美術館改革の1つとしての「平成27年4月に美術館を教育委員会から市長部局へ移管する」ことを断念せざるを得なくなった問題/2014年12月議会・発言通告(その1)

けさ、発言通告書を提出しました!

本日、議会事務局に『発言通告書』を提出しました。

市長や教育長に本会議で一般質問を行なう為には、あらかじめ質問の内容(かんたんな項目程度)をまとめて議会事務局に提出するルールになっています。それが『発言通告書』です。

フジノの発言通告書の一部

フジノの発言通告書の一部


傍聴に来て下さった市民のみなさまに耳で聴いただけでは質問の内容が分かりづらいことも多いことから、フジノは『発言通告書』かなり詳細に内容を記しています(先輩議員からは「細かすぎるよ」とお叱りを受けていますが)。

来週11月26日(水)に開催される議会運営委員会を終えてから市議会HPで全員分の発言通告書が公開されます。

横須賀市議会ホームページより

横須賀市議会ホームページより


それよりも早く、フジノは自分の発言通告書をブログでみなさまに公開しています。

とても長い文章ですが、ぜひお付き合い下さい。



美術館改革の1つとしての「平成27年4月に美術館を教育委員会から市長部局へ移管する」ことを断念せざるを得なくなった問題について

まず、第1問目です。

12年前に立候補した時からフジノが追い続けてきた美術館問題を、今回も追及します。

1.美術館改革の1つとしての「平成27年4月に美術館を教育委員会から市長部局へ移管する」ことを断念せざるを得なくなった問題について

  

私は「横須賀美術館の教育委員会から市長部局への移管という方向性」は正しかったと信じている。

したがって「来年4月の実施」を断念せざるを得なかったことは、極めて残念だと受け止めている。

2014年11月19日付・神奈川新聞記事より

2014年11月19日付・神奈川新聞記事より


しかし、この4カ月間、全ての経緯を追いかけてきた私は「教育委員4名の判断は正しかった」と言わざるを得ない(*)

横須賀市教育委員会ホームペジより

横須賀市教育委員会ホームペジより

(*)横須賀市教育委員会委員は合計5名です。しかし、委員の1人である青木教育長は、吉田市長から選ばれて委員になっているので、実態は『青木教育長=吉田市長』だとフジノは考えています。



今年8月、教育委員会定例会に『美術館運営改革プロジェクトチーム』の中間報告書が突然提出されたこと、

それを受けて教育長を除く4名が戸惑いながら議論を始め、

社会教育委員会議へ諮問し、

社会教育委員会議での4回の議論と答申、

答申を受けて改めて教育委員会での議論、

その次の定例会では突然の「移管の撤回」の報告

「移管に賛成」の私でさえ、結論ありきのめちゃくちゃな進行方法に怒りを感じた。

トップの方針である以上、このようなやり方に従わせられた美術館運営課をはじめ、現場の職員たちはあまりにも可哀想だと感じた。
  
今回の失敗の理由は3つだと私は分析している。

市長・教育長が

①初めから「十分な議論ができない、結論ありきの強引なスケジュール設定」をしたこと、

②「市長部局へ移管後の収支改善の具体的な目標値」を全く示さなかったこと、

そして最も大きな原因として、

③「市長・教育長のトップ2人が教育委員の皆さんとの十分な意思疎通をしてこなかったこと」

である。

市長も今回の断念に至った経緯を素直に反省し、分析すべきだ。

そして、先送りした移管をゼロから仕切り直し、美術館の赤字を改善する為のハコモノ改革を着実に行なわねばならない。



(1)失敗の原因の分析について




今回の失敗を分析して私は3つの原因を挙げたが、市長・教育長は「移管を先送りせざるを得なくなった理由」をそれぞれどのように分析しているのか。



(2)市長・教育長と教育委員の皆さんの十分な意思疎通を図る為の意見交換について



ア.市長は、教育委員4名の方々と「教育政策」を初め、「横須賀市の現状と課題、今後の目指すべき将来像、その実現のための政策」について、どれだけ意見交換や意思疎通ができているのか。

「子どもが主役になれるまち」を掲げている市長のあらゆる政策は、教育委員の皆さんの理解なしに進めることはできない。

担当部局の課長や職員ではなく、市長ご自身が教育委員の皆さんと電話でお話する、じかにお会いする、意見交換をする等の対話をこれまではどれだけの頻度で行ってきたのか。
   
それは十分だったと考えているのか。

また、今後はどのように対話の機会を持っていこうという考えを持っているのか。




イ.教育長は、就任後、教育委員4名の方々と「教育政策」に関する対話を日常的に行っているのか。

市長への先の質問と同じく、担当部局の課長や職員ではなく、教育長ご自身が教育委員の皆さんと電話でお話する、じかにお会いする、意見交換をする、こうした対話をこれまでどれだけの頻度で行ってきたのか。
   
それは十分だったと考えているのか。
   
また、今後はどのように対話の機会を持っていこうという考えを持っているのか。

(3)なぜ「移管後の収支改善の目標」について、市長はみずから語らなかったのか



市長部局に移管することによって具体的にどう変わるのか、つまり「収支改善のイメージ」を社会教育委員・教育委員の多くが繰り返し示すように求めた。

しかし、かつて経済部主導で実施された2回の試行事業(「L’Arc~en~Ciel 20th L’Anniversary EXHIBITION」「70’sバイブレーション~70年代ニッポンの音楽とポップカルチャーが横須賀に蘇る~」)は、事業者である電通から出されたあまりにもいいかげんな報告書を見ても分かるように、十分なデータが得られたとは思えない。

それでも担当部局である美術館運営課は、何とか回答すべく、他都市の「市長部局が所管する美術館」のデータを集めるなどして推計値を出そうと懸命な取り組みを行ってきた。

しかし、担当部局が収支改善の推計値を示すことではなく、改革によってどうなるのかを示すのは市長が「政治的な目標」として示すべきものだと私は考えている。
  
「ハコモノ3兄弟」の改革について市長と私は繰り返し質疑を交わしてきたが、「長井海の手公園ソレイユの丘」に関しては明確に「指定管理料を半減させたい」といった答弁などで改革後の姿を示してきた。

それにもかかわらず、今回の「美術館の市長部局への移管後の収支改善の目標」を、なぜ、市長はみずから示さなかったのか。



(4)今後の「美術館改革」のあり方について


 
ア.「美術館運営改革プロジェクトチーム」(2011年8月設置)の「中間報告書」をきっかけにスタートした一連の騒動をきちんと総括した上で、今後もプロジェクトチームの議論を継続していくべきだが、「最終報告書」の提出はいつを目指しているのか。

また、いつまでに改革の結論を出すつもりなのか。




イ.そもそも「市長部局への移管」は、「横須賀美術館」を「指定管理者制度へ移行」するための第一段階に過ぎないはずだと私は考えている(*)

2010年3月12日号タウンニュース紙より

2010年3月12日号タウンニュース紙より

(*)過去のフジノの質疑に対して「指定管理制度も視野に研究する」と吉田市長は答弁している。



市長は「指定管理者制度への移行」に向けた検討を継続していくのか。







次の記事に続きます)



「横須賀市は支出ゼロ」と1年以上も嘘の答弁/実際は支出していた!【横須賀美術館・特別企画展問題その2】

前回から続いています)

横須賀市が繰り返してきた虚偽答弁の内容

横須賀美術館が2012年度に実施した、2つの『特別企画展』。

その『おカネの流れの仕組み』(スキーム)について、横須賀市は繰り返してきたこう述べてきました。

 

  1. 『特別企画展』の全ての費用は(株)電通が出す。

    ・横須賀美術館での2つの『特別企画展』(ラルク・アン・シエル展70sバイブレーション!)にかかる全ての費用は電通が出す。

  2. 横須賀市の支出はゼロ。収入もゼロ。
  3. ・横須賀市のリスクはゼロであるかわりに、仮に『特別展』の利益が上がり黒字になったとしても、それは電通が収入する。

  4. したがって、横須賀市の予算には『特別企画展』にかかる収入・支出は全く存在しない。

これらの答弁は、全くのウソでした。

本当は、支出されていた!

先日閉会した9月議会で明らかになったのが、実際には支出がなされていた事実です。

金額は約300万円。

しかし、金額がいくらだったかということは問題ではありません。

横須賀市の支出はゼロだと答弁を繰り返して市議会や市民やマスメディアを納得させてきた訳ですが、それは嘘だったのです。

特別企画展に対する横須賀市の支出
1.特別企画展への支援

242万7,528円

2.その他事務費

57万3,198円

合計

300万0,726円

その内訳は以下の通りです。

1.特別企画展への支援 242万7,528円 (1)+(2)

 

(1)ラルク・アン・シエル展
京急媒体制作費

71万3,212円

駐車料金、タクシー料金

1万9,800円

警備委託料

4万4,100円

テープカット備品レンタル

3万1,500円

駐車場管理業務委託

22万6,800円

小計

103万5,412円

 

(2)70’sバイブレーション!
告知チラシ制作

42万円

告知チラシ折り込み

33万198円

ポスター制作

64万1,918円

小計

139万2,116円

2.その他事務費 573,198円

日帰り旅費 (非常勤職員分)

7万5,600円

日帰り旅費 (市職員分)

1万2,740円

需要費 (消耗品等)

20万6,870円

公園使用料

27万7,988円

さらには、収入もありました。

「横須賀美術館を活用した特別企画展公園使用料」として、7万5,600円です。

最初に嘘の答弁を受けたのはフジノでした

今年9月議会で明らかになるまで、1年以上にわたって嘘の説明が繰り返されてきました。

しかも、この虚偽答弁が初めて成されたのは、2012年3月の予算議会・教育福祉常任委員会での、フジノの質疑に対してでした。

 

2012年3月8日・教育福祉常任委員会
questionより柔軟な取り組みができる体制の導入というのをかねてから提案してきた訳ですけれども、昨日の記者会見で発表された横須賀美術館と日本音楽制作者連盟との『特別企画展』というのは、非常に新しい斬新で改革的な取り組みだと評価したいと思います。

ただ、これは昨日発表されたものなので、新年度予算の中にはどんな形で計上されるのか分からないところがあります。

協力いただく企業から費用が出るのか、そういった費用面などの新年度予算案の中での位置づけというのを伺いたいと思うのですが、いかがでしょうか。

answer(答弁=教育総務部長)
今回の企画は、日本音楽制作者連盟並びに電通、そういったところがお金を出して横須賀市の美術館は一切お金を出さないという形になっております。
questionとても素晴らしい仕組みだと思います。

ただ、もう1点だけ伺いたいのは、費用については向こう側(日本音楽制作者連盟・電通)が出すということで、横須賀市の利益、収入についてはどのような扱いになるのでしょうか。

answer現在、まだ詳細が詰まっておりません。

利益につきまして、今回は試行という形ですので、今のところ予定はしておりませんが、これが赤字になるのか黒字になるのか、全く今のところ読めていないというのが我々教育委員会サイドです。

経済部としてはある程度もくろみがあるからできているのだとは判断しておりますが、その結果はまだ詳細には煮詰まっていないというところでございます。

questionまさにこうした新しい取り組みこそ、これからの横須賀美術館には進めていっていただきたいと考えています。

フジノは『ハコモノ改革』を誰よりもずっと訴えてきました。

だから、誰よりも早くこの『特別企画展』に対しても情報を得て、質疑を行なったのでした。

このスキームで行なわれる試行事業には、強い期待も抱いてきました。今は裏切られた憤りでいっぱいです。

はじめから裏切られていた「フジノのハコモノ改革への想い」

ハコモノ改革、特に美術館改革については、何年間にもわたって以下の改革案を提案してきました。

  • 提案1 美術館の即時休館によって支出を最低限化させる
  • 提案2 美術館を博物館法のしばりから外す対応を行なう
  • 提案3 美術館を直営から民営へ移行する
  • 提案4 美術館運営課を市役所から切り離して外郭団体化する

これらの提案は、フジノは市長への一般質問をはじめとする公の場で強く訴えてきたのです。

「美術館改革と言えばフジノ」という一定の評価も市職員の間でも定着しつつありました。

そうしたことから、2012年3月、経済部長から

「『特別企画展』は藤野議員の提案に沿った取り組みで、同じゴールを目指しています」

と報告を受けました。

『特別企画展』のスキームについて説明を受けたフジノは、経済部長の言葉を信じました。

そして、

「この試行事業(特別企画展)は、今後の美術館改革の為には必要なのだ」

と同意するに至りました。

そして、誰よりもこの『特別企画展』の実施を『応援する立場』となりました。全ては美術館改革、ハコモノ改革、ひいては社会保障の財源を生み出す為です。

しかし、そんなフジノの想いは、はじめから裏切られていたのでした。

嘘の答弁で塗り固められた「決算」に反対しました/「附帯決議」が可決【横須賀美術館・特別企画展問題その1】

2012年度決算の「認定」にフジノは反対しました

閉会した9月議会では、最終日(10月8日)に決算に関する10議案への採決が行なわれました。

市役所

横須賀市役所


この10議案のうち、市財政のメインである『一般会計』の決算には、深刻な問題がありました。

平成24年横須賀市一般会計・歳入決算説明資料・経済部

平成24年横須賀市一般会計・歳入決算説明資料・経済部


その為、横須賀市議会が始まって以来、初めて『不認定』となるところでした。

委員会での審査では、厳しい質疑が交わされました。

しかし、最終的に『認定』されてしまいました。

フジノは全く納得できず『不認定』にすべきだと『反対』をしました。

最終的に『反対』したのは下の5名です。

  • 井坂 新哉
  • 一柳 洋
  • 大村 洋子
  • 上地 克明
  • ねぎし かずこ
  • フジノ

議長を除く34名は『賛成』にまわりました。



「附帯決議」が可決されました

市議会史上初の『不認定』という事態を回避したとはいえ、この異常な状態を放置することはできません。

市長らに今後の改善を求める『附帯決議』が予算決算常任委員会において提案・可決されたのですが、最終日の本会議でも正式に可決されました。

その内容は下の通りです。

平成25年附帯決議案第1号

平成24年度横須賀市一般会計歳入歳出決算に対する附帯決議

本定例会で決算審査が行われた横須賀美術館特別企画展の事業は、執行前から「市の持ち出しはゼロである」と議会説明がなされていた。

しかし、決算審査において、実際は横須賀集客促進実行委員会から240万円余りが支出されていることが判明した。説明不足だけでは済まされない問題である。

この件のみならず、市から負担金を支出している各種の実行委員会等について、市の決算審査として関与できる範囲が限定されている。横須賀集客促進実行委員会の業務執行については、市の出資が大半を占めているにもかかわらず、市以外からの団体等の拠出金も併せて執行していることから、議会に対する説明が市負担部分に限られている。

さらに市の監査も経済部の定期監査の一部として1年おきに行われているに過ぎない。

また、市から出資金を支出している一般財団法人等の業務執行についても、地方自治法により直接的に議会の関与ができない。

よって、市におかれては、公金が支出されている実行委員会等や一般財団法人等の健全性を担保する方策を検討し、早期に実行されることを強く要望する。

フジノは、この『附帯決議』の文面でも弱すぎると考えています。

『附帯決議』を受けて、吉田市長は12月議会には改善策を報告するとしました。

保健所健診センターの早帰り満額支給問題ばかりが大きくクローズアップされて、もっと深刻で重大なことであるにもかかわらず全く報道もされずにきたのがこの問題です。

一体どのような問題であったのか、振り返って市民のみなさまに説明していきたいと思っています。

その2へ続きます)



横須賀美術館は変われるか/横須賀美術館運営評価委員会(2012年度・第2回)へ

「横須賀美術館運営評価委員会」へ

今日は、観音崎にある横須賀美術館へ向かいました。

美術館の屋上入り口


美術館評価委員会を傍聴する為です。

美術館評価委員会の議事次第


横須賀市では美術館のあり方を評価する為に、2007年から『評価委員会』を年2〜4回開催しています。審議する内容は、下の5つについてです。

委員会の設置要綱


フジノは、可能な限りこの場での議論に立ち会うことにしています。

というのも、開館から5年が経つものの、いまだ確立されていない点が多いからです。「美術館がどうであったか」という『評価』の方法をはじめ、全てが手探りで進められています。

ですから、そもそも『評価委員会』の在り方自体がどうであったかも同時に検証していかなければなりません。

自らの在り方を『評価委員会』が評価することはできませんから、外部の存在(=フジノ)がしっかりチェックして、改善を提案し続けねばならない、とフジノは考えています。

例えば、この『評価委員会』のどういうところが『未成熟』なのか。

具体例を挙げれば、今回のテーマは『2012年度(今年度)の事業計画』についてでした。

「もう10月半ばになるというのに、今頃になって今年の『事業計画』について話しあうだなんておかしい」

って、感じますよね?

1年間の計画というのは、本来その年がスタートする前に立てるのが基本です。『事業計画』を議論するには、あまりにも遅すぎます。

2012年度の事業計画書

配布資料1


『事業計画』を評価するのは『評価委員会』の大切な役目の1つですが、実はこれまで『事業計画』が議題としてとりあげられたことはありませんでした。ですから、今回が初めてのことなのです。

ですから、『事業計画』を評価するという本来の役割ができるようになったこと自体は良いことなのです。

けれども、その時期が遅すぎます。

このスケジューリングの問題については『評価委員会』委員からも指摘が出されて、美術館(=教育委員会)側も次年度以降は改善したいと約束しました。

スケジューリングが問題なのは『事業計画』だけではなくて、1年間の実績を評価する『評価報告書』についても同じでした。

1年間の取り組みが終わったらすみやかに評価をして翌年度の予算案や『事業計画』に反映させることが必要ですが、今まではそれが実現してきませんでした。

この点については、フジノが9月議会の教育福祉常任委員会で質疑を行なって、今後は改善するように提案しました。

美術館側も来年度からは改善していく旨の答弁がありました。



ラルク・アン・シエル展への賛否両論が噴出

さて、今日の評価委員会では、夏に開催した『ラルク・アン・シエル展』について賛否両論の意見がそれぞれ出されました。

特別企画展の開催結果について

特別企画展の開催結果について


否定的な立場の委員からは

「まさかこのような企画が行なわれるとは思わなかった。納得できない」

「横須賀美術館の5年間の積み重ねを壊すものだ」

という批判が出されました。

委員の発言をメモした記述

委員の発言をメモした記述


評価委員によるこの意見に、フジノは全く共感できません。

自分が「好きだ」と価値判断したものを美術だと捉えて、自分が好きでないものは美術じゃないと価値判断するのは「違う」と考えているからです。

5年前、横須賀美術館がオープンした時、開設記念展『生きる展』が行なわれました。

石内都さんの作品が展示されたのですが、裸体を扱っていることから「ふさわしくない」と市議会で批判した議員がいました。

同じ理由から、この批判も間違っているとフジノは考えています。

何かが正しくて何かが間違っているという価値判断は、あってはならないと考えているからです。特定の作家や特定の作品が好きだとか嫌いだと良いとかダメだとか、『個人の立場』としての感想はあると思います。けれども、『公的な立場』にある限り、そうした発言はかたく慎むべきだと自戒をこめてフジノは考えています。

価値判断は、作品と向きあった1人1人の方々が個人としてなすべきことです。



赤字削減の為に特別企画展の実施は必要、ただし改善すべき点は多い

そして、この危機的な財政状況の中でフジノが判断の基準にしているのは、赤字を少しでも減らすことです。むしろ、「判断基準はこれしか無い」と言っても良いと考えています。

ですから、市の経済部集客担当が中心となって進めた試行事業としての『ラルク・アン・シエル展』の開催は、正しかったと考えています。

ただ、現在の試行事業の在り方には、いくつかの問題があります。

例えば、経済部集客担当と美術館を担当する教育委員会との連携が全く取れていないことです。

特に情報が共有されていないことに対しては、美術館の現場サイドからも批判が上がっています。

集客を増やす為の試行事業を推進する立場であるフジノも、この批判についてはもっともだと考えています。

その他の問題点については、9月議会での教育福祉常任委員会の質疑でとりあげてきましたので、また後日報告します。

いずれにせよ、美術館は変わらなければいけません。

財政の厳しいこのまちにおいては、生活に事欠く人々もたくさんいます。あることに税金を使えば、他のことに使えません。美術館が赤字を出し続ければ、福祉の財源を奪ってしまうのです。

毎年3億5000万円の赤字が出ているという現実があります。

本来ならば、医療・福祉や教育などに使えるお金だったのに、ハコモノが赤字はその機会を奪ってしまったのです。

だから、少しでも赤字体質から変わることが求められるのは、当然です。