人生初、選挙管理委員会へ電話しました/メガフォンも初めて注文しました

選挙管理委員会への電話

今日は、会社のお昼休みを利用して、選挙管理委員会に電話しました。

鈴木たつろうさんからも、Yくんからも、

「まずはとにかく選挙管理委員会に顔を出したほうがいいですよ」

とアドバイスされていましたので。

なんでかというと、初めに1度連絡をとっておけば、この先にいろいろな必要事項の連絡をわざわざむこうからしていただけるそうです。
 
例えば「立候補予定者向けの説明会が何月何日にありますよ」とかね。

それから、何がいったい選挙違反になるのかを毎日のように細かく教えてもらうことになると思います。

というわけで、電話をかけてみました。

かけてみるとけっこうあっさりしていて、拍子抜けしてしまいました。

こちらはヘタな言葉遣いをすれば『公職選挙法の違反』になるのではないかと思って

「実は、この先に行なわれる選挙があるとすれば、そこで被選挙権をつかいたいんですけど...」

みたいな遠まわしの言い方をしてたのですが、相手の方はもうそっちょくに

「ああ、選挙に立候補する予定なんですね」

と言われてしまいました。
 
なんか心配しすぎるのも良くないですね。

という訳で、明日直接に選挙管理委員会を訪れる約束をして電話は終わりました。

担当の方からも
 
「とにかく早く来ていただいたほうがいいです」

とくりかえし言われました。

やっぱり実感させられたのは、よく本に書かれているとおりで

「選挙というものは告示が始まった時には9割方終わっている」

というのは本当なのだなあと思いました。

ふつう選挙というと、あのうるさい選挙カーが走っている時期だけなのですが

1週間だけの活動では、本当に理解してもらえるなんてムリらしい。

だから、その日にむけてほとんどの人々が、早い人は数年前からいろいろな活動を繰り広げてる訳です。
 
そうやって考えると、僕は「完全に出遅れていて」「今さらムリ」だと言われてしまう訳なのですね。

まあ、そんなの終わってみないと分かんないじゃん。

しかし、選挙管理委員会って、市役所の中にあるんじゃないのですね。

『ヴェルクよこすか』の2階に選挙管理委員会事務局があるということを今回電話をして初めて知りました。

明日、顔を出してきます。
 
そのもようは明日お知らせしますよ~!



メガフォンを発注しました

「遅い!」と思われるかもしれませんけれど、やっと発注をしました。

「選挙にはお金がかかる」とよく言われますが、こういうことでお金がかかるのだと分かってきました。

こいつを発注しました。

メガフォン代金は、僕的には本当に奮発して4万1000円!!

これが大好きなスーツを買うのだったり、ドクターマーチンのブーツを2足買うのであればガマンもできるのですが、
 
メガフォンを買う代金だと思うと、信じられないくらいに高く感じます。

だけど、すでに体験を積んだ方々からのアドバイスによると、これでは無くて10万円の方にすべきだった、ということなのです。

商売道具だから当然といわれれば当然なんでしょうけど...。
 
うーん。

こういうことの1つ1つに大きくとまどうことが多い毎日が続いています。

そして、メガフォンが家に届くのが2月5日(水)だそうです。

だから、早ければ木曜日の朝、遅ければ金曜日の朝には、横須賀中央駅に立ってます。
 
決まったら連絡しますから、遊びに来てね。

ではまた明日!