直な想いを話すには英語の方が自分の想いにフィットしていた、という時期がありました。

たぶん、大半の日本人が『本音』で話すのを嫌がるからだと思います。

これは英語だけじゃなくて、外国語を話せる人なら多くの人々が僕と同じ体験をしたことがあると思うんです。

かつて、作家の村上春樹さんもデビュー作である『風の歌を聴け』を書くにあたって、最初はまず英語で全てを書いてからそれを翻訳して日本語にした、という逸話があります。

こういう感覚って、たぶん今日の高校生たちもきっと分かるのではないかな、と思います。

みんな、スピーチとても良かったよ。

ユースフォーラムでの大津高校のダンス部

ユースフォーラムでの大津高校のダンス部


スピーチに加えて、追浜高校のドラえもんはとてもかわいらしく、笑いが絶えませんでした。

大津高校のダンス部はとても楽しそうでした。

観客だけでなく演じたり踊っている人々が楽しめていることって、すごく大切だよね。
 

さらに、逗子高校のショークワイアーは、チケット代を払っても再び観たくなるような素晴らしいものでした。 

県立逗子高校

県立逗子高校

 
「年2回公演をしている」とのことでしたがマジでまた観たい。

素晴らしかったです。

※後日追記:毎年2回、定期演奏会を見に行くようになりました)
 
こうして、第1部が終わりました。



第2部はパネルディスカッション、第3部は交流会でした

ここから先は、コーディネーターの方と4人のパネリストの方々が会場の参加者を巻き込みながら『多文化コミュニケーション~言葉の壁を乗り越えるには~』を語り合いました。

パネルディスカッションの様子

パネルディスカッションの様子


英語・日本語・インドネシア語が会場を飛び交いました。
 
ああ、もっと書きたいんだけど体力的に限界になってきた。うーん、ごめんなさい。

このフォーラムはさらに、第3部ではカフェテリアに場所を移して、交流会が行なわれました。



こどもたちの未来を信じて行なう「種まき」

今日の『国際ユースフォーラム』をはじめとするいくつかの事業・イベントは、こどもたちの未来を信じておこなう種まきなのです。

政治家フジノが、アメリカ軍の犯罪を防止する為にいくつもの対策を市議会で提案してきましたが、こういうのは『対症療法』なのです。

  • 対症療法=短期的な対策=今すぐ効果を出す必要がある対策
  • 種まき=長期的な対策=未来への投資としての対策

こどもたちの未来は、コミュニケーションの壁を越えていく。
 
いや、彼ら/彼女らが大人になってもまだ実現はできないかもしれない。

でも、人と人はいつか必ずつながっていくことができる。

大人として僕たちは、この財政危機の横須賀市だから本当にささやかな予算しか使えないけれど、こどもたちを信じて、未来への投資をしたのだ。

来年も、再来年も、ずうっと続けていくべきだ。

うーむ、疲労で文章表現力が低下している。
 
でも、理解してくれる人がたくさんいることを僕は知っている。

行政の担当者の方々の中にも、高校生たちの中にも、同じこの想いを信じている人々がいることを僕は知っている。

みんなで、育てよう。

必ず人と人とはつながっていかれる。